HOME > スポンサー広告 > わざと障害者にならねば生きていけないなんて……HOME > なぜ外こもりを目指すのか > わざと障害者にならねば生きていけないなんて……

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

わざと障害者にならねば生きていけないなんて……

 これは昔からある話なのですが、東北の寒村などで仕事が無い人が、ともかく工場の仕事をなんとか見つけたとします。でもそれも一時的、その後どうなるかわからない……
 そこで彼は、わざと工場機械で事故を起こします。ローラーに片腕突っ込むとか、転落して両足を粉砕骨折するとか。治ることのない障害を体に背負う。すると労災認定を受け、障害保険を得ることで一生その金を元に生きていく……。

 初めて聞いたときは「え?」と思ったのですが、貧しい田舎などでは案外知られた手法らしいです。

 2ちゃんねるで「貧BPさんも日本に帰国して障害年金を受給して堅実に生きてほしい」と言われたのですが、その時に思い出したのがこの話でした。

 真面目な話、今のままでは障害年金は受給できないと思いますよ。
 なぜなら働きたくないというのは、おそらくは発達障害の一つだと思われるが、これは障害年金認定されないためです。
 希死念慮等のうつ病症状を発症すれば障害年金はもらえると思います。ですが、先ほどの工場の件も含めて、なぜ金が無いという理由でわざと障害を発生させ、わざと体を不自由にさせ、そうして金を得ないと生きられない……なんてことをしなければいけないのでしょう?
 せっかく健康なのにお金を得るためにわざと不自由に、障害者になる……こんな不幸な話はありません。

 自分の場合、海外にいることでそういう悪しき症状を発症せずに健康に生活できているのに、生きるため(お金を得るため)に日本に帰りと日々死にたいという思いをわざと発症させうつ病になる、それってなんかおかしくないですか?

 人間としてどちらが幸せかを考えれば、お金を得る代償として毎日死にたいという思いをいだいて生きるなんて、馬鹿げてないでしょうか?

 途上国で、普通の乞食と「足がない」「目が見えない」などの障害を持つ乞食なら、後者のほうがたくさんお金をもらえる、だからわざと足を切断したり目を潰したりする……そういう話はよくあります。健康に生まれた子供の足を無理矢理折ったりしてね。障害という特徴が、一芸になるとでも言わんばかりです。そういう芸を見せなければ、つまり、健常者では、誰も同情して金をくれない……そんな馬鹿げた話、よく考えたら無いですよ。
 まして日本においては、誰もが健康で文化的な生活を送る権利が憲法で保障されています。その一つが生活保護であって、わざと障害者になり年金をもらうような道を選ぶ、そういしないと生きていけないなんてことは、許される話ではありません。

 自分の場合、ただ日々を生きるのではなく、どちらかと言えば楽しく生きて行きたいです。日本で無理やりうつ病になって障害者として生きるより、少ないお金を何とかやりくりして海外で生きて行きたい。この心理はおそらく、生活保護をもらえる給与水準なのにあえてもらわず自活する人に通じるものが有るでしょうね。どうしようもなければ堂々ともらいますが、少なくともまだその時ではありません。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: コメントありがとうございます

> ちなみに私は決してブログ主様に反論とか忠告とかするつもりありません。ブログ主様のような勇気が私にないだけです。

あはは、それは了解しております。

> 「なぜそこまで労働を嫌がるのか?」も拝読しましたが私の職場(医療職←これもなりたかった訳じゃなく家庭の事情でそれしか選択できなかったので、羨ましがる人いるかもしれませんが私にとっては奴隷業と同じです。)から比べたらブログ主様の職場の方がよっぽど恵まれてます。「お盆に1週間の長期休み?どこの世界の話??」と羨ましい限り。

休みの取れない医療職というと、そのものずばり、お医者さんでしょうか?
バックパッカーでよく見かける医療職というと看護師が圧倒的なのですが、彼らは実際働いてるとなかなか休みは取れないけど転職は容易なので、数年働いて辞めて旅してまた再就職、それが50代まで出来るそうです。
お医者さんはもっと容易かと思い話を聞いたらとんでもない、むしろ逆と言われ驚いたことがありますね。常に最新技術を追いかけておかないと食いはぐれるとか。

> 私の職場は土曜日も休み無し。お盆休みなんて関係無し。正月とゴールデンウィークとシルバーウィークがカレンダー通り休めればそれだけでもラッキーという有様で、私の貯蓄も溜めたくて溜めた訳ではなく忙しくて使う暇無くて溜まっただけです。クタクタに疲れて夜に飲みに行く気力もご馳走食べる食欲も無く、たった一日の休みに旅行なんかも行けず、自家用車にベンツ買っても乗る暇が無い!

せめて看護師のように再就職が容易ならいいとはおもいますけどね。

> 私もブログ主様と同じくロングスリーパーです。ましてや虚弱体質で運動音痴のクセに肉体労働を選んだもので出来れば1日8時間は睡眠取りたい。でも長距離通勤で、残業もあれば唯一の安らぎすらも奪われる訳で日曜日は14時間くらい爆睡しています。こんなに眠っていたら残り10時間にどれほどの事が出来るか?部屋の掃除と食材の買出しくらい。ベンツもブランド物の服も高価なカメラもホコリを被っている有様。何のために私は働いているんでしょう?こんな人生が幸せなんて微塵も感じません。

たしかにそのとおりですね。ただし、給与が高いというのはやはりうらやましいと言わざるを得ません。
アメリカの、シリコンバレーやウォール街で働いてる高給取りの若者。彼らは若いうちはそれこそ馬車馬のように働き金を貯め、早くて30代で引退してしまいます。まだやれるだろ、技術がもったいない云々言われても引退してしまうのですね。その後は悠々自適の生活を送れるわけです。
高給取りだけど忙しいと言う場合、そういう選択肢も取れる。ベンツや高価なカメラにほこりをかぶせるよりも使わずに取っておいて、アーリーリタイアを目指すのはいかがでしょうか?
(とはいえストレスが溜まるのでつい使ってしまうというのもわかります。それで結局お金も貯まらず、なんのために働いてるのやら……となってしまうのですよね……)

> そこまでしてもこの仕事にしがみついているのは子供の頃に父親が心臓を壊して倒れたため「貧困の恐ろしさとみじめさ」「失業してもう二度と転職できない恐ろしさ」に追われて強迫観念で働いているからです。成績が悪いと肉にされる競走馬と同じですね。

「失業してもう二度と転職できない恐ろしさ」ですか……これはもう、私は当てはまる年齢になってきてます。どうなるやら。

> 現実「やりたくて今の仕事についている人」なんて全労働者中2割しかいないそうです。残り8割はやりたくもない仕事を「家族のため」「生活のため」嫌々やっているんですよ。その「家族」「生活」というしがらみから解き放たれ自身の自由で海外渡航ができるブログ主様が本心で羨ましいです。

しがらみが無いわけではありません。この歳になるまで親が自活してきてくれたのでたしかに好きにできていますが、この先どうなるか。たとえば親が介護が必要になった時、それでも外こもりを続けられるのか。
おそらく無理でしょう。どこぞの病院に放り込み生活保護を受給させ放置プレイというほど、割り切れる自信もありませんし。おそらく老々介護で生活保護というのが関の山かとは思いますが。

今後のことはお互いわかりませんが、早くご自身にとってもっとも気楽な日々をお送り出来ますよう、お祈り申し上げております。

コメントありがとうございます

ちなみに私は決してブログ主様に反論とか忠告とかするつもりありません。ブログ主様のような勇気が私にないだけです。
「なぜそこまで労働を嫌がるのか?」も拝読しましたが私の職場(医療職←これもなりたかった訳じゃなく家庭の事情でそれしか選択できなかったので、羨ましがる人いるかもしれませんが私にとっては奴隷業と同じです。)から比べたらブログ主様の職場の方がよっぽど恵まれてます。「お盆に1週間の長期休み?どこの世界の話??」と羨ましい限り。
私の職場は土曜日も休み無し。お盆休みなんて関係無し。正月とゴールデンウィークとシルバーウィークがカレンダー通り休めればそれだけでもラッキーという有様で、私の貯蓄も溜めたくて溜めた訳ではなく忙しくて使う暇無くて溜まっただけです。クタクタに疲れて夜に飲みに行く気力もご馳走食べる食欲も無く、たった一日の休みに旅行なんかも行けず、自家用車にベンツ買っても乗る暇が無い!
私もブログ主様と同じくロングスリーパーです。ましてや虚弱体質で運動音痴のクセに肉体労働を選んだもので出来れば1日8時間は睡眠取りたい。でも長距離通勤で、残業もあれば唯一の安らぎすらも奪われる訳で日曜日は14時間くらい爆睡しています。こんなに眠っていたら残り10時間にどれほどの事が出来るか?部屋の掃除と食材の買出しくらい。ベンツもブランド物の服も高価なカメラもホコリを被っている有様。何のために私は働いているんでしょう?こんな人生が幸せなんて微塵も感じません。
「医療職は高給取りでいくらでも転職先があって良いねぇ~!」とか言う人間には「代って欲しければいくらでも代ってやるぞ!」と吐き捨てています。

そこまでしてもこの仕事にしがみついているのは子供の頃に父親が心臓を壊して倒れたため「貧困の恐ろしさとみじめさ」「失業してもう二度と転職できない恐ろしさ」に追われて強迫観念で働いているからです。成績が悪いと肉にされる競走馬と同じですね。私は残念ながら学生時代に父親が倒れて両親の稼ぎがアテにならない中必死でバイトし苦学生しながら卒業し就職した人間なので倒れた親の世話をするために好き勝手に世界を放浪する夢を見ることができませんでした。だからドラマの「深夜特急」を見て羨ましかったです。
現実「やりたくて今の仕事についている人」なんて全労働者中2割しかいないそうです。残り8割はやりたくもない仕事を「家族のため」「生活のため」嫌々やっているんですよ。その「家族」「生活」というしがらみから解き放たれ自身の自由で海外渡航ができるブログ主様が本心で羨ましいです。

Re: No title

> はじめまして。「外こもり」でググって貴サイトへたどり着きました。

ありがとうございます。

> 仮に明日いきなり失業したら日本国内では4年やそこらで使いきってしまう程度の金額ですから(事実過去2回リストラの経験アリ)。

日本には、あまりにも「なにかあっても他者に頼らず自立しなければいけない」という意識が蔓延しすぎです。私のようにいざとなったら生活保護と堂々と言うのも良くないのかもしれませんが。
失業したら4年で使いきってしまうお金。これが死ぬまでセーフにならなければ働き続けるしか無いのでしょうか?多くの日本人は、そう考えているのでしょうね。

> これが2億とか3億とかの額になればアーリーリタイヤも現実的になるんでしょうけど、自分が親だったらそんな砂漠に水を撒くような浪費を子供には許さんだろうな。

許すというか許さないというか、もうそういう次元ではないのでしょうね。厳しい親なら今頃追い出されてるのでしょうが、よくも悪くも一人っ子なので大事にしてもらえてるというのはあるかもしれません。

No title

はじめまして。「外こもり」でググって貴サイトへたどり着きました。
アーリーリタイヤねぇ。あたしも大学生の頃は本気でそんな事夢想してました。1000万円溜めたらカメラ持って「夜間急行」みたいに世界中放浪してやるって......アラフォーの現在、普通預金に百万円、定期預金に600万円、投信信託に750万円、養老保険に800万円の資産がありますけど、この金額でも恐くて恐くて仕事辞められません。
仮に明日いきなり失業したら日本国内では4年やそこらで使いきってしまう程度の金額ですから(事実過去2回リストラの経験アリ)。
これが2億とか3億とかの額になればアーリーリタイヤも現実的になるんでしょうけど、自分が親だったらそんな砂漠に水を撒くような浪費を子供には許さんだろうな。

Re: No title

> 貧乏BPさんと立場、目的が違いますが家族と折り合いが悪く
> 実家を追い出されることになり、以前から計画していた海外行きを実行する時が近づいてきました。

そうですか、家族の折り合いがいいのは、私のラッキーなところなんでしょうね。
折り合いはいいけど実家にいると生活費で負担を掛けますので、そのへんも意識して外こもりをしているというのは有るんですが。

> 行き先は東南アジアですが、まだ確定していません。
> 来年イッパイまで海外にて生活を続けるつもりです。

その後どういう人生を送られるかはわかりませんが、まずはのんびりなさってくださいね。
東南アジア、ほんとうにいいところですから。

> また、自分をさらけ出し本音で語っているあたり、他の上っ面だけの情報
> キレイ事だけしか載せないブログと線引きされているように、
> 貴重な存在だとおもいます。それに中身がありマニアックなネタがあり面白いです。
> カッコつけだけの兄さん姉さんが書いてる価値のないモノと違い退屈しない!

ありがとうございます。本来は情報だけに絞ったほうがいいのかもしれませんが、そもそも外こもりという生き方に惹かれること自体、日本での普通の生き方に違和感を感じてる証拠でしょうからね。その違和感というものをあらわに出来ればいいなと思ってます。

> だから貧乏BPさん、ブログまだまだ続けてください。
> せめてあと2年は削除しないでほしい。
> ひじょうに為になりますし役に立つ情報が有り
> 私のような海外初心者にとって在り所でもあります。

かつて海外ニートさんという方がいらっしゃったんですが、彼は「身バレ」しかかって急遽ブログ全削除ということになってしまいました。本当に残念でしたね。
私も身バレするといろいろ問題があるので、その点に気をつけてできるだけ削除なんてことにならないよう、継続して行きたいと思っています。

今後もご愛読のほど、よろしくお願いします。

No title

貧乏BPさんと立場、目的が違いますが家族と折り合いが悪く
実家を追い出されることになり、以前から計画していた海外行きを実行する時が近づいてきました。
行き先は東南アジアですが、まだ確定していません。
来年イッパイまで海外にて生活を続けるつもりです。

また、自分をさらけ出し本音で語っているあたり、他の上っ面だけの情報
キレイ事だけしか載せないブログと線引きされているように、
貴重な存在だとおもいます。それに中身がありマニアックなネタがあり面白いです。
カッコつけだけの兄さん姉さんが書いてる価値のないモノと違い退屈しない!

だから貧乏BPさん、ブログまだまだ続けてください。
せめてあと2年は削除しないでほしい。
ひじょうに為になりますし役に立つ情報が有り
私のような海外初心者にとって在り所でもあります。

Re: No title

> いやあ、このサイト面白いですね。
> 論旨は明確だし、文章も分かりやすい。

ありがとございます。

> ただ、100万でアーリーってのはボクには無理ですね。
> そこまで度胸がない。

度胸が有るというか、ただバカなだけですよw
100万円などいずれ無くなるわけで、その時のことを考えると正直、恐ろしい思いがします。

> 働きたくない、ってのはまったく同意ですけどね。
> 金ためて早くアーリーするのがとりあえずの目標です

目標額が貯まるのが先か、精神がおかしくなるのが先かのチキンレースではありますが、やはり、ちゃんと目標額を貯めるのが理想ですよね。
がんばってください。

No title

いやあ、このサイト面白いですね。
論旨は明確だし、文章も分かりやすい。
ただ、100万でアーリーってのはボクには無理ですね。
そこまで度胸がない。
働きたくない、ってのはまったく同意ですけどね。
金ためて早くアーリーするのがとりあえずの目標です。

No title

私は今発達障害だけで障害年金を申請しています。追加での資料を要求されたのでもらえるかもしれません。

Re: No title

>痛いし不自由。障害後に不摂生で肥満、糖尿、肝臓傷めたり。あと他人、親族、宗教なんかがまとわりつく。年金なり生活保護目当てに怪我するの。日本だと割りあわなさそう。でも外こもりなら悪くないかな、隣人にばれなければ。心の障害は薬が効けばけっこうなんとかなるかな、副作用で多少能力落ちても。とにかく病院行かないと話しにならない。適応障害はやっかいですね。皆どうしてるんだろう。

外こもりは基本的には福祉に頼らず自らの貯金と才覚だけでやっていく生き方ですから、これはこれで案外大変なんだと思ってます。

>これからも来ますね。

よろしくお願いします。

Re: No title

>弱者が生き残れない世の中が訪れようとしている諸段階。

とはいえ、日本が本当に、途上国のように街中に垢まみれのホームレスがいて、物乞いするような国になるとは思えないんですよね。そこは何とかするような気がします。
そこについての信頼感がある、だからこそ最悪の場合は生活保護をもらうことを前提にしたこんな生活が出来ているわけでして。

私は、究極的には日本政府を、日本人を信じてるわけです。まさか見殺しにはしないだろう、とね。

Re: 住処と年金について

>貧BPさんは安宿に長期滞在されているようですが、長期ならアパート
>借りちゃった方が安くて快適ではないですか。

これは以前も書きましたが、わざと安宿に滞在してるんです。安宿の一期一会の人間関係が何よりも楽しいんです。
アパートに住んだりしたら、それこそ毎日誰とも話さない完全な引きこもりになってしまいます。
ブログの更新がなかなかできないのも、コメント返しが遅れるのも、それだけ毎日、いろんな旅人と話したりしてちゃんと時間を潰せてるからなんです。

>障害者年金をもらうには障害者と認定された時点で年金を滞納しておらず、年金の加入期間の三分の二を払い
>込んでいなければなりません。
>自分でわざと障害者になるというのは論外だと思いますが、なりたくなくなくても障害者になるリスクという
>のは誰にでもあると思うので、やっぱりいざという時のために年金くらいは払っておいた方がよさそうです。

これは確かにそのとおりだと思います。年金は、将来の老齢年金ばかりが取り沙汰されますが、イザという時の障害年金保険の意味合いもあるんですよね。

>ぼくは障害者なので福祉につながっているので、いざとなったら生活保護をもらうことを考えています。
>そうはいっても、役所の窓口で申請を拒否されることもあるようですね。違法ですが。

それ自体が違法であることをわかってない人が多すぎるんですよ。ちゃんと勉強しておくことは、どんなことにおいても大事なんですよね。

No title

痛いし不自由。障害後に不摂生で肥満、糖尿、肝臓傷めたり。あと他人、親族、宗教なんかがまとわりつく。年金なり生活保護目当てに怪我するの。日本だと割りあわなさそう。でも外こもりなら悪くないかな、隣人にばれなければ。心の障害は薬が効けばけっこうなんとかなるかな、副作用で多少能力落ちても。とにかく病院行かないと話しにならない。適応障害はやっかいですね。皆どうしてるんだろう。

これからも来ますね。

No title

そういうのわかるね~
日本は闇の歴史をヒタ隠す性格のある国だから、超有名な権力側の人間の中にも
ヤクザに殺人を依頼してたり表向きはスカしてて腹の中は180度違うこと考えている。
今だって地方と首都圏との格差は歴然でしょ?
言ってみれば地方が昭和時代の寒村ではないのか?

グローバル化で益々経済格差は加速する。
ヨーロッパ、アメリカのように外国移民だって増える可能性もある。
貧BP氏が日本で就職活動をして決まった頃には、周囲に日本人がほとんど居なかったりして(笑)
これは現に欧米で実際にあったこと、しゃれにならないよw
日本政府は制度として、TPP協定で現実化するかも
安倍首相はTPP参加すると言ってるでしょ。
韓国、メキシコ、中東はアメリカのパワーに潰された。
超大国相手に、日本が一対一の勝負で勝てるのか?

今後、生活保護はかな~り行動に制限出てしまうし、規約があるから自由とはいえないけど
でも日本で食い詰めたら右往左往しちゃう
週5日-9時間で弱小企業に勤めて可処分12万円で喰っていける?
おそらく将来はないだろ?でも日本政府はそれをやろうとしている。
弱者が生き残れない世の中が訪れようとしている諸段階。

住処と年金について

2chで書き込めないのでこちらに書きます。
貧BPさんは安宿に長期滞在されているようですが、長期ならアパート
借りちゃった方が安くて快適ではないですか。
それから、ぼくは本物の精神障害者なのですが、年金を払っていなかったので、障害者年金を貰えずにいます。
障害者年金をもらうには障害者と認定された時点で年金を滞納しておらず、年金の加入期間の三分の二を払い
込んでいなければなりません。
自分でわざと障害者になるというのは論外だと思いますが、なりたくなくなくても障害者になるリスクという
のは誰にでもあると思うので、やっぱりいざという時のために年金くらいは払っておいた方がよさそうです。
ぼくは障害者なので福祉につながっているので、いざとなったら生活保護をもらうことを考えています。
そうはいっても、役所の窓口で申請を拒否されることもあるようですね。違法ですが。
生活保護の申請には弁護士とか創価学会とか共産党の人に依頼するといいみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。