HOME > ARCHIVE - 2014年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ホリエモンにとっての「ベーシックインカム」

 前回の記事でホリエモンこと堀江貴文氏がベーシックインカム賛成派であることを書いたけど、今回はもう少し、そのことを掘り下げてみたい。 まず、彼のブログから。働かなくてもいいんじゃないか?http://ameblo.jp/takapon-jp/entry-10308808731.htmlイギリスで産業革命が起こった。それにより人々は生存するための最低限の仕事をほとんどしなくて良くなった。だから、余暇が生まれた。スポーツやギャンブルその他近代文化は、...

続きを読む

投げ銭の御礼

このブログの左上にある投げ銭機能から、何度か投げ銭してくださってる方がいらっしゃいます。性質上個別にお名前を上げるわけにはいきませんが、いつも本当に有難うございます。今後このブログも、私自身もどうなるかはさっぱりわかりませんが、ネタとしてでも結構ですので、どうぞ末永くお見守りいただければ、嬉しいです。心の底より、御礼申し上げます。貧BP...

続きを読む

『マイナス―――何もない自分から小さなイチを引いていく』

 ホリエモンこと堀江貴文・著『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』を読んだ。誤解を承知で書けば、ものすごく面白かった。 あまりにも自分と正反対だったから。 そもそも、目次をパラっと読めばすぐに分かる「働くことへの全面的肯定感」。とてもじゃないが自腹で読む気になんかならなかった。 先日加入してるプロバイダーから電子書籍のクーポンが送られてきて、欲しい本が見当たらず、どうせ負担ゼロだからと試...

続きを読む

「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?

 先日ちらっと紹介した『「いいね!」が社会を破壊する』(楡周平)、読み終わりました。 過去も、現在も、未来も、本当によく分析できてるし、そのとおりだと思うことばかりでした。 ただ一点を、除いて。 それは筆者が、今の日本のみならず世界全体で当たり前な、「雇用」「労働」がなければ社会は成り立たないという価値観を強く信じていること。利便性を追求し続ける限り、将来の社会は雇用が生まれない「勝者なき社会」に...

続きを読む

ヒマな人生の魅力=至福

 ツイッター界の超有名人、ちきりんさんがこんなことをつぶやいてます。至福 RT @march0301: ヒマな人生の魅力って何ですか? QT @InsideCHIKIRIN: 来年こそヒマな人生を過ごしたい。(既に今年は諦めてるんかい!?)https://twitter.com/InsideCHIKIRIN/status/448315064723177473 かたやホリエモンは、最近は『ゼロ-なにもない自分に小さなイチを足していく』という本を絶賛売り込み中で、なかなか売れてるそうです。 収監...

続きを読む

弱者にやさしい社会

 多くは語らないけど、こういう人が増えていったら、社会はもっと生きやすくなるんだろうなと思います。泣き言を言う社会不適合者や性格の悪いうそつきほど社会によって救われるべき「社会不適合者の泣き言」は、「社会不適合者を助ける義務は社会にない」という文脈でよく使われますが、私は、性格の悪いうそつきや、社会に対して不満を撒き散らす社会不適合者、頭の悪いやつほど、社会によって救われるべきだと思います。ノブレ...

続きを読む

なぜそこまで日本の将来に楽観的なのか

勢理客さんに頂いたコメントですが、長くなりそうなので記事にします。 テーマを一言で言うなら、「なぜそこまで私は日本の将来に楽観的なのか」。 一般的には多額の赤字国債を筆頭として、日本の未来の社会福祉は崩壊するか、大幅に劣化するという考えが圧倒的です。ですが私個人としては、生きていけないほどに劣化するとはまったく思えないんですね。(もちろん、そう思い込もうとしてるという突っ込みはあるかと思いますが、...

続きを読む

最近の生活スタイル

 なんだか最近、コメント欄で似たような質問を何度か受けたので、記事としてまとめておきます。(そういえば、ホリエモンも自分の睡眠時間や生活スタイルについて何度も質問されるんで、どこかにまとめるとかやってたよな)Q:収入は?A:たまに、知人の仕事が忙しい時に日雇いで手伝うぐらいです。基本的には収入はないので、実家ニート状態です。Q:毎日何やってんの?A:本読んだりネットやる程度でしょうか。お金がかかるので外出...

続きを読む

気になるブログ

無職生活開始、中断、そして再開~ by ぬこぷっぷー2019年12月26日最悪な人生です。。 その2http://ichinuko.seesaa.net/article/391185216.htmlもう生活保護しかないかな、、とか考えています。だって、そうじゃないですか。こんなにも、何もないつまらない、地獄のような生活で、どうしようもないし、もう、本当に嫌だ。もう、終わりだ。 これまでも何度か紹介してきたぬこさんですが、あまりにも支離滅裂(更新日2019年だし…...

続きを読む

生活保護を権利として正当化する

 コメント欄で、とても典型的な「お前のような奴は死んでくれ」という書き込みがありました。「本当に困ってる人にとって存在自体が迷惑だ」とも。 こういう意見は本当に典型的で、だからこそ問題です。今回は徹底的に反論してみましょう。 今の日本社会における生活保護の問題は、権利ではなく「おめぐみ」「慈悲」の枠組みで考えられてしまっていることなんです。「基本的人権」「生存権」の枠組みで捉えられてない。もらう人...

続きを読む

なぜか、上手くいってしまう人というのがいるものだ

 以前遺産相続の話という記事を書いた。離婚してから数えるほどしか会ってない父方の祖父に会ってきた話だ。祖父はそれなりの遺産を持っており、おそらく父がそれを相続するが、そもそも金遣いがなってないからこそ離婚になったので、その遺産も無駄遣いして終わりで、自分に回ってくるぶんはないだろうということを書いた。 記事を書いた時は「入院した」という話だったので会ってきたのだが、今度は「退院した」というので、母...

続きを読む

生活保護受給者の寿命

 生活保護は立派な権利である、恥ずかしがらず行使して受給すべきだと固く信じてる私ですが、こんなデータがあります。生活保護受給者の平均死亡年齢は、女性71.6歳、男性63.8歳。全国で死亡した人の平均年齢(女性80.1歳、男性73.3歳)に比べて10歳程度も若い。http://d.hatena.ne.jp/peacelink/20101106/p2「藤原千沙・湯澤直美・石田浩「生活保護の受給期間―廃止世帯から見た考察」社会政策学会誌『社会政策』2010年2月、第一巻...

続きを読む

ふと思う、無への道程ブログの動機

 もう無への道程さんが自殺したと思われた時から、一年半ほどがたちました。早いものです。 ふと思い立って「無への道程」でググってみたんですが、定期的に彼を気にし取り上げる新たなブロガーの人がいますね。それだけ、彼の「カウントダウンをして消えていく」というスタイルが人々に与えた影響は大きかったのだろうなと思います。 彼がカウントダウンをしたのは、そうすることで助けの手が差し伸ばされるかもしれないという...

続きを読む

価値観の多様化は、「お金」を後ろ盾に自立したうえでないと社会的に認められないという、悲しいけど当たり前な現実

 コメント欄で「なぜここまで(貧BPが)批判されるのか? 価値観の多様化をもっと認めてほしいものだ」というご意見を頂きました、 おそらく、価値の多様化の大前提として「自立」を条件とするという人が多いのだろうと思います。違法じゃなければ好きにしてもいいよ、ただし、自分のことは自分でまかなってね、自立した上でやってね、他人に依存する前提で好き勝手するのは卑怯ですよ、と。 もし私がどんなことであろうがカネ...

続きを読む

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。