HOME > スポンサー広告 > 不真面目日本人vs真面目日本人HOME > 社会評論 > 不真面目日本人vs真面目日本人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

不真面目日本人vs真面目日本人

 以前から注目してる二つのブログがあります。どちらも「海外から見た日本人労働者」についてよく取り上げてるんですが、そのギャップが面白い。

NEVADAブログより「日本人は要らない(3割カット)」

NECは日本国内にいる海外営業部員の社員(300人)の3割である90人を「今の」日本人から外国人に「切り替える」と発表しています。

日本人から外国人に徐々に変えるとしているもので、今後、あらゆる部署で日本人を削減し、外国人に変えていくことになるはずです。

上場企業の幹部と話しましても今の日本人(特に男性)は働かないと嘆いている事例もあり、ならば働く男性外国人を採用するとなりはじめているのです。

反論はあるかも知れませんが、今の日本人男性はバブル前に比べ明らかに働かなくなっています。
にもかかわらず、給料は高いままであり、これでは世界と競争している企業はたまったものではありません。

ニートの海外就職日記より「海外の働き方にフィットする人、しない人。」

日本人労働者は勤勉で優秀だ。日本から出た事がなかった頃から何となくそう思ってたけど、実際に海外脱出を果たして数年経った今、その考えは正しかったと確信を持つようになった。

きっとこれは画一均質的な社畜量産教育wのおかげなんだろうけど、日本人の優秀さの平均値はかなりずば抜けてると思う。今までにも何度も書いてるけど、モラル、work ethic(働く姿勢)の高さ。これだけはマジで世界に誇れるレベル。

 おーいいったいどっちなんだーと言いたくなる(笑)。ニートの海外就職日記を書いてる海外ニートさんは最近あんまり更新しなくなって、引用した記事も2009年のもの。かたやNEVADAブログは今日更新ホヤホヤの記事なので、この数年の間に日本人の能力が激落ちしたのかとも言いたくなってくる。

 ニートブログの方をじっくり読むとわかるんだが、日本人労働者一人ひとりの真面目さ、勤勉さ、優秀さは世界で秀でているらしい。日本でろくでもないニートだったのに海外で雇われた途端バリバリ働き者の優秀会社員になってしまうというのは、繰り返し指摘されてる。
 だが同時に、日本の労働生産性の低さというのも重ねて指摘されている。無意味なサービス残業、終業後の飲み会強要、辛くて当然の労働観……これら「労道」のバカらしさというものが日本の労働環境には溢れかえっている。

・個々の日本人労働者は優秀で、海外で働くとその能力が優れていることがわかる。
・日本の労働生産性は先進国でトップクラスに低く、それを長時間労働でカバーしてる。

 そもそもこの2点自体がよく考えると大いに矛盾してる。優秀な人間が集まれば集団も優秀になりそうなもんなのにな。
 実はこの2点の矛盾こそが今までの日本経済の原動力でもあり、同時に、今&今後の凋落の原因になるんじゃなかろうか?

 今回のNEVADAブログで取り上げられていることなんだが、日本の大学生が勉強しないことは、以前からさんざん言われていた。かたや外国の大学生というのは本当に必死になって勉強する。
 よく外国人は働かない、休みが多い云々言われてるけど、こと学生に限って言えば、全世界の大学生は間違いなく日本の大学生より勉強してる。世界で一番怠け者の大学生は日本人なんだよ。それなのに労働者はともかく真面目。大学生が就職したとたんそれまでの生活と180度変わって、「労道」への恭順を要求される。

 個々の日本人はおそらく、真面目ではあるが優秀じゃないんだ。しかもその真面目さというのは「団体の方針に従う」という真面目さに過ぎない。「不真面目に遊べ」という大学に入ったら、その方針に従って遊ぶ。そう、実はふざけてるわけじゃなくて、真面目だからこそ遊ぶんだ。そこで真剣に勉強したりしたら、団体の方針に反することになる(笑)。大学というのは勉強する場じゃなくて、遊ぶ場だからね。
 就職したら真面目に働く。と言っても、効率性を重視し定時に上がるような働き方ではなく、これまた「長時間働くのは良いことだ」という労道精神(笑)にしたがって、真面目に働く。効率は悪いけど真面目は真面目だから、その生産品は優れていて、世界市場で勝つことができた。

 でもこれからの時代は、それじゃダメなんだよなぁ……。外国では大学生は必死になって勉強する。それは効率よく働くための能力を身につけるためなんだよ。日本の大学のように「団体の方針に従って生きる能力」を身につけるためじゃない。目的が全く違う。
 そして、日本の労働者のように表面的な真面目さや優秀さではなく、実の伴った能力を身につける。その能力こそが、これからの時代には必要とされるんだ。企業が求めるのは「団体への恭順さ」ではなく、純粋な能力になりつつある。今までは体育会に所属してた学生はその恭順な性質ゆえに優先して雇われ重宝されてきたが、これからはむしろ疎まれる存在になっていくかもしれない。真面目なだけで能力のない人間など、無用な時代がやってくるわけだ。

 NEVADAブログで言ってた「働かない男性が増えてる」というのはおそらく、俺のようにマジで働くのが嫌な怠け者(笑)が増えているというよりは、上司や同僚の顔色ばかり伺い、会社へ恭順することに忙しく、ほんとうの意味でちゃんと効率よく働こうとしない、という意味なんじゃないだろうか? おまえは働いてると言うが、そんなの働いてるとは言わないんだよ。なんで定時で帰らない? いつまでも会社にダラダラいるのは真面目に働いていない証拠なんだ、と。

 まだまだ分析は足りてないが、どうも「日本人の真面目神話」というのは大きく崩壊していってるように思う。海外ニートさんが指摘する「現地採用される日本人の優秀さ」もそろそろ通用しなくなるのではないか? そんな風にも思う。

 海外におけるホワイト&ブルーカラーの違いも考慮する必要はあるだろうな。NEVADAブログが言う優秀な外国人労働者ってのは明らかにホワイトカラーを意味してる。この違いは日本におけるものより明らかに大きいから。このあたりはまたの機会によく考えてみたい。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

>おれんじさん

 NECは優秀かどうかというより、優秀だとしても単にコストをかけすぎてた、ということかもしれませんね。前世界水準で考えてもっともコストかかってれば、そりゃもっと安いものに切り替えようとするのは当然のことですから。

Re: No title

>かーむさん

 ふむふむ。優秀だけどそれはクリエイティブな優秀さではなく、作業をこなす優秀さ、というふうに読み取らせていただきました。
 日本の義務教育がそういう方針だったからなんですけど、日本の優秀さって基本的に、ブルーカラーとしての優秀さなんですよ。時間長ければ長いほど多く生産できる(工場だから)というのを引きずって、それをホワイトカラーにも当てはめて考えてしまう。
 そのへんが昨今の体たらく原因かな、とも。

No title

香港である金融機関の駐在員として3年間過ごしました。

そこでの感想ですが、基本的に日本人はまじめで、よく働く部類に入ると思います。
でも、効率的に、という部分は全然だめです。
むだに長時間労働になる人も多いです。

一方で、全然働かないけど、働いてるようにうまく見せる駐在員も多く、まったく費用にあってないと感じました。


現地人は、仕事は仕事と割り切って効率的にやろうとしています。
が、効率を追求しすぎてかなり雑です。
問題が起きればそのとき対処すればいいし、ばれなきゃいいってスタンスの人が多かったです。
でもそれも、クラスによります。
ただの担当者レベルではそんな人が多いですが、上のクラスや、上を目指す人はしっかりしてる人もいます。


NECの件は、要は駐在員がコストに見合ってないから現地化したい、ってことかも。日本人がどう、って話より。
あれは現代の貴族ですよ、実体験として思います。

No title

私はまだまだ個々の日本人の優秀さを痛感してます。
IT業界にいますけど、個人的な経験ではアメリカ人やインド人、中国人のレベルと比較すると日本人のエンジニアはかなり高いです。


問題はビジネスを創造できるクリエイティブな層の薄さや既存の構造を変革するリーダー層が薄いこと。
また世界に発信できる能力に乏しいことでしょうか。

こういう人材もいないことはないんですが、社会全体でバックアップする仕組みがないですね。

生産性が低いのも日本の場合は過剰サービスや過剰品質と産業構造の変換ができていないのが大きな原因かと思います。
円安や非正規労働者の問題も大きいですね。
逆に消費者にとっては安くて高品質なサービスを受益できているともいえます。

まあ、個々が優秀であっても全体で稼げる仕組みとリーダーシップがないとだめだということですね。

ただ、NECのようなグローバル企業の海外営業部が日本人主体だったというのは、企業にとっての最適な人員配置を考えると不思議ですね。
やはり今までは旧態依然とした会社であまり外国人を雇ってこなかったということでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。