HOME > スポンサー広告 > DIYが面倒くさいからこそ、物価の安い途上国に外こもりをするのですHOME > なぜ外こもりを目指すのか > DIYが面倒くさいからこそ、物価の安い途上国に外こもりをするのです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

DIYが面倒くさいからこそ、物価の安い途上国に外こもりをするのです

 最近はミニマリストが大流行だし、同じ文脈でDIYも流行ってるみたい。いわゆるバックパッカーや貧乏旅行者界隈も昔からそういう傾向はあって、むちゃくちゃ小さいかばんで旅をしたり、ボロボロの服やズボンをひたすら自分で補修して使い続ける人もいましたね。

 でも、そういう話を見聞きする度に「自分は違うわ」と思ってしまうんですよ。

 タイやインドなんかだと、路上にミシンを出してる職人さんがそのへんにいます。ズボンが破れたらそこに持って行って「直して」と言えば、ちゃちゃっとやってくれます。料金は100バーツ(約300円)ぐらいかなぁ。
 もちろん「その100バーツがあればご飯を2回は食べられる! なんともったいない!」という意見もあるでしょう。でも、日本で同様にズボンの修繕に出したことがありますが、2000円位とられましたよ。それがたった300円で済むなら、安いもんです。

 自炊が面倒くさい自分からしたら、そのへんの屋台に行けば100円200円でバリエーション豊富ないろんなものを食べられるからこそ途上国は、最高です。日本で自炊すれば月1万円で十分、もったいないという意見もあるでしょうけど、その自炊自体がやりたくないんだから、どうしようもない。日本で全部外食なんかしたら、恐ろしいことになります。
 宿代が1日1000円とかも不可能じゃない沖縄も、全部外食にしたらすごいことになってしまうでしょう。それが途上国なら簡単にできてしまうんですよ。

 自炊は楽しい、DIYは楽しい、その楽しさを知らないなんてもったいない……。それは「働くのは楽しいのに、労働嫌悪なんて人生損してる」と同じ考え方です。
 人によって違うとしか、言いようがないように思います。

 ともかく意地でも1円でも使わない、徹底的に節約する。それが行き着くと、それこそ自給自足するしか無いでしょう。沖縄の離島のキャンプ場で、漁をして暮らしてる人もいるそうですしね。

 でも自分はそんなことはしたくない。やりたくないことはやらない、お金は節約したい、その個人的なバランスが取れるところが、途上国での外こもりということなんだと思います。

だが東南アジア各国は、急激な経済成長によって物価も急ピッチで上昇した。例えばタイの消費者物価指数はここ10年で1.5倍近くに上昇している。タイの都市部において、ちょっとした昼食代が1000円を超えることは珍しくなく、もはや日本と変わらない水準だ。物価が安いことを前提に移住した年金生活者の中には生活が破たんする人も出てきているという。

いつの間にかアジアの「安い国」になっていた日本

 こういう記事を読む度に「この人はいったいどういうところでご飯を食べているのだろう?」と思ってしまうのです。タイの屋台だけでなく、まともなフードコートでも、150バーツ(約450円)も出せば十分に立派な昼食を食べることが出来ます。1000円を超えることは珍しくないとか、冗談にしか思えない。日本でだって、昼食で1000円超えることは、自分にとっては極めて珍しいことです。
 明らかにタイより物価の高い、今自分の滞在してる台湾だって、安価に十分な量のある定食を食べることが出来ます。これは台湾でも激安に入る部類ですが、探せば50元(約170円)で食べることができるんですよ? タイだって同じです。

20160411213551231.jpg
 日本にこんなところ、あります? 無いですよ。自炊すれば安くなるって、海外なら自炊しないでも安くあげられるんです。
「何でもかんでも面倒くさいって、生きるのも面倒くさいでしょ? 死ねば?」みたいに言われることもありますが、死にたいわけじゃない。自分にとって一番快適なあらゆるバランスを取りたい、それだけなんです。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。