HOME > スポンサー広告 > 早朝チェックアウトに向いている台北の安宿「Angels' Hostel(天使青旅)」HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 早朝チェックアウトに向いている台北の安宿「Angels' Hostel(天使青旅)」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

早朝チェックアウトに向いている台北の安宿「Angels' Hostel(天使青旅)」

 昨晩泊まった安宿が「気兼ねなく早朝チェックアウト出来る」という珍しい宿なので、簡単に紹介しておきます。

 その名もAngels' Hostel(天使青旅)

 普通の、シングルなどに泊まり、フロントが24時間開いてるホテルなら、何も問題はないです。だけど安宿の場合、まずフロントが24時間開いてるとは限らない。鍵は箱に入れて勝手にチェックインなら、まだ対応してる方です。
 なによりも問題なのが、ドミトリー(相部屋)で早朝の荷物準備は、ともかく大変なこと。部屋の電気をつけるわけにもいかず、暗い中懐中電灯だけを頼りにパッキング。音もできるだけ立てないという配慮も必要だし、忘れ物にもしやすいし、ともかく気を使います。
 この宿はそのへんの気遣いがほとんどいらなく、それでいて安く、台北駅やバスターミナルにも近いと、好条件がそろっています。



 宿の入口はなぜかビルで、エスカレーターで二階に上がると、左手にあります。ビルの一部を改装して宿にしてるんですね。


 中は共用スペースと、部屋、シャワー、簡単なキッチン、荷物室。トイレはビルの構造上の問題なのか、宿スペースの外にあり、使うときはカードキーで一旦外に出て入り直す必要があります。部屋にはいるのにも必要だから、どのみちカードキーはつねに携帯したほうがいいですけどね。

 ここはドミトリーの構造がすばらしい。各ベッドは分厚いカーテンが備え付けられており、寝る際はこれでしっかりと遮光できます。そのため、部屋の電気は夜もつけっぱなしが基本。カーテンを開けると明るいので、暗い中パッキングをする必要がありません。


 ベッドの内側に、あるていどの大きさのかばんがすっぽり入るくぼみや、コンセントにUSBまである。ある程度までの荷物ならここに入れてしまえば、それこそカーテンを締めた中で荷造りをすることも可能です。



 台北駅やバスターミナルへも、道を一回曲がるだけ。途中は屋根のある道が続き、雨が降ってもなんとかなりそうな感じです。

 料金もホテル予約サイトじゃらんを通したところ、約1400円。空港泊するのもありですけど、これだけ便利でこの価格なら、宿に泊まってシャワーも浴びて、ぎりぎりまで寝たりゆっくりして空港や駅に向かうのもいいと思います。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。