HOME > スポンサー広告 > 子作りしたくて仕方のないお年ごろというものがあるんだろうHOME > 男性論女性論 > 子作りしたくて仕方のないお年ごろというものがあるんだろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

子作りしたくて仕方のないお年ごろというものがあるんだろう

 昨日に続き 橘玲『言ってはいけない 残酷すぎる真実』を取り上げます。
 昨日はまったく引用なしで感想を書いたんですが、今日は引用を元に、この本がどういう「残酷すぎる真実」とやらを書いてるか、簡単にご紹介します。

 2011年6月、ディー・エヌ・エーl創業社長の南場智子氏は自らトップの座を退いた。ハーヴァードでMBAを取得し、大手コンサルティング会社を辞めてベンチャー企業を起こし、わず10年あまりで売上高1000億円を超える上場企業に育て上げた成功者の突然の退任の理由は、「夫の看病で(社長業に)全力を出せなくなった」というものだった。
 その2カ月前に夫ががんを告知されたときのことを、南場氏はこう回想している。
「その瞬間、私には一生こないだろうと思っていた心境の変化が起きました。これまでの自分の人生は、全部このときのためにあったんじゃないか。そんなふうに思いました。何のためらいもなく、私にとっての優先順位が、仕事から家庭へと変わってしまったのです」
 じつはこうしたケースは、米国では珍しいことではない。
(p.149-150)

 進化心理学は、「女は女らしい仕事をすればいい」とか、「女性は家事・育児をするように進化した」と主張するわけではない。私たちの社会に必要とされているのは、男女の性差をイデオロギーで否定するのではなく、両者のちがいを認めたうえで、男も女も幸福な人生を送れるような制度を目指すことだろう。
(p.162)

 略した部分では、そもそも男女が幸福と感じるものや順番が違うという話が、脳機能やホルモン、視神経(!)の実際の例などを用いて説明されています。
 仕事第一の男性からしたら、介護だなんだという理由で超一流企業の代表を退くなんか、意味不明かもしれません。日本社会では無責任と捉えられることすらある。ゆえに、出産や子育てをするかもしれない女性に仕事なんか任せられないという説明がなされるわけですが、これは「良識ある社会」では露骨な性差別です。でも科学的に、男女は優先順位が違うことが証明されてるんだもん、いわゆる男性がイメージする仕事に女性が向いてないのは明らかだもんという「言ってはいけない真実」が、こうして書かれてしまってるわけですね。

 これを書いてる時に、ちょうどこんなニュース映像を発見しました。


 ゆきりんは子供が欲しくて仕方なくなってきてるようです。母が自分を25歳で産んだことを意識してもいるようです。これなんか、極めて典型的な女性の本能の現れそのものです。
 仕事よりも自分の出産・子育て=遺伝子を残す本能が優れば、恋愛禁止とか一切かなぐり捨てて、そっちに走るでしょう。ともかく仕事優先の男性の理屈は通じない。
 同じ種の保存の本能は、男性ではもちろんまったく違った形で現れます。妊娠出産というリスクが皆無だからこそ、かたっぱしから種付けをしようとする……女性からしたら冗談じゃないと思うんでしょうけど、動物の本能的には正しい方向性です。科学的に証明されてるから、どうしようもない。

 かようなまでに、男女の溝は深いということなんでしょう。

 とはいえこれも、あくまでも「一般論」としての男女の話。人間は男女ともに、いくらでも変わった人がいますからね……。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

富士スーパー愛好家 さん

> うーん特に本にするようなことか?と思った
> こんなの、みんな分かってること
> 橘玲もブーム過ぎて糞本量産体制か

いやいや、思いの外分かってない人は多いと思いますよ。いわゆるフェミニズムの人とか……。

No title

うーん特に本にするようなことか?と思った
こんなの、みんな分かってること
橘玲もブーム過ぎて糞本量産体制か

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。