HOME > スポンサー広告 > 海外に出ることで得られる視点の「違い」HOME > 社会評論 > 海外に出ることで得られる視点の「違い」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

海外に出ることで得られる視点の「違い」

 実は、以前からバックパッカー経験者の「視点」というのが二分されることに気づいてました。

・途上国で貧しくとも力強く生きている人たちを見ることで自分たちが恵まれていると気づき、やる気が出てポジティブに人生に対しがんばろうとする人たち。
・途上国で貧しくとものほほんと暮らしてる人たちを見ることで毎日あくせくと働くことに嫌気が差し、面倒くさくなってその怠惰の中に自らを投げ入れようとする人たち。


 外こもりは当然、その大半が後者です(笑)。とはいえ実際は前者のほうが圧倒的に多いですね。

 ここで面白いのが、いわゆる自己責任論の話。イラクで捕まった邦人誘拐の話や、日本の格差社会における貧困層やワーキングプア。彼らについて社会と本人、どちらにより大きな責任があるかというのがいわゆる自己責任論なのですが、バックパッカーの多くは、どちらかといえば「自己責任論」を支持する人が多いように感じています。
 日本という恵まれたところに生まれ、それを生かせないのは自己責任である。途上国を見よ、彼らは機会さえ与えられていないのに、日本人は努力すれば誰だって夢を叶えられるではないか。
 これが典型的な意見になります。

 だけど自分は、彼らと同じところを旅してきたのにそうは思わないんです。日本の東大進学率などが生まれた家の貧富によって大きく差が出るのは、もはや否定するのも馬鹿らしいぐらい有名な話です。親が東進ハイスクールの学費を出してくれ効率の良い勉強法を身につけられる人と、せいぜい補習塾に行くのが関の山で実質独力でがんばらねばならない人とでは、やはりスタートラインから大きく違っているのです。
 がんばれるかがんばれないか、このあたりの性格も周辺環境によって醸成される面は大きいと思います。がんばれる人は、そういう性格に育つことができたことに感謝してがんばっていただければよろしいと思います。いやいや頑張ってるのにお前ら怠け者は……と言う人は、結局のところ、素直にがんばることを放棄してしまった俺らのような人間を妬み、蔑むことでなんとか自分の境遇に折り合いをつけているだけのように感じるんです。
 嫌ならやめればいい。それでもなんとか生きていければいいじゃないか。それが、自分が貧しい途上国で暮らす人々を見て、最も強く感じたことですね。もちろんがんばってる人を見ると偉いなぁと素直に思いますが、その傍らでのほほんとしてる人もいて、その両者が共存できている。片方が片方を排除しようとしない。そういう姿こそ、ガンバリズムに偏りやすい日本人が見習うべき点じゃないかと思うのです。

 ちょうどこの記事を書こうと考えてる時に、ルーマニアにインターンに行った女子大生が殺されるという事件がありました。

ルーマニアで日本人女性がレイプされ殺害される

ルーマニアの首都、ブカレストの郊外で、20歳の日本人女性が殺害されたと現地の報道で伝えられ、日本大使館が確認を急いでいます。

現地からの報道によりますと、ルーマニアの首都、ブカレストの郊外の路上で、17日、女性が殺害されているのが見つかったということです。 殺害された状況など詳しいことは明らかになっていませんが、警察は、所持品などから、被害者の女性は20歳の日本人で、「マスモ・ユリカ」という名前だと伝えています。

 今回は若く美人な女性、しかも女子高で育った純粋培養お嬢様ということで、自己責任論よりはインターンを企画したアイセックという団体への非難が多いようです。
 深夜に首都ブカレストに到着しそのままタクシーに乗ってしまったそうです。たしかにこの手の海外常識に詳しい身からすれば「何やってんのよ」と思わなくもない。だけど、自己責任ってのは本人が被害を受けてしまった時点で十分に被ってるわけですよ。そこに鞭打つようなことはすべきではないと思うのです。

 なにが正しいのかというのは難しい問題ですが、できることなら、それなりの自己責任を負った人に対し鞭打つような社会にはなってほしくないなと思うのでした。昨今の日本は不況で寛容度が下がってきてると言われていますので。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ


   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> そもそも、ブカレストって深夜タクシーに乗ったくらいで危険なとこなんすかね
> タイ知らない人は、タイの安全情報とか見て怖い怖いいうし タイと比べたらルーマニアは相当豊かな国でしょう

ブカレストやバンコクにかぎらず、夜のタクシーはどこも危ないと思いますよ。NYでも、ロンドンでも。

No title

そもそも、ブカレストって深夜タクシーに乗ったくらいで危険なとこなんすかね
タイ知らない人は、タイの安全情報とか見て怖い怖いいうし タイと比べたらルーマニアは相当豊かな国でしょう

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。