HOME > スポンサー広告 > 年間30万円でOKの根拠・5(タイ・カンチャナブリー編)HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 年間30万円でOKの根拠・5(タイ・カンチャナブリー編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

年間30万円でOKの根拠・5(タイ・カンチャナブリー編)

 ご無沙汰しておりました。この調子だと年間数回しか更新しないブログになってしまいそうです(笑)

 今回はついに本命、タイの登場。ただしバンコクではなく、車で2時間ほど離れたカンチャナブリーを紹介しましょう。個人的にはバンコクは物価も高く、遊びの誘惑も多すぎて外こもりとしては自制心を維持するのが難しい気がするのですよ。

【ビザ&取得旅行費】
 タイ外こもり最大の問題と言われるビザ。空路入国で30日、陸路では15日のビザ無し滞在が認められます。

http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mamechishiki/thaivisa.htm

 以前あった「入国当初から計算して6か月以内に最大90日」というのが無くなったのは朗報ですが、15日ごとにラオスやカンボジア行くのは面倒くさいし、空路ってことはいくら安いエアアジア使ってもそれなりの出費にはなります。たまにある格安販売で事前に予約立てて買っておく手もありますが、現実的じゃないです。
 となるとやはりビザを取得するのが基本となります。シングルで60日+延長30日か、それが2回出来るダブルを取るか。このあたりの事情はたいちゃんねるのビザ板が詳しいです。

 この記事を書いてる最近の状況だと、ビエンチャンに行く人が圧倒的みたいですね。プノンペンではシングルしか取れないみたいだし。今回はビエンチャンを前提に考えます。ダブルで2000バーツとのこと。つまり

観光ビザダブル2000バーツ+タイ国内ビザ延長料金1900バーツ=3900バーツ

 で90日が2回、計180日滞在できます。ただし問題は、何度も観光ビザを取り続けた際に押されるという「赤スタンプ」。これが押されると同じパスポートではタイの観光ビザが非常に難しくなる。したがってパスポート自体を新しくするしかないと言われています。だが、完全に取れないわけではなく、ビエンチャン以外の大使館・領事館では取れるということもあるそうで、このあたりは運と状況次第としか言えません。赤スタンプが押されるのも2回~5回とまちまちのようで、なんともよくわからない。
 今回はちょっと、この更新可能回数の件は無視して滞在費を考えますね。年2回更新を行うとすると、これぐらいがビザの出費ということになります。

ビザ代2回分 7800バーツ
ビエンチャン旅行2回分 2000バーツ
合計 9800バーツ(1バーツ=2.6円として、25,480円

 ビエンチャン滞在費とバンコク(カンチャナブリー)からの往復でこれくらいを見積もっておきましょう。

【宿泊費】
 カンチャナブリーでは、クウェー川沿いのジョリーフロッグゲストハウスというところのシングルなら、70バーツで泊まれます。日本人宿のカナーンゲストハウスも、シングル120バーツ。

 70バーツ×360日=25,200バーツ(65,520円

 5日足りないのは、ビエンチャンに年2回行くからです。本当はもう少し日数が必要でしょうね。

【食費】
 カンチャナブリーは屋台がたくさん。一食、飲み物含めて50バーツあれば十分です。これはジョリーフロッグ併設の、バックパッカー向けのレストランでも同じ。洋食が50バーツ前後で食べられるのだから、お得度は高いです。

50バーツ×一日3回×360日=54,000バーツ(140,400円

 ビザ&取得旅費、宿代、食事代を合わせると、こうなります。

 25,480+65,520+140,400=231,400円

 物価が上がってきたとさんざん言われているタイですが、まだまだ年間30万円での滞在は可能ということになります。7万円近く余裕があるし、毎日の食事代はもう少し緩急つけられるはず。お酒を数日に一回飲むとか、そういう贅沢も十分できそうです。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ



追記:2015/1/9
 記事内で取り上げたカナーンゲストハウスについてのわかりやすい紹介動画を見つけましたので、リンクを張っておきます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 何度もすみません

きりぎりす さん

> ぶっちゃけチェンマイで記事を創れば良いものになったかも。カンチャナブリはどの国境に行くにも不便だしちょっと無理矢理感があり過ぎでした。

これはここ数年カンチャナブリばかり行ってて、チェンマイは行ってなかったというだけの話なんですよ。
行ってないと、書けないですから。
そもそもカンチャナブリとバンコクはわずか2時間の距離です。チェンマイ~チェンライ~メーサイ、チェンマイ~ラオスなんかと比較しても、そう不便とは思いません。

何度もすみません

アリさん

まぎらわしいコメントですみませんでした。ブログ主さんへのコメントのつもりでした。チェンマイの物価の安さは自分も今年の6月にそこにいたので承知しています。フルーツは20B/kgのマンゴーや15B/房のモンキーバナナ、10B/個のパパイヤ。10Bのおかずに5Bのカオニャオなど今でもお腹一杯食べても余裕で1食50B以内で収まると思っています。

2012年当時、この記事を読んで「カンチャナブリからビエンチャン往復1000Bは有り得ないだろう。」と思ってました。しかも30日の延長料金1900Bの記載もないし。
木の椅子数十バーツも実際には急行253B快速213B普通113Bってとこでしょうか。この中で普通列車はバンコク・コラート・ノンカイと区切って乗らないと存在しないのでコラートでの駅構内野宿が必要かと。また到着当日にビザ申請したいと思うと9時過ぎ到着の快速も候補から外れ5時到着の急行一択に。
ぶっちゃけチェンマイで記事を創れば良いものになったかも。カンチャナブリはどの国境に行くにも不便だしちょっと無理矢理感があり過ぎでした。

Re:チェンマイで半年15万円で外こもり可能?

きりぎりすさん

1,国外へはミャンマーのタチレクを想定しています。タイトル通りチェンマイを拠点としいますので。ビザの延長はチェンマイのイミグレでも可能なようですが、まだやったことは無いので出来るかは解りません。

2,ラオスへはチェンマイ発のビザツアーがあります。ツアー会社のノンカイ支店までの往復です。これが1700THB,ビザ代2000THB、ビエンチャンでの宿泊500THB,残りがその他交通費食費で合計5000THBとした大雑把な計算です。

食事内容に関しては考慮してません。食費は現地で感じた限りではバンコクよりも5THBくらい安く感じられます。

最後にカンチャナブリのジョリーロックについてですが、今年の6月に宿泊した時はシングルFANのみトイレシャワー共同で、100THBになってました。部屋にwifiは届きませんでした。

以上

Re: ちょっとツッコミ

きりぎりす さん

> 1.観光ビザのタブルって1つめの国内延長の後は1回出国する必要がありますよね。それは何処を想定しているのですか?出国不要?国内延長もバンコクに行かなくてもできるの?

記事にあるようにビエンチャンが前提です。

> 2.ビエンチャンは1回1000バーツで往復できるのですか?1泊の宿泊代込みですよね。カンチャナブリからだと片道だけで1000バーツ超えそうな気がします。

ノンカイまでの列車で、木の椅子の2等座席なら、数十バーツで行けたと記憶していますが?
そうは行かないとしても、アリさんのコメント「ラオスビエンチャンでの観光ビザ(ダブル)取得費用はツアー会社を利用して諸々含めて5000THB」とありますから、ざっと5倍になるだけの話ということでもあります。

> 3年前の記事ですが交通費は今も変わらないと思います。それと1食50バーツ飲料込みは当時の物価でも理論上可能なだけで1年も続けたらからだ壊しますよ。

とは言っても、そういう食事で1年間近くを旅して乗り切ったことがありますからね。
本当なら今すぐにでも改めて実践し、どうなるかをみなさんにお見せしたいところですが、今これをやると純粋に貯金から30万円が消えてしまいますからね……アフィリエイトでその穴埋めを出来る算段は無いし、日々の外こもり実践記録の更新で急に来訪者が増えることも難しいでしょうし……。

映画「スーパーサイズ・ミー」みたいに毎日記録を公開するから、誰か支援してくれたり、しないものですかね?

というような妄想を、毎日のように抱いてしまう日々です。

Re: チェンマイで半年15万円で外こもり可能?

アリ さん

> 時々に覗かせて頂いて、楽しませて貰ってます。さて、表題の件で可能かを現地よりリポートさせて頂きます。

ありがとうございます。

> 年間単位はビザ問題があるので現実的な半年の外こもりを目指して理論上可能かを計算してみました。
> 条件として1ヶ月30日,1万円を3000THBと計算します。
> また半年滞在の最初の1ヶ月はノービザでの30日滞在を利用します。
> 宿代1泊100THB(ドミで朝食付のゲストハウスが有り)*30=3000THB
> 食費は朝食は無しで1食50THB、1日2食で100THB*30日=3000THB
> ラオスビエンチャンでの観光ビザ(ダブル)取得費用はツアー会社を利用して諸々含めて5000THBこれらを全て合計して41000THB。年間30万円の半分、半年で15万円で、45000THBなので差引4000THBの黒字です。結論として半年での外こもり可能かと考えられます。

たしかにビザの問題を考えると、通年でのタイ外こもりは難易度が高いですよね。
自分で実際にやるとしても、(個人的な趣味も入りますが)カンボジアや、インド文化圏を組み込むと思います。

朝食付き1泊100バーツはお得ですね。知りませんでした。

ともかく、今でも年間30万円外こもりは理論上可能という話ですよね。ありがたい話です。

ちょっとツッコミ

なんかこの古い記事にコメントがついたので、質問です。
1.観光ビザのタブルって1つめの国内延長の後は1回出国する必要がありますよね。それは何処を想定しているのですか?出国不要?国内延長もバンコクに行かなくてもできるの?
2.ビエンチャンは1回1000バーツで往復できるのですか?1泊の宿泊代込みですよね。カンチャナブリからだと片道だけで1000バーツ超えそうな気がします。

3年前の記事ですが交通費は今も変わらないと思います。それと1食50バーツ飲料込みは当時の物価でも理論上可能なだけで1年も続けたらからだ壊しますよ。

チェンマイで半年15万円で外こもり可能?

時々に覗かせて頂いて、楽しませて貰ってます。さて、表題の件で可能かを現地よりリポートさせて頂きます。
年間単位はビザ問題があるので現実的な半年の外こもりを目指して理論上可能かを計算してみました。
条件として1ヶ月30日,1万円を3000THBと計算します。
また半年滞在の最初の1ヶ月はノービザでの30日滞在を利用します。
宿代1泊100THB(ドミで朝食付のゲストハウスが有り)*30=3000THB
食費は朝食は無しで1食50THB、1日2食で100THB*30日=3000THB
ラオスビエンチャンでの観光ビザ(ダブル)取得費用はツアー会社を利用して諸々含めて5000THBこれらを全て合計して41000THB。年間30万円の半分、半年で15万円で、45000THBなので差引4000THBの黒字です。結論として半年での外こもり可能かと考えられます。
では、失礼します。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『年収100万円の豊かな節約生活』 山崎 寿人 (著)

著者は東大卒という高学歴の持ち主でありながら30歳で会社員を早期リタイアし、無職生活を20年続けている、高等遊民として大先輩の方です。 無職なのに「年収100万円」なのは、遺産相

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。