HOME > スポンサー広告 > バンコク最安移動手段復活か!?HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > バンコク最安移動手段復活か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコク最安移動手段復活か!?

 いまバンコクのスワンナプーム国際空港は、ちょっと困ったことになってしまってます。昨年エアポートバス(150B)が廃止されてしまい、町中まで安く交通手段が無くなってしまっています。特にカオサン、ヤワラーなど今でも安宿がひしめくエリアに行くのが大変。

1.エアポートリンク(45B)でパヤタイまで出て、ちょっと歩いて2番バス(6.5B)に乗り換え、カオサンへ向かう。この「ちょっと歩く」が荷物が多い人には大変です。

2.一階からミニバス552系統(25B)でオンヌットまで出て、そこで2番バス(6.5B)に乗り換え、カオサンへ向かう。これがいまのところ最安かな。

 ところが、今はスワンナプームに飛んでるエアアジアが、今年2012年10月からドンムアン空港に拠点を移すことになりました。万歳!
 というのも、日本-クアラルンプール(KL)間のエアアジアが割安感がある関係で、最近は日本からバンコク直行ではなく、KL経由で来るエアアジア利用者が多くなってます。そのエアアジアがドンムアンに移る。ということは、59番バスがその存在意義を復活させるということなんですよ!
 というのも、ドンムアンとカオサンの間は、59番バス(6.5B)一本で乗り換えなしで来れるからです。

 かつて1円でも節約しようとするバックパッカーにとってこの方法は基本中の基本でした。以前は3.5Bで移動できたので、なんと10円程度で市街地から空港にアクセスできたわけです。こんな最安アクセス手段を持つ街は他に存在せず、バンコクが貧乏旅行者にやさしい象徴のようなものでした。でもそれがスワンナプームに移り、エアポートバスや鉄道を使わざるを得なくなり、なんともしんどくなっていたのです。

 また、ドンムアン空港にはタイ国鉄のドンムアン駅が併設されており、列車一本でバンコク中心に位置するファランポーン駅まで行けます。これがBTSやMRTといったここ10年近くに出来た電車と大違いの価格設定。なんと約1時間の乗車で、わずか5バーツ。ヤワラーに宿を取る場合に使える移動手段が復活することになります。

 これでこの秋から、59番バスに大きなバックパックを背負って乗り込む旅人の姿を再び見かけるようになるでしょう。風物詩がひとつ復活です。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。