HOME > スポンサー広告 > 本当に働きたくないなら、他人に迷惑をかけることを覚悟しなきゃいけないHOME > 社会評論 > 本当に働きたくないなら、他人に迷惑をかけることを覚悟しなきゃいけない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に働きたくないなら、他人に迷惑をかけることを覚悟しなきゃいけない

 先日Twitterでつぶやいたように、心お優しい方にpha著『ニートの歩き方』をamazon経由でお恵みいただきました。でもこれは、このブログの左上にある貧BPのほしいものリストからではなく、著者のpha氏がTwitter上でお金が無くてほしい人はつぶやいてくださいと書き、それを見て素直にほしいと書いたら、恵んでくれる方が現れたというだけなんですよね。いわば著者のステルスマーケティングに利用されただけ。もちろん、そうであってもタダでいただけたことには感謝申し上げるしかないです。
 というわけで皆さんも、本の一冊お恵みください……よろしくね。

 ただしこのaamzonのほしいものリスト経由だと海外には送ってもらえないので、まだちょっと手元にくるには時間がかかる。だけどすでに書評がいくつも出てきてるので、内容は大体の見当がつく。その感想は「こりゃ参考にならんな」というもの、かな。
 ほうぼうで書かれてるけど、著者のpha氏は実は年収が少ないフリーランスにすぎない。アフィリエイト、プログラム、ライター、他こまごまとした仕事で年収80万円を得ているらしい。それだけあれば日本で無く、こちら東南アジアなら立派に豊かな生活ができるよ。
 年30万で生き延びようとしてる自分とは天と地の差……。

 あと、これ。アルファブロガーとして有名な小飼弾氏の書評から。

自分の、自分による、自分たちのための働き方 - 書評 - ニートの歩き方

「自炊はニートのたしなみ」と著者はさらりと言っているけど、いくらクックパッドを見たところで、「自炊がだるい」人には、著者の言ってる事付いていけない、全然納得出来ないだろう。そういう人は、外食するために働けばいいだけのことだ。

 自炊はニートのたしなみだなどとさらっと言いのける人間なら、ニートでなくちゃんとした会社員でも生きていける。それだけのバイタリティーがあるよ。
 自分はまったくダメ。タイの何がいいかといえば、自炊しなくていい点なんですよ。外食文化が発展してるからね。アパートに住んでもキッチンは無いところが多い。あっても手洗い場程度。
 自炊や洗濯ですら労働と考え面倒くさがるぐらい当然。タイはランドリーも安いからね。1kg30バーツでやってくれるのよ。もう最高。

 働くのが嫌というのは、会社組織に所属して働くことだけを指すのではない。自営だろうが個人事業主だろうが、ともかく働くのは一切嫌だという人間こそ真のニート。よく「働かずに生きる」とか掲げながら実は被雇用者(会社員)にならないことを意味するだけだったりすることがある。それじゃダメなんだよ。自分が持ってる資産に働いてもらう(金利収入で生きていく)ならともかく。

 自分が思うに、ニートという単語は金に働いてもらう・金を食いつぶす・実家などに寄生し養ってもらう、こういう人だけを指すように限定すべきだと思う。pha氏はたまにテレビに出てくる「田舎で現金収入10万円で豊かな暮らし」みたいな人と同じ、オルタナティブな生き方をしてるだけの人に過ぎない。
 先ほどの小飼弾氏はこうも書いてる。

「生きる理由」なんて「死にたくない」からで十二分。「起業する理由」なんて「その方が食えそうだから」で十分。「とりあえず自分を養っている」が社会貢献として十分かどうかの分水嶺。

著者はそれをきちんと実現している。「たかって」はいても「奪っては」いないし、社会保障費を支払っているに至っては感心するやら呆れるやら。

 生きる理由が死にたくないからで十分、というのは小飼氏に同意。だがあとは違う。その十分な理由に条件は一切つけるべきじゃないんだよ。社会貢献として十分かどうかの分水嶺なんか知ったこっちゃ無い。働きたくないから生活保護をもらいますで十分。もしこれを認めないなら、実はこの人は生きる理由に条件付けをする普通の人となんら変わらない。自分が生活保護をもらわないのは、海外に行けなくなるから。今はまだ、このために働いてお金ためるというのは、まだ我慢できている。だから今のような生活ができているわけだけど、それすら辛くなったらもらいますよ。日本でもゲストハウスのドミなら、生活保護の住居扶助基準額以下だから文句言われないはず。
 どうしても条件付けしたいなら、犯罪とされるものを犯さないこと。この一点に絞るべき。だから、貯金があるのに隠して生活保護をもらうとかはしちゃいけない。せいぜいこれくらいじゃないのかな。

 働きたくないという感情が自らが生きるうえで必要絶対条件で、働いたら死にたくなってしまい、場合によっては自殺するかもしれない。だから生活保護をもらう。これで十分。ある意味ではそれぐらい追い詰められてるのが本当のニートと言えるし、そこで社会と折り合いつけて自分の快適な生活条件をそろえられてるpha氏というのは、やはりニートとは言えないと思う。

 ついでにもうひとつ書評を紹介しておきます。

ニートの歩き方「働かない」より大切な「自分の身は自分で守る」こと

 たしかにそのとおりだけど、自分の身を自分で守るというのは、たとえば水際作戦などであきらめず、生活保護を断固もらうというのも入る。こう書くと抵抗を感じる人は多いと思う。それって国家に依存してるだけ、なにかあったら見殺しにされる、それじゃ自分の身を自分で守れていないじゃないかと。だけどそれはどこにラインを引くかの問題なんだよ。大企業に働く人もそこに依存してるといえる。40超えてリストラされて死んじゃう人は、自分の身をぜんぜん守れていなかったことを意味してるわけだしね。

 さて。ちゃんとした書評は読んでから書きますね。書評ブログだけでこれだけ書けるんだから、おそらく本書を読めばブログ何回分ものネタがいただけるはず(笑)



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

ほんと、あれだけのバイタリティがあればなんでも出来ますよ。

こういう表社会に出てこれない、脚光を浴びない人こそなんとかしないといけない、助けがほしい人だったりするんですけどね。

そういえばツイッター上で、ちきりんさんというこれまた有名な方とphaさんに憧れると呟いた人がいて、その人にちきりんさんが「私達二人を足すと普通の人になってしまいます」とコメントしてたんですが、冗談じゃないと思いました。両者とも本を出してるし、ネットでも有名なわけです。そんな二人を足して普通だったら、うちら本当に名もない普通人はどうなるんだって話ですよ。

No title

全面的に同意です。

p◯a氏は普段の活動聞いていてもかなりバイタリティあるし、ほんとうにダルかったらあんなに活動する気も普通なれないものです。ああいう活動をすること自体「ダルイ行為」ですからね。自炊もはっきりいってとてもめんどくさいダルい事なので私も外食派です。今は外食でも安い店もなんぼでもありますから外食だけでも事足ります。

私もいっさいがっさいめんどくさくてなにもしない、する気になれない人こそ本当のニートではと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。