HOME > スポンサー広告 > 金持ちケンカせず、逆もまた真なりHOME > 社会評論 > 金持ちケンカせず、逆もまた真なり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

金持ちケンカせず、逆もまた真なり

 今一生さんというライターさんがいらしゃいますが、Twitterでこんなことをつぶやいていました。

倫理の正しさも、資産格差に比例してしまうことがある。「貧乏でも清く生きろ」と言うのは正しいけれど、日本の戦後でも闇市を使わずに餓死した人がいた。貧乏人が多数派なら非合法も許容するのが社会だが、貧乏人が少数派になった途端に非合法を批判するのは正しいのかな?

https://twitter.com/conisshow/status/247872572367204352

 この問題、たとえばいま中国で起きてる反日暴動についても考えるとわかりやすい。日系企業が破壊され雇用が失われ、損するのは奴らのほうだみたいな意見を多々見かけます。
 でもね、暴動に参加してるのはおそらく、そういう企業に雇われてない貧乏人なんです。資産家だって参加してないでしょう。

 失うものが何もない人間は、暴動だってなんだってやります。このことの意味をもっとしっかり考えたほうがいいですよ。

 日本ではどんなに貧困層の不満がたかまろうが、暴動なんか起きない。これはたしかに良いことでしょう。だけどその結果、富裕層が舐めてかかってるのは明らかだと思います。彼らは金の力で自分たちに優位な法案を通し、彼らにとって住みよい社会を作ります。これは全世界どこでも同じ。ロビー活動にお金がかかりますので、基本、社会制度や法律は彼らにとって有利なものにならざるを得ません。
 そんな中で貧困層に意識を向けさせるには、「俺らをないがしろにしたらどうなってもしらないよ?」という圧力を与えることが大事。とはいえ貧乏人はお金がありませんから、出来るのは人数集めることぐらいしか無い。団体交渉、デモ、ストライキ、これら労働争議三権はどれも人数をバックにした示威活動です。人数で圧力かけるしか出来ないんです。
 もちろん選挙に行くというのも大事な行為。ところが日本は御存知の通りの低投票率。占拠に行かない貧乏人は自分で自分の首を締めてるようなもんですよ

 さて、ここで今一生さんの言葉。貧乏人が少数派になった途端に非合法を批判するのは正しいのか? 社会制度は基本的に、資産家の都合によって決定されます。ある行為が合法か違法かは法律によって決定されます。倫理ではありません。倫理的に問題ない行為でも法律で違法となれば犯罪ですし、逆もまたしかりです。
 もちろんその倫理ですら、人によって解釈が異なります。だからこそ法律で白黒決めよう、その法律は多数決によって決めるし、その法律を決める政治家も多数決で決めよう……これが今の国家制度なわけです。だけど肝心の投票率が低い……堂々巡りですね。
 まして民主主義も何もあったもんじゃない中国でああなってしまうのは、こりゃもうどうしようもなく当然です。おそらく反日というのは、皆が言ってるように隠れ蓑です。中国の制度は結局富裕層によって都合がよく作られています。資産格差は開く一方。彼らは、貧困層が暴動を起こさないぐらいに日常生活に満足できるように資産を分配する義務を怠ってきたのです。
 その矛先が日系企業にばかり向けられるのは極めて理不尽です。理不尽ではありますが、中華系企業に矛先を向けたら警察に即捕まります。彼らとしては、わかった上でそれでもコントロールされた暴動に乗っかるしか無いんですよ。哀しい話ですけどね。

 これは昨日の話にも若干つながる、かな……。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> 飽きが来ていても大切なことは何度でも言うべきでは?

たしかに。可能な限りは努力しますが、できれば記事で答えていく形にしたいですね。

Re: No title

> 哀しいものですねー
> 世の中

まったくです……

No title

>当ブログのコメント欄はみなさんの率直なご意見や質問、感想などを聞きたくてOPENにしてますが、あまりここで議論をしようとは思わないんですね。同じ事の繰り返しには、飽きが来てるのも事実なので。

飽きが来ていても大切なことは何度でも言うべきでは?

No title

哀しいものですねー
世の中

Re: No title

> あと、選挙に行くべきだと言うのは、
> まったくの同意見です。

ただ、海外にいると選挙に行けないんですよね。それが辛いところです。
一箇所に長期滞在する前提でないと在外登録できないし、それができても比例にしか投票できない。
その比例も常に削減のターゲットにされてますからね。

あと……すいません、生活保護などの問題についての議論は自分自身もう10年以上ずっと続けてきてます。mushoku2006さんのような意見も常におります。お互いに意見を交わし平行線で終わるのも、いつものことです。

当ブログのコメント欄はみなさんの率直なご意見や質問、感想などを聞きたくてOPENにしてますが、あまりここで議論をしようとは思わないんですね。同じ事の繰り返しには、飽きが来てるのも事実なので。
そこで申し訳ないんですが、この件に関してのレスはここで取り止めさせて頂きます。申し訳ありません。

No title

あと、選挙に行くべきだと言うのは、
まったくの同意見です。
選挙にも行かず、
不平ばかり言っている人は、
根本的に間違っていると思います。

No title

>>彼らは金の力で自分たちに優位な法案を通し、彼らにとって住みよい社会を作ります。

これはまた極論ですね。
実際に、日本でそのような法案の事例があれば、
教えていただきたいです。

最近、民主党政権になってから特に、
累進課税の強化が図られており、
どちらかと言えば、
富裕層向きではなく、
その逆の方向だと思っています。

ただ、その是非について言えば、
私は悪くないことだと思っていますが。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。