HOME > スポンサー広告 > 限界を感じつつある今日この頃HOME > 近況報告 > 限界を感じつつある今日この頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

限界を感じつつある今日この頃

 自分が家で引きこもらず外こもりをしてる理由はいままでにも何度か書いてきたと思います。なによりも最大の理由は、海外のゲストハウスに滞在してると、毎日のように人が入れ替わりいろんな人と出会い、刹那的ではあるけど楽しいひと時を過ごせるからです。
 この楽しみを私は、20代を費やしたバックパッカーで見出しました。観光地も楽しい、世界各国のいろいろな料理も美味しい。だけど何よりも、この他の旅人との交流が一番楽しかったのです。ほとんどの人は数日~一週間で次の場所へ移動していきます。だが中には数週間、数ヶ月単位で留まり続ける人もいる。その状態を「沈没」と呼びます。長くいればそれだけ現地の情報に詳しくなり、新しく来た旅人に頼りにされたりします。それはそれで楽しいものです。

 こうした経験を元に昨年、仕事を辞めてから外こもりを始めたわけですが……。やはり沈没と外こもりには差があるのかと感じざるを得ない日々です。

 端的に言ってしまうと、バックパッカーとして宿泊してる若者と、自分の間に壁を感じてしまうのです。最初は年齢のせいかと思いました。アラフォーですし、ほとんどのバックパッカーは20代ですからね。だけど世の中、30代40代、老人バックパッカーは数は少ないけどいます。彼らはちゃんと若い人とそれなりに交流ができています。

 考えたのですが、やはり、将来というものを持っているか否かの違いなのかもしれないと思うようになりました。次に行きたい所、旅を終えたらやりたいこと、そういう夢や希望にあふれています。老人バックパッカーであっても、この旅を終えたら次はどこへ行こうかと考えている。
 かたや自分は、残り少ない資産をどう運用すればいいのか、どうすれば1日でも長く海外にいつづけられるか、そればかりを考えています。その後働くということにもネガティブなイメージしか沸かない。恐怖しか無いといってもいい。
 そんな精神状態が彼らに伝わるのかもしれません。

 9月に捨てられる側の辛さという記事を投稿しました。ネガティブな人と付き合うのは時間の無駄であるというよくある主張について取り上げたのですが、こうして外こもり生活をしていると、ネガティブな側に属する人間であるということをひしひしと自覚させられます。
 夢や希望は特に無くても、金があり安心があれば、まだ違うのかもしれない。ところが自分は夢も希望も安心も無いわけです。そんな人間のどこに魅力があるというのでしょう? あるわけがない。それはつまり、ゲストハウスで初めて会った旅人たちにも伝わるものなのかもしれません。こいつと付き合うのは時間の無駄だというオーラが漂ってしまってるのではないでしょうか?

 先日、一人の外こもりに会いました。彼は春から秋にかけては東南アジアに滞在し、秋から春にかけて中南米に行く事を繰り返しています。旅費がかかりますよねぇ……そう、それだけの収入が彼にはあるんです。今度ブラジルに行ったら云々、来年はインドかな、メキシコもどうたら……楽しそうです。

 夢も、希望も、安心もない。将来迫り来る労働に怯え、日々をかつかつに生きながらえる日々。そして、楽しそうに話す若いバックパッカーたちを眺めながら、一人寂しくコーヒーを飲む。なんとか輪に入ろうともがいても上手く行かず、ゲストハウスや滞在地を変えてはみるものの、どうも上手くいかない。なぜなのか? 何日も考えましたが、やはり理由は「自分が付き合う価値のない人間であるとみなされている」。これ以外には思いつきませんでした。

 カンボジアのプノンペンにはカジノがあるので、ビザ更新の際に行ってみました。ありがたいことに数ヶ月の滞在費を稼ぐことが出来ました。だけどこれも、ふと思う。カジノに行く、黙々とゲームをし、勝つ。これが続けば外こもりを続けることも出来るかもしれない。だけどこれでは、いつか負けすべてが終わるという不安を常に抱え続けることになります。死の準備をする暇もない。ギャンブルは負けだしたら、何とか取り戻そうと必死になりますからね。カジノの近くで自殺者が多いのは、その最期のワンチャンスに賭けてすべてを失った人がたどる道だからです。
 夢と、希望と、安心のどれかが無いと人を惹きつけられないのだとしたら、この生活ではやっぱりそのどれも兼ね備えられないのです。ただだらだらと外こもりが続くことになる。

 そんな折にふと、無への道程を見る。いやーヤバイですねこれは。どうせ皆死ぬ、死んだら同じということが嫌というほど繰り返されます。もう二度と働きたくないという思いは同じだけど、自分も彼同様、もはや一生働かずに済むという条件を整えることに失敗した人間です。働かない期間が長くなることでどんどんと働くことへの嫌悪感と恐怖感が増していく。そうしてドンドンと、付き合う魅力のない人間へと落ちぶれていく。

 逆を考えればいいのです。目の前に自分のような奴がいて、はたして私は、そいつと付き合いたいと思うか? 自分の時間を割いてそいつのために使いたいと思うか? 正直言って思わないよなと、我ながら思うわけです。

 世の中には生活保護をもらい早々にパチンコですっちゃって困ったなぁとか言ってる親父もいるわけですが、そうなりきれないところに、無への道程のブログ主や、自分の脆さがあるのかもしれませんね。誰に評価されなくったっていいんだよ、酒のんでパチンコ行ってテレビ見て適当に暮らしてればなんとかなるのさ。そう割り切れれば人生はどれだけ楽でしょうか。

 自分の異常なまでの労働嫌悪、コミュニケーションが上手くいかない状況は、もしかしたらなにか病気として治療が必要なものなのかもしれません。だけど以前一度心療内科に行った際、ともかく働くのが嫌なのだ、異常なぐらい嫌で、毎日毎日そのことばかり考えるのだと言ったら、そんなの誰だって同じだからと「健康」のお墨付きを与えられました。
 ともかく働きたくない。その結果、無への道程のブログ主は自殺しようとしている。だが働きたくないというのは別に病気でもなんでもないと医師は言う。いったい、彼や私が救われる道というのは、どこかにあるのでしょうか? 働きたくない、金が無い、どうしても働きたくない、だがそれでも生きるためには働くしかない……そういう精神の葛藤を乗り越えられるのが大人で、失敗した人が公的扶助や治療を受けられずに自殺するしかないとしたら、いったいこの社会とはなんなのでしょう?
 もし精神病だとして、治療法があるとして、薬漬けになっていわば無理やりポジティブシンキングにさせられ、働くことを楽しめる人間になったとして……それは本当に幸せなことなのでしょうか? かつて、頭に釘をぶち込むロボトミー手術というとんでもないものがありました。凶暴性や反社会的性質を持つ人間にその手術を施すと、感情が平らになり、黙々とした生活を送るようになったそうです。働きたくないという気持ちが治療可能なのだとしてもそれは、ロボトミー手術のようなものではないか? と考えてしまいます。

 働くことを楽しむ、将来に夢や希望を持つ、お金があって好きなことが出来る、結婚し子供の成長を見守る……はぁ。

 最近、だいぶ頭がぐるぐるグルグルしてます。自殺する気はないけれど、結局のところ、こういう諸問題について自分なりの答えを見出す、これこそが生き抜いていけるか否かの境なのかもしれない。失敗したら自己責任としてそれを甘受し、最悪、自殺する。種としての人間は、生物としてそういう業を抱えてるのかもしれませんね。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 同じですよ

しろ さん

> 私もあなたと同じ属性です。強い同属意識を感じました。
> 会社員で勤続22年目ですが、40代で夢も希望もなく、一人でいることが多いです。
> 一度会ってみたいですね、お互いどう感じるか興味ありますよ。

ご希望があれば、いつでもOKですよ。
メールの方にご連絡ください。

同じですよ

私もあなたと同じ属性です。強い同属意識を感じました。
会社員で勤続22年目ですが、40代で夢も希望もなく、一人でいることが多いです。
一度会ってみたいですね、お互いどう感じるか興味ありますよ。

Re: No title

> 海外で現地就職を考えている人もいるでしょう。
> タイだったらTOEIC600に職の経験で現地採用は可能みたいです。
> 年齢制限も甘いですから日本よりはフェアーな模様。
> 欧米系の企業も同じで高給で休暇も長く取れます。

いろいろと情報をありがとうございます。
同じ仕事をするなら海外のほうが気楽というのは、確かにあるかもしれない。
待遇も(現地の物価格差などを考慮しての)給与額も、日本よりマシかもしれない。
年齢制限とかのしばりも、海外のほうが緩いかもしれない。

だけど働くことには違いないですからね。そこに抵抗を自分は感じてしまうのです。

No title

ニューヨークのリーマンショックないし金融危機から本格的に経済が崩壊して
日本を出て行くことの現実的な覚悟を強いられた人が、少なからずいたのでは?

ロマンなんてものはなく哀しく貧しい雰囲気を感じます。
その頃から日本中のワーキングプアーの現実を捉えての途上国へ
移住という選択をしたことは「超格差社会」の著者に匹敵する洞察力だと言えます。

人生なんてそんなもんだ!と延々と続く退屈な日々に楽しみを見つけなさいよ、と
私など50代に脚が届きますが、グアム、バリ、バタムに一年の半分滞在できれば
十分だとおもっています。
コンドミニアム契約して長く続けたいですが100歳までに5000万ほど必要な計算で
年金が不安で1億あっても安心できません。

南国のゆったりした空気の中にいると、深い雪で冷たくなった日本の街並みが
とても遠くに感じます。
寒い土地にいると歳を取ってから関節に響き無理が利かなくなります。

海外で現地就職を考えている人もいるでしょう。
タイだったらTOEIC600に職の経験で現地採用は可能みたいです。
年齢制限も甘いですから日本よりはフェアーな模様。
欧米系の企業も同じで高給で休暇も長く取れます。

でもこれが東京、シンガポール、シドニーではこうはいかない。
TOEIC800程度はないと難しい。
敷居が高くストレスの密度も違う。
いずれにしろTOEICがハイスコアで、どこでもノンネイティブとして英語に関しては
OKではないでしょうか。
勉強も頑張ろうと意識して外国暮らしを続ければ逆転して高い収入を狙えるのでは
ないでしょうか。大変でも大金を掴むチャンスは日本より有るでしょう。

Re: No title

> 釘を打ち込むのではなく、脳の前頭葉を切断する手術です。
> 確かにとんでもない手術で、人間の尊厳を破壊する行為で賛成できませんが、日本では禁止に至っていないようです。

レントゲン写真を見たことがあるのですが、口中から脳に太い鉄の棒が一本突き刺さっており、恐怖を感じましたね。
前頭葉を破壊するという目的で釘をぶっさすわけですので、間違ってはないと思いますが?
差しっぱなしにはしませんけども。

No title

>>頭に釘をぶち込むロボトミー手術というとんでもないものがありました

釘を打ち込むのではなく、脳の前頭葉を切断する手術です。
確かにとんでもない手術で、人間の尊厳を破壊する行為で賛成できませんが、日本では禁止に至っていないようです。

ロボトミ-手術をテーマにした映画ではジャック・ニコルソン主演の「カッコーの巣の上で」が有名です。

Re: No title

> 私の貧弱な頭では アラフォーで健康なら 死ぬまで後40年以上はあり 自殺、 犯罪以外 仕事(収入)無しで まともに生きていくことは限りなく不可能に近いと思います。

自分もそう思いますよ。というか世の中の大半の人はそう思ってるのではないでしょうか。
よくネットではお金に働かせるとか、お金を生む仕組みを作るとか言ってる人がいますけど、そういうことが出来るのはごくごく少数の、頭の良い人だけですよ。
私には無理ですね。

> 只 最終的に老いた親、親戚に寄生し食べさせて貰うか 潔く生活保護。
> 遺産目当てで お金持ちのマダムと結婚する。
> タイ、インドとかの中途半端な場所から アフリカに行き土人と暮らす。
> これぐらいしか思いつきません......

マダムですか。そのあたりの性のご奉仕(笑)が苦手なので大変です。
ヒモ生活って実際は相当大変みたいですよ。いつもご主人様の機嫌を損ねないようにする、一種のサービス業ですからね、あれは。

> 貧BPさんの次のステップ 陰ながら応援しています。

ありがとうございます。次のステップ……なんだろう??

Re: No title

> ちなみに東南アジアに滞在し、秋から春にかけて中南米に行く事を繰り返してるという彼はどのようにして収入を得ているのですか?外こもりのすすめの作者も結局まとまったお金をもともと持っていたみたいですし外こもりをしながら収入を得るという事は結構夢物語に近いのかもなと思っているのですが

やはりもともとお金を持っているようですね。あと、手に職があるらしく、いざとなればがーっと稼げるらしかったです。やはりそういう人は強いですよ。

Re: No title

> そのコメントだとあと数ヶ月か長くて1年くらいと思いましたがツイートのまとめ記事によるとあと2年もあるじゃないですか
> (当初の貯金が100万とか書いてあったかと思いますので1ヶ月3万、1年36万だと確かにそのくらいになりそうな気はします)
> いくら負の連鎖があるとはいえちょっとネガティブになるのが早すぎませんか?
> 自分が楽観的なタイプの人間だからかもしれませんがそれだけあればなんとか現状を変えられそう気がします

ちょっと残りの資産を久々にカウントしてみました。
さすがに100万円は残ってませんでしたが、まだ90万円ありました。
そう考えると気が楽になりましたねー(笑)
だけど、もしこれをきっちり使いきってから就活となると、ブランクが3年から4年近くになります。
もう日本では完全に再就職不可能、生活保護以外にはありえないことになるでしょう。
それがやはりどうしても、念頭から消えません。

Re: はじめまして

> はじめまして。
> CHAGEAS-FAN(チャゲアス ファン)と申します。

はじめまして。トラックバックおよび当ブログを記事にしていただき、ありがとうございます。

> 記事を読んでいて共感できるところが多いので、人生観についてよく参考にさせていいただいています(先月私のブログにトラックバックさせていただきました)。

情報面は大いに参考にしていただいてよろしいかと思いますが、人生観は……うーむ(笑)。ブログを拝見すると、福祉制度なんかにおいても似たようなお考えをお持ちのようで。こういうタイプはこれから先、生きてくの大変ですよー。参考にするより、反面教師にしたほうが良いかと思いますが、それでもというのであれば……お互いなんとか生きて行きましょうね。

> 労働に従事することによって、自分で自分を押し○してまでガムシャラに働かないのかと思うと、働くことにものすごく怖くなります。

私の場合単純に、毎日決まった時間に目覚まし時計に起こされる、あれがともかく嫌なんですよね。毎日寝起きは最悪。
あと、冬の寒い中出かけなきゃいけないのも最悪です。
ともかく働くのは嫌です。。。

> 私自身人付き合いが苦手で、以前働いていた会社の同期ともあまり馴染めませんでした。
> 私も彼らからすれば、付き合う価値がない人間でしたでしょう。
> ただ、「付き合う価値がない」と感じるのはお互い様なところもあるのではないか、と個人的に思っています。
> 高校時代の友人が教えてくれたのですが、「たいてい自分が関わりたくないと思っている人間は、向こうも自分のことを関わりたくないと思っている」とのことなので。

それはたしかにそうかなーと思います。だけどこれ……言い換えると、関わりたいと思う人が多ければいいわけですよね?
……そんなにいないなぁ。そもそも自分、人恋しいけど基本、人嫌いな面というのがあるんですよ。なんとも自分勝手ですが。だからダメなんでしょうね。

> 長文スミマセン。
> よろしくお願いします。

いえいえ。今後もよろしくおねがいします。

No title

俺も貧BPさんのように 労働から逃げられたらなーとブログを拝見していますアラフィーです。

私の貧弱な頭では アラフォーで健康なら 死ぬまで後40年以上はあり 自殺、 犯罪以外 仕事(収入)無しで まともに生きていくことは限りなく不可能に近いと思います。

只 最終的に老いた親、親戚に寄生し食べさせて貰うか 潔く生活保護。
遺産目当てで お金持ちのマダムと結婚する。
タイ、インドとかの中途半端な場所から アフリカに行き土人と暮らす。
これぐらいしか思いつきません......

貧BPさんの次のステップ 陰ながら応援しています。

No title

ちなみに東南アジアに滞在し、秋から春にかけて中南米に行く事を繰り返してるという彼はどのようにして収入を得ているのですか?外こもりのすすめの作者も結局まとまったお金をもともと持っていたみたいですし外こもりをしながら収入を得るという事は結構夢物語に近いのかもなと思っているのですが

No title

>そうすると持っている資産が減る一方になります。
その後に待つのは労働です。
だからこそ行き詰まってるわけです。継続可能性がありませんから。

そのコメントだとあと数ヶ月か長くて1年くらいと思いましたがツイートのまとめ記事によるとあと2年もあるじゃないですか
(当初の貯金が100万とか書いてあったかと思いますので1ヶ月3万、1年36万だと確かにそのくらいになりそうな気はします)
いくら負の連鎖があるとはいえちょっとネガティブになるのが早すぎませんか?
自分が楽観的なタイプの人間だからかもしれませんがそれだけあればなんとか現状を変えられそう気がします

はじめまして

はじめまして。
CHAGEAS-FAN(チャゲアス ファン)と申します。
hin-bpさんのブログをよく拝見しています。
記事を読んでいて共感できるところが多いので、人生観についてよく参考にさせていいただいています(先月私のブログにトラックバックさせていただきました)。

>将来迫り来る労働に怯え、日々をかつかつに生きながらえる日々。
私は新卒で正社員に就職できたものの、仕事がうまくできず、さらに持病の精神疾患の悪化で、毎日が鬱でした。
結局5ヵ月で会社を辞めてしまい、現在無職(ニート)です。
求職活動していますが、正直新卒の就活のようにガツガツやっていません。
たいして貯金もないので働かないといけないのは分かっているのですが、私もhin-bpさんのおっしゃる通り、労働に対するネガティブな気持ちが強いです。
労働に従事することによって、自分で自分を押し殺してまでガムシャラに働かないのかと思うと、働くことにものすごく怖くなります。
そのせいで求職活動は、なかなか大きく前進できません。
もちろん自己責任なので、悪いのは自分ですが、かといって前へ進むのも後ろへ振り向くのもネガティブな状況で動けない感じです。

>「自分が付き合う価値のない人間であるとみなされている」
私自身人付き合いが苦手で、以前働いていた会社の同期ともあまり馴染めませんでした。
私も彼らからすれば、付き合う価値がない人間でしたでしょう。
ただ、「付き合う価値がない」と感じるのはお互い様なところもあるのではないか、と個人的に思っています。
高校時代の友人が教えてくれたのですが、「たいてい自分が関わりたくないと思っている人間は、向こうも自分のことを関わりたくないと思っている」とのことなので。

長文スミマセン。
よろしくお願いします。

Re: No title

> 製造工程やコストパフォーマンス以前の問題で
> はっきり言って5人力の奴隷労働に耐えられるのは日本人だけでしょw

どうかなぁ。最近のアジア人の頑張り度合いというのはものすごく上がってるイメージです。
日本人が追い抜かされるのも時間の問題じゃないでしょうか。
日本には、自分のように怠けることばかり考え、社会福祉に頼る気満々の人間が増えていってますから。

> カナダ、シンガポールに電子部品工場、日本食屋が立ち上がってて
> 仕事の関係で訪れたけど、安価な上にクオリティーが高く満員御礼になっていて
> 日本人と思われる東洋人が連日ふて腐れたような疲れた顔で働いてて
> 可哀想におもえたw
> おそらく現地ベースで換算しても給料は安いんでしょうね。

そう思います。ヤル気のある日本人もまだまだいて、日本に見切りをつけ海外に飛び出てきてますが、そういう日本人を買い叩こうとしてる現地企業や日系企業、経営者もたくさんいますからね。

Re: No title

> 一部の人と仲良くできていればいいのです。
> 100人全員と仲が良い人は、自分を偽っているのです。

その一部の人になかなか出会えないのが問題なんです。
インドに行こうかなぁ。あそこはやはり独特の磁力を発していますからね。

> 少なくとも貴方は、私にとっての憬れの存在であり、目標であり、同志です。

いやいや、目標にすべきでは無いと思います。あくまでも参考にとどめてください。ちゃんと1000万円貯められていれば、もっと違った、外こもりを前向きに捉え続け、目標になれるブログに出来たでしょうけどね。そこは我ながら残念な点です。

Re: No title

> ジャパニーズ方式のタテマエ・ぬるま湯同調コメントなんて書きたくないから
> ハッキリ言うが、もうさぁ。不謹慎かもしれんが日本で一般的な社会人やるの諦めたら?
> 海外に居れば少なからず自尊心を保てるんだろ?

もう日本で一般的な社会人をやるのは無理だと自分でも思ってます。

> 日本で「ハラキリ」するより外国でハラキリしたほうがまだ楽なんではないか。
> 最後の方法として外国で就職なり起業、ボランティア、
> 裏家業?を目指すしかないだろ。
> 貴方にコネがあれば別だけど、あるの?
> 四の五の言っても状況は変わらんでしょ。

おそらく、私はブログで助けを求めてるんですよ。
誰かが、いつか、きっと、こんな私でも出来るアクロバティックな解決策を提示してくれるのではないかと。
よく言われることですが、本気で自○したい人はさっさと自○します。ブログを更新したりなんだかんだやってる人は、心の底で助けを求めてる。
無への道程の人も実はそうなんじゃないかと、個人的には思います。

でも、そんな解決策はないでしょうね。それもわかってる。わかってるけど死にたくないので、ついブログという媒体を使って叫び続けてしまうのです。何かしらの結果が出るまで、四の五の言い続けることになるでしょう。

Re: No title

> 無への道程の影響で若干マイナス思考の負の連鎖が起きてるようですね
> とりあえずカジノで勝ったんだしもうやらなければ勝ち逃げじゃないですか
> FXの負けをちょっと取り戻したと思えばいいんじゃないでしょうか?
> もうFXもカジノもやらなければ絶対大丈夫です!!

そうすると持っている資産が減る一方になります。
その後に待つのは労働です。
だからこそ行き詰まってるわけです。継続可能性がありませんから。

Re: No title

> こんにちは、
> 色々考えてるんですね。正直なお気持ちの文章に感動しました。

申し訳ない。あんな文章で感動してくださる方がいるとは、恐縮します。

> これは僕の考えなのですが、人との繋がりを望んでいるなら、やっぱり自分の出来ることや好きなことで、なおかつ他の人の役に立つことをしてあげる事で多少の現金収入を得られるように出来れば良いんじゃないでしょうか? それを労働と思ってしまったら嫌悪感があるでしょうが、自分が楽しめば気にならないんじゃないかと。

思いつくのは文章を書くことぐらいでしょうかね。現にこうしてブログを更新しているわけですから。
アフィリエイトなどで暮らしていければいいのかもしれませんが、現時点では月の収入は数百円というところです。これを100倍に出来ればいいわけです。
そんためにはより外こもり情報を充実させればいいとも言えますが、調査旅行をするにもお金が必要。300百万円あれば10年いけます。10年の情報の蓄積があれば、価値も生まれ、より多くの収入を得られそうですけど、まぁ夢物語ですね。

> 無人島で自分一人しかいなくて、貧BPさんの代わりに働いて食べ物を与えてくれる人がいなければ貧BPさんは海や森に行って、食べ物を手に入れる努力をしますよね。それは労働なんでしょうか。僕には答えはわからないです。ある人は労働だと思うかもしれないし、ある人ただの生理行動だと思うかもしれません。もしかしたらそれが楽しくてレジャーだと思うかもしれません。極端なはなしそれは海や森にとってみれば窃盗かもしれません。

どうでしょう。今ちょうどさいとうたかをの「サバイバル」という漫画を読んでいます
大地震のあと主人公は必死に生き抜こうとがんばります。虫も食べ、狩りの技術も身につけ、たくましく生きていく。
そんな主人公のところに女性が乗ったボートが流れ着きます。彼女は虫などを食べることを拒否し、衰弱し、最後は死んでしまいます。
おそらく自分はこの女性と同じでしょう。自○をする気はないけど、なんとしても生き抜いてやるぞという意欲は、正直な所無いと思います。

Re: No title

> だめ人間は死んだほうが幸せになれます。
> これからますます惨めな生活を送ることが目に見えてますよ。

自殺だけはしませんよ。いくつかの小説や漫画といった創作作品、宗教や哲学の影響なんですがね。
自分で言うのも何ですが、ガンなどの病気が発症し死ぬのが、一番幸せかもしれません。
自殺を選ばないダメ人間が社会に迷惑を書けず、自分自身しかたないと納得して早く死ぬには、それしか無いでしょうから。
だけどこういう人間が長生きしてしまったりする。世の中、理不尽なものです。

Re: タイトルなし

> 今回のエントリーは、負のエネルギー特盛ですね(笑)
> 悪循環に陥ってるみたいですが、どう転ぼうが、限界を越えた先の景色は素敵なものでありますように。。。自分もそうでありたいと思い、日々を生きてます。

まったく、そう思います。

Re: No title

> 理想としては、宝くじとか見知らぬ親族の遺産とか、
> もしくは、国や地方の制度による給付と思いますが、
> (でも、生活保護受給は難しんですよね。。。)
>
> それは、努力でどうにかなるものでもないですし。。。

そうなんですよね。
おそらく世の中には、こういう運に助けられ生きている人も相当数いるのではないかと思います。
もちろん、運の無かった人は死んでいるわけですが。

> むしろ逆に、嫌悪感が増しているかのようで…

働くこと自体が好きになることもあるかもしれない、そう思って今まで何度か働いて来ましたが、一度もそうなりませんでしたからね。再び働いても同じ事を繰り返すだけだと思います。

> こんなときおひとり、もしくは同じ考えの人といると、
> 余計に負のスパイラル、視野が狭くなりそう。。。

どうかなぁ。今の自分に必要なのは、ツイッターでもつぶやきましたが未来を夢見る人ではなく、同じような傷を舐めあえる人のように思います。
なかなかそういう人には出会えませんけどね。

> たまたま今が、メンタル的に底の状態なだけで、
> 波のように自然に上下するのならいいのですが。。。
> (私の場合、あるきっかけで底から急上昇して天井に)

たしかに。

> 何か凄くもったいない感じです。
> せっかく人にはない貴重な経験をされていて、こんな記事もあるのに。
> (年間30万円でOKシリーズとか、どこか掲載されないですかね)

大事なのは継続可能性なんだと思います。
それがあれば月3万円でも十分やって行けますが、先が見えてるのが事実ですからね。
たとえば会社勤めをしていても、特に利益が出ているわけではないがちゃんとやっていけてる会社にいるのと、明日にも倒産しそうな会社にいるのとの違いでしょうか。
同じ賃金をもらえていても精神的にはだいぶ違うと思います。
……実は日本という国自体、そういう問題を抱えてるかもしれませんね。

> 月たった3万円さえ稼げれば、どうにかなりそうなのに。。。
> それくらいなら、ガイドとか写真・記事の販売とか、
> 何か何かありそうなものですけど。。。。。
> ・http://tligao.blog2.fc2.com/blog-entry-54.html
> ・http://www.tabisora.com/shop.html

写真はそこまですきじゃないので、あまり撮ってなかったりします。
結局、自分の好きなことがお金を産めば、どんなジャンルだろうと生きていくことができます。
そうだなぁ……無人島生活って番組がありましたけど、月3万円でどこまで暮らせるかみたいな企画を買ってくれるところがあれば、ヤレそうな気はしますね。
実際今似たようなことをやってるわけですから。

No title

時給900円のバイト君、日給8000円の非正規社員が中華ナベを2つ同時に振って
横でギョウザを作りながら、生魚を焼く。
コンベアーに流される小さな部品をドライバー、ハンマー、ペンチを同時に使い連続で
部品を組み立てるのが普通なんて国は、
世界広しと言えど日本くらいしかないと思う。

日本でバイト、非正規、正規を経験した者としてそう思いますよ。
そして客、クライアントの4割が高齢者・・・20年後が怖いw

製造工程やコストパフォーマンス以前の問題で
はっきり言って5人力の奴隷労働に耐えられるのは日本人だけでしょw

カナダ、シンガポールに電子部品工場、日本食屋が立ち上がってて
仕事の関係で訪れたけど、安価な上にクオリティーが高く満員御礼になっていて
日本人と思われる東洋人が連日ふて腐れたような疲れた顔で働いてて
可哀想におもえたw
おそらく現地ベースで換算しても給料は安いんでしょうね。

No title

人と繋がる必要があるのでしょうか?
「来る者は拒まず、去る者は追わず」でいいのではないでしょうか?
100人全員に好かれる必要はないのです。
一部の人と仲良くできていればいいのです。
100人全員と仲が良い人は、自分を偽っているのです。

周波の底で落ち込んでいるのなら、いずれ脱することでしょう。

少なくとも貴方は、私にとっての憬れの存在であり、目標であり、同志です。

No title

>夢も希望も安心も無いわけです
>将来迫り来る労働に怯え

ジャパニーズ方式のタテマエ・ぬるま湯同調コメントなんて書きたくないから
ハッキリ言うが、もうさぁ。不謹慎かもしれんが日本で一般的な社会人やるの諦めたら?
海外に居れば少なからず自尊心を保てるんだろ?

じっさいに貴方と似た人、何人か知ってるけど
彼らに共通するのは「日本社会の労働システム、職業ごとの就労約款」に
馴染めないと言うより馴染ませること自体が苦痛で、
不可能になってしまったということ。

カルフォルニアに15年住んでる男を見てると、もう無理だ!って感じるものw
日本的な繊細な気遣い、協調性、空気を読むなんて「何それ?」って感じ。
これらは日本国内だけで通じる不文律な物だからね。日本から1歩出れば価値なし!

外国のルーズな?ライフスタイルにズッポリ浸っちゃうと、緊張感とストレスを自動的に
要求される日本で働き生きていくことは難しいとおもう。

日本で「ハラキリ」するより外国でハラキリしたほうがまだ楽なんではないか。
最後の方法として外国で就職なり起業、ボランティア、
裏家業?を目指すしかないだろ。
貴方にコネがあれば別だけど、あるの?
四の五の言っても状況は変わらんでしょ。

No title

無への道程の影響で若干マイナス思考の負の連鎖が起きてるようですね
とりあえずカジノで勝ったんだしもうやらなければ勝ち逃げじゃないですか
FXの負けをちょっと取り戻したと思えばいいんじゃないでしょうか?
もうFXもカジノもやらなければ絶対大丈夫です!!

No title

こんにちは、
色々考えてるんですね。正直なお気持ちの文章に感動しました。
これは僕の考えなのですが、人との繋がりを望んでいるなら、やっぱり自分の出来ることや好きなことで、なおかつ他の人の役に立つことをしてあげる事で多少の現金収入を得られるように出来れば良いんじゃないでしょうか? それを労働と思ってしまったら嫌悪感があるでしょうが、自分が楽しめば気にならないんじゃないかと。
無人島で自分一人しかいなくて、貧BPさんの代わりに働いて食べ物を与えてくれる人がいなければ貧BPさんは海や森に行って、食べ物を手に入れる努力をしますよね。それは労働なんでしょうか。僕には答えはわからないです。ある人は労働だと思うかもしれないし、ある人ただの生理行動だと思うかもしれません。もしかしたらそれが楽しくてレジャーだと思うかもしれません。極端なはなしそれは海や森にとってみれば窃盗かもしれません。

僕も夏休みの宿題に始まり、部活だとか、会社だとかに行きたくないとか、あの人に会いたくないとか、実際のところ会社に行くのがとても嫌で、ある晩に精神的な苦痛が身体にも異常をきたしたので衝動的に上司に辞職の電話をして実際に会社を辞めたことがあります。

No title

だめ人間は死んだほうが幸せになれます。
これからますます惨めな生活を送ることが目に見えてますよ。

今回のエントリーは、負のエネルギー特盛ですね(笑)
悪循環に陥ってるみたいですが、どう転ぼうが、限界を越えた先の景色は素敵なものでありますように。。。自分もそうでありたいと思い、日々を生きてます。

No title

>もし精神病だとして、治療法があるとして、薬漬けになっていわば無理やりポジティブシンキングにさせられ、働くことを楽しめる人間になったとして……それは本当に幸せなことなのでしょうか?

少なくとも今よりは、ずっと幸せなのではないでしょうか。

理想としては、宝くじとか見知らぬ親族の遺産とか、
もしくは、国や地方の制度による給付と思いますが、
(でも、生活保護受給は難しんですよね。。。)

それは、努力でどうにかなるものでもないですし。。。



貯金を使って1年くらいリフレッシュしていれば、
自然に労働への嫌悪感が薄れ、そこそこの期間くらいは
働けるようになるかと思っていたのですが…
(私の場合、バイトしたい気持ちと
暫くぶりに働くことへの怖さ、両方が湧いてきました…)

むしろ逆に、嫌悪感が増しているかのようで…


こんなときおひとり、もしくは同じ考えの人といると、
余計に負のスパイラル、視野が狭くなりそう。。。

かといって、ポジティブなバックパッカーや、
無計画なのに能天気という人と近くにいても…
物理的に近くなっても、心理的にはむしろ遠くに、
自身との違いが浮き彫りになってしまって余計に。。。



どうすれば、気持ち的に好転するのか…

たまたま今が、メンタル的に底の状態なだけで、
波のように自然に上下するのならいいのですが。。。
(私の場合、あるきっかけで底から急上昇して天井に)

何か凄くもったいない感じです。
せっかく人にはない貴重な経験をされていて、こんな記事もあるのに。
(年間30万円でOKシリーズとか、どこか掲載されないですかね)

月たった3万円さえ稼げれば、どうにかなりそうなのに。。。
それくらいなら、ガイドとか写真・記事の販売とか、
何か何かありそうなものですけど。。。。。
http://tligao.blog2.fc2.com/blog-entry-54.html
http://www.tabisora.com/shop.html

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。