HOME > スポンサー広告 > メンタルヘルスの大事さHOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > メンタルヘルスの大事さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

メンタルヘルスの大事さ

 海外投資でハッピーリタイア ~新興国株・海外ファンドなどで資産形成→経済的自由&早期退職→海外移住を目指します!~というブログにトラックバックしていただきました。ありがとうございます。
 そこで、こんなご指摘をいただきました。

貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅さんの記事を拝見していて、気づかされたのは、早期退職、海外移住をいかに達成するか?という視点だけではなく、何をするか?何のために早期退職、海外移住するのか?という視点が大切だということです。

 太字にした部分、とても大事なことだと思います。何をするか? 何のために?

 何のために? という点では、私は働かないためにというものが第一の目標でした。日本で働いていると、駅のホームでふと飛び込みたい衝動にかられる。ホームドア万歳ってなもんですが、ともかく働かないという目標が、たしかに外こもりで達成できています。

 ですが、ここ数日の記事を見ていただければ分かるように、どうも精神的によろしくない日々が続いています。このブログでは「30万円でOKの根拠」シリーズのようにいかに資金面で外こもりを実践するかということを中心に考えてきました。たしかに大事です。実際、最近の精神的不安定さはこの資金面での継続可能性が危ぶまれることが原因の一つではありますが、それも含めていかにメンタルヘルスのバランスを取るかも大事だということに、最近気付かされてきました。

 先のブログにコメントで寄せましたが、メンタルを維持するには「しない」だけでなく「する・したい」ことも大事なのだと思います。一般的な定年後のロングステイにおいては、ゴルフにこだわるお年寄りが多いです。バンコク、クアラルンプール、ペナンあたりに住んでる人たちです。
 そういうサイトや本を見ると、ラウンドを一回まわるのに必要なお金が日本の何分の一だとか、そんなことばかり書かれています。本当にそんなにゴルフが好きな人ばかりなのかよと疑問に思っていたのですが、おそらく彼ら、そうしてゴルフをすることを日常に組み込まないとメンタルのバランスを維持できないのではないでしょうか?

 タイのチェンマイには月数万円の年金だけで暮らそうとしている、貧しいロングステイのお年寄りたちがたくさんいます。ゴルフはお金がかかるので無理です。そんな彼らは、毎日麻雀ばかりして過ごしています。中には囲碁将棋にハマってる方もいらっしゃいます。無料の日本語図書館もあり、蔵書数もなかなかのものがあるので、全冊読破を目標にしてる人もいるようでした。
 中には語学習得を目標にしてる人もいました。すでに数カ国語を習得し、その時点では中国語をマスターしようとしてましたね。日々勉強をひたすらやって、夜は寝る前に買ってあるウィスキーで晩酌。外には飲みに行きません。高いですから。そのへんの屋台で焼き鳥を買ってくる程度です。付き合ってくれるバックパッカーがいれば一緒に飲みますが、いなければ一人で杯を傾けていました。そういう生き方をもう何年も繰り返していると言ってましたね。

 日々ゴルフできる層と、麻雀や囲碁将棋ばかりする層には、おそらく接点はほとんどありません。住む世界が違うんですね。毎月使える予算が違うので、ライフスタイルが変わってきます。日本食を日々楽しめる層と、現地食を中心にしないとお金が持たない層では、必然的に変わらざるを得ません。この2つの層が日常的に付き合うのは、現実問題無理があると言うしかない。無理すればストレスが溜まることでしょう。

 彼らを見て思うのは、海外長期滞在には「する・したいことを見つけそれを日々実践すること」、そして、「同程度の生活スタイルで、言い方は変だけどお互いに傷を舐めあえる人間関係を作ること」、この2点が大事だということです。

 自分を振り返ってみれば、過去の体験からゲストハウスに滞在してればなんとかなると思い、この2点をおざなりにしていたなと反省しています。お金がないなら無いなりに、それでも毎日できることをなにか見つけなければなりません。ほんとうに毎日何もしたくない、ただだらーっと寝てるだけ……これは立派にうつ病の症状の一つです。せっかく働かないで済む日々を送っているのにうつ病になってしまっては、意味がありません。
 だけど何よりも大事なのは、やはり早い所、似たような境遇で傷を舐めあえる仲間を見つけることでしょうか。お互いに「これからどうすっかねー」と愚痴を言い合うだけでも、気は紛れるものです。ただゲストハウスに滞在し続けるだけでは、前向きなバックパッカーに囲まれつらい思いをするだけです。できるだけ早く、外こもりの巣窟や溜まり場となってるような町や村、ゲストハウス、シェアハウス、アパートメント、飲食店、雀荘などを見つける必要があります。それも、安田さんのように外遊びをする余裕はないので、先の宿でひたすらに語学の習得を目指し、夜はちびちびと晩酌する、そういうようなタイプの人をです。
 いくつか候補地はあります。そろそろ移動を考える時が来たかもしれません。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 隠蔽社会

> 社会人として(笑)ギッチリやると、俺の体力ではプライベートなんかほぼゼロ、ただ働くために生きているようなものだ。

そうそう!そのとおりなんです!
働いてると、生きてるのか死んでるのかよくわからない感じになってくる。ただただ疲れが溜まっていき、週末に何もする気にならず、意識が朦朧としてくる感覚があります。
それと比べれば、今の外こもり生活は、良くも悪くもちゃんと生と向き合ってる実感がある。それは間違いありません。

> あんな短期間で被曝の数値が変わるものかな?

ですよねぇ。

> そんなものでは満足できないのです。 茶を飲んでノンビリとボーっとしたり、セブ島のビーチでゴロゴロしては昼寝して夕日が沈むまで泳いだり、おいらはベトナム、マレーシア、台湾、フィリピンだがな。実家に寄生してフリーターやって、適当な派遣で働いても日本を見限れば十分に行き先は見つかるとおもう、でも日本に止まると将来はない。

自分もそう思い、外に飛び出しました。

隠蔽社会

アジアとは違う日本はASIAではない。バカンス生活をしてみればいい。
いろんな物を喰い地酒を楽しむ、遺跡を見て異文化を肌で感じる。ファランと仲良くなったら女を紹介してもらう。40代でも常に青春は爆発しているのだ。 買い物して飲むとか、週末に外出して遊ぶとか勉強とか、そんなことやるだけの体力もない。
体が持たなくて会社休むことになるからしない。
社会人として(笑)ギッチリやると、俺の体力ではプライベートなんかほぼゼロ、ただ働くために生きているようなものだ。
まさに会社の歯車。40代で一足お先に惨めな「老後」かな。帰国してみれば預金もない、仕事もない、嫁もない
海外に出る余裕どころか、賃貸アパートすら借りられず住み込み労働か。。。
政府と東電が隠蔽してるってのは嘘じゃないとおもう
あんな短期間で被曝の数値が変わるものかな?
海外の研究者やメディアの発表と、日本国内の情報はまるっきり違う
これからも日本は安心に住める場所かな?レールの上を走るだけの人生、企業で働いて犬小屋生活
そんなものでは満足できないのです。 茶を飲んでノンビリとボーっとしたり、セブ島のビーチでゴロゴロしては昼寝して
夕日が沈むまで泳いだり、おいらはベトナム、マレーシア、台湾、フィリピンだがな。実家に寄生してフリーターやって、適当な派遣で働いても日本を見限れば十分に
行き先は見つかるとおもう、でも日本に止まると将来はない。

Re: No title

> 私の場合、外こもりのきっかけが、働きたくないというのもありましたがむしろ、日本社会にストレスを感じて飛び出した、という理由が大きいです。
> ですので、傷を舐めあう仲間という感覚は、あまり理解できません。

私は日本や日本人が嫌いなわけではなく、働くという行為自体が嫌いなんだと思います。
だから、よくコメント欄で勧められる海外就職もあまりやりたいとは思わないんですよね。

日本が嫌いなわけではないので、日本人宿特有の人間関係というのは、嫌いではありません。むしろあの濃厚な空間は大好きといってもいいぐらい。

> しかし、ポジティブに考えてみると、外こもり中=無職な状態ですので、24時間自由に時間が使えるはずです。
> 強迫観念を持って、何かやりたいことなど考えるより、毎日目覚めたときに、今日は何をしようか、とダラダラ考えるのが外こもりの特権ではないでしょうか。

それはたしかにそうですね。やるべきことが「決まってない」というのは、幸せなことです。

> ブログを拝見していると、色々と考えさせらりたり、我が身につまされたり、非常に興味深く拝見させていただいております。
> 今後もコメント等入れさせていただくと思いますので、よろしくお願いします。

ぜひぜひ。よろしくお願いします。

> 私は、延べ9年間、ラテンアメリカで外こもり中ですが、多少の不便はあるとしても、精神的には非常に快適な生活を過ごさせていただいております。

それは私も同じですね。すくなくともこの生活を送っていると、線路にふと飛び込みたくなる衝動に駆られるというのはありません。毎朝無理やり目覚まし時計に起こされ不快な思いをすることもありません。
これはやはり、素晴らしいことですよ。

ラテンアメリカ外こもり情報というのは皆無に等しいので、ブログか何か作ってみてはいかがですか? きっと多くの方が来訪してくださると思います。

Re: No title

> 初めましてこんにちは。記事が面白くて読みやすいですね。

ありがとうございます。嬉しいです。

>そして、ちょいと考えさせられました。働かずして生きていくのはとても難しいですよね。資金運用して外こもりだと、ある程度資金、知識、経験がないと大変でしょうし。それで外こもりを続ける選択として、外こもり→お金の枯渇→仕事→外こもり、という感じで、やはり、仕事をいずれしなくちゃいけないと思うのですが、ある程度現地の語学を高めて、日本企業や日本人とほとんど、まったく関わりのない職場に付く事を目標にしてみてはいかがでしょうか?始業時間、終業時間がルーズな国、やめてもマイナスに捉われず、次のステップと捉えてもらえる国とかで仕事をするとか。語学マスターが最低条件でしょうが、どうでしょうか。

現実問題としてそういう都合のいい仕事が、外国人労働者(私らのことです)に開放されている国があるでしょうか?
なぜ自国民ではなくあえて外国人を雇うかといえば、それは外国人にしか出来ない高度なスキルを提供してもらうことを前提にしているからです。先進国では単純労働力として外国人を使いこともありますが、途上国でそういう人材は余りまくってますからね。
現地語をマスターすれば、確実に仕事は見つかると思います。でもその仕事はゆるい仕事ではなく、日本語とのバイリンガル能力を生かした営業だったり、生産管理だったりするのではないでしょうか?
最近は海外就職がブームになってるそうですが、正直言って甘いと思います。働くということの本質はどこの国でもそうは変わらないでしょう。

Re: No title

> ゲストハウスに居ればいろんな人と会えて飽きないものかと思ったら、そんな壁があるんですね。家飲み好きな外ごもラーが集まるポイントを見つけたら是非教えて下さい。ここに集まっている人でそういうコミュニティみたいなものが作れたら良いですよね。自分もいつか合流することを夢見て、辛い日常にもう少し耐えれる気がします。

そうそう、外こもりを前提とした溜まり場が作れれば最高だなと思いますが、なかなか難しいかなとも思いますね。そういう前提のゲストハウスを作るのがてっとり早いのかなぁ。

>hin-bpさんはマンガ読んだりゲームしたりはあまりしないんですか?自分は仕事を辞めたら今まで我慢していた分、思う存分マンガ見たりゲームしたりしようと思っています。

それは日本で引きこもってもできるんですよ。実家に頼れない人なら生活費などの面から外こもった上で誰とも接触せずマンガやゲームに没頭するのは大いにありだとは思いますが、自分はずっといても文句を言われない実家があります。それなのにあえて外にこもるというのは自宅ひきこもりでは出来ないことを求めてるからなんですよね。
その一つがゲストハウスにおける交流だったわけですが、そこにも限界を感じてきているわけで、困った感が強くなりつつあります。

Re: プノンペンはどう?

> はじめまして。
> 長い間覗いていましたが、初めて書き込みます。

書き込み有難う御座います!今後もよろしくお願いします!

> プノンペンはどうですか?ジュライ組みの残党をよくみかけるし、1ヶ月100$くらいって人もいるし、最後は生活保護を目標に一生懸命遊んでいる人もいるし、ネットに出てくる有名人も偶に見ます。参考になる人がいるかも?
> マティーニーなら飲み食いしなくても何時間でもおれます。反則だけど・・・

プノンペンは以前も取り上げましたが、大いにありだと思います。
ビザ、物価などのトータルバランスで言っても、今のカンボジアはもしかしたらインドシナ諸国でもっとも外こもり適地といえるかもしれません。

ジュライ組残党ってどのへんにいますか? 私が今年キャピトルに泊まったときは、レストランが以前と比べてまったくもってだらだらと出来ない場所に変わってしまっており、昔見かけた残党がいなくなってたので。
今度行く時にぜひ一度お会いしてみたいです。

Re: No title

> ほぼ毎日のようにブログ更新されているだけでも、
> 日課に取込み、「実践」しないと出来ないことだと
> 思うのですが...^^;

たしかに、今やってる創造的な行為って、このブログ更新ぐらいですね(笑)

> 日々何かしらの話題や興味を持たないとまず出来ないことですし、
> ブログにすることで、コメント等により緩い人間関係は
> 出来ているように見受けられます。
> (少なくても誰かと接しているという意でも)

たしかに、ありがたいことだと感じております。
みなさま、ありがとうございます。

No title

私の場合、外こもりのきっかけが、働きたくないというのもありましたがむしろ、日本社会にストレスを感じて飛び出した、という理由が大きいです。
ですので、傷を舐めあう仲間という感覚は、あまり理解できません。
しかし、ポジティブに考えてみると、外こもり中=無職な状態ですので、24時間自由に時間が使えるはずです。
強迫観念を持って、何かやりたいことなど考えるより、毎日目覚めたときに、今日は何をしようか、とダラダラ考えるのが外こもりの特権ではないでしょうか。

ブログを拝見していると、色々と考えさせらりたり、我が身につまされたり、非常に興味深く拝見させていただいております。
今後もコメント等入れさせていただくと思いますので、よろしくお願いします。

私は、延べ9年間、ラテンアメリカで外こもり中ですが、多少の不便はあるとしても、精神的には非常に快適な生活を過ごさせていただいております。

No title

初めましてこんにちは。記事が面白くて読みやすいですね。そして、ちょいと考えさせられました。働かずして生きていくのはとても難しいですよね。資金運用して外こもりだと、ある程度資金、知識、経験がないと大変でしょうし。それで外こもりを続ける選択として、外こもり→お金の枯渇→仕事→外こもり、という感じで、やはり、仕事をいずれしなくちゃいけないと思うのですが、ある程度現地の語学を高めて、日本企業や日本人とほとんど、まったく関わりのない職場に付く事を目標にしてみてはいかがでしょうか?始業時間、終業時間がルーズな国、やめてもマイナスに捉われず、次のステップと捉えてもらえる国とかで仕事をするとか。語学マスターが最低条件でしょうが、どうでしょうか。

No title

ゲストハウスに居ればいろんな人と会えて飽きないものかと思ったら、そんな壁があるんですね。家飲み好きな外ごもラーが集まるポイントを見つけたら是非教えて下さい。ここに集まっている人でそういうコミュニティみたいなものが作れたら良いですよね。自分もいつか合流することを夢見て、辛い日常にもう少し耐えれる気がします。hin-bpさんはマンガ読んだりゲームしたりはあまりしないんですか?自分は仕事を辞めたら今まで我慢していた分、思う存分マンガ見たりゲームしたりしようと思っています。

プノンペンはどう?

はじめまして。
長い間覗いていましたが、初めて書き込みます。
>>いくつか候補地はあります。そろそろ移動を考える時が来たかもしれません。
プノンペンはどうですか?ジュライ組みの残党をよくみかけるし、1ヶ月100$くらいって人もいるし、最後は生活保護を目標に一生懸命遊んでいる人もいるし、ネットに出てくる有名人も偶に見ます。参考になる人がいるかも?
マティーニーなら飲み食いしなくても何時間でもおれます。反則だけど・・・

No title

こんにちわ。
ほぼ毎日のようにブログ更新されているだけでも、
日課に取込み、「実践」しないと出来ないことだと
思うのですが...^^;

日々何かしらの話題や興味を持たないとまず出来ないことですし、
ブログにすることで、コメント等により緩い人間関係は
出来ているように見受けられます。
(少なくても誰かと接しているという意でも)

その行為は、誇ってもいいのではないでしょうか^^

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。