HOME > スポンサー広告 > これまでのあらすじ・3HOME > なぜ外こもりを目指すのか > これまでのあらすじ・3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでのあらすじ・3

 通帳の150万円を見て、思いました。なんとかしなければいけない。そうしないと、必ずや自殺という懸念が現実のものになってしまう。

 そこで思い出したのが、かつてのバックパッカー生活でした。お小遣い帳をつけてましたが、アジア地域での支出は月に3~4万円程度でした。実際は移動費、航空券代などがかかりますが、生活費はそんなもんです。

 特に節約しようときりきりした覚えはありません。日本食が食べたければ食べました。ネットもやったし、本だって読んでました。でも、これぐらいしかかかってない。実体験に基づいた実話です。節約すればもっと減らせるでしょう


 ということは、年間で30~40万程度あれば、アジア地域で暮らしていけるということです。(このあたりの詳細な試算は後日、これだけで記事を書きますね。)


 昨年の誕生月に「ねんきん定期便」が届きました。そこには今現在までの納付金額で、65歳以降、どれだけの年金がもらえるかが書かれていました。その額なんと25万円!!! 

 ほとんどの日本人にとっては少なすぎで心もとない金額でしょう。ですが、アジアの物価感覚がすぐに思い出せる僕にとってこの金額は大金でした。いままで海外に行ってた時期も長く、払ってない時期もあれば無職で免除してもらっていた時期もあります。それでもこんなにもらえるんです。国民年金だけではなく、厚生年金も加味されてるおかげです。

 ということは、あともう少し働けば、年間30万円台に到達するのも夢ではないということです。そこまで行けば、とりあえず年金支給開始年齢の65歳以降の海外生活はOKです。


 となれば、65歳までの生活費をなんとかする算段が付けば、すぐにでも引退し働かずに済むということになります。


 今が35歳ですから、65歳まで20年。30年×30万円として、900万円。実際は海外旅行保険に入ったりなんだりで、もう少しかかるでしょう。つまり1000万円あれば、今すぐにでもインドやタイに行き、一生をマッタリと暮らすことが可能になるのです!!!


 このことが分かり、自分は決めました。可能な限り早く1000万円貯めて、アーリーリタイアし海外に移住するのだと。そのために働くのだと。もしそれまで働くことに耐えられず自殺したら、負けです。1000万円達成し脱出できれば、勝ちです。


 こうして、とにもかくにも、1000万円を目指すことにしたのでした。



早速ランキングに登録してみました。ポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。