HOME > スポンサー広告 > 01/13のツイートまとめHOME > Twitterまとめ > 01/13のツイートまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

01/13のツイートまとめ

hin_BP

先日、はじめてブログ冒頭に貼ってあるリンクから投げ銭をいただきました。ありがとうございます。あなたの500円で1日生きさせて頂きます。名前は書きませんが、今後も生温く見守って下さい。
01-13 14:50

働くのが好きな人は働けばいい。働くのが嫌いな人は働かなければいい。それだけの話。“楽しみを先送りして今は我慢しろ系”の思考は法律で禁止すべきだと思うくらいたちが悪い。まったくだ。
01-13 15:25

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> お返事いただき、ありがとうございます。
> 滞在地を推測するようなコメントを残してすみません(もっとも、そこが正解かどうかは分かりませんが)

大丈夫ですよ。あの画像、過去のものということもあるわけでしてw

> 下にも書きましたが、私は、「日本の労働環境批判」を超えた「労働からいかに逃れるか、そして労働による承認なしにいかに精神的健康を保つか」という貧bpさんの考えおよび実践を非常に興味深いものだと考えています。
> 論証はできませんが、なんとなく上に書いたようなことを達成するには、その正しさを主張するよりは同じ考えの仲間を持つことが重要なのではないか、少なくとも同じような考えを持つ人がいることを知ることが重要なのではないか、と考えています。私は専業主婦がまさにその例だと考えていて、いい年したニートと言えなくもない専業主婦が精神的危機に陥らないでいられるのは、専業主婦が既にたくさんいて、自分もその中の一人だ、と考えられるからであり、別に専業主婦がやっていることが貴いからではないと思っています。

そういう意味でも、私はアパートぐらしより、安宿ぐらしがベターだと考えてるんです。
自分のような生き方をしてる人間が他にもいる、それを日々確認できる安心感はとても大事です。
批判的な人はそれをぬるま湯に使っている、現実から逃げている、危険を遠ざけているだけだから、いつか悲惨なことになる、一刻も早く現実に立ち向かうべきだと言うと思いますが、その結果絶望にとらわれ命を絶つより、どれだけマシかわかりません。

> いずれ貧bpさんが一時帰国された際などには、ぜひ貧bpさんを囲む会などを主催していただけたらと思います。ご検討ください。

ありがとうございます。検討しておきますが、なんとなく隠し撮りされた画像が2ちゃんねるにアップされそうで怖いですね。
その際は、ふくちゃんのようにプライベートを完全に晒す覚悟を持たねばならないかもしれません。

Re: No title

> 是非一度お会いしてみたいんですが、そこに行くには私の経験値が。。。
> とりあえず東南アジア各都市に滞在してみて、経験値をためようかと。

いやいや、一人旅初めてという人も案外来てますよ。
しんさんのツイッターを発見してると、まめに出歩いたりして新たな楽しみを開拓しようとする進取の気風に溢れてる気がします、
私の場合そんなのはもはや無くて、一日中宿にこもることのほうが増えてます。
今はネットで暇つぶしの手段がなんでも手に入ってしまいますからね。
しんさんのほうが、おそらくもっと楽しい外こもりライフを送れると思いますよ。

> いずれ雑誌書籍のインタビューとかで(ふくちゃんさんみたいに)
> 拝見する日が来ると思てますので、それまでお元気で、
> 日本と違い何が大事になるか分かりませんで、お気をつけください。
> って釈迦に説法でしたね。。。(^o^;)

いえいえ、そういう日が来るまで、頑張りたいと思います。

No title

お返事いただき、ありがとうございます。
滞在地を推測するようなコメントを残してすみません(もっとも、そこが正解かどうかは分かりませんが)

下にも書きましたが、私は、「日本の労働環境批判」を超えた「労働からいかに逃れるか、そして労働による承認なしにいかに精神的健康を保つか」という貧bpさんの考えおよび実践を非常に興味深いものだと考えています。

論証はできませんが、なんとなく上に書いたようなことを達成するには、その正しさを主張するよりは同じ考えの仲間を持つことが重要なのではないか、少なくとも同じような考えを持つ人がいることを知ることが重要なのではないか、と考えています。私は専業主婦がまさにその例だと考えていて、いい年したニートと言えなくもない専業主婦が精神的危機に陥らないでいられるのは、専業主婦が既にたくさんいて、自分もその中の一人だ、と考えられるからであり、別に専業主婦がやっていることが貴いからではないと思っています。

いずれ貧bpさんが一時帰国された際などには、ぜひ貧bpさんを囲む会などを主催していただけたらと思います。ご検討ください。

No title

やはりそうでしたか、大前提として物価の安いところ、
カジノの無いところ、そして前々からその国の話題をされてましたし。

是非一度お会いしてみたいんですが、そこに行くには私の経験値が。。。
とりあえず東南アジア各都市に滞在してみて、経験値をためようかと。

いずれ雑誌書籍のインタビューとかで(ふくちゃんさんみたいに)
拝見する日が来ると思てますので、それまでお元気で、
日本と違い何が大事になるか分かりませんで、お気をつけください。
って釈迦に説法でしたね。。。(^o^;)

Re: インドですか

> Twitterの写真を見たら、インドの海岸地帯にいらっしゃるのではないかと思いました。

分かる人にはわかると思いますが(笑)、いちおう秘密にさせて下さい。

> 貧bpさんのブログはニート的精神の持ち主の私にはとても考えさせられるところがあり、興味深く読ませていただいております。
> ぜひともお体にはお気をつけください。

ありがとうございます。先日お腹を壊しましたが、アジアではふつうのコトです。気をつけて行きたいと思います。

インドですか

Twitterの写真を見たら、インドの海岸地帯にいらっしゃるのではないかと思いました。
貧bpさんのブログはニート的精神の持ち主の私にはとても考えさせられるところがあり、興味深く読ませていただいております。
ぜひともお体にはお気をつけください。

Re: No title

> 遅れながら、あけましておめでとうございます。
> 本年度も宜しくお願いします。

おそくなりました。
あけましておめでとうございます。

> ホリエモンも自身の著書で語っていましたが、やりたい人だけ集まってやった方が効率的です。

そうそう、ここなんですよ。いまやそういう人だけで集中的に頑張ったほうがはるかに成果が出やすくなってます。
彼らには申し訳ない面もあるのですが、彼らの努力におすがりする形で、他の多くの人は今後生きていくのではないでしょうか。

No title

遅れながら、あけましておめでとうございます。
本年度も宜しくお願いします。

>働くのが好きな人は働けばいい。働くのが嫌いな人は働かなければいい。
↑の考え方には賛成です。
学校だろうと仕事だろうと、気の合わない人や気が向かない人と一緒に作業しても大した成果出ませんから。
ホリエモンも自身の著書で語っていましたが、やりたい人だけ集まってやった方が効率的です。

私の小中高の学校時代もそうでしたが、「皆でやりとげよう!」という無理やりな集団意識が気持ち悪かったです。
教員の中にも、個人でいろいろ頑張る生徒よりも、金魚のフンであっても集団の中にいる生徒の方を評価していたりして、腹立たしく思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。