HOME > スポンサー広告 > 働かない生き方を認める国、インドの魅力HOME > 社会評論 > 働かない生き方を認める国、インドの魅力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

働かない生き方を認める国、インドの魅力

 よく宿で出てくる話題に「好きな国はどこ?」というのがある。自分はいつもインドと答えているが、なぜインドが好きなのかは、前回の記事人は生きてるだけで誰かの役に立っているに関係してると思う。
 というのも、インドという国は生きてるだけで意味があるということを体現してる国だといえるからだ。

 インドにはサドゥーという修行者が、たくさんいる。彼らは働くわけでもなく、ただ毎日ガンジス川のほとりで瞑想している。いや、ちゃんと瞑想してるならまだいい。中にはただ毎日ガンジャ(大麻)を吸ってるだけの奴もいたりする。
 インドにおいてもほとんどの州で大麻は違法になっている。だがひとたびサドゥーになると、そういう法の軛(くびき)からも開放され、そこらじゅうで吸っても事実上お咎め無しになる。
 彼らの最終目的はモクシャ、いわゆる解脱を得ることに有る。インド人は輪廻転生を信じているので、そこから抜け出すこと、もう二度とこの世に生まれ変わらないことを目指すわけだ。彼らの人生はすべて、それに捧げられていると言ってもいい。
 本気でそれに取り組んでる筋金入りのサドゥーは、人との接触を避ける傾向がある。たまに食事やお金をお布施してもらいに外界に降りてくるが、できるだけヒマラヤの奥地で人と接しない生活を送る。そしてついに解脱となったら、生きながらに坐禅し食事を絶ち、生きたまま死ぬ道を選ぶ。ヒマラヤの山の中には、そうして即身成仏したミイラがいくつも転がっていると聞いたことが有る。

 彼らは「誰かのために働いて役立たないと生きてる満足感を得られない」などという価値観など、鼻で笑い飛ばすだろう。そもそも生きる目的が違うというか、生きている事自体が面倒くさいというか、逃れるべきマイナス事項なのだ。
 ではインドの多くの人々は、彼らを「誰かのために働いて役立たないと生きてる満足感を得られない」存在だと思ってるだろうか? これも否だ。そんな彼らの生き方を肯定し、食事やお金をお布施して支えるのである。

 仏教の僧侶も同様にお布施で生きているわけだが、「法施」という価値観があって、お布施のお返し的な感じで法を説いてあげるのが良いとされている。(もっともお布施自体は見返りを期待しない行為であることに意味があるとされているので、この法施という考え方は僧侶側の礼儀とでもいう感じだろうか)
 ところがサドゥーの場合、悟るだけ悟ったらそのまま餓死しちゃうのだ。自分の得た境地を広く説くこともしない。これを仏教では「独覚」、独力で悟ったものとして、ちょっと低く見ることが有る。ブッダは悟った境地をちゃんと広めたし、弟子にも全インドに広く教えを説いて回りなさいと言ったからね。そこが違いっちゃ違いなんだけど、肝心なのは、解脱という成果自体は、独覚でそのまま死んじゃおうが、悟った後ちゃんと教えを広めようが同じということ。それ自体に質の上下は無いとされている。

 実際問題、ブッダ自身もブッダガヤの菩提樹の下で悟った後、その内容があまりに難しいので一般大衆に教を広めるのは難しいだろうから、このまま即身成仏しちゃおうと考えたぐらいなのだ。王家を放り出し、嫁も息子も捨てて、好き勝手に修行し、生きるすべはお布施で賄ってきた若者が、悟った内容を教えるのがかったるいから死のうとした。なんとまぁリアルな話なんでしょうか(笑)。誰かの役に立つとかそういうのが抜けてるんだよね。
 でもブッダはその後、梵天(ブラフマー)という神様の説得を受けて教えを広めることにしたわけだけど、これ、よく考えると梵天さまさまですよ。それを受け入れたブッダも本当に偉く尊敬に値する方ではあるけれどね。

 とまぁ、とにもかくにも、インドという国、その文化は「働かざるもの食うべからず」とか「誰かのために働いて役立たないと生きてる満足感を得られない」などという価値観とは別のものも認める国だといえるだろう。もちろんほとんどのインド人は普通に働いてるし、結婚もするし子供も作る。解脱が最終目標だという教えだけど、突っ込んで聞いてみると生きてるほうが楽しいから来世はもっとリッチマンに生まれて人生を謳歌したいとか言う奴もたくさんいる(笑)。だがそれはそれでひとつの生き方。働かないという生き方をしてもそれが劣るとは言わないし、そういう存在もちゃんと認める。
 自分がインドに強く惹かれるのは、そういうところがあるからなんだと思う。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

> 日本の社会人とは一生分かり合える気がしないですが、インドの修行者とは割とすぐ分かり合える気がします。

そういう思いが、海外へどっぷりとひたらせるきっかけになったりします(笑)

日本の社会人とは一生分かり合える気がしないですが、インドの修行者とは割とすぐ分かり合える気がします。

海外か・・・・

Re: No title

>そろそろ日本に帰ってきて資金を稼ぎに来たらどうでしょうか?

まだお金がありますからね。去年の同時期の9割キープなので、帰って働くという気にもなれません。

>外こもりと言っても先立つものはお金
>すこしづつ雇用も回復していますしね
>日本に帰ってきたら飲みにでも誘って下さい
>面白い話と引き換えに飲み代位は奢ります(笑)

その節はよろしくお願いします。

No title

そろそろ日本に帰ってきて資金を稼ぎに来たらどうでしょうか?
外こもりと言っても先立つものはお金
すこしづつ雇用も回復していますしね
日本に帰ってきたら飲みにでも誘って下さい
面白い話と引き換えに飲み代位は奢ります(笑)

Re: No title

>ああ・・・
>インドに移住したくなる記事w
>読まなきゃよかったww
>インド人と結婚したい・・・

インド好きとしては嬉しい感想ですが、インド自体は外こもり先としても移住先としても、決してベストと言える環境ではありません。東南アジアのほうが格段に上です。
この辺りの比較記事は、いづれ書きたいと思ってます。

>今の世の中を見ていると人類は全く進歩しないで戦争に明け暮れていますし、解脱を得たいという気持ちは私も同感です。

ただまあ、それこそ本気で解脱とか考え出すと、出家して修行とかって話になりますからね。
私はただ、日々を安穏と暮らしたいだけで、どちらかというと来世はもっと楽しく生きられるのがいいなあ……と思います(笑)。

No title

これの前に既に日本の仕事感を書いてしまったが
以前に貧困BP氏が指摘していた「日本で働きたくない理由」を主として
私がそれの追加的にネタを書かせてもらいます。

■日本は何時からこんな気の狂ったような国になったんだ?

日本人というのはある種の病気にかかっている人が多いのではないか?
自覚症状のない人も多い(集団うつ病的な何か)。

東京、関東の大きい都市、首都圏を例にして。。。
毎日1時間以上、満員電車に押し込められて寿司詰め通勤
ビジネス街に大量に輸送される光景は拷問の一言である。

冷静に考えると通勤ラッシュ時の電車なんて犯罪者の輸送バスや
競馬馬の輸送トラックよりもその環境はずっと悪いと思う。

そして拷問満員電車で着く先は原則1分たりとも遅刻の許されないオフィス(工場や店舗も)
どこもタイムカード的措置が有り遅刻するとペナルティー
有休が減っていくこともある。

また有休をとるときの理不尽なやり取りも日本は病的。
ある日、自分の売上金額を達成し、年度の仕事も落ち着いたところで
溜まりにたまった有休、20日間分以上を消化しようと作戦を練っていた。
(ここまでやる事が既に病的であるが(大笑))

No title

貧困BPさんは当然解っていて今さらとは思うけど、日本脱出一年生としてあえて書かせてもらいます。
教訓というか所信表明みたいな物とおもってちょうだい。箇条書きですが

それに愚痴もあえて書かせてください。初心を忘れぬようにクギを打ちつける(笑)
まだ脱出前だけど、少し時間があるのでココで書いておきたかったので
貧困BPさん以外のユーザーの方からも意見もらえると嬉しいです。

☆時折現れて初心者なりに質問もするかもしれません、その時はヨロシク。

日本における就職に必要なもの
1、出来るだけ脱線のない履歴書
2、最低限の学歴(大卒がマストな時代になった)
3、どんな事でも理不尽でも、くだらないこともやる精神
4、問答無用で意味のないホスピタリティ精神とサムライ魂(切腹に近いモノ)

また、海外就職と言うとハードルが高そうに感じるが
じつは日本の方が要求されることは細かく多い。
プレッシャーという意味では日本のほうが上で、世界最高峰に感じる。

履歴書一つにしても
「年齢、学歴、何年出で何年入社、どこそこを退社し何年に転職したかなど・・・」

あの細かい羅列データーから人(個人)をふるいにかける国である。
少しでも変な経歴があったり、ブランクがあって
世の中の"普通"から脱線したりすると面接担当官から質問攻めで、不利となる。

右向け右で倣え!が美徳とされる。まさにCrazy!だ。

No title

ああ・・・
インドに移住したくなる記事w
読まなきゃよかったww
インド人と結婚したい・・・

今の世の中を見ていると人類は全く進歩しないで
戦争に明け暮れていますし、解脱を得たいという
気持ちは私も同感です。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。