HOME > スポンサー広告 > 原則タダ、5000円出せば豊かな老人ホーム生活を送れるタイという国HOME > クチコミ情報 > 原則タダ、5000円出せば豊かな老人ホーム生活を送れるタイという国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

原則タダ、5000円出せば豊かな老人ホーム生活を送れるタイという国

 ネットでこのブログ的にとても気になる記事を見つけました。

タイに住む日本人の疑問
「タイでは、他人に頼らずに餓死する人がいますか? タイ人気質を知りたいです」


 この記事全体と流れとしては、タイで餓死する人はいなくはないけどとても少ない。弱者救済が充実しており、簡単に死なせてくれない。他人ごとに強い関心をもつので、困った人がいたら自然に助けの手が出てくる、という内容でした。
 特に気になるのが、ここ。

 タイでは弱者救済や徳を積むという宗教的な教えからセーフティネットがしっかりしています。

 ラチャダムヌン・ボクシングスタジアム近辺のパリナヨック寺で、お金のない人に開放して、托鉢で集まった食べ物を分け与えているのを見たことがあります(寺の食べ物を家に持って帰ってはいけません。業が深いと忌み嫌われます)。

 ローン・ターンと呼ばれる地域の慈善団体による食料や薬の支給が、曜日と時間を定めていろんな場所であります。

 区の役所に相談すれば、困りごとに応じて、しかるべき場所や団体を紹介してくれます。

 たとえば年とった両親の面倒をみられず困っている場合、状況によっては老人ホームを紹介してくれます。

 バーン・バンケーBan Bang Khaeという有名な老人ホームはお金がなければ相部屋、月1500バーツ(約5000円)払えば個室が与えられ、三度の食事とともに面倒をみてくれるそうです。

 この老人ホーム、文章からするとそもそもが無料なんです。そのうえ5000円出す余裕があれば個室を与えられるというわけです。

 日本でこんな充実した福祉が想像できるでしょうか? 特養老人ホームがなかなか入りづらく、順番待ちをしてるぐらいです。

 また、こんな文章。

「あそこの家、何で電気を灯してないんだろう」「なんで窓を開けているんだろう」だれに命じられたわけでもないのに、諜報活動が始まります。

 関心は行動へと駆り立てます。次はその家まで足を踏み入れ、「手助けが要るか?」「食べるものがなければどこそこの寺へ行けばいい」と、親身になって相談に乗ります。

 お節介なのか、だれかにコトの成り行きを喋るためのネタなのかは知りませんが、いい意味での「監視の目」が自死への社会的抑止力となっているわけです。

 なかなか死なせてくれません。

 高齢者ばかりの団地で孤独死する人が問題になってる日本からは、想像もできないような話です。

 タイという国のこうした民族気質が、時の政府が社会福祉を民間に丸投げしてきたから助け合うしか無いからこうなったのかどうかはわかりません。逆に、北欧などの社会福祉が充実した地域では、そのあまりの充実ぶりに子供が親の面倒を見るという文化自体が崩壊してしまったとも言われています。
 政府が面倒を見るのがいいのか、ご近所同士で見るのがいいのか、難しい所ではあります。ですが私たち外こもりが、途上国、タイに惹かれるのもまた、こういう点があるからだというのは事実なのでしょう。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> 日本にもかつてあった、村社会文化によく似ていますね。
> そういった集団においては、相互監視による同調圧力や過干渉によるプライバシー問題といった負の側面もありますから、必ずしも良い文化とは言い切れません。

このあたりは島田裕巳「人は一人で死ぬ」にも書かれている話ですね。人は同調圧力が強い村社会からの独立、プライバシー確保を希望しそれを優先するようになってきた、その結果無縁社会になっていった、というような。

> ともすれば、現代日本のように国自体が豊かになり、福祉サービスが個々人レベルにまで行き渡るようになれば、そういった集団のつながりが希薄化していくのは必然でしょう。

そう思います。個の自由を優先するようになった必然でしょう。

> 確かに、豊かさに比例して日本における生存コストは高止まりしています。ですが、手続きさえ踏めば弱者にこれほど優しい国はなかなかありません。

そう思います。とくに生活保護がそうですね。途上国では制度的にこんなもの、望むべくもありませんから。言い方を変えると、村社会から切り離された孤独な人間でも制度をたてに生存を要求できるのが、日本という先進国です。それは私のような人間にはありがたい話です。

> 福祉に関しても、助け合いと姥捨て山クオリティの施設がタダであるからタイは素晴らしい!と言い切るには、所得差やサービスの質などを考慮すると、物事の上積みだけすくって判断した少々短絡的な意見に聞こえました。

これはある意味、先進国側から見たないものねだりのようなものなのかもしれません。村社会的福祉か、先進国的福祉か。その両方を兼ね備えた社会というのは、難しいのでしょう。

No title

日本にもかつてあった、村社会文化によく似ていますね。

そういった集団においては、相互監視による同調圧力や過干渉によるプライバシー問題といった負の側面もありますから、必ずしも良い文化とは言い切れません。

ともすれば、現代日本のように国自体が豊かになり、福祉サービスが個々人レベルにまで行き渡るようになれば、そういった集団のつながりが希薄化していくのは必然でしょう。

確かに、豊かさに比例して日本における生存コストは高止まりしています。ですが、手続きさえ踏めば弱者にこれほど優しい国はなかなかありません。

福祉に関しても、助け合いと姥捨て山クオリティの施設がタダであるからタイは素晴らしい!と言い切るには、所得差やサービスの質などを考慮すると、物事の上積みだけすくって判断した少々短絡的な意見に聞こえました。

Re: はじめまして

> はじめまして。

コメント有難うございます。

> 東南アジアにフラッと行きたいなぁと情報収集していたら、こちらのブログに偶然たどり着きました。ブログに一通り目を通させていただき、その内容にとても共感を覚えました。僕もタイに一度だけ半月ほど旅行に行ったことがあり、あの日本では感じられない開放感や、ほんわかとした生ぬるーい雰囲気にはまってしまいました。

日本がどんなに快適といっても、あの空気感は日本にはありませんからね。であればこそ、ついついこちらに来てしまいます。

>僕はhin-bpさんと同年代のアラフォーで若くはありませんが、体力がまだあるうちにまたタイへ、こんどはちょっと長めに訪れてみたいと思っています。ただの感想ですみません。今後ともお体に気を付けてください。ブログの更新楽しみにしています。では。

いえいえ、今後もよろしくお願いします。

はじめまして

はじめまして。
東南アジアにフラッと行きたいなぁと情報収集していたら、こちらのブログに偶然たどり着きました。ブログに一通り目を通させていただき、その内容にとても共感を覚えました。僕もタイに一度だけ半月ほど旅行に行ったことがあり、あの日本では感じられない開放感や、ほんわかとした生ぬるーい雰囲気にはまってしまいました。僕はhin-bpさんと同年代のアラフォーで若くはありませんが、体力がまだあるうちにまたタイへ、こんどはちょっと長めに訪れてみたいと思っています。ただの感想ですみません。今後ともお体に気を付けてください。ブログの更新楽しみにしています。では。

Re: No title

> よう!!貧BP!!
> 元気かよ?2ちゃんの外こもりスレからわざわざ出向いてやったぞ?

ありがとう。せっかくだから2ちゃんでもそのコテハン使ったら?

> オメーいまどこにいるんだよ?もし会えたら晩酌付き合えや!
> おごってやるからよ!

これまたありがとう!まだ海外だよ。

> 俺は今月初めから牢獄国家日本に帰って金貯めてるぜ。
> あーあと2カ月の我慢だな~苦痛だぜ。
> お前さんは資金はどーなのよ??

資金はまだあるけど、来月辺り一旦日本戻ろうかと検討中。
いろいろ用事も溜まってるし。
でも、またすぐ海外出ると思うよ。

No title

よう!!貧BP!!
元気かよ?2ちゃんの外こもりスレからわざわざ出向いてやったぞ?
オメーいまどこにいるんだよ?もし会えたら晩酌付き合えや!
おごってやるからよ!
俺は今月初めから牢獄国家日本に帰って金貯めてるぜ。
あーあと2カ月の我慢だな~苦痛だぜ。
お前さんは資金はどーなのよ??

Re: No title

> それに日本って老後にとってもお金がかかりますよね。
> タイは5000円ですか~。うらやましいですね。
> 日本でしたら20~30万円はないと生活自体成り立ちませんし
> 今さら贅沢の染み付いた日本人が生活のレベルを一段落とすことなど
> ほとんど不可能でしょう。

5000円というのも個室を確保したい場合の話です。相部屋で良ければ原則ゼロ円のようですよ。
すごいですよね。

> 日本は気軽に何かをすることが難しい国だと感じますよ。
> 私はカナダ、欧州に住んでいましたから、同じ先進国でも日本は完全に線引きされた
> 極東の島国で、いまだに隔絶した存在です。

そうなんでしょうね。労働環境も天と地ですし。

> 白人・西洋人は日本の文化に興味がある人はいるのですが、
> 自ら住みたいと言う人は少なかったです。住んでも脆弱な福祉(老後)に、
> 閉塞的な社会に、人種偏見がありますから白人と言えど、オチが想像できてしまうのでしょうね。
> 仮に私が白人だったら欧州の進んだ福祉に依存し引きこもりますわ(笑

日本という国は、ある意味では国中がディズニーランドなんですよ。遊ぶにはいいけど働いたり生活していくには辛い。

Re: No title

> ボクシング、ムエタイの人気はどうですか
> カオサイギャラクシー知ってますか?

すいません、そのあたりには興味が無いので、よくわからないのです。
申し訳ない。

Re: No title

> 10000円で個室3食つき
> おまけに高度医療の国。
>
> タイに住むことに何の不安感も感じませんね。

その高度医療を受ける金額はそうとうに高いですけどね。老人ホームでただ生活するのと、医療は別に考えたほうがいいかもしれません。

Re: No title

> クオリティにこだわらなければ日本でも可能かも。
> ただこの国は贅沢になりすぎて、満足できないのでは?

たとえば冷房ですかね。日本では生活保護でも冷房は使えます。どんなに安くとも、日本で冷房なしでは誰も満足できないかもしれません。

No title

ケアホーム、退職者用ペンションなど老後の生活の場は
どこもかしこもイッパイですよね。
関東は既に沢山の退職老人でギューギューでしょ?
ですから若い人は将来行き場がなくなりそうですね。

それに日本って老後にとってもお金がかかりますよね。
タイは5000円ですか~。うらやましいですね。
日本でしたら20~30万円はないと生活自体成り立ちませんし
今さら贅沢の染み付いた日本人が生活のレベルを一段落とすことなど
ほとんど不可能でしょう。

日本人は外ヅラを気にし、世間体もあって見栄費にお金をかけます。
若い人でもそうでしょ?ノイローゼ一歩手前の人の多いこと。

日本は気軽に何かをすることが難しい国だと感じますよ。
私はカナダ、欧州に住んでいましたから、同じ先進国でも日本は完全に線引きされた
極東の島国で、いまだに隔絶した存在です。

白人・西洋人は日本の文化に興味がある人はいるのですが、
自ら住みたいと言う人は少なかったです。住んでも脆弱な福祉(老後)に、
閉塞的な社会に、人種偏見がありますから白人と言えど、オチが想像できてしまうのでしょうね。
仮に私が白人だったら欧州の進んだ福祉に依存し引きこもりますわ(笑

No title

ボクシング、ムエタイの人気はどうですか
カオサイギャラクシー知ってますか?

No title

10000円で個室3食つき
おまけに高度医療の国。

タイに住むことに何の不安感も感じませんね。

No title

クオリティにこだわらなければ日本でも可能かも。
ただこの国は贅沢になりすぎて、満足できないのでは?

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。