HOME > スポンサー広告 > 自分が壊れた部品であることを自覚しようHOME > 社会評論 > 自分が壊れた部品であることを自覚しよう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が壊れた部品であることを自覚しよう

 脱社畜ブログという日本の労働環境を日々批判し続けるブログがある。自分も賛成の立場で、日々愛読させてもらってるブログだ。
 だがどうしても気になる点が一つある。それは、人には働かねばならない時がある、という主張をしている点だろうが。この主張は、おそらくほとんどの人が賛成するだろう。というか、これに賛成しないという事自体意味不明というか、理解できない人は多いと思う。
 自分の主張は、かつてはそうだったかもしれないが現代社会においては働くか働かないかは自由意志に任せるべきであり、もっと言えば、自由意志に任せて構わない時代になった、働きたくない人間は生涯働かなくても暮らしていける、というものだ。少なくともそういう生き方ができるだけの豊かさを、日本社会はすでにもっているし、実は世界規模で考えたって持っている。
 そういう生き方が実現できてないのはそうしたくない抵抗勢力がいるからにすぎない。当ブログで口を酸っぱくして言ってることだが、その際たるものは「働かざるもの食うべからず」という思想だ。この言葉のなんと迷惑で、不幸を生み出す元凶なことよ。
 その現実を踏まえればたしかに今この瞬間においては働かねばならない時があるといえるかもしれないけど、その抵抗勢力自体が時代遅れのゴミなんだから、本来的にはやはり、すでにこの社会は働かなくても暮らしていける社会なのだと訴え続けるべきなのさ。

 このブログの過去記事をさかのぼればいくらでも言えることではあるのだけど、新しい記事から一つ。

「壊れにくい部品が欲しい」という悪魔の発想

 この記事の全体の趣旨には、もちろん賛成。そのとおりだと思う。だが、一点あげてみる。

大体、この採用ポリシーが当たり前のようにどの会社でも採用されたとしたら、一度メンタルヘルスに不調を来たしたら最後、もう二度と職には就けないということになりはしないだろうか。そんなバカげたことが許されてよい道理はない。

 この記事はもともと

採用者の「メンタルヘルス」状態 どうやったら見破れる?

 という記事について書かれたものなので、当ブログのこの記事はさらに孫引きで論じるようなメタ構造になってしまい面倒くさくて恐縮なのだけど、この元記事からも一点あげてみる。コメント欄より。

この記事を読んでいると、まるでうつの人そのものが悪い、うつ病は雇用すべきでないと言っているようです。私を含め、うつを持っていても働きたい、働かねばならない人だって一杯いるのです。逼迫した事情があるのです。そのことをこの人たちは理解されているのでしょうか?

 たしかに世の中にはどうしたって働かねばならない逼迫した事情がある人というのはいるかもしれない。だが、自分の周りの環境が自分に対し働くことを強要する(たとえば子供がいるとか介護の必要な老親がいるとか)のだとしても、当の本人がどうしても働けないのならば、結局は働けないだろう。その行き着く先は無理を重ねた自殺だ。

 これをなんとかするにはいっそのこと、どうしたって働かねばならないという状況が発生すること自体を否定しなければならない。そうしない限りこれらの人が幸せになれることはありえないんである。働きたくない人は働かなくて結構、向いてない人も無理して働かなくて結構、それでもちゃんと生きていける社会になれば、それでいいではないか。今の日本というのは、本当にそういう社会になれないのだろうか? 食料廃棄率は世界トップクラス、空き部屋もたくさんある。それなのに働かないと生きていけない人がいるというのは、やはりおかしくないか?

 企業側からすればやはり、メンタルヘルスで働けなくなる人が出るのは面倒臭い。そりゃそうだ。
 そういう人が出ることを見込んで、余裕ある採用計画をたてたり就業しやすい環境を作るべきだ。病欠や求職者がある程度出るのを見込んでおくべきだし、そういう人がいてもなりたつ経営をすべきだ。そりゃそうだ。

 どちらの意見だって、それぞれの立場から見れば「そりゃそうだ」なのだ。その互いの立場の違いを認めたうえでよりよい社会を……というのがよくある労働争議だし、社会運動論だし、この脱社畜ブログが日々やってることでもある。
 それはそれで認めた上で、あえてうちのブログが言いたいことがあるとすれば

自分が壊れた部品であることを自覚しよう

 これにつきる。一度メンタルヘルスで不調になったら、自分という人間はがむしゃらに働ける人間より弱いのだ、働くということに向いていないのだということを自覚しようよ。働きたいという気持ちがあったとしても、自分にはそういう要素があることを認めてあげる、それがスタートラインなんじゃないだろうか?
 うつを持っていても働かねばならない、それは本当? 社会の「働かざるもの食うべからず」という価値観で、自分を追い込んでるだけじゃないの? それをよく考えたほうがいい。そもそも働かねばならないのは、金が無いからじゃない? であれば生活に必要な金は、働くことではなく生活保護などでもらおうよ。働いたらうつになる私は働かないほうが社会のためだ、そういう開き直りだって必要かもしれないよ?

 多様な生き方を認める社会にしようということはよく言われる。どんなにうつであっても、働きたいという気持ちがあるならその人が働くことにコミットし続けられるようにする。それはとても大事なことだ。だがそれはあくまでも、本人の自由意志によらねばならない。1ミリでも「働かねばならない時がある」という考えがプレッシャーになるようでは意味が無いのだ。そういう考え方がある限り自殺者も減らないよ。

 憲法や生活保護法の思想から言って、働くということは健康で文化的な最低限度「以上の」生活を得るために行うことだと、自分は考えている。誰にだって最低レベル以上の生活をおくることに挑戦する権利はある。その挑戦のもっともわかりやすい形が、働くということだ。その挑戦権は誰にだってあるし、その挑戦から人を排除することは許されない。うつ病の人、その経歴がある人だってしかり。だからこそ彼らが労働に挑戦したいというなら、その門戸は開かれていなければならない。だがそれはあくまでも自由意志に寄るものであって、プレッシャーになってはいけない。最低限度の生活でいいですよと割り切る選択肢だってあってしかるべきだし、そういう選択をする人間を貶したり劣等感をもたせる必要もない。
 そういう意味では、自分が「壊れた」部品であるという自覚すら、よくないかもしれない。自分という部品の大きさが、日本の労働環境にあってなかっただけだ、こういうふうに考えたほうがまだ適切かもしれないね。

この豊かな日本社会で、働かねばならない時なんか、ない。そういう言い切りこそが、本当の意味で多様な生き方を認める社会を作る、その第一歩になると思う。



こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 多様性が無い

> 初めてコメントします。

ありがとうございます。

これまでの経緯も拝見しました。大変でしたね……お疲れ様です。

> 自分が思うのは、日本は生き方の多様性が少ないという事です。
……
> 自分の視点から言うと、ここをブレイクスルーしないと、自殺も減らないし、
> 精神疾患を患っている人も救われないですね。

そうなんです。働くことを持ち上げすぎる弊害がいろいろ出てきてるのが、今の状況といえるわけです。

多様性が無い

初めてコメントします。

私は今年の5月に無職になりました。年齢は30代後半です。
適応障害→休職を繰り返した挙句の退職でしたので、
この記事の壊れた部品の部類の人間かと思います。

自分の人生が狂い始めたのは大学受験の時、突然パニック障害に襲われ、
人格が破壊された感じになりました。それまでは精神的な病とは無縁で、
まさか自分がそのような状態になるとは思ってみませんでしたが、
それ以降はうつ病で大学を休学したり、就職に失敗したり、
仕事も続かなかったりと、壊れた状態で現在に至ります。
破壊も年齢を重ねると、社会での居場所が無くなり、
にピリオドを打ちたくなります。

自分が思うのは、日本は生き方の多様性が少ないという事です。
日本は基本的に働く事でしか生きていけないので、
精神を病んでも労働に立ち向かっていかねばならない。
なので、企業の採用側が労働者の既往歴を見抜かねばならない事態が発生してると思います。

ただこの議論になると、日本に怠け者が増えて国が衰退するとか、
国が立ち行かなくなるとか、お得意の議論が発生するので疲れます。
自分の視点から言うと、ここをブレイクスルーしないと、自殺も減らないし、
精神疾患を患っている人も救われないですね。

Re: No title

> ところでよー、オメー、今タイにいないとして、いつタイにくんのよ?
> 俺は8月末に飛行機予約したぜ。
> 次回はバンコクだけじゃなくてよ、
> 外こもり仲間が何人かいるパイに数か月滞在しようと思ってるわ。
> お前さんも気が向いたら遊びにこいよ?
> 飯や酒代くらいはおごってやるからよ?

パイに外こもり仲間といえるような人がいるのは、うらやましいです。
私の場合は新たに世界一周をしてる人みたいなのとはよく知りあうけど、それっきりというのがほとんどですからね。
いくら安宿滞在でも、もう少し長期滞在する人と仲良くなって行きたいというのは、あるかな。

> 待ち合わせ場所はパイ唯一のセブンイレブン向かいの
> モヒンガー屋台の前な。
> 屋台や少数民族の姉ちゃんと喋くってる
> イケメンがいたら俺だから遠慮せず話しかけろよな?

いければそのときはぜひ。でもパイなんてもう何年も行ってないですねー。

No title

なあ、ビンバップよお…

俺も日本に帰ってきてトラックの運ちゃんやってんけどよー…
日本ってやっぱりしんどいな。欝病発症しそうだわww
まー短期間である程度まとまった金が得られるのは
こういう超絶ハードな職しかねーんだけどな。

今のところ月30万くらいは滞在費貯めれそうなんだけど、
この前の滞在費の余り入れて、
とりあえず150万貯めたら、タイへ移動って考えてるから
次の訪タイは8月末くらいになっちまいそうだわ。
今は8月にこの国からまた束の間ながらも解放される、
ただこれを支えに頑張ってるわ。

ところでよー、オメー、今タイにいないとして、いつタイにくんのよ?
俺は8月末に飛行機予約したぜ。
次回はバンコクだけじゃなくてよ、
外こもり仲間が何人かいるパイに数か月滞在しようと思ってるわ。
お前さんも気が向いたら遊びにこいよ?
飯や酒代くらいはおごってやるからよ?

待ち合わせ場所はパイ唯一のセブンイレブン向かいの
モヒンガー屋台の前な。
屋台や少数民族の姉ちゃんと喋くってる
イケメンがいたら俺だから遠慮せず話しかけろよな?

待ってるぜ?

Re: No title

> アメリカ北東部でも一度仕事切れると次の仕事はなかなかないそうです。。ボランティアでもスーパーのキャッシャーでも学生でもなんでもいいから穴開かないようにしないと。だから”働かない”という選択したらやっぱりまずいです。でも“働けない”は別ですね。部屋から出られない、電車に飛び込みたい、アルコール切れないとかは立派に“働けない”かな。あと履歴書はねられても、子供に手がかかるのも“働けない”ですね。だから“働かない選択”ていうとすっぱい葡萄にも聞こえます。

働かないと働けないの境は、本当に近いというか、薄紙一枚ほどの違いしかないような気がしますね。
働きたくないけど「より大きなもの」のために働くしかないというような大きな夢のようなものが社会から(もちろん私からも)失われてるのも問題なのかもしれません。
ほら、よく子供がいると頑張って働けるとか言うじゃないですか。

でも、そういう人でもやはり本音は働けないという人だと、いきなり自殺しちゃって家族を路頭に迷わせたりするのかもしれませんけれども。

Re: No title

> こんばんは、記事を拝見させていただきました。
> 今回の記事も全体的に賛同できるものばかりで、読み応えがありました。

ありがとうございます。
> 世の中の流れについていけず、ハウツー本を読んだり、隅々まで相談したり、あれこれ考え込んだりしても、世の中に馴染めない欠陥品の自分がいます(悲しいですが…)。

それなりに一般論として役に立つ話だから、そういう本が売れたりセミナーが流行ったりするのでしょう。
世の中の多くの人は普通に、なんとか、働けてる。そういう人が多数派であるのは事実です。
でも、多数派に入れない人というのもそれなりにいるわけですよね。そういうところについての理解というのがもっと広まればいいのになと思います。

> これはホリエモンこと堀江貴文さんも自身の著書で、「人類は数々の技術革新を経て、ついに「働かない」で生きることが可能になりました」と書いていました。
> 私自身「その通りだ!」と胸を張って言いたいところですが、ちょっと楽観的で具体的な信憑性が少し足りないので、まだ大げさに喜べないところ。
> ホリエモンの本では上記の言葉の後にベーシックインカム(以下:BI)の説明が入るので、hin-bpさんの言葉もBIによる社会保障制度があるうえでの「働かなくていい」という結論が出たのではないかと考えています(間違っていたらスミマセン)。


私もベーシックインカムを熱烈に支持する人間の一人です。
よくこんな制度を導入したら社会が成り立たなくなるというけど、そうは思えないんですよね。
むしろ働くのに向いてない人を無理して働かせることの弊害のほうが大きくなってきてる気さえします。

> 話が変わりますが、最近hin-bpさんの考え方が『安心ひきこもりライフ』の著者である勝山実さんに近い感じがします。
> 日本にお戻りになった時、勝山さんに一度お会いしてみてはいかがでしょうか?

本は図書館で借りて拝読しました。なかなかおもしろかったけど、彼は実際に障害認定を受けることが出来てるようですね。
日本社会ではこういう「お墨付き」が得られると、良い意味で開き直れるような気がします。ですが問題なのは、そこから漏れてしまってる人だとも思ってます。
まあ、機会があればお会いしてみたいです。

Re: No title

> ここが根本的に(祈っている)貧乏BPさんと食い違うところですが、
> 社会制度を維持させるためには、
> ムダに腐らせても、
> フリーライダーに食べさせない方が、マシ、なんですよね。

マシと思うか思わないかは・・・価値観なんでしょうかね、やはり。
目の前で腹が減って苦しんでる人を見ながら美味しくご飯を食べられるかどうか、実際にやってみて食べられれば、腐らせるほうがマシと言える人なのかもしれません。

> まあ、そういう理念以上に、実際問題として、
> 余った食べ物を生活保護を受けたいような人に支給する仕組みを作るのは、
> 食料の収集から物流などの問題が大きくて、
> 困難なんですけどね。

結局は分配方法の問題なんでしょう?
日本で大量の食料が腐っていくなかアフリカでは餓死してる人がたくさんいる。日本でだって、たまに餓死者が出るニュースがある。
いざとなればあそこに行けば、申請すれば確実に食べられますよ、条件なしですよ、そんなことで死ぬことはありえませんよ……そういう社会の構築や周知の徹底は、すべきことだと思いますね。

Re: No title

> 私で言うと、元々日本の会社に合わない部品、
> でも強引に当てはめて使っていれば、じきに合ってくるかな。。。
> (昔はそういう気持ちもありましたし)
> と思いきや結果は真逆で、壊れたというか壊されたというか。。。

無理すればハマるけどやっぱりもともと合ってない部品なので、使ってるうちに壊れちゃった、みたいな感じでしょうかね。実際に機械いじりしてても無理してネジはめるとなんとかなったけど修理しようと思うと抜けなくなった、とか。

> それから色々。。。今では拾った命、人より早い老後のつもりで、
> (40才で引退のプロスポーツ選手もいれば、
>  20才で怪我して引退の人もいるわけで)
> なるべく人に迷惑かけない範囲で、好き勝手やってます。(^_^;)

たしかに生きてるだけでめっけものなんですよ。知ってる人でも20代で死んじゃった人、若くして癌になっちゃった人、いろんな人がいます。今も生きている。それ以上の幸せはないような気もしますね。

Re: 俺はとっくに壊れている

> 趣味は、盗聴、ストーカー、盗撮、SMプレイ。
>
> まともじゃないよ、でも会社勤めはなんとか20年くらいやったけど、我慢しきれず辞めた。

20年耐えぬいただけでも素晴らしいとおもいますね。私には無理でしたから。大学出る時点で、ずっと働くなど無理だと思ってましたしね。

> お金はしっかり溜めたからこれからも趣味を中心にして、社会に適合しなくても、自分の自由に、気ままに生きてゆくよ、俺は。
> その一つのステージがタイだった、だけ。

日本の場合どんな思想や趣味でも人に迷惑をかけなければOKという風潮が強いですね。日本の場合は「人に迷惑をかけてはいけない」と教えますが、インドでは「人に迷惑をかけるのが普通なんだから、迷惑をかけられたら許して上げなさい」と教えるとよく言われてますよね。
盗撮や盗聴……うーん、なんとも言えませんが(^^;)、なんにせよ今は、しっかりお金をためて気ままに生きていけるようになった。20年生き残った。それだけでも素晴らしいことだと思います。

No title

はじめまして
今回の記事に激しく賛同したのでコメントさせていただきます。多様性を認めない社会、「働け、働け」とわめいて脅してくる社会が鬱、自殺、犯罪を産んでいるのは火を見るより明らかです。

まぁ「働く」か「働かない」かのオールオアナッシングな思考にならなくても、仕事の形態だってもっと沢山あっていいしやりようはあると思うのですがなかなかそういったものは浸透しませんね。

結局この国って最後は根性論に走ることが多いんですよね。それでは問題は解決しないし思考停止に陥るだけなのに。

No title

>この豊かな日本社会で、働かねばならない時なんか、ない。

アメリカ北東部でも一度仕事切れると次の仕事はなかなかないそうです。。ボランティアでもスーパーのキャッシャーでも学生でもなんでもいいから穴開かないようにしないと。だから”働かない”という選択したらやっぱりまずいです。でも“働けない”は別ですね。部屋から出られない、電車に飛び込みたい、アルコール切れないとかは立派に“働けない”かな。あと履歴書はねられても、子供に手がかかるのも“働けない”ですね。だから“働かない選択”ていうとすっぱい葡萄にも聞こえます。

No title

こんばんは、記事を拝見させていただきました。
今回の記事も全体的に賛同できるものばかりで、読み応えがありました。

>自分が壊れた部品であることを自覚しよう
精神疾患背負っている私なんか、まさにそうです。
世の中の流れについていけず、ハウツー本を読んだり、隅々まで相談したり、あれこれ考え込んだりしても、世の中に馴染めない欠陥品の自分がいます(悲しいですが…)。
そんな自分が言うのもなんですが、↑のことはhin-bpさんの仰る通りだと思います。
皆が皆が完璧超人になれるわけではないですし、どんな集団や社会であっても落ちこぼされる人や馴染めない人は出てきてしまいます。
そうした事実を無視して、弱者バッシングが横行するのは、腹立たしさを感じます(そんなに完璧超人がいるのなら、自殺者が3万人出ません)。

>働きたくない人間は生涯働かなくても暮らしていける
これはホリエモンこと堀江貴文さんも自身の著書で、「人類は数々の技術革新を経て、ついに「働かない」で生きることが可能になりました」と書いていました。
私自身「その通りだ!」と胸を張って言いたいところですが、ちょっと楽観的で具体的な信憑性が少し足りないので、まだ大げさに喜べないところ。
ホリエモンの本では上記の言葉の後にベーシックインカム(以下:BI)の説明が入るので、hin-bpさんの言葉もBIによる社会保障制度があるうえでの「働かなくていい」という結論が出たのではないかと考えています(間違っていたらスミマセン)。

>最低限度の生活でいいですよと割り切る選択肢だってあってしかるべきだし、そういう選択をする人間を貶したり劣等感をもたせる必要もない。
これはあくまで私の経験談ではありますが、結局周りの人間を一喝して働かせようする輩に限って、自分の利権を享受・牛耳っているような感じがします。
「この極悪人が!」とは言いませんが、他者の利権は認めないくせに自分の利権はちゃっかり牛耳る、というのはそれこそ社会問題をよりこじらせる元凶以外の何物でもない。
まずは相手のやること・考えも認めないと、話になりません。


話が変わりますが、最近hin-bpさんの考え方が『安心ひきこもりライフ』の著者である勝山実さんに近い感じがします。
日本にお戻りになった時、勝山さんに一度お会いしてみてはいかがでしょうか?
私も一度お会いしていて、彼は現在和歌山県で「ひきこもり村」という共同体システムを考案中です。
一緒にお手伝いしたり、語り合ったりするだけでも、今後の参考になる物事が出てくるかもしれません。
私も機会があれば、また勝山さんにお会いしたいと考えています。

No title

>>それが本当にいいことなのかどうかよくよく考えることは必要だと思います。

ここが根本的に(祈っている)貧乏BPさんと食い違うところですが、
社会制度を維持させるためには、
ムダに腐らせても、
フリーライダーに食べさせない方が、マシ、なんですよね。


まあ、そういう理念以上に、実際問題として、
余った食べ物を生活保護を受けたいような人に支給する仕組みを作るのは、
食料の収集から物流などの問題が大きくて、
困難なんですけどね。
そういう活動をされている方も既にいらっしゃいますが、
なかなか・・・・・・。


No title

壊れた部品ですか。。。

私で言うと、元々日本の会社に合わない部品、
でも強引に当てはめて使っていれば、じきに合ってくるかな。。。
(昔はそういう気持ちもありましたし)
と思いきや結果は真逆で、壊れたというか壊されたというか。。。

それから色々。。。今では拾った命、人より早い老後のつもりで、
(40才で引退のプロスポーツ選手もいれば、
 20才で怪我して引退の人もいるわけで)
なるべく人に迷惑かけない範囲で、好き勝手やってます。(^_^;)

俺はとっくに壊れている

>>自分が壊れた部品であることを自覚しよう

趣味は、盗聴、ストーカー、盗撮、SMプレイ。

まともじゃないよ、でも会社勤めはなんとか20年くらいやったけど、我慢しきれず辞めた。
お金はしっかり溜めたからこれからも趣味を中心にして、社会に適合しなくても、自分の自由に、気ままに生きてゆくよ、俺は。
その一つのステージがタイだった、だけ。

Re: No title

> フリーライダーが極々少数派にとどまり、
> なおかつ、ライディングされる多数の人々が、
> (食料やエネルギー、モノなどを生産したり、
> サービスを提供する人々)
> フリーライダーの存在を許容するのであれば、
> 成立するでしょう。
>
> しかし、実際にはどうか?
> そこまで人間は他人に寛容になれるだろうか?
> 貧BPさんがそうなって欲しいと願うのは分かりますが、
> 虫が良いと言わざるを得ないですね。

フリーライダーの存在を許容するか否か、そこが大事だというのは同意です。
しかし現状は、フリーライダーを許すぐらいなら無駄に腐らせ、あえて与えず処分したほうがいいという「感情論」が先走ってるように思うんですよね。
それが本当にいいことなのかどうかよくよく考えることは必要だと思います。

> 他人に依拠する生き方は非常に脆弱であり、
> 相当の幸運がない限り、
> 長続きはさせられないでしょう。
> 祈るのもまた自由ですが。
> ( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

日本全土が激甚災害に見まわれ、もしくは全世界が天変地異や戦争で豊かさを失ったら、そりゃまあ、福祉に頼る人は死ぬしか無いでしょうね。
でもその場合は、先程の例で言えば余ってるものを無駄に腐らせているわけでない。そもそも分け与える物自体が本当に存在しないわけです。それはもう仕方ないと諦めて潔く餓死するしか無いでしょう。

Re: No title

> なんか今回の記事に対する、世間一般の典型的な反論、そして私自身の懸念は、「皆が、あるいは今より圧倒的多数が生活保護を希望したら、そのお金はどこから賄うの?」という疑問でしょう。

これは極めてよく出てくる反論なんですが、よくよく考えていただきたいんですよ。

希望すれば誰でも生活保護がもらえると仮定します。ただしその場合、パートやアルバイト含め、働くことはできません。働いたらその分支給額が減ります。今の制度と同じですね。
貯金もできません。
月に一回は「働く気にはなかなかなりませんか?」などと言われます。
海外旅行も行けませんし、国内旅行だって事前申請が必要です。

おそらく殆どの人は、保護をもらうことを選ばないでしょう。自由が制限されるというのは想像する以上に苦しいものです。それに、最低限度の生活でいいと言い切れる人は、そう多くないでしょう。未来は今より豊かな生活を送りたい、そういう希望を持ち続けたい人というのは思ったより多いと思います。
現実問題、いろいろ普段から言ってるこの私自身が、未だに生活保護をもらう生き方を選択していないという事実があります。

> 追い込まれた個人は社会全体の存続に心配を及ぼす必要は無い。とにかく自分がしんどいなら、率直にしんどいと言おう。という事かとは思いますが、実際社会全体のことを考えたら多分成り立たないんだろうなと思います。

したがって、私は成り立つと考えています。

Re: No title

> こんにちは
> 拝読させていただきました。

ありがとうございます。

> 日本では働くか、働かないは個人の自由だと思います。国民の三大義務として「勤労」が含まれていますが、これは法的義務ではないらしく、働かないことによって日本における生存権が剥奪されることはありません。生活保護だってもらえます。なので「働く」ことは各個人の自由選択にまかせられてしかるべきであり、誰からも強制できることではないと思われます。

憲法の義務というのは権力を持つ側に対して課せられるものだという考え方があり、私もそれを支持しています。
よく勤労の義務という場合、これがまるで国民に対してかせられるものであるかのように言う人がいますが、これは勤労を希望する国民に対し勤労を提供する義務と言ってしまって良いと思ってるんですよ。つまり、勤労を希望する国民とは生活保護レベルよりも豊かな生活を希望する国民である。最低限度で良いという国民には生活保護を与え、それ以上を希望する国民には勤労の機会を提供する。これが国の義務だと考えます。

>人によってはどう受け止められるかわかりませんが、基本の考えとしてはまわりに迷惑をかけなければ何をしてもいいと思っています。

この「まわりに迷惑をかけなければ」という発想については当ブログでも何度か取り上げたかと思いますが、よくよくお考えいただきたく思います。
たとえば、勤労の義務を国民に課せられたものと考える人は、生活保護をもらう事自体が周りに迷惑をかける行為(税金の無駄遣い)と考えてしまうものです。迷惑とは何か、そもそも他人に迷惑をかけないということが可能なのか・・・私は余裕のないものが余裕のあるものに迷惑をかけるのは仕方のない事だと思っています。

No title

なかなか興味深い意見です。

フリーライダーが極々少数派にとどまり、
なおかつ、ライディングされる多数の人々が、
(食料やエネルギー、モノなどを生産したり、
サービスを提供する人々)
フリーライダーの存在を許容するのであれば、
成立するでしょう。

しかし、実際にはどうか?
そこまで人間は他人に寛容になれるだろうか?
貧BPさんがそうなって欲しいと願うのは分かりますが、
虫が良いと言わざるを得ないですね。

他人に依拠する生き方は非常に脆弱であり、
相当の幸運がない限り、
長続きはさせられないでしょう。
祈るのもまた自由ですが。
( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

No title

ラディカルっすなー。

なんか今回の記事に対する、世間一般の典型的な反論、そして私自身の懸念は、「皆が、あるいは今より圧倒的多数が生活保護を希望したら、そのお金はどこから賄うの?」という疑問でしょう。

追い込まれた個人は社会全体の存続に心配を及ぼす必要は無い。とにかく自分がしんどいなら、率直にしんどいと言おう。という事かとは思いますが、実際社会全体のことを考えたら多分成り立たないんだろうなと思います。

No title

こんにちは

拝読させていただきました。

日本では働くか、働かないは個人の自由だと思います。国民の三大義務として「勤労」が含まれていますが、これは法的義務ではないらしく、働かないことによって日本における生存権が剥奪されることはありません。生活保護だってもらえます。なので「働く」ことは各個人の自由選択にまかせられてしかるべきであり、誰からも強制できることではないと思われます。人によってはどう受け止められるかわかりませんが、基本の考えとしてはまわりに迷惑をかけなければ何をしてもいいと思っています。


コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。