HOME > スポンサー広告 > 日本もいいけど、やっぱ海外、かな!HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 日本もいいけど、やっぱ海外、かな!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

日本もいいけど、やっぱ海外、かな!

 久々の日本なわけですが、やっぱり空気はきれいですねー。放射能は体感じゃわからないし(笑)。
 バックパッカーや外こもりしてるのでびっくりされるんですけど、案外と潔癖症なところがあるんですよ。たとえば海外だとどこの国でも、外出したら鼻の穴真っ黒になります。手のひらこすると垢がボロボロ出てくる。これが気になる。
 なんとも砂っぽいというか、粉っぽい。物を放置しておくと、日本では綿ぼこりのようなものが積もるけど、海外では砂ほこりがたまります。
 これの問題は、パソコンが壊れやすいこと。旅行者でもノートPCの通気口が砂埃で詰まって壊れるという話がちらほらあります。
 この砂っぽさはフィリピンだとあまり感じないから、もしかしたら大陸性気候の問題かもしれませんけどね。ほら、フィリピンも日本も島国で周りを海に囲まれてるじゃないですか。

 ネットも早いですね。成田空港のフリーwifiには感動しましたよ。ずっと更新してなかったiTunesのアプリ更新がアホみたいにどんどん消えてく。素直に感動したし、びっくりしました。

 とはいえ……毎回帰国する際に思いますが、日本の空気というのは、本当に重い。帰国がサラリーマンの通勤時とかぶると、最悪な気持ちになります。あんなに暗く、イライラした顔が詰め込まれてる列車というのはそうないですよ。またこんな暗くよどんだ社会に戻らねばならないのかと思うだけで、絶望的な気持ちになります。(今回戻ることになるかは、まだわからないですけど)
 今回はかぶらなかったんでホッとして席に座ってたら、目の前の7人がけの席に「白ワイシャツ、グレーのズボン」がずらっと並んでて、一瞬目を疑いました。クールビズの時期なので上着は着てないけど、相変わらずの没個性ぶり。
 言っちゃ悪いんですけど、労働者がこんなに通り一辺倒無個性スタイルの国は、日本だけです。

【JAL】 25年前と今の入社式が全く違うと話題に! ネットユーザー「日本は個性を失いつつあるのか」
jal2.jpg

 この記事が、自分が感じる違和感をとてもよく表しています。

 海外では銀行員や公務員と言っても、皆が同じような格好をしてることなどありません。先進国のオーストラリアもしかりです(ヨーロッパ、特にイギリスは別かもしれませんね……行ったことがないのでなんとも言えませんが)。皆が同じ格好をしてるのは制服を着用してる警官などだけです。駅員ですらみんな違ってたりするのはザラ。
 それに引き換えなんでしょうこの日本の没個性ぶり。記事にあるように昔は今よりはるかに個性的だったみたいです。いったいこの国に何が起きたのか……不思議になってきます。
 外こもりという立場であっても海外にいると心が賑やかになるのは、海外の勢い、元気さ、多様な個性や生き方が認められると感じられるところにあるんですよね。ただ生活してるだけ、スーパーに買物に行くだけなのに、なんとなく日本に居るより開放感があるというか、気楽に感じられる。
 同じくロケットニュースのネタですが、こんな話も。

【衝撃】下校中の女子生徒に「駅はどちらですか」と声かけただけで通報 / ネットの声「道を歩いているだけで逮捕される時代がくるかも」

 これだけで不審者扱いされちゃったという話。こんな国、日本だけだと思いますよ。実際、日本は平日昼間に大人の男性がうろうろしてると、いぶかるような視線をぶつけられます。でも海外だとこんなの、普通ですからね。いつでも何やってんのかよくわからない人がその辺をうろうろしてる(笑)。
 こういう圧迫感が嫌だという理由で海外にロングステイしてるアーリーリタイア男性もそれなりにいることでしょう。

 たまに「同じ予算でいられるなら日本を選びますか? やはり海外ですか?」と聞かれるのですが、海外にいるのは予算だけの問題じゃないのだなと思います。通勤電車、入社式、平日昼間……いろんなところでこの国には「息苦しさ」を感じさせるものが蔓延してる。日本は確かに空気も綺麗だしネットも早いし、御飯も美味しいしサービスも世界トップクラスです。だけど、それを支える社会はなんとも息苦しい。
 バックパッカー、外こもり、頻繁に海外旅行に行ってしまう……なんでもいいけど、何かしら海外に惹かれる人というのは、普通に日本で暮らせてる人より、そういうのに敏感なのかもしれません。

 日本もいいけどやっぱり海外だよなぁと、帰国からそんなにたってないのに思ってしまうのでした。




 おまけ(笑)

 月曜の朝を「絶望の朝」と呼ぶ言い方があります。土日の休みが終わりまた一週間働かねばならない、そのあまりの絶望感を表わした言い方ですね。こんな言い方がある事自体、日本で働くことに絶望感を感じてる人が多いんだなあと思わされます。

 ところが先日、AKB48の姉妹グループ、HKT48のデビューシングル「スキ!スキ!スキップ!」を聞く機会があって、なんというか愕然としましたね。総選挙で指原1位というのでネットが騒がれてて、なんだろうと調べてたら偶然出会ったんですけど。

http://www.uta-net.com/movie/143893/

「月曜の朝、早く出かけたくて時間前に家を出ちゃう。満員電車で足を踏まれても笑って許しちゃう」という、恋をすると人はなんでも楽しくなっちゃうというような歌詞なんですけどね(笑)
 満員電車の中で絶望的に疲れきった顔をしてる大人たちとはまったく別ですよ。自分にも若いころ、こんな感覚があった……かな(^^;
 若いっていいなぁと思うけど、働き出したらそれが絶望の朝に変わってしまうというのは、なんとも悲しい話です。働くというのはいろいろと責任を負うことだ、楽しいだけじゃないということかもしれないけど、こういう待ち望むような楽しさが日本の労働にもう少しあれば、絶望の朝なんて言葉は出てこないんじゃないかなと思うのです。

 外こもり……海外体験というのは、ある意味、そういう元気というか、昔感じた、早く出かけたくなるような空気に触れられるものなんですよ。日本を出国するときは、スキップしたくなるんです(笑)


こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> こんばんは、CHAGEAS-FANです。
> 遅れながら、hin-bpさん日本に御帰りになられていたんですね。
> 他の方も仰っていましたが、機会があればhin-bpさんにぜひお会いしたいです。

ありがたいことにいくつかお声をいただいてますので、何か企画しましょうかね。検討します。

> こうした社会風潮は、共産主義や社会主義のような不気味で恐ろしいものだとつくづく感じます。
> いつかは記事にまとめたいと考えていますが、日本人の世間体や社会的な常識に対する押し付けや、個人の自由を縮小する偏見が、人々を不幸にしてしまう要因にはなっていますよ。

自由が拡大して行ってるかというと、むしろ逆であって、縮小して行ってるのではないかと思うことがよくあります。物質的には豊かになる一方ですけどね。

> 日本自体、まだまだ全体(集団)主義が根強いところありますから、海外の寛容さは本当にうらやましい。
> 個人(少数派)に対する寛容度が高いところは幸福度が高いという調査結果もあるくらですから、日本いずれそうなる日が来てほしいところ。

ただ、これは予感のようなものなのですが、途上国も物質的豊かさが高まっていくに従い、自由度が狭まっていく傾向というのがもしかしたらあるかもしれません。なんとなくで、ちゃんとは説明できないんですが……。

No title

こんばんは、CHAGEAS-FANです。
遅れながら、hin-bpさん日本に御帰りになられていたんですね。
他の方も仰っていましたが、機会があればhin-bpさんにぜひお会いしたいです。

>【JAL】 25年前と今の入社式が全く違うと話題に!
これは経済作家の橘玲さんも取り上げていましたね。
こうした社会風潮は、共産主義や社会主義のような不気味で恐ろしいものだとつくづく感じます。
いつかは記事にまとめたいと考えていますが、日本人の世間体や社会的な常識に対する押し付けや、個人の自由を縮小する偏見が、人々を不幸にしてしまう要因にはなっていますよ。
社会は豊かになっても、肝心の個人にその豊かさがいき届いていない。
あまり「敵」という概念を言うのは好まないのですが、こうした社会の恩恵を享受し、そのツケを他人(特に社会的弱者)に押し付ける強欲な輩もいるのも事実です。

>海外の勢い、元気さ、多様な個性や生き方が認められると感じられる
日本自体、まだまだ全体(集団)主義が根強いところありますから、海外の寛容さは本当にうらやましい。
個人(少数派)に対する寛容度が高いところは幸福度が高いという調査結果もあるくらですから、日本いずれそうなる日が来てほしいところ。

No title

>芦屋川@予備役

>その日本女性の明るさというのが、結婚を諦め出産を諦め、それでい>て出世も仕事での自己実現も諦めてるという異様な状態だと気づいて>ください。

ん?こいつバカ?何が言いたいんだ?議論ができねー奴だなこいつww

Re: No title

> 性差問題、概ねスレの流れに同意しますが、ことBP旅行に関しては女性は大変だと思います。トイレ然り、セクハラ然り。
> 今まで出会った旅人で、この人すごいなと思ったのは、皆女性でした。

たしかにそう思います。

> ところで、あと100万ほどあるのなら、アクティブな旅をしたらどうでしょう?
> 細く長くで旅行が楽なアジアをだらだらというのでは、あまりにぬるすぎます。

ぬるくていいです・・・

> ブラックアフリカに行ったことはありますか?南米をやったことはあり
> ますか?
> アジアしか旅行できない若い旅行者を何人も見てきたので、その年
> まで、現役BPでいた人には、痺れるような旅をもっと体験して欲しい
> です。
> あとはまあ、パッと散っても致し方ないかなと思います。

それは昨年、200万円を計画的に使いきり自殺した(とされる)無への道程氏の生き方のようなものになると思います。
私はパッと散りたくないんです。生きることに執着してますね。

今のお金に純粋にプラス100万円ほどあれば、中南米には行ってみたいです。
ブラックアフリカは興味がわかないなあ。

No title

性差問題、概ねスレの流れに同意しますが、ことBP旅行に関して
は女性は大変だと思います。トイレ然り、セクハラ然り。
今まで出会った旅人で、この人すごいなと思ったのは、皆女性でし
た。

ところで、あと100万ほどあるのなら、アクティブな旅をしたらどうで
しょう?
細く長くで旅行が楽なアジアをだらだらというのでは、あまりにぬる
すぎます。

ブラックアフリカに行ったことはありますか?南米をやったことはあり
ますか?
アジアしか旅行できない若い旅行者を何人も見てきたので、その年
まで、現役BPでいた人には、痺れるような旅をもっと体験して欲しい
です。
あとはまあ、パッと散っても致し方ないかなと思います。

Re: 共産党躍進!

> 日本に帰ってたんですね。
> 都議会選で共産党が野党第一党になりましたね。東京も捨てたもんじゃないですね。

低投票率による結果論ですから、あまり喜べたものでもないんですけどねぇ。
まあ、この結果自体は素直に嬉しく思いますが、やはり前回の都知事選で猪瀬ではなく、人権派弁護士である宇都宮先生が勝てていればと、思ってしまいます。

Re: No title

> 男は結婚で社会的地位を上昇させるなんて技ほとんど使えないし、本当に自分のような気力も能力もない人間は女の人生の方が向いていると思います。言うまでもないけど、これは女を批判してるわけではなくて、女のようなお気楽人生を男に許さない社会を批判しているので、お間違いないよう。有能な女性も同様に気の毒だと思っています、本当に。

日本は「仕事に生きたい男性」「平凡な日々で良い女性」にとっては良い国かもしれません。でもこれを逆にするとどちらも辛くなってしまうんですよね。
性差別の問題というのはこういうところにも隠れていて、性別によらずにどちらの生き方も選べるようにするのが、どちらにとってもいいことだと思うんです。

Re: No title

> 違和感を感じるな。
> まるで世界中の不幸をすべて引き受けているみたいな。

結果として開き直れてしまえば、どんな立場でも幸せになれるかもしれません。自意識としては。
でもそれがなかなか難しいんですけどね……

Re: No title

> 残念だが当然。東アジアのジャップらしい最期といえる

ん?イマイチ意味が読み取れません……日本人が悲惨なのは当然ということですか?

Re: No title

> その日本女性の明るさというのが、結婚を諦め出産を諦め、それでいて出世も仕事での自己実現も諦めてるという異様な状態だと気づいてください。

男性の場合子供をもつことも出世も仕事もあきらめても、明るくはなかなかなれませんよ。
そういう意味でもまだ、女性のほうがマシという気はどうしてもしてしまいます。

Re: No title

> 日本は今は総じて女性にやさしい社会なので女性はみな明るく生き生きしてますよ。月曜の朝でも(苦笑)暗いのは男のサラリーマンです。日本では仕事で悩んで自殺とかリストラとか社内の同僚や上司からの陰湿なイジメや暴力にあうのはほとんど男の話が多く女性がそういう事件ほとんど聞かないでしょう。

ちょうどこの前2ちゃんねるで紹介した記事なのですが、こんなものがあります。

「女性はなぜ男性より長生きするのか」
http://www.miyake-clinic.gr.jp/senmon/senmon81.htm

* わが国の平均寿命の男女差は7歳で、世界の中では性差が大きいです
* わが国の男性が三大死因(ガン、心疾患、脳血管疾患)で亡くなる率が高いことが影響していると考えられています
* それはわが国では「男は社会で働くものだ」と教え込まれ社会で働くことで、過労、ストレス、食生活の乱れでの生活習慣病に罹りやすいと考えられています
* 女性の社会進出が進んでいる北欧諸国では、女性の平均寿命の伸びが鈍化し、男性の平均寿命が伸びて、男女差が縮まってきていることも逆の証明にもなっています

やっぱり働くのは健康に悪いんじゃんと、素直に思いました。

共産党躍進!

日本に帰ってたんですね。
都議会選で共産党が野党第一党になりましたね。東京も捨てたもんじゃないですね。

No title

芦屋川@予備役さんは何を言いたいのかよく分からないが、周回遅れのフェミニストっぽさみたいなものも感じる。
「出世や仕事での自己実現」なんてここに来ている人は興味ないのでは?そりゃ、仕事をつきつめたいのだったら、女だと損なことも多いでしょう。でも、仕事なんかしたくない、毎日気楽に生きていきたいんだったら、女の方が恵まれてるよね、って話にそんなツッコミされても困るというのが正直なところでは?
男は結婚で社会的地位を上昇させるなんて技ほとんど使えないし、本当に自分のような気力も能力もない人間は女の人生の方が向いていると思います。言うまでもないけど、これは女を批判してるわけではなくて、女のようなお気楽人生を男に許さない社会を批判しているので、お間違いないよう。有能な女性も同様に気の毒だと思っています、本当に。

No title

> その日本女性の明るさというのが、結婚を諦め出産を諦め、
> それでいて出世も仕事での自己実現も諦めてるという
> 異様な状態だと気づいてください。

違和感を感じるな。
まるで世界中の不幸をすべて引き受けているみたいな。

No title

残念だが当然。東アジアのジャップらしい最期といえる

No title

>>まさとさん

その日本女性の明るさというのが、結婚を諦め出産を諦め、それでいて出世も仕事での自己実現も諦めてるという異様な状態だと気づいてください。

No title

日本は今は総じて女性にやさしい社会なので女性はみな明るく生き生きしてますよ。月曜の朝でも(苦笑)暗いのは男のサラリーマンです。日本では仕事で悩んで自殺とかリストラとか社内の同僚や上司からの陰湿なイジメや暴力にあうのはほとんど男の話が多く女性がそういう事件ほとんど聞かないでしょう。日本はそういう社会だから貧BPさんみたいなかたも女性として生まれてきたら日本でも快適になれるような気がします。

Re: No title

> 永遠に自分のお金で外こもりしてください。

永遠にお金が続くなら、そうしてます。1000万円貯まればおそらく出来たんですけどね。
福祉に頼らざるをえない可能性が高いまま外こもりに入ってしまったことを、無念に思います。
これは正直な気持ちですよ。

Re: タイトルなし

> 貧bpさんの外こもりで
> 気になるのは、タイに滞在中
> なのに、楽しい日常が伝わって
> こないのは、なんでなんですか?
> タイの外こもりって楽しくないの
> ですか?

これは、私の外こもりが「楽しむこと」ではなく「ストレスレス」に重点を置いているからなんですよ。
お金がもっとあれば楽しむという方も充実させられたかもしれませんけど、「外こもりのススメ」の安田さんのように飲み歩きが好きなわけでもありませんしね。

> あとソンクラーンの時は、
> どうしてました?

タイにいませんでした。

Re: No title

> いやー、この男性差別、むかつきますね。問題をはらんだ言い方を承知で言うと、貧bpさんは女だったらもっと生きやすかったんじゃないんでしょうか。仕事もテキトー、海外をぶらぶら、日本の昼間にぶらぶらなんて生き方していても何とも思われない。女サイコー!
> 仕事をバリバリやりたい人にはマイナスだろうけど、自分のようなやる気がなくダラダラしたいだけの人間は女だったら、どれだけ生きやすいのかと思います。

100%同意です。というか、本気で、女性に生まれたかったと思ってるんですよ。
来世があるなら、今の時代の日本に女性として生まれたいですね。

No title

>>外こもりという立場であっても海外にいると心が賑やかになるのは、海外の勢い、元気さ、多様な個性や生き方が認められると感じられるところにあるんですよね。

そんなに海外がいいなら日本に帰ってこなければいいでしょう。
少なくともお金がなくなったら帰ってきて生活保護に甘えようとする姿勢が腹立たしい。

永遠に自分のお金で外こもりしてください。

貧bpさんの外こもりで
気になるのは、タイに滞在中
なのに、楽しい日常が伝わって
こないのは、なんでなんですか?
タイの外こもりって楽しくないの
ですか?

あとソンクラーンの時は、
どうしてました?

No title

>実際、日本は平日昼間に大人の男性がうろうろしてると、いぶかるような>視線をぶつけられます。

いやー、この男性差別、むかつきますね。問題をはらんだ言い方を承知で言うと、貧bpさんは女だったらもっと生きやすかったんじゃないんでしょうか。仕事もテキトー、海外をぶらぶら、日本の昼間にぶらぶらなんて生き方していても何とも思われない。女サイコー!
仕事をバリバリやりたい人にはマイナスだろうけど、自分のようなやる気がなくダラダラしたいだけの人間は女だったら、どれだけ生きやすいのかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。