HOME > スポンサー広告 > コレは必読!『職業治験』HOME > 本の感想 > コレは必読!『職業治験』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コレは必読!『職業治験』

 2ちゃんねるに「先日治験に行ってきた」という話を書きました。治験ってのは、新薬を作るために必要な臨床薬理実験のことで、徹底的に動物実験をやったら次は、健康な人(自分みたいな一般人)を対象にして試してみます。そのあとに実際にその病気にかかってる人に対し投与する治験を行い、最終的には販売を目指すわけです。
 実は10年以上昔に一度だけやったことがあったので、今回は本当に久しぶりになります。

 やってみて思ったけど……治験、いいね。
 ただ薬飲んで血を抜かれるだけで、あとはネットやろうが読書しようが自由。昼寝もし放題。家でやってることとほとんど変わらないのにそれで1日2万円近くもらえる。改めて私みたいな怠け者には素晴らしい制度だなと実感しました。
 もっと早く思い出して、仕事辞めたとか旅に出る前とか、そういう節目節目にやっておけばよかったと後悔しました。一度治験に参加すると4ヶ月は休薬期間を開けないといけないので、次々に参加するという訳にはいかないからです。

 そんな久しぶりの治験が終わった後、ネットで『職業治験』というそのものズバリの本が出てることを知り、読んでみました。

 本当に面白い! これは断然、お勧めです!

 治験というものがどういうものなのかが、なかなか専門的なところまでわかりやすく解説されています。治験の案件の探し方、応募の仕方、実際にどういうことをするのかまで、完全網羅。
 それだけなら、まあ普通の治験ガイドになってしまうところですが、当ブログ的にとてもおもしろかったのは、筆者がマジで働くのが嫌で嫌で仕方のない人ということ。

 私は、七年以上治験一本で喰っているプロ治験者だ。
 勤労経験(社会人経験) は二ヶ月。莫大な労力と精神力を使い就職した一部上場の会社を、「ほんの些艦なこと」(残業についてのいざこざ) が原因で、「イラツ」と来て、その場でコンビニに直行し、便筆と筆ペンを買い求め、外のベンチで退職屈を書きなぐり、それを上司に叩きつけ、かつ、唾を吐きかけ、会社を飛び出して以来、アルバイトずらしたことがない。
 それ以来、好きなことだけをして生きている。好きな本を好きなだけ読み、ネットゲームを朝から晩までやりつぶし、好きなだけ寝る。同年代の若者が、額に汗して働いている昼間、私は起き、早速ビールを飲み、かつ、好きな物をたらふく食べる。
 私が治験で稼ぐ年収は約百六十万円。生活保護の支給額に、少し毛が生えた程度だ。
 生活保護の支給金額は、居住する地域や家族構成によって異なるが、大阪府の西成区の単身者で十二万五千円であるから、年間約百五十万円ほど。
 ただ、私の場合は、十分に働ける五体満足の体であり、どこにも異常はない。ただ「働きたくない」がために、治験という職業を選んだのだ。
 年間労働日数ゼロ。好きなことを好きなだけできる自由があり、これだけのお金が貰える。(p.16)

 とても共感できる内容、動機、生活スタイル。しかもこの著者、治験の合間にバックパッカーをやってるらしいことも書かれていました。
 以前からイギリスでの治験は世界一周組などが途中でお金を稼ぐ手段として有名ではありましたが、旅先で会った人の中で、日本で恒常的に治験に参加することを中心とする人には会ったことはありませんでした。だけど実は、いたのかもしれないですね。

 著者はまだ20代のようだけど、治験だけで7年かけて稼いだ金額は1000万円。トータル入院日数365日。採血回数900回。これだけ稼ぐには冒頭に書いた「休薬期間4ヶ月」を順守してると無理なので、各病院を渡り歩く生活。
 これはスゴイとうならざるをえませんでした。
 たしかに治験は最高です。この前やってきて、その思いを新たにしました。だけどそう頻繁にするのはなぁ……筆者の腕は採血痕だらけで、警官に麻薬中毒と勘違いされるぐらいだそうです。そこまでして働きたくないという気持ちはよくわかるけど、真似はなかなか出来るものじゃないでしょうね。

 働きたくない、それでもなんとか金を稼ぐ手段はないものか、そういう私みたいな怠け者には、参考になるのは間違いないと思います。外こもりやバックパッカーでも、年一回参加する程度なら、そう負担ではないでしょう。数泊で数万円、運良く月単位で入れる案件にならば、数十万円ほど稼ぐこともできます。
 文体もとても軽妙で読みやすく、本当に一気に読んでしまいました。こういう文体が書ければいいのになぁと思ったり(笑)

 最後のほうで筆者は、社会復帰を考え始めます。ちゃんと働かないとダメだよな、将来どうしよう……。だけどどうしても今の生活を止めることができない。そんな葛藤も、とても共感出来ました。

 ともかく、当ブログを見てるような皆さんには、熱烈にオススメします!

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々
八雲 星次
幻冬舎
売り上げランキング: 20,848

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

> 父親の影響ですか。。。私自身も、父親の悪い所だけを受けついだので、それは若干理解できます。。。ただ、貧BPさんの場合、やはりお母様が貧BPさんに甘いのが一番の原因ではないかと、、。

これはそのとおりだと思いますよ。一人っ子というのも大きいでしょうね。

No title

>むしろ父親の影響が強いのかもしれません。学生の頃、借金を抱えて離婚することになった父で当時は軽蔑してたけど、結局似たようなふがいない人生を送ってるのだから、五十歩百歩なのだなと最近は思うようになりました。

父親の影響ですか。。。私自身も、父親の悪い所だけを受けついだので、それは若干理解できます。。。ただ、貧BPさんの場合、やはりお母様が貧BPさんに甘いのが一番の原因ではないかと、、。「出てけ!」と追い出されたりはしないでしょう?内心は「自立してほしい、安定した仕事してほしい」と思ってても、結局は貧BPさんの面倒見ちゃうでしょう?ご飯だって作ってくれるんでしょう?「100万やるから、この金でまずアパートでも借りて、どんな職でもいいから働いて自立しろ」なんて追い出されないでしょう?勝手な自分の見解ですが、引きこもり、ニートの親は、たいがいこのパターンです。。。。余計な事長々書いてすみません(;´・Д・)スマソォ・・・・。まあ、私もこのブログをしょっちゅう見に来ている時点で、あまりたいしたことない人間なのですが( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

Re: 生前贈与

> いや、孫に生前贈与は可能ですよ。

生前贈与は可能だとは思いますけど、贈与してもらえる義理はないというのが実際のところではないかと思います。
私が実際に生活保護を申請したとかなれば資産調査の連絡も入るでしょうけど。

Re: No title

> ブログ、2ちゃんねる詳しく見させて頂いて、貧BPは、働くことが本当に嫌で嫌で仕方がないことが分かりました。そりゃ、カンボジアで起業なんてするはずないかwww。とんちんかんなこと書いてすみませんでした。

いえいえ。
よく「働かずに生きるには」なんて言い方をしたりそういうタイトルの本を見かけたりするけど、実はどれもこれも「雇われずに生きるには」でしかなく、自給自足や自営を勧めるものがほとんどです。
自営だって働くことには変わらないのに、なぜかそうは思わないみたいなんですよ。
それが一般的な価値観なので、自営ならどうかと言いたくなる気持ちはわかります。

>まあ、資産家の家にでも生まれない限りは、働くのが嫌でも、やってられないと思っても、だましだまし、自分と折り合いつけながら、生活のため、やむなく働くというのが、普通だと思いますが。。。こういう普通がいやなんでしょうね、貧BPさんは。結局のところ、貧BPさんのお母様が、貧BPさんをこのような状態、考え方にしてしまったんですね。

そう言ってしまっては身もふたもありませんがね。
むしろ父親の影響が強いのかもしれません。学生の頃、借金を抱えて離婚することになった父で当時は軽蔑してたけど、結局似たようなふがいない人生を送ってるのだから、五十歩百歩なのだなと最近は思うようになりました。

生前贈与

いや、孫に生前贈与は可能ですよ。

不確かですが、2親等までは扶養義務があるとか。
どんだけ~って感じですが。

この制度で毎年110万までは無税で贈与できます。

使用具体例としては、恐らく孫の入学資金を出すとかかな。

一般的には未成年の孫に対する支援なんでしょうけど
生前贈与であれば成年の孫でも充分ありかと。

No title

ブログ、2ちゃんねる詳しく見させて頂いて、貧BPは、働くことが本当に嫌で嫌で仕方がないことが分かりました。そりゃ、カンボジアで起業なんてするはずないかwww。とんちんかんなこと書いてすみませんでした。まあ、資産家の家にでも生まれない限りは、働くのが嫌でも、やってられないと思っても、だましだまし、自分と折り合いつけながら、生活のため、やむなく働くというのが、普通だと思いますが。。。こういう普通がいやなんでしょうね、貧BPさんは。結局のところ、貧BPさんのお母様が、貧BPさんをこのような状態、考え方にしてしまったんですね。

No title

貧BPさん、いっそうのこと、アジアで起業してみたらどうですか?カンボジアだと50万くらいで、店を開店できるらしいですよ。
何なら俺が、そのうち5万くらいだしてもいいよ!

Re: 本当に面白い! これは断然、お勧めです!

> このブログ、おもしろいですよ、6千円だけ持って外国に行って、ギターで歌いながら稼ぎながら、世界を回っている若者、ホームページを見ると、日本でもそうやって数年過したみたいだ。
> h ttp://ameblo.jp/bachiatarimon/  ブログ 過去から読むといい

こういう方は何名かいらっしゃいますね。所持金160円で旅立ってエベレストも登頂し、まだ旅中の方もいらっしゃいますし。

http://www.geocities.jp/keinoryokouki/

外こもりなんかヤル気になればだれでも出来るかもしれないけど、こういうスタイルの旅は余人には真似できるものではないです。

Re: 生前贈与

> という制度があるようです。
> 年間110万まで無税。
> たぶんイヤなんでしょうけど
> 諸事情を話してお願いするというのも手では。

相続権はあくまでも父にありますんで、どうしようもないんですよ。祖父もまだ生きてますから父はまだ1円も相続してない……はずです。実は生前贈与されてるかもしれないけど、そうだとしてもとっくに使っちゃってて残ってないでしょう。

Re: No title

> 今は何をしてるんですか?
> また金貯めてアジアですか?

ちょっといろいろと考え中です。
たまに日雇いのバイトをやってたりもしますが、とてもお金が貯まるような状態ではないですね。
実家でなければとっくに餓死です。

Re: タイトルなし

> 無職だめ板で貧BPさんのスレ見ますが、バッシングされてますよね。
>
> 凹んでませんか?

凹みますよ、もちろん。
でも、そんなこと気にしても仕方ないですからね。
バッシングというのは誰も彼もに叩かれる状況なら厳しいですが、温かいブログ読者の方などの存在のおかげで何とかなってる面もあります。
ありがたいです、本当に。

Re: No title

> しかし、相続税対策としても、
> ごく普通に行なわれていることでもありますし、
> 渡り治験なんかをやるよりはと思って、
> お勧めしてみました。
> まあ、そういうことが言える間柄でなければ厳しいかな?
> 残念。

そう、問題はとてもじゃないがそういう間柄ではありませんし、父には兄弟もいますから、孫に先に相続させるなんて話が通るわけもありません。

本当に面白い! これは断然、お勧めです!

このブログ、おもしろいですよ、6千円だけ持って外国に行って、ギターで歌いながら稼ぎながら、世界を回っている若者、ホームページを見ると、日本でもそうやって数年過したみたいだ。
h ttp://ameblo.jp/bachiatarimon/  ブログ 過去から読むといい

h ttp://www.nexyzbb.ne.jp/~naokane/profile.html

ユーチューブみると確かに歌はうまいと思う

生前贈与

という制度があるようです。
年間110万まで無税。

たぶんイヤなんでしょうけど
諸事情を話してお願いするというのも手では。

人類は前の世代からの遺産を受けてきた。

我々は過去の世代の負債を負わされそうですが。

No title

今は何をしてるんですか?
また金貯めてアジアですか?

無職だめ板で貧BPさんのスレ見ますが、バッシングされてますよね。

凹んでませんか?

No title

>>父親はちゃんと生きてますし、
>>相続権者は明らかに父です。

確かにオヤジさんが生きている以上、
代襲相続にはなりませんからねえ・・・・・・。

しかし、相続税対策としても、
ごく普通に行なわれていることでもありますし、
渡り治験なんかをやるよりはと思って、
お勧めしてみました。
まあ、そういうことが言える間柄でなければ厳しいかな?
残念。

Re: No title

> 休薬期間守ってないのは 
> 検査組織にバレバレ(治験履歴データ共有してる)で
> そういうことやりまくるととブラックリストに載ってはじかれるよ

そのあたりも書かれたました。
なんでも、治験連絡会みたいなところに入ってないところを挟んで参加するそうですよ。
休薬期間の取り決めは法律でもなんでもないですから。

もちろん、自分の健康のためには止めたほうがいいのは、言うまでもないです。
この筆者ほど稼ぐ「プロ治験」はそんなことを言ってられない、働かない以上リスクを負うしか無いと書かれてました。

Re: 年間労働日数ゼロ

> もしそうなら職業はないんじゃあ?
> まあ矛盾しているところが面白いのかもしれません。

厳密にはそのとおりですけどw

Re: No title

> 大学側ではそういう状況をかなり問題視してたみたいで、「未来のある学生たちが、楽な高額バイトだ言って治験をしているようですが、治験を受けないようにして下さい!」と、何度も何度も、警告を繰り返していました。

八王子の大学生を勧誘する話もしっかり書かれてましたね。
ただ、違法でやってるところでなければ治験自体は絶対に必要なものですから、大学生が人生で一度ぐらい参加するのは、そう悪い話では無いような気もします。
もちろん、金があれば誰もやるわけがない、そういう意味ではまさに貧者の健康を搾取してるようなものですけども。

> なので、当時私の通っていた大学の学生たちは、少なくとも私の知ってる人(サークル仲間とか)でやる人はいなかったし、友達同士で「治験はするなよ」みたいなことをお互いに言い合っていました。
>
> 当時の治験と今の治験とはまた違うのかも知れないですが、今は、そういう風潮はなくなったのかな?と衝撃を受けました。

今もあるとは思いますよ。

Re: No title

> 年齢・病歴・BMIとか継続的に出来るものではなさそうですが、
> いざという時の為、とりあえず一度軽いのを受けてみたい思ってるので、
> 今度読んでみようと思います。

自分がやるやらないに関わらず、読み物としてもとてもおもしろかったです。
薬はこうやってできるのかという勉強にもなりますね。

> ただこれで生計立てるのって。。。
> 他の職業でも多かれ少なかれそうではありますけど、
> 本当に健康の切り売りみたいな感じがして、
> しかも、そこまで体を張った割に将来不安。。。。。

実際には健康が問題というより、治験で食ってきて職歴皆無というのが問題になるようです。
40代です、職歴ゼロです……この人を雇う会社があるとは、とても考えられません。

> 誰にも勧められる生き方ではないですけど、
> そういう方がいるから、新薬が出せるわけで。。。
> お仕事お疲れ様でした。 m(_ _)m

いえいえとんでもない。

Re: No title

> でっかいお世話か?と思いましたが、
> ちょっと思い付いたので、
> 書いてみます。
> 贈与を受けるのに抵抗があるかもしれませんが、
> 治験の渡り鳥をするよりは、
> 手間もかからないし、
> 健康を損ねるリスクも無いし、
> ずっと良いのではないか?と考えました。

そもそも生前贈与を私が受けるのは、筋が通ってません。父親はちゃんと生きてますし、相続権者は明らかに父です。
父に生前贈与を勧めることはできなくはないかもしれませんが、もう何年もろくに縁がなく先日のお見舞いで久しぶりに顔を合わせたような人ですし、とてもそんなことを言える間柄でもないですね。

Re: おやじ世代だと難しい

> 治験も探してみたけど、おやじ世代はなかなか無いよ、病歴とか、体質とか、イロイロうるさくて少ない。
> 若いから募集があるんだね、それにおやじ世代は忙しいんでまとまって数日取れない。

本にも書いてありましたけど、40代になると途端に減ると書かれてました。
実際私が探した際もそのとおりでした。
高齢者対象もあるにはありますが数が少なすぎて、治験で稼ごうと思ったら効率上都合が悪くなりますね。
この筆者はまだ20代のようですが、先輩としてそういう状態になってしまい困ってる人の話が書かれてました。

Re: No title

> ただただ驚愕。
>
> マジで身体を張った、
> 凄まじい生き方だなあ・・・・・・。
> (ノ゚⊿゚)ノ すごい!!
>
> しかし、そこまで労働を嫌ってるんですねえ・・・・・・。

この筆者は、私よりもっと輪をかけて嫌いと言えるかもしれません。
規則の網をかいくぐり毎月のように治験に行って血を抜かれるわけで、これはこれで根性必要だなと思います。

No title

休薬期間守ってないのは 
検査組織にバレバレ(治験履歴データ共有してる)で
そういうことやりまくるととブラックリストに載ってはじかれるよ

年間労働日数ゼロ

もしそうなら職業はないんじゃあ?
まあ矛盾しているところが面白いのかもしれません。

好きなものたくさん食べたらお金が足りなくなりますね。
好きなものポテチまたは白米でしょうか。
それなら大丈夫かも。

No title

治験は年齢制限が結構きつめなのが多くて、昔、若くてヒマのある大学生でやる人が多かったみたいですが…。

大学側ではそういう状況をかなり問題視してたみたいで、「未来のある学生たちが、楽な高額バイトだ言って治験をしているようですが、治験を受けないようにして下さい!」と、何度も何度も、警告を繰り返していました。

なので、当時私の通っていた大学の学生たちは、少なくとも私の知ってる人(サークル仲間とか)でやる人はいなかったし、友達同士で「治験はするなよ」みたいなことをお互いに言い合っていました。

当時の治験と今の治験とはまた違うのかも知れないですが、今は、そういう風潮はなくなったのかな?と衝撃を受けました。

No title

年齢・病歴・BMIとか継続的に出来るものではなさそうですが、
いざという時の為、とりあえず一度軽いのを受けてみたい思ってるので、
今度読んでみようと思います。


ただこれで生計立てるのって。。。
他の職業でも多かれ少なかれそうではありますけど、
本当に健康の切り売りみたいな感じがして、
しかも、そこまで体を張った割に将来不安。。。。。

誰にも勧められる生き方ではないですけど、
そういう方がいるから、新薬が出せるわけで。。。
お仕事お疲れ様でした。 m(_ _)m

No title

でっかいお世話か?と思いましたが、
ちょっと思い付いたので、
書いてみます。

おじいさんがある程度資産をお持ちだというようなことを、
以前に書かれていたと思います。
その内のいくらかを非課税枠の範囲で生前贈与を受けて、
来年から始まるNISA口座で運用するのはどうでしょうか?

上手くやれば、
非課税で贈与を受けて、
その資金から得られる配当金も非課税です。
NISA口座での株の購入手数料を無料にしている証券会社もあったはず。

私みたいな集中的な投資手法や、
短期的に売却益を狙うような投資手法はリスクが高いので、
そういうものは避けて、
配当プラス優待を永続的にもらうような投資手法を採れば、
比較的安全かな?と。
(そういう投資手法を実行されている方のブログがいくつもあります。
参考に出来ると思います)

REITも含めれば、
配当+優待で、利回りが4%を超えるような銘柄も結構あります。
500万円の投資元本で、
年間20万円超になります
30万円には足りませんが。(汗)

贈与を受けるのに抵抗があるかもしれませんが、
治験の渡り鳥をするよりは、
手間もかからないし、
健康を損ねるリスクも無いし、
ずっと良いのではないか?と考えました。

おやじ世代だと難しい

治験も探してみたけど、おやじ世代はなかなか無いよ、病歴とか、体質とか、イロイロうるさくて少ない。
若いから募集があるんだね、それにおやじ世代は忙しいんでまとまって数日取れない。

若者しかできない仕事だね。

No title

ただただ驚愕。

マジで身体を張った、
凄まじい生き方だなあ・・・・・・。
(ノ゚⊿゚)ノ すごい!!

しかし、そこまで労働を嫌ってるんですねえ・・・・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。