HOME > スポンサー広告 > 「命の使い道」と自己責任HOME > 社会評論 > 「命の使い道」と自己責任

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

「命の使い道」と自己責任

 AKB48の楽曲の中に「命の使い道」って歌があります。

歌詞


 見ていただければ分かる通り援助交際の歌なんですが、これを聞いてると、アラフォーのおっさんなのになんとも気持ちがよく分かるんですよ。
 自分自身が、命の使い道をわかってないような気がするから。

 この歌の主人公は明らかに女子高生で、彼女らは寂しさを感じたら、自らの身体を売ることで、かりそめ・偽物ではあっても寂しさを紛らわすことができます。若さという価値を道具にすることで。
 タイやカンボジア、フィリピンで女を買ったり結婚して寂しさを紛らわしている日本のオヤジ達は、金と価値を道具にしているわけですね。

 そういう道具があれば、紛らわすことができるかもしれない。そういう切ない希望を持つことも出来る。でもそれは何の解決にもならない。堂々巡りかもしれません。

 では……そういう道具すら無い場合、どうなるでしょう。道具に目を輝かせ、その道具目当てで付き合ってくれる他人すらいない。どこまでも孤独と向き合わねばならない人。
 なんというか、貧乏な外こもりというのは、そういうものなんだろうなと思います。哲学的な悟りが生まれるかもしれないけど、その重みに潰されてしまう人も、思ったより多いかもしれません。
 自分の場合は、その「道具」というのは、日本人宿なのだと思います。本当の意味で孤独に強いわけでもなんでもない。自分も、道具に頼らなければ寂しさを紛らわせない一人の人間ということです。

 もちろん世の中には、若さ・金・日本人宿(笑)といった道具に頼ること無く、自ら本当の幸せをつかむ人も多々います。どれだけの努力と責任感と、運があったのか。それはわかりません。

 がむしゃらに働いて金を稼いでも、さみしい老後を送る人がいる。
 貧乏でも充実した家族に囲まれる人がいる。

 よくはわかりません。わかりませんけど、道具ではなんともならないところにあらわれる結果、それこそが、自己責任というものの本当の表れ方なのだと思います。どんなに若さを武器にして援交したり、金を積んで若い女を買っても、寂しさは拭えない。ごまかすことしかできない。道具すらなければ、ごまかすこともできない。
 それこそが自己責任の結果だし、それをどう乗り切るかも、本人の心構えや努力によるしか無い。他人が何かしてあげられることなんか、無いわけです。
 逆に言えば、道具の有り無しでなんとかなってしまうようなものに、自己責任を追求し、要求しても意味が無いとも思います。

 生存権に自己責任を追求する必要はない。生きるぐらい、豊かな社会なんだから他人が保障してあげましょうよ。衣食住を保障し、金を渡せば、いくらだって保障できますよね。でも、恋愛権とか仲間に囲まれる権利(?)
を保障しろと言われても、他人には何もできない。恋人をあてがったり周りを人で囲んであげたって、その人達が実際はその人と本心で繋がろうと思わず、報酬目当てならば、どんなにあてがったところで孤独は癒せやしない。
 そういう状態に陥るような人生を送ってきた事こそが、その人の自己責任の有り様なのです。

「命の使い道」に歌われるような援交女子高生、海外で買春に明け暮れるオヤジ達、若さも金もないがゆえに寂しさを紛らわすすべを持たない外こもり……彼らは皆、自ら動き、替わって行かなければ、そのまま人生を終えることでしょう。どうやってその契機をつかむか……「命の使い道」で歌われるように「おじさんから声をかけられたらなにか変わるか」、買春して、見受けしてでも結婚したいと思えるような人が現れるか、今までの生き方を本心から変えたいと思うような出来事に出会えるか……それは他人には、わかりません。

 孤独死する老人は、その前、何ヶ月か何年かわからないけど、もっと激しい孤独と戦ってるかもしれない。彼らの胸中というのは、いったいどういうものなんでしょう。そういう人生の終局を迎えることになった、それは自己責任なのか、それとも社会に何かしらの責任があるのか……。
 工場のラインで働き、日中はずっと機械と向き合うだけで、休み時間の競馬やパチンコの話ばかりする同僚と付き合いきれず、女性との出会いもなく、週末は家でだらだらするだけで定年を迎える。お金はたくさんあるけど使い道もなく、若さを取り戻そうと東南アジアに飛び、お金を吸い取られ、無くなったら放り出され、挙句の果てには困窮邦人。まじめに生きてきた彼の人生とはなんだったのか。

 AKBの歌にもいろいろと考えさせられる、深いものがあるのですね。秋元康の才能なのかもしれませんが。

 結局のところ、命の使い道は、他人が決められるものでありません。どんな結果になったとしても、そこのとこは自己責任ということなのかもしれません。手を差し伸べることはできても、詰めのところはね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ



   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 国民年金

> 国民年金滞納してると、延滞金つけて払わないと財産差し押さえることになるらしいです。
> 年金はどうされてますか?

今は日本に住民票を戻したので、年金は払ってますよ。
厳密に言うと免除してもらってますが。

国民年金

国民年金滞納してると、延滞金つけて払わないと財産差し押さえることになるらしいです。
年金はどうされてますか?

Re: No title

> 貧bpさんのおかげで考えるきっかけができました。
> 常識に支配されない自分の目で見て聞いて考える、、当然のことだったことを思い出すことができました。
> ありがとうございます!これからも楽しみにしてます!

そう言っていただけるとても嬉しく、恐縮する思いです。
とくに最近のブログの迷走ぶりは、我ながら恥ずかしい物がありまして……。
末永く見守っていただけると、ありがたいです。よろしくお願いします。

Re: 女子高生

> ただし氏はエンコウと判断されることは想定内と
> 考えているでしょう。
> 表向きに尋ねられたら否定するでしょうが。

歌にかぎらず作品ってものは、受け取る側が好き勝手にいろんなものを感じて受け取ればいいんだと思います。
これが答えだなんてものは、無いですから。

No title

10代の若者です。今回の記事とはあまり関係ないですが。

今年の春頃からいつも読ませてもらってます。
貧bpさんの主張は今の若者にこそ伝わるものだと思いますよ!
私の周りには、日本のマスコミが言っていない本当の事実を探している方が何人もいます。「何かおかしくないか?」と気づく若者が増えているように思います。
少しずつですが、みな日本のあるべき姿を模索し始めています。
何十年かかるかわからないけど、空気に支配されない多様性があり、自分が自分らしくいられる国になってほしい。そう思っています。

貧bpさんのおかげで考えるきっかけができました。
常識に支配されない自分の目で見て聞いて考える、、当然のことだったことを思い出すことができました。
ありがとうございます!これからも楽しみにしてます!






女子高生

歌詞を歌ではなくて、文字で確認しました。

>この歌の主人公は明らかに女子高生で、彼女らは寂しさを感じたら、自らの身体を売ることで、かりそめ・偽物ではあっても寂しさを紛らわすことができます。若さという価値を道具にすることで。

わしが読んだ限りでは、女子高生とはわかりませんでした。
「おじさん~」とあるので、普通に考えれば男ではないですね。

またエンコウの歌かどうかも微妙なところです。
秋元氏の念頭にエンコウがあるのは間違いないと思います。
しかし氏のすごいとこはそのあたりを曖昧にしているとこでしょう。

寂しさをまぎらわすのであれば
エンコウだけでなく、同級生でも大学生でも
誰でも乗ってくるでしょう。
それなのに何故「おじさん」なのかという疑問は残ります。

またビジネスとして対価を求めているというような
歌詞は見受けられないのでこの点からも
ビジネスと断定できないでしょう。

ただし氏はエンコウと判断されることは想定内と
考えているでしょう。
表向きに尋ねられたら否定するでしょうが。

Re: No title

> おまえな、自分はタダめし食わせろとかほざいてるくせに、
> 他人に自分の価値観を押しつけるんじゃないよ。
>
> 何偉そうなこと言ってんだ。
>
> 偉そうに御託並べられるほど、人の役に立ってきたのかよ。

その理屈は、生活保護もらってる奴が受給額切り捨てに文句言うな、デモなんかするなというのと同じですね。

> アンタがどこで何をしようと自由だけど、
> ここで偉そうに人に説教たれてんじゃねえよ。

どこで何をしようと自由なら、このブログをするのも自由ですね。
矛盾することを言わないでいただきたい。

> 何様のつもりだ!

一人の日本国民ですが、何か?
こうやって人を何様と呼び捨てにし、発言についてなにかしらの資格を必要とするような価値観が、私は大嫌いです。

> 久々にむかつくもの読んじゃったわ。
> お払いしなきゃな。

どうぞ。

> もう少し楽しいこと書けないのかよ。
>
> ホントつまんねえ人間だな。

あなたがそう思うのは、ご自由です。

No title

おまえな、自分はタダめし食わせろとかほざいてるくせに、
他人に自分の価値観を押しつけるんじゃないよ。

何偉そうなこと言ってんだ。

偉そうに御託並べられるほど、人の役に立ってきたのかよ。

アンタがどこで何をしようと自由だけど、
ここで偉そうに人に説教たれてんじゃねえよ。

何様のつもりだ!

久々にむかつくもの読んじゃったわ。
お払いしなきゃな。

もう少し楽しいこと書けないのかよ。

ホントつまんねえ人間だな。

Re: No title

> 孤独などなんとも思わない老人もたくさんいるのに何か日本ってのは
> 何かにつけて人とつながっていないと完全なる悪だと決め付け
> たがるな。 職場のくだらないプライベート時間まで介入してくる事や
> くだらない町内会の行事参加、マンションの○○当番等
> あらゆる所でくだらない、地域や人のつながりを求めてくる。

これってとてもむずかしい問題なんですよ。
長年孤独でいる間にこじれてしまった、ひねくれてしまっただけだとか。
もちろん「人間は誰かと係ることが必ず幸せである、孤独は必ず不幸である」という決めつけも問題だとは思います。
どちらが正しいというわけではないのが、難しいところなんですけどね。

> 貧BPも年を取るにつけ、いつ病気持ちになるか分らんし
> 病気からは逃れられんぞ!

たしかにね。

Re: No title

> 記事の本旨からずれてしまいますが、
> 貧BPさんの主張を読んでいて、
> どこからそういう発想が来ているんだろう?と、
> 前から引っかかっていたんですが、
> 今朝ようやく思い至りました。
> 「バクシーシ」だ!

そう外れてないと思いますよ。
たとえば宗教的に考えると「貧しい人間の存在は、富めるものに功徳を積む機会を与えているのだ。それなのに布施や募金をせず自分のことばかりに使う金持ちはその機会を自ら捨てている愚かなものである」なんてのもありますしね。

Re: No title

> おそらく秋元康としては我が意を得たりという反応でしょう。
> しかし歌詞を書いているのは、女子高生を踊らせてアイドルビジネスをする
> プロデューサーのおじさんなので、個人的には何ともはやと思わないでもありません。

創作物を、作者がどういう意図で作ったか(金儲けとか)は、どうでもいいと思うんですよ。
作品が良いもので、それでいろいろ感じたり考えさせられたら、それでいいんじゃないですかね?

No title

昔、NHKの孤独死番組でとある団地で独居老人を勝手に訪ねて
見守りをしているジジババ達のグループが居たが、訪ねられた方は
寂しさが無くなったと喜ぶ独居老人と、ほうっておいてくれと完全に
拒否する独居老人と別れてたぞ
孤独などなんとも思わない老人もたくさんいるのに何か日本ってのは
何かにつけて人とつながっていないと完全なる悪だと決め付け
たがるな。 職場のくだらないプライベート時間まで介入してくる事や
くだらない町内会の行事参加、マンションの○○当番等
あらゆる所でくだらない、地域や人のつながりを求めてくる。


貧BPの30万理論は完全なる健康体のみの場合だな

1つ2つの病気持ちの場合、現地での診察、薬代が毎月かかるし
非居住者になって民間医療保険に入ろうにも通院保障ナシの
不満足な保障でも毎月1万数千円もかかる、これに歯科など
保険の利かない治療のために治療費を予備で積み立てていくなど
したら、これらだけで2~3万毎月必要になる

貧BPも年を取るにつけ、いつ病気持ちになるか分らんし
病気からは逃れられんぞ!

No title

>>生きるぐらい、豊かな社会なんだから他人が保障してあげましょうよ。
>>衣食住を保障し、金を渡せば、いくらだって保障できますよね。


記事の本旨からずれてしまいますが、
貧BPさんの主張を読んでいて、
どこからそういう発想が来ているんだろう?と、
前から引っかかっていたんですが、
今朝ようやく思い至りました。
「バクシーシ」だ!

このブログでとっくに既出かもしれませんが・・・・・・。
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

もしかしたら、このネタで私のブログにも記事を書くかもしれません。
あらかじめ、m ( _ _ ) m


No title

おそらく秋元康としては我が意を得たりという反応でしょう。
しかし歌詞を書いているのは、女子高生を踊らせてアイドルビジネスをする
プロデューサーのおじさんなので、個人的には何ともはやと思わないでもありません。
 彼は若さという価値を持つ女の子を使って、市場の需要に応えているわけですから。
 古いですけど、おニャン子クラブでセーラ服を脱がさないでという曲がありますし。

 現実の女子高生はもっと割り切っているのではないかと思います。
 彼女らが寂しさを感じることはあるでしょうが、例えば援助交際を行う子が
いたとして、自分のようなおじさんと会っも寂しさを紛らわせるとは思えませんから。

 会社の同僚とは、仕事の上での付き合いですから、会社が変わったら
合わなくなりますし、利害関係のない付き合いである学生時代の知り合いとも、
今は連絡を取っていない方が多いので、そういうものではないかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。