HOME > スポンサー広告 > 価値観の多様化は、「お金」を後ろ盾に自立したうえでないと社会的に認められないという、悲しいけど当たり前な現実HOME > 近況報告 > 価値観の多様化は、「お金」を後ろ盾に自立したうえでないと社会的に認められないという、悲しいけど当たり前な現実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

価値観の多様化は、「お金」を後ろ盾に自立したうえでないと社会的に認められないという、悲しいけど当たり前な現実

 コメント欄で「なぜここまで(貧BPが)批判されるのか? 価値観の多様化をもっと認めてほしいものだ」というご意見を頂きました、

 おそらく、価値の多様化の大前提として「自立」を条件とするという人が多いのだろうと思います。違法じゃなければ好きにしてもいいよ、ただし、自分のことは自分でまかなってね、自立した上でやってね、他人に依存する前提で好き勝手するのは卑怯ですよ、と。

 もし私がどんなことであろうがカネを手に入れて、このブログや外こもりをしてるならば、私の言う価値観の多様化も、生き方も、それなりに支持されるかもしれません。ですが現状は実家パラサイトシングル、将来は母子揃って生活保護をもらうかもしれない、そんな奴が働きもせず外こもりだ、海外だと偉そうに語ってる。
 その生活保護の金は俺らの金だ、俺らが、将来のお前を養わねばならんのだ、そんなの御免被りたい。
 こう多くの人が思っているのでしょう。

 つまり、赤の他人である貧BPが何をしようが構わない、ただし私に迷惑をかけない範囲で、ということなんです。迷惑がかかりかねないから、批判されるわけです。

 資本主義社会では基本的人権の平等と言いながら、実際に権利を好きな様に行使できるか否かの境は、金の有無というのが、どうしようもない事実なのでしょう。

 だから批判する人は、本当はこう言いたいのだと思います。

「カネがない人間に自由はないのだ、カネがないなら、死ぬまで働くしか無いのだ。それが資本主義なのだ。逆に言えば、カネさえあれば自由にしていいのだ。少ないカネで効率よく自由を得る手段として外こもりを認めるとしても、その最低限の少ないカネすら貯められない人間には、外こもりを語る資格すらないのだ」

 一言で言えば「俺様の税金を貧BPになど、1円も使われたくない」ということです。

 2ちゃんねるで受けてる批判も含めれば、そういうことなんだろうと思います。

 ですが、このあたりまえと言えそうな既存の価値観自体が、今の日本の息苦しさを作ってるし、ひいては、今後の日本をより暗く重いものにすると、私は思ってます。

 この価値観は、社会福祉で生きる人の権利というものを認めない発想です。これは、未成年の権利が制限されることを当然とする発想とも同じものです。未成年=自立して生きられず親や社会に養われて生きている立場の人間は、権利が制限されて当然である。成人がいろんな権利を認められるのは自立したからであって、自立できないなら、権利は制限されるべきだ。
 これ自体は、昔からある発想です。選挙権の獲得の歴史を考えるとわかりやすいです。最初は選挙も何もなく、力の強いものが他社を従えていた。民主主義という思想が生まれ、最初に選挙権を与えられたのは、多額の納税をしてる男子だった。
 多額の納税をしているというのは、それだけ多く社会に貢献している、言いかえれば、それだけ多くの人を養っているということともつながります。
 それが、納税額の水準が徐々に下がり、男子は全員選挙権を得るようになった。だが、女子はまだ。これは「男子が女子を養ってるから、養われている女子は権利がない」とする考え方です。女子は、男子の元を外れて自立して生きられない「弱い」存在だから、権利もないという価値観が当たり前だったわけですね。
 それがついに、全成人男子女子に選挙権が拡大した。納税基準も何もなく、年齢だけがその条件となった。

 ここに、価値観の大転換があるわけです。社会の決定に意見を言う権利に、自立が要求されなくなったわけですね。

 今も一応続いてますが、先日までタイのバンコクで大規模な市民運動がありました。彼らの要求は、現行の選挙制度では圧倒的多数の田舎住民の支持するタクシン派が勝つのは当たり前で、それは納税額が多く、彼ら貧困層より多くを社会に貢献してる私たち中間層・富裕層にとって不公平だ、だから選挙制度を変えて、私たちの意見を多く取り入れるべきだ、というものでした。
 だから解散総選挙だとなっても、今の選挙制度では意味が無いから選挙ボイコットということを訴え続けたわけです。
 これは選挙制度、民主主義的に言えば、時代の逆行です。逆行ですが、彼ら中間層や富裕層から言わせれば、社会貢献度合いが少ない人間が同じような権利を持つこと自体が悪平等だというわけですね。多数だというだけで、声が大きいというだけで自分たちが努力して稼いだ金を、再分配という名目で取られたくないというわけです。

 社会への貢献度合いや自立のレベルの違いを、権利行使の違いや差別区別にすべきか、すべきでないか。結局はこの考え方の違いが、バンコクの騒動の元だし、選挙権の歴史だし、私が叩かれるかどうかの違いにもつながってるわけです。

 同じコメントで、私の姿が将来のその方の姿かもしれないというふうに書かれてました。

 私個人の意見としては、今後の先進国は、生活保護受給者は増える一方だと思います。社会が効率化し機械化し、産業構造が変化し、労働の内容が高度化し、格差が拡大していき、それでも、農作物もエネルギーの生産量も増え続けていく未来社会。それでも変わらずに、権利を行使したり社会のありようについて発言する権利が自立した人にしか認められないのだとしたら、今後の社会というのは、タイのように「権利行使のあり方を昔に戻せ」という声が大きくなっていくかもしれません。

 金のある人間だけが好きに出来るというのは、納税してる人間だけが選挙権を行使できるという時代の価値観と同じです。これからの社会というのは、金のない人間でも好きにしていいというようなことを堂々と言っていく、そんなことが求められるようになっていくのではないかと思ってます。
 ただ、それはとても、厳しい道のりだとも思います。

 すでにこのブログは、外こもり自体を語るブログではなくなってしまってるのが、事実です。そういう意味で、よくあるアーリーリタイアを目指すブログや、効率的な生き方を目指すブログと、方向性が変わってきてしまってるのが事実です。
 それはそれで悲しいことではありますが、1000万円貯められなかった時点で、こうなる運命だったのは、すでに決まっていたことなんでしょうね。
 今後どうなるかはわからないけど、外こもりの実践より、日本という先進国で、最底辺の人間にも生きる権利があると訴えていく、そういう理論武装をしていく、そんなブログになっていくのかなと思います。
 外こもりの実践に興味がある方には申し訳ない展開になっていくと思いますが、そこはもう「申し訳ない」としか、言えないですね。

 私の姿があなたの将来なのだとしたら、それは「自立に失敗した人間がそれでも生きていく事はできるのか」の参考であって、「小なりといえど、外こもりといえど、一つの多様な生き方で生きていく」ということの参考には、残念ですがならないんだろうなと思います。

 ひと月辺り3~5万円をコンスタントに稼ぐ手段さえ見つかれば、私も再び外こもりがしたいんですけどね。それが思いつかない以上、「途中で絶望に駆られ自殺する危険を覚悟してでも、再び1000万円目指して働く」以外は無いだろうなと思ってます。
 最近、私の母も「あと数年しか働き続けられない、その後おまえはどうするんだ」と言ってくるようになりました。母の年金額では母ひとりの生活費すら、まかなえません。確実に生活保護になる。その時、労働年齢である私が同居していたら生活保護はもらえないんじゃないか。部屋の荷物を預かってたら、もらえないんじゃないか。より狭いところに引っ越したら、お前の荷物はどうするんだ。捨てるのか。その時おまえはどうするんだ……。

 今の私自身は、破局を先送りにして日々を無駄にすごしてるだけですね。それは自覚してます。その現状が妙に居心地が良く、破局に向かってる実感が無い。これもまた、不思議なことではありますが。

「親の年金に依存してニートをしてる中高年が、親の死を迎えどうしようもなくなる」というのが徐々に社会問題化してきてますが、このままだと、私もそういう凡百な例の一つになるだけでしょう。
 そういう状態に落ち込んでいく例を、リアルタイムに記録していく。それが今、このブログの一つの役割なのでしょうね。本来ならそこに落ち込むことなく「外こもり」という生き方で脱出に成功した例になれれば最高だったんですが、ありきたりな失敗例にしかならなそうなのが、残念です。

 さすがにそろそろ、いわゆる自立支援系のところに相談に行かないといけない段階に入ってきてるかもしれません。そういうところに行って「いざとなれば生活保護貰うからいいっすよ!」と開き直って、担当者に「どうにもならない例」をいくつも例示され説教され、目を覚まさせられる、そんな段階なのかも、しれません。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

名無し さん

> 国が
> 「自業自得で生活できない人は見捨てますよ。それどころか犯罪を起こされたら困るので強制労働で無理やりお金を稼がせます」
> と、はっきり言えば貧BPさんのような人たちも働かざるを得なくなるんじゃないでしょうか。

これは昨日更新した長文では取り上げてない話ですが、そもそも産業構造が変化してきており、雇用自体が長期的に減っていく傾向にあるのはすでに判明しています。
強制労働をさせようにも、そういうのを無理にさせるより、(ひどい言い方だけど)餌を与えて生かすほうが安上がりであるという事態が現実になってきてるわけです。
人海戦術で皆が働けば社会が豊かになるなんて言うのは、すでに過去の話なんですよ。

それでも労働させるという場合は、働いてないやつを食わせたくないという考え、もしくは、人は働くことで幸せになるという考え、どちらかが根拠になるのだろうと思います。

No title

国が
「自業自得で生活できない人は見捨てますよ。それどころか犯罪を起こされたら困るので強制労働で無理やりお金を稼がせます」
と、はっきり言えば貧BPさんのような人たちも働かざるを得なくなるんじゃないでしょうか。
一番の問題は、国が八方美人を気取って実態にそぐわない生活保護なんてぼやけた制度をゆるく維持していることだと思います。
人間甘やかせばどんどんふやけて行くもんです。
その度合いが強い人が、国がはっきり言わない部分に希望的観測を持って現実を先延ばしにしている。
これは日本と言う国の体質の問題です。
貧BPさんは被害者なんです。

Re: 時代を先取り

成為 さん

> 貧BPさんのご主張は、時代を先取りしてるんだと思います。エネルギーが十分に安くなって、社会が十分に豊かであれば、一定の割合で働かない人がいてもまったく問題ないはずですし、これほど文句をいう人はいなくなると思います。
> しかし、まだそこまで技術が発展しておらず、一所懸命働いて税金をしっかり納めてるけど生活が苦しい家庭は少なくありません。そういった人からしてみれば、貧bpさんの主張は自分勝手だと言われることでしょう。
> 社会を構成する要素としての人が働かなくては行きていけない時代はまだ終わっていないのでしょうがないことだと思います。

過渡期なんだとは思いますが、生活保護受給者は増えていく、雇用は減る、だけど社会は回るという今の状況は、すでにそういう社会へと変化しつつあるせいだと思うのです。
人は足りてないよ、過重労働だよとも言われますが、その過重労働してる人に「では、労働時間を半分にして、賃金も半分に」と言うと、それは嫌だと言うに決まってるんです。つまり、労働に見合う賃金を得てないだけなんですよ。
ではその分はどこに?と言うと、金持ちです。格差が広がってるというのはそういうことで、ちゃんとした分配を行い、一人あたりの労働荷重を減らしてワークシェアリングをすれば、ある程度の雇用拡大は可能だとも思います。
それも時間とともに効率化し、減っていくと思いますけども。

Re: No title

フーリッシュ さん

> 確かに働いてもいない老人が許されてるのは権利をかなり主張してるのは金のおかげですよね
> だがその金はどこから?本当に働いたからなのか?という疑問がでますし
> 高度に資本主義に発展していくにつれ社会主義と同じように身分の固定化や資本を持たない物の労働への転換だがその労働自体が高度化して減っている
> 底辺層がいないと成り立たないだがその中で富裕層が得てるお金とは働きなのか?労働価値なのか?身分による物なのか?が問われますね

結局は、自らの資産の出処を他人に納得させられるかどうかの違いなんだと思います。不労所得も、生活保護も、どちらにしたって、社会的にどれだけ認められてるかの違いにすぎない、と。

> 私自身このまま生きても自立に失敗しそうです
> せめて貧bpさんの生存の仕方を参考にして無駄に足掻くしかなさそうです

良くも悪くも、参考にしていただければ幸いです。

Re: No title

ロウカイしたいな さん

>  働きたくないと言ったのを聞いただけで他人を基地外扱いして何の疑念を持たないような人たちが普通に徘徊している世の中はやはりおかしいとおもう。
> 同調圧力とか想像力の欠如とかいうやつともちょっと違う何かがあると思う。

今の社会における社会復帰とは「労働者になること」ですからね。働けないけど別の何かで関わる、働かない人にも社会に居場所をという発想は、あまり無いように思います。

>  でもまあ貧BPも大概だけどな。
> 大震災と原発事故見て後先考えず逃げちゃったところは、情勢判断が甘いというか知恵が足りんというか。その分は差し引いてこのblog読まねばね。

日本で普通に働いてて、原発事故をきっかけに海外に飛び出した人は働くことに抵抗がなく「働くのが当たり前」と思えているので、海外でも仕事を探して働けてる人がそれなりの数、います。彼らと私の違いはそこのところであり、出来るもんなら危ない東日本に住みたくないという考えは、似たり寄ったりだと思います。行動力の違いがあるだけです。

Re: はじめまして

放浪風 さん

> hin-bpさんはじめまして。現在職業訓練校に通っていながら、働く力を持っていない者です。
> 以前からhin-bpさんのブログは拝見させてもらっていました。

ありがとうございます。職業訓練校には私も通ったことがあります。学校生活はなかなか楽しかったです。

> 今の「貧乏人は黙って働けや!」っていう意見を見かけると、「そんな風潮だから働く気がなくなるんじゃ!」と言いたくもなってしまいます。

そういうのは、たしかにありますよね。

> 僕の勝手な意見ですが、海外メディアから取材を受けたり、連載を持ったりと、普通の人にはできない経験をされているので、今後もそういったことを何とか継続して貰いたいです。

私自身、そういうのを期待してます。いまさら普通に働くのは、もう無理だなと思うんです。
そういうのが甘いのだと、すぐ怒られてしまいますけどね。

Re: No title

mushoku2006 さん

> そこまで現状を理解する能力がありながら、
> 頑なに働こうとしないことだけが理解できないです。

理屈ではなく、感情の問題だからだと思います。

> ご自分の希望はどうであれ、
> 多数決の民主的社会において、
> このままでは自分が詰んでしまうことも理解されていると思うんですが、
> まだ「わら」にすがろうとするんですかねえ?

日本の福祉行政が「詰む」とは、どうしても思えないんですよ。
これだけ豊かで、格差は広がってるけど富の総量は増えているこの国で福祉が破綻するのは、資産の分配を間違ってるからとしか思えません。
もしそうなったら、それこそ貧乏人を先導して、国会に爆弾でも抱えて飛び込もうかと思います。
そこまでいかなくても、真の最低限の福祉=刑務所に頼らざるを得なくなるか、ですね。そうなるのは嫌だし、そこまで冷酷でもないと、今でも脳天気に信じてるのは事実です。

> 自分が詰む前に社会が変わる奇跡を期待するより、
> 意地を張らずに、さくさく働いて小金を稼ぎ、外こもりに出発する方が、
> ベターな選択だと思いますけどね。

さくさくなんて気軽なものじゃないですよ。まして後何度か外こもれても、そのあとは「詰む」んでしょうし。
そういう先行きを見ないふりをして今まで同様に労働と外こもりを繰り返せてれば、よかったんですけどね。

Re: No title

h さん

> なんか病んでんなー、メンタル大丈夫なの?
> 生活費もいれてないのか?もしそうならさすがにお母さんかわいそうだな。金ないひとからかもるのは親といえどよくないよ。自分自身後ろめたいだろうに。

入れてないですね。後ろめたいという気持ちはたしかにあるけど、やっぱり働く気にはなれないです。
正社員やってた時は毎月家にお金入れてましたけど、短期でがっと貯めて再び外こもりという前提で働くとしたら……どうでしょうかね。一月分ぐらいは入れるかもしれないけど、それが外こもり数カ月分に匹敵するかと思うと、考えてしまうかもしれません。

> なんとか小金つくってタイかインドでももう1度いってゆっくりしてこいよ

もう1度ゆっくりしても先が見えてるってのが、腰が重くなる理由でもあります。先が見えてしまったというか……。

Re: 俺は本物の精神障害者

ぺ さん

> 俺もまあ40代無職で親の年金で食っているんで人を説教する立場にはないんだけどさ。

実際、私含めそういう人は増える一方だそうで社会問題化してきてるのは事実ですが、じゃあそういうひとをみんな働かせるだけの職がこの社会にあるかというと、激しく疑問。
生活保護が贅沢すぎるという議論はあってしかるべきとは思いますが、同時に、社会から降りてしまう人がいることを前提として今後の社会運営を考えるべき時にも来てると思います。
そういう意見の一つとして「棄民政策」つまり、安楽死施設を作れとかって意見も出てくるとは思いますけど、それはそれで、これだけ豊かな社会で基本的人権を抑制してまでそんなことをしなきゃいけないのかと、反論し続けることにはなると思います。

> 精神障害者でさえこうなんだから、健常者で生活保護で生活しようなんてのは難しいと思うよ。仮に生活保護をもらえたとしても、就労の努力をするように役所から指導が入るだろうね。

それは当然だろうと思います。でも、調べれば調べるほど、やはり「本当に金のない人」に支給しない根拠も、働こうとしないからといって元に生活するお金のない人を追い出す根拠も、法律には見当たらないし、実例もなかなか探せないのが事実だったりします。
もらえないと言ってる人は、共産党でも学会でも使ってもらうより、プライドを優先してもらおうとしてないだけではないかとすら、思ってしまうんですよ。

Re: No title

崖っぷちニート さん

> はじめまして。
> 共感する部分が多く、一気にブログ読みました。
> 批判の声が多いので、心配しています。
> 外こもりライフ継続のためにがんばってくださいね!!応援しています。

ありがとうございます。我ながらちょっとこのブログおかしいんじゃないかと思うことも無くはないですけど、こういう声が表に出ていかず篭ってしまうより、出て行くほうがいいと思うんですよね。
今後も可能な限り頑張ります。よろしくお願いします。

Re: No title

通りすがり さん

> いつも拝見しております

ありがとうございます。

> hin-bp様の主張ですが、現実まさにそうだと思います

なんというか、日本はみんな同じことをしてなきゃダメという協調圧力みたいなものが世界でもトップクラスだなとは思います。
タイとかインドに行けば、昼間っからなにしてるかわからんボケーッとした人がつねに街中にいますからね。

Re: 心配ないよ、生活保護はなくなる

カオサン さん

> 日本はもうじき、超円安になって財政破綻して、ギリシャみたいになるから、その頃の生活保護費は今の1~万円程度で食っていけなくなるから、心配ないよ。
> 必死こいて働かざる得ない、自給自足やるか、自殺するか、ホームレスやるか、アジアで現地女性をみつけて婿として入って生き残るか。
> その程度の状況になるから、なるようになるさっ。

どうしてもそうは思えないんですよね。財政破綻って言ったって、金はあるところにはあるじゃん。なんでそこから取らずに破綻させるのかと、思ってしまうのです。
資本主義だから仕方ないと言われてしまえば、それまでなんですが。

Re: No title

無名さん

> 今はどうやって生活されているんですか?
> あなたの具体的な近況が気になるんですが。

実質的には、実家にひきこもりニートをしてるような状態です。
たまに知り合いのつてで日雇いバイトをしてますが。

Re: No title

しん@アジア浮浪人?不労人? さん

海外生活、満喫されてるようで、なによりです。

> まあそれが現実だと思います。。。
> (迷惑がかかる前から、叱咤ではなく非難をされる日本
> という部分はどうかと思いますが。。。)

迷惑の「可能性」だけで、非難対象になるということですかね。

> >「ひと月辺り3~5万円をコンスタントに稼ぐ手段さえ見つかれば」
> それこそ貸家一軒さえ手に入れられれば、
> かなりそれに近い状態になるかと。
> 一生働くなんて言わず、あくまでもそれまでの辛抱で。

しんさんのお家って300万円でしたっけ?
投資だ何だで無くした金を全部貯金してあれば、それぐらいのお金は手元にあったはずなんですよね。
それが、残念です。

Re: No title

けん@アラフォー さん

> こればかりは心が労働を拒否しているみたいなので一度心療内科で相談してみてはいかがでしょう?ひょっとしたら心の負担を軽くする薬とか相談することで労働に対する拒絶反応の原因がみえてくるかもしれませんよ、

以前働いてる時の自殺衝動の話を心療内科でした話は、だいぶ前にブログに書いたと思います。
でもその時は「そんなのだれだって同じ、対処の必要なし」と言われてしまったんですよね。
また、精神状態を無理に明るくしたり前向きにして働くように出来るのも、なんだか違和感を感じざるを得ません。悪く言えば洗脳でもするかのようなイメージがあります。これもブログで書いてますね。

> 自分もいつか外こもりしながらのんびりリタイヤしたい夢があるのでぜひ貧BPさんにもある程度金を稼いで何年か先、東南アジアのどこかの国でお会いしたいですが、

一時的に再び外こもれる可能性はあると思います。ですが、一応であってもめどを付けて長期的にできるようになる可能性は、ざんねんながらゼロに等しいのが、現状だと思います。

時代を先取り

貧BPさんのご主張は、時代を先取りしてるんだと思います。エネルギーが十分に安くなって、社会が十分に豊かであれば、一定の割合で働かない人がいてもまったく問題ないはずですし、これほど文句をいう人はいなくなると思います。

しかし、まだそこまで技術が発展しておらず、一所懸命働いて税金をしっかり納めてるけど生活が苦しい家庭は少なくありません。そういった人からしてみれば、貧bpさんの主張は自分勝手だと言われることでしょう。

社会を構成する要素としての人が働かなくては行きていけない時代はまだ終わっていないのでしょうがないことだと思います。

No title

コメントの返信ありがとうございます

確かに働いてもいない老人が許されてるのは権利をかなり主張してるのは金のおかげですよね

だがその金はどこから?本当に働いたからなのか?という疑問がでますし
高度に資本主義に発展していくにつれ社会主義と同じように身分の固定化や資本を持たない物の労働への転換だがその労働自体が高度化して減っている
底辺層がいないと成り立たないだがその中で富裕層が得てるお金とは働きなのか?労働価値なのか?身分による物なのか?が問われますね


タイの選挙権のように価値観は金を持ってるかになりそうですね
丁度ネットの掲示板でも税金を沢山納める俺が一票なのはおかしいというスレが上がってました


私自身このまま生きても自立に失敗しそうです
せめて貧bpさんの生存の仕方を参考にして無駄に足掻くしかなさそうです

No title

働きたくない云うたら病院行け云われたでござるかwww

 働きたくないと言ったのを聞いただけで他人を基地外扱いして何の疑念を持たないような人たちが普通に徘徊している世の中はやはりおかしいとおもう。
同調圧力とか想像力の欠如とかいうやつともちょっと違う何かがあると思う。


 でもまあ貧BPも大概だけどな。
大震災と原発事故見て後先考えず逃げちゃったところは、情勢判断が甘いというか知恵が足りんというか。その分は差し引いてこのblog読まねばね。

はじめまして

hin-bpさんはじめまして。現在職業訓練校に通っていながら、働く力を持っていない者です。

以前からhin-bpさんのブログは拝見させてもらっていました。

今の「貧乏人は黙って働けや!」っていう意見を見かけると、「そんな風潮だから働く気がなくなるんじゃ!」と言いたくもなってしまいます。

僕の勝手な意見ですが、海外メディアから取材を受けたり、連載を持ったりと、普通の人にはできない経験をされているので、今後もそういったことを何とか継続して貰いたいです。

No title

さすが、としか言いようがないほど、
他者の感情及び自分の現状を適切に分析されてますね。

そこまで現状を理解する能力がありながら、
頑なに働こうとしないことだけが理解できないです。

ご自分の希望はどうであれ、
多数決の民主的社会において、
このままでは自分が詰んでしまうことも理解されていると思うんですが、
まだ「わら」にすがろうとするんですかねえ?

自分が詰む前に社会が変わる奇跡を期待するより、
意地を張らずに、さくさく働いて小金を稼ぎ、外こもりに出発する方が、
ベターな選択だと思いますけどね。

No title

なんか病んでんなー、メンタル大丈夫なの?
生活費もいれてないのか?もしそうならさすがにお母さんかわいそうだな。金ないひとからかもるのは親といえどよくないよ。自分自身後ろめたいだろうに。

なんとか小金つくってタイかインドでももう1度いってゆっくりしてこいよ

俺は本物の精神障害者

俺もまあ40代無職で親の年金で食っているんで人を説教する立場にはないんだけどさ。

俺の場合は障害者手帳交付されているし、いざとなれば生活保護はもらえると思うんだけど、実際問題親が生きている間は生活保護は受給できないだろうね。

仕事についてなんだけど、医者にはやっぱり働けと言われるんだよね。
医者が働けると言っているんだし、車の運転も許可されているし、それで働かないという理由がないんだよね。

福祉なんかでも障害者には生活保護を受給させるよりも働かせるという方針のようだ。で、今は就労移行支援に通って小遣いとして月に1万8千円くらいもらっている。作業所で内職みたいなことして工賃をもらいながら就労につなげていこうというシステム。

現実的には精神障害者を雇おうって会社はなかなかないんだけどさ。
あったとしても最低賃金に近い給料なのでこれだけでは当然生活はできない。

精神障害者でさえこうなんだから、健常者で生活保護で生活しようなんてのは難しいと思うよ。仮に生活保護をもらえたとしても、就労の努力をするように役所から指導が入るだろうね。

で、いま注目しているのがツイッターだな。ツイッターに広告を配信する企業があって、俺が持っているアカウントの評価が約30円なんだな。
一回ツイートするだけで30円入るというのはなかなかおいしい。

ブログなんかよりツイッターの方が集客力がはるかに優れているので、ツイッターで宣伝して収入につなげていこうと思っている。
これを説明したURLをリンクしておくので良かったら見てね。

No title

はじめまして。

共感する部分が多く、一気にブログ読みました。

批判の声が多いので、心配しています。

外こもりライフ継続のためにがんばってくださいね!!応援しています。

No title

いつも拝見しております
hin-bp様の主張ですが、現実まさにそうだと思います
障害者差別などを勉強すればわかりますが、他国と比べて日本、日本人には働かざるもの食うべからず、お前は社会から生かされているんだからせめて態度は小さく愛想良くしてろ、そうしないと許さんぞ見たいな意識が深層に強くあると思います
せめて俺はこんなに生きるために働いて苦しんでるんだから、お前も苦しめ、障害者でも誰でも苦しめ、みんな仲良く苦しもう、みたいな
その思想は間違ってる、改めるべきと主張する人もいますよ
大概左翼系なんですが

これが沖縄だと少し違う気がするんですよね
自然災害の多い気候風土と、共同体で農耕を行う文化がそのような思想を生んだのではないかな

心配ないよ、生活保護はなくなる

日本はもうじき、超円安になって財政破綻して、ギリシャみたいになるから、その頃の生活保護費は今の1~万円程度で食っていけなくなるから、心配ないよ。
必死こいて働かざる得ない、自給自足やるか、自殺するか、ホームレスやるか、アジアで現地女性をみつけて婿として入って生き残るか。
その程度の状況になるから、なるようになるさっ。

No title

今はどうやって生活されているんですか?
あなたの具体的な近況が気になるんですが。

No title

まあそれが現実だと思います。。。
(迷惑がかかる前から、叱咤ではなく非難をされる日本
という部分はどうかと思いますが。。。)


>「カネがない人間に自由はないのだ、カネがないなら、死ぬまで働くしか無いのだ」
これに関しては、そこまでは思いません。

>「ひと月辺り3~5万円をコンスタントに稼ぐ手段さえ見つかれば」
それこそ貸家一軒さえ手に入れられれば、
かなりそれに近い状態になるかと。
一生働くなんて言わず、あくまでもそれまでの辛抱で。

実話ではないようですが、こんなのも。
→フリーター、大家さんになる http://p.booklog.jp/book/80227

No title

貧BPが批判されてる理由は恐らく働ける身体や年齢にもあるのに働かず生活保護を貰おうとしている姿勢なんでしょうね、

こればかりは心が労働を拒否しているみたいなので一度心療内科で相談してみてはいかがでしょう?ひょっとしたら心の負担を軽くする薬とか相談することで労働に対する拒絶反応の原因がみえてくるかもしれませんよ、

自分もいつか外こもりしながらのんびりリタイヤしたい夢があるのでぜひ貧BPさんにもある程度金を稼いで何年か先、東南アジアのどこかの国でお会いしたいですが、

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。