HOME > スポンサー広告 > ふと思う、無への道程ブログの動機HOME > ひとこと > ふと思う、無への道程ブログの動機

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

ふと思う、無への道程ブログの動機

 もう無への道程さんが自殺したと思われた時から、一年半ほどがたちました。早いものです。

 ふと思い立って「無への道程」でググってみたんですが、定期的に彼を気にし取り上げる新たなブロガーの人がいますね。それだけ、彼の「カウントダウンをして消えていく」というスタイルが人々に与えた影響は大きかったのだろうなと思います。

 彼がカウントダウンをしたのは、そうすることで助けの手が差し伸ばされるかもしれないという甘い期待を抱いていたのではないかという考えが思い浮かびました。
 助けの手というのはもちろん「死ぬんじゃない」なんていう言葉ではありません。「金がない程度で死ぬなんてバカらしい、俺は金が余ってるから、君に上げるよ」という、具体的な助けの手です。
 残りがどんどん減っていくが、言葉ではいくらでも批評されるのに、誰一人として具体的な手を差し伸べてくれない。せいぜい「働け」程度。社会なんてしょせんそんなもんだよねと悟りきって、死を選べたのかどうか……。

 いや、そう思ってるのは私自身ですね。月数万円で生活できるのにと書いておけば、どこかに物好きな人がいて「それぐらい上げるよ。本当にそれだけで生活できるか、見せてほしいもんだ。毎日ブログで生活を公開してくれれば、その実験に付き合ってあげるよ」という物好きで奇特な人の出現を、ずっと待ち続けていた。
 もしも今、そういう話を持ち込む人がいたら、ほいほいと乗ってしまうかもしれません。危ないですねぇ。臓器売買とか(笑)。気をつけないといけませんね。

 自活するというのは、そういう危険を避けるという意味もあるんですよね。社会的に認められる行為(労働、合法的不労所得)をすることで、他人に漬け込む隙を見せない。
 社会的に認められない、もしくは認められづらい行為(ニート、引きこもり、生活保護受給)で生きようとするほどに脇は甘くなり、危険が増す。そのことがわかってる人が多いから、生活保護をもらうよりも、ワーキングプアでも自活して生きていこうとする人が多い。だからこそ、社会というのは成り立っているのかもしれません。

 彼を、まじめに死に直面せずにそういう期待を抱いていたなんて言っては、彼を支持する人に怒られそうです。甘いのはいざお金がなくなっても動こうとしない自分であって、潔く死を選んだ彼ではないのですから。

 放射能を恐れて海外に逃げ出した人の多くが、ツイッターやブログをやっています。カナダ、バリ島、チェンマイ……。仕事を見つけ、自営業をはじめ、結婚相手を見つけて家族を持った人、いろんな人がいます。
 不思議と、ダメだったので逃げ帰ってきたという話は、みかけませんね。フェイドアウトしていった人はいくらでもいますし、その中にはおそらく、海外生活を維持できずに帰国した人もいると思います。私も同じですから。だけど恥ずかしいので、公開せずに消えていく道を選んだのでしょう。
 そんな中で相変わらず「落ちていく」過程を公開してる私というのは、我ながら不思議なもんだなと思います。匿名ペンネームだから出来る話であって、実名だったらとっくに恥ずかしくなって止めていたかもしれません。
 他のブログで「なぜ身バレをそこまで気にするのか」と書かれたことがあったんですけど、こういうことだと思いますよ。あとはいざ社会福祉に頼ることになったら、変な横槍を入れてもらいたくないというのもありますけど。
「おたくの自治体に生活保護を申請した○○という男のブログ、知ってます? 奴は働けるのに働こうとせず言い訳を重ねてるだけです。不正受給ですよ」などと言われて路頭に迷ったら、やりきれません。 

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

gonzou さん

> 乞食でも聞かれたことに答えないことだってあるだろ
> そんなこともわからないとは本物の馬鹿だな

私自身、全てのコメントにレスを返すわけではないですからね・・・

Re: 玄田牛一さん

名無し さん

> 玄田牛一さん。あんた、腐ってるよ。もはや四つ足以下のドエッタだよ。あんたにはもったいないわ、バックパッカーの冠は。生活保護でも恵んでもらって、街の便所掃除でもして懺悔しな。親不孝野郎、正真正銘の穢多非人、ださすぎて軽蔑するぜ。

いったいなんのことかと思ったら、「玄田牛一(げんだぎゅういち)」を縦に書くと「畜生」になるという差別用語だったんですね。
初めて知りました。勉強になりました。ありがとうございます。

Re: No title

佐村コーチ さん

> せめてモノ乞食なら聞かれたことには答える
> そんなこともできない乞食はこのブログ同様いらん

何の話ですか?

No title

乞食でも聞かれたことに答えないことだってあるだろ
そんなこともわからないとは本物の馬鹿だな

玄田牛一さん

玄田牛一さん。あんた、腐ってるよ。もはや四つ足以下のドエッタだよ。あんたにはもったいないわ、バックパッカーの冠は。生活保護でも恵んでもらって、街の便所掃除でもして懺悔しな。親不孝野郎、正真正銘の穢多非人、ださすぎて軽蔑するぜ。

No title

せめてモノ乞食なら聞かれたことには答える
そんなこともできない乞食はこのブログ同様いらん

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。