HOME > スポンサー広告 > なぜそこまで日本の将来に楽観的なのかHOME > 社会評論 > なぜそこまで日本の将来に楽観的なのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜそこまで日本の将来に楽観的なのか

勢理客さんに頂いたコメントですが、長くなりそうなので記事にします。

 テーマを一言で言うなら、「なぜそこまで私は日本の将来に楽観的なのか」。
 一般的には多額の赤字国債を筆頭として、日本の未来の社会福祉は崩壊するか、大幅に劣化するという考えが圧倒的です。ですが私個人としては、生きていけないほどに劣化するとはまったく思えないんですね。
(もちろん、そう思い込もうとしてるという突っ込みはあるかと思いますが、それはもう、どうしようもないことです。)

> 日本国内に居るしかない貧さんは、世界の富は増える一方でも、その恩恵に預かることは不可能だと思います。
> 再分配機能をもつ世界政府は存在しませんから、日本に住む貧さんが
> 「増える一方な世界の富」を受け取る可能性は、永遠の0です。
> 資産(溢れかえるお金)の分配方法のゆがみを貧さんは変えることは出来ないし、出来る人が現れたとしてもそれは貧さんが死んだ後のはなしでしょう。
> 日本は、既に超高齢化社会で、経常赤字国(世界の富は流入していない)です、、今後も日本の富は国外へ流出し続ける。
> それでも貧さんが、日本は豊かな社会を維持できると考える根拠はなんですか?


 グローバル化とタックスヘイブン放置による富の流出は、全先進国で起きています。アメリカといえど例外ではありません。
 また、格差貧困の拡大は、社会的不安を増大する一方で、その社会の再生産性をますます劣化させ、不安定化させていきます。その結果その社会や市場は魅力を失い、富の流出はますます進むことになります。
 その結果、多くの先進国は「過去の遺産としての強大な軍備」を抱えたまま貧しくなります。
 するとどうなるか?今の日本もそうですけど、右傾化が進む、奪われた富を再び我が手にのような右派政党が政権を取る可能性が大いにありえます。その結果は、強大な軍備を使用した侵略、最悪では第三次世界大戦でしょう。
 そうなったら、よほどの準備をして、国や地域を選び、自分の体と資産を事前にどこかに退避させることに成功する優秀な富裕層以外、全員どうしようもなくなります。
 これに対応しようと思えば、それだけの強大な資産を築くか、いっそのこと田舎にこもって自給自足の農家を始めるか、どちらかしかないでしょう。第二次大戦終了後、日本がどうなったかを考えるとわかりやすいかと思います。会社員なんかどうしようもなくて、田舎に物々交換に行ってたわけですから。
 そういう状態になって、街中に餓死者が溢れかえるような事態になったら、私はどうなるか? 餓死するか、どこかに泥棒に入って反撃されて死ぬか、どちらかでしょう。それはもうどうしようもないなぁと思います。

 こういう結論を望まないのであれば、勢理客さんは「再分配機能をもつ世界政府は存在しません」と言ってたけど、これを実現するしか無いだろうというのが、私の考えです。
 もちろん、言葉通りの世界政府は難しいと思いますが、タックスヘイブンを一律に規制するとか、そういう形での資産逃避の抑制になるかと思います。
 大前提として徴税の自由などの大原則、つまり「主権国家」の枠組みを考えなおさねばならず、これはこれでとても大変でしょう。ですが、グローバル化が進んでるのに主権国家の枠組みにこだわり続けること自体が経済的な問題を引き起こしているのも事実で、それを放置したら遅かれ早かれ大規模な戦争になるしか無いと思ってるので、それを避けたいならやはり、そこをいじることは避けて通れないと思います。

 では、そういう決断にいたるまでまだ時間がかかる、「貧さんが死んだ後のはなしでしょう」と言われてしまってるけど、生きてる間はどうなのか、という話。
 もし日本や他の先進国がそこまでいたるほど事態が切迫しないまま残り数十年を過ごせるなら、それはやはり、社会福祉も今の延長線上のままのはずです。街中が餓死者で溢れかえってるのに何も起きない、たとえば富裕層の家の焼き討ちとか、海外への侵略とか、そういうのが何も起きずに平和なままに格差が広がっていくというのは、ちょっと想像が難しいです。日本人がそこまで我慢強い……可能性は否定できませんけどね。

 社会の不安定さを解消する手段としてすぐに雇用創出を持ち出す人が多いけど、これはもう本当に時代遅れなんですよ。不況の解消と雇用創出が結びつかなくなってきてるというのは、今ではほうぼうで言われるようになってきてることです。社会の富、生産が、機械化と効率化によって雇用創出とは無関係になってきてる。これは人類史においておおよそ初めてと言っても良い出来事で、それを前に皆、戸惑ってるというのが事実だと思います。
 失業者とその割合が増えていってるのに、富の総量は増えていく。であれば、富の再分配は雇用や労働によらず、別の基準によらなければ、することができなくなります。
「働かざるもの食うべからず」と言って労働を基準とするならば、そりゃ、なにかしら働いている人間と、そうでない人間との富の格差が広がるのは当たり前。
 また、今までのライン工場のような労働集約型産業、つまり、同じ作業をする人が多ければ多いほど富の生産も増える時代においては、各人の生産性は似たり寄ったりなので「一億総中流」にすることが可能でした。AさんとBさんの生産能力は似たようなものでしたから。
 ですが今という時代はもうすでに、一人の生産性が他を圧倒するようになってきています。一社の生産性が他を圧倒すると言ってもいい。グローバル化によって優秀な一者・一社が独占する割合は増えていく一方です。地位間の物流や交流に距離と時間、法的な壁があった時代はそれぞれの地域ごとに分かれて成り立ってけど、グローバル化でそれが難しくなってきた。これもまた、よく言われることです。
 これに対抗するためにブロック経済化を推し進めようという話が最近は出てきてるそうですが、これは効率化・便利化にあえて背を向けようとする、時代に逆行した発想です。
 なぜこうなるか? それは先ほど取り上げた「主権国家の枠組み」に未だにこだわる姿勢にあるでしょうね。経済や物流などの「経済の枠組み」がグローバル化していってるのに、徴税や主権などの「政治の枠組み」が未だに昔のまま。その「政治の枠組み」を無理をしてでも変えないというなら、そりゃ、「経済の枠組み」も変えないようにして合わせるしかありません。
 いわば、国家レベルでのラッダイト運動(機械打ち壊し)とでも言いましょうか……まったく無意味で、時代遅れな発想だと思います。

 実はちょうど買ってきたばかりの本なのですが、『「いいね!」が社会を破壊する』という本があります。これの第3章が「便利の追求が雇用を壊す」……壊して何が悪いんでしょうかね?
 雇用や労働しか資産再分配の手段として考えられないと、こうなります。まだちゃんと読んでませんので、違う方向性だったら申し訳ないんですけど、おそらくはそういうことだろうと思いますよ。
 雇用に囚われ続けるかぎり、便利さ・効率さを前向きに捉えることは出来なくなります。

 グローバル化が大げさだとしても、日本というのは世界的に見て十分に大きな国家で、国内だけを見ても「国内のグローバル化」のようなものはすでにだいぶ進展してます。地域の商店街が廃れ、大きなスーパーマーケットにまとまっていく。これはもう止められないでしょう。「地域の商店街という労働を守るために」スーパーに反対するなんてのは、非効率です。

 今はまだ「働かざるもの食うべからず」とか言って富の再分配にあれこれ条件付けをしてるけど、遅かれ早かれ、富の総生産に見合う雇用を作り出せないことに気づくはずです。勢理客さんはそれにありつくのは無理だと言ってますが、そうやって富から排除し続けたら、行き着くのは戦争、もしくはテロでしょう。
 イスラムの人たちがなぜテロに走るかというと、なんだかんだと「富からの排除や格差」を正しいものとして言いくるめようとしてきた富裕層・富裕国家へのいらだちが爆発したからだと思います。先進国がヒステリックに「テロはよくない」と言って押し込めようとするのは、そのあたりの矛盾に気づかれたくないから、というのもあるでしょうね。
(911以前は、アメリカはロシアのチェチェン紛争や中国のチベット問題や、それらに由来するテロ行為について、国家側がちゃんと取り組むべきだ、譲歩すべきだと言ってきた。ところが911を経て、その矛先が自分らに向けられることに気づいた途端、テロはともかくダメに方針転換。その結果、ロシアや中国は非人道的テロ弾圧がやりやすくなったという話があります)

 難しいことをいろいろと書いてきましたが、格差拡大や貧困ってのは必然的に社会不安を生み出します。もし社会をちゃんと安定させたいなら、取り組まざるをえない。かといって技術的・経済的な進歩によって従来通りの雇用創出が出来なくなってきている。であれば、遅かれ早かれ、富の偏りを是正するために労働以外の基準を設けざるを得なくなるし、主権国家という枠組みそのものの変更への取り組みに動き出すしか無いと思ってます。
 それが100年200年後……というのは、大げさ。ほんの100年ほど前が明治大正時代で、その後の変わりようを考えれば、今の社会だって10年後にはどうなってるか、わかりませんよ?

 ちょっと最近の日本の風潮は、危ういと思いますよ。書店に行くと「日本最高!」「韓国中国はダメ」みたいな本ばかりが並んでる。異常なまでに自己肯定感を煽って外に敵を作るのは、戦争につながる道でしか無いと思います。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: お返事ありがとうございます

名無し さん

>  嫌韓本が書店の平台にズラッと並べられているのは、それが売れるからに他なりません。

個人的には、それが売れてしまうという日本の状況が心配です。同時に、隣国の状況も心配です。
おまえらもっと落ち着けという人が、両国共に必要だと思います。

今大事なのって、この一点だと思いますね。

お返事ありがとうございます

 嫌韓本が書店の平台にズラッと並べられているのは、それが売れるからに他なりません。

http://www.garbagenews.net/archives/2101334.html

こちらのデータをみると出版物の売り上げは年々落ち込んでいます。
そんな中、売れない本や雑誌(コンテンツ)を出すというのは広告媒体としての価値を損ない、休刊や廃刊に繋がってしまいます。本屋にしても同じで、より売れる本を並べないと商売としてやっていけないのです。

平台という商品価値の高いスペースに、政治的思想が入り込む余地はありません、売れるか、売れないか、のどちらかです。(大手の新聞やテレビ等では話は変わってきますが)

その本が売れているという事は、そのコンテンツに興味を持っている人が多いという事実を現しているだけです。いわば世相を写す鏡のようなものです。

 
 では、実際に嫌韓を世間に広めたのは何か?と考えると、ブログや掲示板のような小さな媒体だと思います。
韓国は外貨を獲得するために、国策として大量の広告費を日本のマス媒体に投下しました。これによって「韓流」のようなコンテンツが流行りましたよね。
皮肉にも韓国が注目された事によって、「反日」という要素まで際立たせてしまったんです。

貧BPさんがおっしゃるとおり嫌悪感を抱くのは自由です。そして、自分にとって嫌な事を広言している相手に反発を抱くのは、自然の流れではないでしょうか。特に、戦争を経験していない世代が主流になってきた今は、その流れが顕著です。

小さな個人の嫌悪感がWeb上で拡がっていき、ある程度の規模になった時点でドカンと拡散した。拡散したから嫌韓本が売れる土壌が出来上がった、というほうが自然だと思っています。


 ヘイトスピーチに関しては確かにいきすぎていますね。ただ、こちらに関しては、「どういった背景を持った人が、どういった意図でもって、どこまでの規模で」活動しているのかよく分かりませんので、何とも言えません。
ただ、社会的にヘイトスピーチが容認されているとは思えませんが……

大手をふって歩けるのは、所属するコミュニティにそういう姿を見られても大丈夫な方達なんでしょう。

 
 最後に、国策によるナショナリズムの主導を測るのに一番分かりやすいのは教育がどうなっているか、だと思います。

日本の教科書には今でも南京虐殺や従軍慰安婦の件も記述されています。戦争の肯定や賛美などはありません。お隣の国のように、自分の国を持ち上げるような記述もありません。


 僕は常々思うんですけど、右寄りだからといってそれは悪になるんでしょうか。右派、左派、とはあくまで政治的スタンスでしかないはずです。
左寄りだから平和的だ、右寄りだから好戦的だ、というのはただの決め付けでしかないと思います。

どちらの立場であっても、より自国を豊かにする、という目的は変わらないはずです。そこを履き違えて、ナショナリズムだと批判するのは思考停止以外の何者でもないと思っています。

長々と失礼しました。 
 



















Re: 記事の話題とは逸れてしまいますが。

名無し さん

> 何故、書店の平台に嫌韓本が並んでたら異常なんでしょうか?そして貧BPさんが考えている正常とはどんな状態なんでしょうか。何だかふと疑問に思ったので。

世界中ほとんどの場所で、隣国ってのは仲が悪いものです。
ですが、ことさらに隣国のここが悪いなんて話を流通させようとしたり、世論形成しようとしてる国は、なにかしら問題があるのではないかと思います。
日本に限りませんよ。

> 僕は感情的に考えると正常だと思います。隣の家に自分の悪口を言いふらす人がいたら、生理的に嫌悪感を覚えてしまいますから。しかも、何をしても許さないときています。

嫌悪感を持たれるのは自由ですけど、書店の平棚にずらーっと並んでるあれらの本は、嫌悪感を持たせていない人間にも持たせようとしてるように感じます。嫌悪感を抱いてない人がいたらそれは間違ってる、持て、抱け、憎めと言ってるようにすら感じる。それは、隣国で行われてる反日教育と変わりませんよ。彼らも日本を悪い存在と考えろと教育してるんですから。

完全に客観的な教育なんてそもそも無理と言われたら、それまでなんですけどね。

>  自己肯定に対しても、別段異常ではないと思います。確かにいきすぎると気持ち悪い側面もあります。けれど、自分が所属するコミュニティが、素晴らしいものだと思いたい感情を無視する事はできません。

行き過ぎてきてると、個人的には感じますね。
ヘイトスピートなどについても全面的に禁止すべきとか、法的に禁止すべきとは思わないんですが、そういうものが大手を振って歩く社会、それを支持する社会というのは、なんかおかしいと思います。
ちゃんと反対する人が出てきてるので、それはそれでいいことではありますけど。

>  また、これらの感情が戦争状態に続く道だと思っておられるみたいですが、戦争への決定的要因は希少なもの(権利やエネルギー、土地等)の奪い合いに他なりません。
> ナショナリズムによる自己肯定はただの戦意高揚策でしかないのです。

戦意を紅葉させようとしてるんじゃないかなぁ、と思うことがあります。

> もし、国が主導してナショナリズムを推し進めることがあるならば、異常と言わざるをえませんが……。

やっぱり今の安倍政権は、戦後でもっとも右的で、主導してナショナリズムを推し進めようとしてるとは感じます。

記事の話題とは逸れてしまいますが。

何故、書店の平台に嫌韓本が並んでたら異常なんでしょうか?そして貧BPさんが考えている正常とはどんな状態なんでしょうか。何だかふと疑問に思ったので。

僕は感情的に考えると正常だと思います。隣の家に自分の悪口を言いふらす人がいたら、生理的に嫌悪感を覚えてしまいますから。しかも、何をしても許さないときています。

例え、心から言っているわけではなく、またその悪口を気にする人がいないとしても、やっぱり無理ですね。

韓国とは経済的な結びつきが強いので、理性的に考えると仲良くするか適当にあしらっておけばいいんでしょう。しかし、人は感情で動く生き物ですから、戦争の当事者が少なくなっていく今現在において、嫌韓化していくというのはむしろ当たり前だと思います。

 自己肯定に対しても、別段異常ではないと思います。確かにいきすぎると気持ち悪い側面もあります。けれど、自分が所属するコミュニティが、素晴らしいものだと思いたい感情を無視する事はできません。

 また、これらの感情が戦争状態に続く道だと思っておられるみたいですが、戦争への決定的要因は希少なもの(権利やエネルギー、土地等)の奪い合いに他なりません。
ナショナリズムによる自己肯定はただの戦意高揚策でしかないのです。

もし、国が主導してナショナリズムを推し進めることがあるならば、異常と言わざるをえませんが……。

Re: No title

名無しさん

> それはおかしいですね
> そうなったのは中国韓国があらゆる手段で日本からゆすりたかりをしていること
> 特に韓国は何をしても一切感謝せず借金も返さずより一層たかろうとすること
> 天皇侮辱や竹島の上陸の結果であり、そのようなことがなけらばこんなことにはならなかったはずですが
> そんなに中国韓国が好きなら自分が住んでみては?

中国は好きで、中国語留学をしようと思ったこともあるんですよね。

と、問題はそういうことではないです。そういう意見があっても構いませんけど、そういう本ばかりが書店の正面の平台にずらっと並んでるような状況は異常だと思いますよ。それは隣国が実際に異常かどうかとは別の話です。

Re: NEVADAは明日も更新される

勢理客 さん

> 貧さんは、単なるなまけ者であることをお母様には見抜かれている事実を、辛くても今直視しなければ後退する一方です。

……そりゃ、働くのが嫌いな怠け者だから、できるだけ働かないようにするために外こもりをしていたし、目指してもいたわけですからね。このブログの、とくに「なぜ外こもりを目指すのか」あたりの過去記事を見ていただければ、最初からそうだったとお分かりいただけるかと思うんですが。

No title

>ちょっと最近の日本の風潮は、危ういと思いますよ。書店に行くと「日本最高!」「韓国中国はダメ」みたいな本ばかりが並んでる。異常なまでに自己肯定感を煽って外に敵を作るのは、戦争につながる道でしか無いと思います。

それはおかしいですね
そうなったのは中国韓国があらゆる手段で日本からゆすりたかりをしていること
特に韓国は何をしても一切感謝せず借金も返さずより一層たかろうとすること
天皇侮辱や竹島の上陸の結果であり、そのようなことがなけらばこんなことにはならなかったはずですが
そんなに中国韓国が好きなら自分が住んでみては?

NEVADAは明日も更新される

連投すいません、最期にします

「・・だと思いますよ」「ほとんどの人は相変わらず・・」と、自分を誤魔化すための異常なまでの自己肯定で、他人へ責任転嫁し先送りするのはもうやめにすべきです。
自分の母親すら説得できない持論は、価値観のせいでなく詐欺かつ詭弁にすぎないからであることを認める時です、現実を視よ©柳井社長 です。
貧さんは、単なるなまけ者であることをお母様には見抜かれている事実を、辛くても今直視しなければ後退する一方です。

Re: NEVADAの爪の垢でも煎じてのむべき

いや、そんな大げさな話ではなくて、今の日本の老人の、普通の価値観というだけの話だと思いますよ。

今後の社会の進展をなかなか的確に予想してる人でも、ほとんどの人は相変わらず雇用や労働を大前提に物事を考えることから抜けきれてません。
私のような考えは残念ながら、今はまだ少数派なのは分かってますし。

NEVADAの爪の垢でも煎じてのむべき

>自分は(生活保護をもらって)なんとでもなるからとは、何度も言っているのですが・・
「扶養します」と絶対に答えてしまう・・無理なんです・・

説得出来ないのは、貧さんの生保は権利であり新しいライフスタイルである、という主張が詐欺であり詭弁である何よりの証拠です。
あばれ狸さん  の目は誤魔化せても、親の目は誤魔化せないということです。
本当は働けるのに無駄に高いプライドのせいで働かず、社会福祉を悪用し不当利得を得ようとする、単なるなまけ者である息子といえども犯罪者にするわけにはいかない、という親心です。
性格のせいではありませんし、どうなるやら・・などもってのほか。
悔い改めるのは、今しかないのです。

Re: 確かにNEVADAが何書いてても関係ないですね

勢理客 さん

> 貧さんは働くと死にたくなる病気なのだから、仮病(詐欺)ではなく、資産基準等を満たせば生保受給するのは合法であるとの理屈、理解しました。
> 日本の将来がどうであろうと、選択の余地が生保受給一択である貧さんに、意味が無い質問をしてしまい失礼しました。
> この先は余談ですが、
> 老齢のお母様の金銭負担を減らすためにも、貧さんは今すぐ一人暮らしを始めて受給申請をすべきです。
> 数年先には、、などと言い訳をしている場合ではありません。

これなんですが、母が実際に就労しており、貯金もおそらく数百万円あり、扶養義務の調査が入ったら「扶養します」と絶対に答えてしまうのが明らかなんで、無理なんです。
本人確認済みです。意地でも、限界まで扶養しようとしてしまうでしょう。これは性格の問題なので、いかんともしがたいです。そのうえ母は、ただでさえ少ない給与から田舎の祖母に仕送りすらしてる状況です。

実際に生活保護を受給するようになるのは、母子ともに困窮してからということになるでしょう。
母には自分で稼いだお金は自分のために使うべきだ、自分は(生活保護をもらって)なんとでもなるからとは、何度も言っているのですが。

母が完全に退職した時点で、有り金すべてを使い、頭金を積むことで入所できるまともな老人ホームを探し、きれいにお金を使いきってもらって、名実ともに他人(私)の扶養が無理な状態にしつつ、母自身の生活は保証されるようにするというのが、今のところとれる最善策ではないかと思ってます。
ただ、母自身はいまのところホームに入るつもりはなく、可能な限り働き続けると言ってますので、どうなるやら・・・という感じです。

Re: ワープアの現実

かげ さん

> 生保だと月額20万円相当の消費可能と仮定してね
> よくわからないけど現在の貧BPさんも
> 月に15万円も消費してないでしょ
>
> 現行の生保とワープアの問題点はそこにあって
> 生保が恵まれすぎている または
> ワープアが悲惨すぎる
> ということはある程度共有されているはず

生保受給者の実質可処分所得は、食費を含めて数万円なんですよ。
生保が恵まれすぎているというより、ワープアが悲惨すぎるというのが正しいと思います。

> で、是正する策として、BI、最低賃金、収容所等が
> あるわけで

そうですね。

確かにNEVADAが何書いてても関係ないですね

貧さん、
あばれ狸さん
>過去の発言見ても・・

見ました、そうだったんですね!
てっきり、福祉制度を悪用しようとしてる、プライドだけは無駄に高いなまけ者、と勘違いしていました。<(_m_)>
貧さんは働くと死にたくなる病気なのだから、仮病(詐欺)ではなく、資産基準等を満たせば生保受給するのは合法であるとの理屈、理解しました。
日本の将来がどうであろうと、選択の余地が生保受給一択である貧さんに、意味が無い質問をしてしまい失礼しました。
この先は余談ですが、
老齢のお母様の金銭負担を減らすためにも、貧さんは今すぐ一人暮らしを始めて受給申請をすべきです。
数年先には、、などと言い訳をしている場合ではありません。

ワープアの現実

>生活保護もらってる人でも本ぐらい買えます。もし今の私が本も買えないのだとしたら、生活保護以下の生活をしてることになってしまいますね。

いや、わしは生活保護以下の生活なんて、何度も陥ってるけどw
(いや買おうと思って買えないことはない。ただ生活が苦しくなるだけで)

生保だと月額20万円相当の消費可能と仮定してね
よくわからないけど現在の貧BPさんも
月に15万円も消費してないでしょ

現行の生保とワープアの問題点はそこにあって
生保が恵まれすぎている または
ワープアが悲惨すぎる
ということはある程度共有されているはず

で、是正する策として、BI、最低賃金、収容所等が
あるわけで

Re: No title

あばれ狸 さん

> 今回のお話は、正直あまり現実味が感じられませんでした。第三次世界大戦とか。

大げさに書いたのも事実ですけど、行き着くとそういうこともありえるだろうなとは、思ってます。

> 働いてる奴らが変だなんて言ってないと思うのですが。あと、今回の話は社会福祉の対象が拡大されるに違いない->よって、自分も社会福祉の対象となりうるとみている、ってことを言ってるだけのように思うのですが。
貧bpさんに働く気がなくなったのは、単に個人の問題(ブラックな職場に当たってしまったとか、会社勤めに向いていないとか)ではないでしょうか。
> 過去の発言見ても、貧bpさんは自分がマイノリティーであることは認めてますし、働いて充実感を覚える人はいい生活をしてるようなことを書いていたと思いますが。単に自分がそういう人間ではないというだけで。

合ってますよ。働いて家族を持つという幸せだってちゃんと存在してると思いますし、それが多数派なのも、理由があるのだと思います。

Re: No title

しん@アジア浮浪人?不労人? さん

> でも、もし作家方面で生計を立てるなら、
> 今の時期だからこその思考、そして記事も大事な資産かも。
> 最近、商業出版相談サービスについてつぶやかれてましたが、
> それこそ本気なら、初期費用はお祖父さんに相談されてはどうでしょう。
> 内容はともかく、孫の本が出版される!
> 意外に貧BPさん以上に乗り気になるかも。(^_^;)

それはそれでなかなかおもしろいので、考えてはみたいと思います。

Re: No title

しん@アジア浮浪人?不労人? さん

> 貧BPさんは頭が良くて考えすぎてしまう、
> そして潔癖で妥協できずに理想を追うがゆえに、
> より一層労働が無意味に感じ、するきになれないのかなと。

頭がいいかどうかはよくわかりませんけど、考えすぎるというのは確かにあると思います。

> 私も労働が大嫌いで、脱社畜とかつぶやきますが、
> でもそうそうこの社畜文化は変わらず、仕方なく現状を受け入れ、
> どう低労で生きていくかを模索しています。。。
> (それと並行して、変化することを願いつぶやいたりもしますが)

それにも疲れてしまったというのが現状でしょうか・・・。

> 最近の貧BPさんのブログと実際にお会いした印象が。。。
> オフ会でお会いした時には若々しく、
> 質問されたときの回答をホワイトボードに書く姿、
> 「それはですね!」と言わんばかりの生き生きした姿。。。
> それがそのまま収入に結びつくようなことがあれば、
> 貧BPさんの世界が、大きく変わりそうな気がするんですけどね。

一般的にそういうものをお金を作り出せる仕組みにつくり変えることが才能とか努力と言われるもので、そのどちらも無かったのだという現実を受け入れるしか無いんだろうなと思ってます。

Re: やはり楽観論はNEVADAが論破済みだ・・

勢理客 さん

> ただ、生保を悪用しようとする不正受給者と貧さんの違いが一層わからなくなりましたw
> とても冗長な文章ですが、中身は「俺が働く気がなくなったのは全部社会のせいで、俺は全く悪くない、悪に気付かず働いてる奴らこそ変だ!」
> と、異常なまでの自己肯定だけ。

不正受給者とか弱者利権を狙う不届き者というのは、生活保護受給者を劣悪な環境に住まわせて法外な賃料を取る貧困ビジネス業者や、しっかり稼いだり貯金があるのにそれを隠して受給しようとする人のことを言うんです。
資産基準など条件を満たしてもらうことを、不正とはいいませんよ。

> 貧さんをイラつかせるコメントが多いのも、全てを他人のせいにして自己を正当化(被害者なりすまし)しようとするご自身が持つ妬み、僻み、厚かましい強欲さ、故です
> 出来ない(動かない)理由を一生懸命捻り出し、他人の足を引っ張り、人の悪口だけは熱心にする、最も信用できない詐欺師だからです。
> 多くは語らないけど、次回は、酷な環境に育った俺が制度を悪用する詐欺師とは違う7つの理由。って記事を書いたらどうですか?

さきほども他の方へのコメントで書きましたが、詐欺という言葉の使い方が間違ってますよ。
100円払う代わりにお菓子を貰う約束で100円払うのに、お菓子が渡されない。これが詐欺でしょう。他人をだまして、金品を奪ったり損害を与えたりすることです。
社会福祉や人権とは、なにかを代償として渡すことを条件とするものではありません。だますも何も、現に資産がなくて困窮してるなら、それで条件は満たしてます。隠してたら、詐欺でしょうけど。

Re: タイトルなし

ああああ さん

> もう人工知能分野等の技術革新で、労働の無い世界の実現するしかないと思ってます。

同感です。正しくは労働が無い社会というよりは、労働が生存の条件にならず、自由意志で選択できる社会ということになると思いますが。
ボランティアは無給労働と言えますが、やりたい人は多いですしね。私はやりたいと思ったことがないんですけど。

Re: No title

名無し さん
> ブログ主さんが一人で戦争やテロを起こすんですか?

いえいえ。そうなるだろうなという、個人的な考えです。
実際のところ、日本が今のように豊かなのにが死に追い込まれるようなことがあるなら、最後の最後に国会議事堂に突っ込むぐらいのことはするかもしれないですね。
いや、その元気もなくて静かに死んでいくのかもしれない・・・それはわかりません。

Re: 実はちょうど買ってきたばかりの本

かげ さん

> 金があるやないか
>
> わしも本買いたいw
> 買っても読まなかったりするともったいないな
>
> そうだ技術書を買おうかと・・・

生活保護もらってる人でも本ぐらい買えます。もし今の私が本も買えないのだとしたら、生活保護以下の生活をしてることになってしまいますね。

No title

今回のお話は、正直あまり現実味が感じられませんでした。第三次世界大戦とか。

ただ、

>書店に行くと「日本最高!」「韓国中国はダメ」みたいな本ばかりが並んでる。

これは単純にキモいと思いますね。褒められたり、好きだって言われないと自信が持てない人みたいで。どういう人がこういう本を買うのかにはちょっと興味がありますけど。


勢理客さん

横から失礼しますが

>>「俺が働く気がなくなったのは全部社会のせいで、俺は全く悪くない、悪に気付かず働いてる奴らこそ変だ!」

働いてる奴らが変だなんて言ってないと思うのですが。あと、今回の話は社会福祉の対象が拡大されるに違いない->よって、自分も社会福祉の対象となりうるとみている、ってことを言ってるだけのように思うのですが。貧bpさんに働く気がなくなったのは、単に個人の問題(ブラックな職場に当たってしまったとか、会社勤めに向いていないとか)ではないでしょうか。

過去の発言見ても、貧bpさんは自分がマイノリティーであることは認めてますし、働いて充実感を覚える人はいい生活をしてるようなことを書いていたと思いますが。単に自分がそういう人間ではないというだけで。

私の理解であってますか?貧bpさん。間違ってたらすみません<(_m_)>

No title

連投失礼します。

でも、もし作家方面で生計を立てるなら、
今の時期だからこその思考、そして記事も大事な資産かも。

最近、商業出版相談サービスについてつぶやかれてましたが、
それこそ本気なら、初期費用はお祖父さんに相談されてはどうでしょう。

内容はともかく、孫の本が出版される!
意外に貧BPさん以上に乗り気になるかも。(^_^;)

まあこのマンガを読んでたとき、その思いつきですけどね。
http://paintmanga.web.fc2.com/original_manga/004q3/q369.htm

No title

貧BPさんは頭が良くて考えすぎてしまう、
そして潔癖で妥協できずに理想を追うがゆえに、
より一層労働が無意味に感じ、するきになれないのかなと。

私も労働が大嫌いで、脱社畜とかつぶやきますが、
でもそうそうこの社畜文化は変わらず、仕方なく現状を受け入れ、
どう低労で生きていくかを模索しています。。。
(それと並行して、変化することを願いつぶやいたりもしますが)


最近の貧BPさんのブログと実際にお会いした印象が。。。
オフ会でお会いした時には若々しく、
質問されたときの回答をホワイトボードに書く姿、
「それはですね!」と言わんばかりの生き生きした姿。。。
それがそのまま収入に結びつくようなことがあれば、
貧BPさんの世界が、大きく変わりそうな気がするんですけどね。

やはり楽観論はNEVADAが論破済みだ・・

コメントに対し長文記事を書いて頂き、ありがとうございます

ただ、生保を悪用しようとする不正受給者と貧さんの違いが一層わからなくなりましたw
とても冗長な文章ですが、中身は「俺が働く気がなくなったのは全部社会のせいで、俺は全く悪くない、悪に気付かず働いてる奴らこそ変だ!」
と、異常なまでの自己肯定だけ。

貧さんの回答も、思考停止を拗らせすぎてるだけです。
日本にいる貧乏人は常に清く正しく、金儲け出来た人(富裕層)は強欲で汚いからもっと税金を盗れば「健康で文化的」なライフスタイルが将来も約束される、という周回遅れの発想で、 ?しかない。
そして、金を稼げない自分、他人からの信用が無い自分を必死に、正直で真面目で清濁併せ飲めない人といくら正当化(偽装)しても、社会福祉を悪用しようとする卑しい魂胆が、(隠そうとしても)文面から滲み出てしまっている。

貧さんをイラつかせるコメントが多いのも、全てを他人のせいにして自己を正当化(被害者なりすまし)しようとするご自身が持つ妬み、僻み、厚かましい強欲さ、故です
出来ない(動かない)理由を一生懸命捻り出し、他人の足を引っ張り、人の悪口だけは熱心にする、最も信用できない詐欺師だからです。
多くは語らないけど、次回は、酷な環境に育った俺が制度を悪用する詐欺師とは違う7つの理由。って記事を書いたらどうですか?

実はちょうど買ってきたばかりの本

金があるやないか

わしも本買いたいw
買っても読まなかったりするともったいないな

そうだ技術書を買おうかと・・・

世界大戦前の大恐慌の時も、実は世界はグローバル化してたらしいですね。行き過ぎたグローバル化で不況が世界を襲い、それを止めるためにブロック経済を行ったら行き詰まった国が戦争を仕掛けました。今の世界と同じジリ貧の状況ですね。日本にとっては反グローバル政策が得でしょうがそれで行き詰まった国が戦争を仕掛けるかもしれません、かといってこのままグローバル化を続けても世界が競争で疲弊するだけでしょう。もう人工知能分野等の技術革新で、労働の無い世界の実現するしかないと思ってます。

No title

>今はまだ「働かざるもの食うべからず」とか言って富の再分配にあれこれ条件付けをしてるけど、遅かれ早かれ、富の総生産に見合う雇用を作り出せないことに気づくはずです。勢理客さんはそれにありつくのは無理だと言ってますが、そうやって富から排除し続けたら、行き着くのは戦争、もしくはテロでしょう。

ブログ主さんが一人で戦争やテロを起こすんですか?

んーおもしろい

全部読んでいないけどw
おもしろいのでひとこと

まあイイネみたいな感じで

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。