HOME > スポンサー広告 > 「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?HOME > 社会評論 > 「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?

 先日ちらっと紹介した『「いいね!」が社会を破壊する』(楡周平)、読み終わりました。
 過去も、現在も、未来も、本当によく分析できてるし、そのとおりだと思うことばかりでした。

 ただ一点を、除いて。

 それは筆者が、今の日本のみならず世界全体で当たり前な、「雇用」「労働」がなければ社会は成り立たないという価値観を強く信じていること。利便性を追求し続ける限り、将来の社会は雇用が生まれない「勝者なき社会」になるんだそうです。圧倒的多数の上に立つ、ごく少数の超富裕層が生まれると。
 この本の結末ではあるんですが、あえて引用します。

 だって、これでは経済が成り立つはずがありませんもの。一兆円のパイをシェアするにも、一OOO億円の資産を持つ富豪が十人いたって、消費には限度がありますからね。誰がどう考えたって、年収五OO万円の中間層が二十万入いた方がお金が回り、経済が活性化するに決まってるんです。結局、富の偏在は、プラットフォーマーを始めとするネット企業にとっても、決していい結果を招かない。低所得者層が圧倒的多数となれば、肝心の消費が落ち込み、それはあらゆる産業の業績の低下を招き、広告に依存するネット企業の収益源が絶たれてしまうととになるのです。(P.232)

 そりゃ当然です。ここでなぜこの筆者をはじめ、一般の言論人や政治家は「1000億円の資産を10人に持たせるのではなく、その資産を再分配する」ということを考えないのでしょう?
 それは、彼らが再分配の基準や条件として、労働しか考えられないからです。
 つまり、待ち受けているのは勝者なき世界。どれほど優れた製品を開発しようとも、魅力あるプラットフォームを立ち上げようとも、誰も対価を支払わない、いや、支払えない社会となってしまうのです。どれも人聞が、より快適な、より便利な生活を追い求め、無駄を排除し、より効率的な仕事をと考え続けてきた結果です。労働からの解放を夢見て、技術を進化させてきた結果でもあります。巷間よく「寝て暮らすのが夢だ」と言われますが、まさにその時がやってくるのです。スマホを握り締め、パソコンを見詰めながら「寝て暮らすしかない」時代が。(P.232)

 優れた商品を作っても10人しかお金を持ってないなら、10人しか買えません。彼ら超富裕層は無限の金を持ってるけど、iPhoneを何億台も買うわけにはいきません。1つか2つあれば事足りますからね。
 どんな高級食材であっても買って、食べられる量には限りがあります。使ったお金が増えれば満足度も増えるわけではないってのと、同じですね。これを限界効用逓減の法則と言います。
 であれば、持ってても使い道がない金を配り、需要を増やし、少しのお金で満足度が高く限界効用が有効な人々に使ってもらえばいいんです。
 より便利な生活を追い求め、無駄を排除し、より効率的な仕事をと考え続けてきて、ついに労働が、雇用が生み出されない社会が目の前に来てる。その社会を目前にして「勝者なき社会」だなんて言い方は、ただ単に、資産の再分配の方法を新たなものに入れ替えないために起きるものです。
 労働からの解放を目指してきたんだから、素直にその成果を皆で仲良く享受すればいいだけじゃないですか。1000億円の資産を10人が持つ社会とは、言い換えれば、10人で1000億円を生み出せるということです。自分では使い切れないだけの巨額の富を、ごく少数で作り出せることができるようになるのが、未来社会です。貢献や成果、労働に応じてそのまま報酬を与えるととんでもないことになるのが、未来社会なんです。
 今の雇用・労働・資産分配のルールそのままで迎える未来は、地獄でしょう。ですがそこを意識して変えていけば、天国になると思います。

 著者はなんとも悲観的ですが、私はこういう未来に楽観しか感じることは出来ません。

 ちょうどちきりんさんがさきほど「自立するって、ほんとすべての第一歩だよね。自立してない間って、自分の人生は始まってないも同然だもん。」とつぶやいていたけど、今後はこういうありきたりな自立の概念自体が変わっていくと思いますね。
 極小数の人間が全世界の人が生きるに足るだけの富を作り出す社会で、そこに依存して生きる大多数の人間は自立してないから、ダメなのか。自由でないのか。それでは自由と言えるのはごく少数の大富豪だけになってしまいます。
 技術の発達や社会のありようについて考えるのは、雇用や労働だけでなく、自立や自由を考えることにもつながっていくのでしょう。

 筆者の価値観はともかく、本の大部分は、技術の発展がどれだけ雇用を、労働をなくしていくかということについての説明に割かれています。タイトルで失敗してる見本のような本です。これじゃよくわかりませんよ。
 せっかくなんで目次を紹介しておきます。私は著者のように実例や参考資料を的確に引用し、論を作るのが大の苦手です。頭のなかの話を書き綴るのは得意なんですけどね。ブログを見てくださってる皆さんには、すでにお分かりかと思いますが。
 私がこのところ言ってる話が、ちゃんとした実例や参考資料をもとに説明したらどうなるのかというのは、この本を読んでいただければそれでいいかなと思います(^^;;;
第1章 超優良企業はなぜ潰れたのか
一つの産業が丸ごと消えた/ビジネスモデルが確立されすぎていた/「デジタル時代の到来」も見越していたのに……/「急いでデジタルに切り替えない」/企業の挑戦を株主が妨げる/「営業ノルマ」というジレンマ/世界初の汎用デジカメも発売/他社が必ず乗り出してくる/カメラ付き携帯とプログ人口/流通網も急激に縮小/イノベーションの波が雇用を壊す/会社の生き残りと社員の雇用は別の問題

第2章 素早く動き、破壊せよ!
中小書店を駆逐したアマゾン/二大大型書店も苦境に/日本にもよく似た現象が/ アメリカほどの影響はないものの/委託販売制による自転車操業/部数は減って、刊行点数は増加/電子書籍は必ずや支持される/写真産業と同じ顛末に?/「読むツール」から「人に読ませるツール」へ/プロの目を経ずに並ぶ作品/夢のような環境/市場を虎視耽々と狙うプラットフォーマー/海賊版が野放しに/業者の「素性」は一切分からず/出版社の間接部門が不要に/「素早く動き、破壊せよ」

第3章 便利の追求が雇用を奪う
自分のクピを締める者に拍手喝采/ すべては人手を減らす方向へ/「人」は経営の最大のリスク要因/数万食の食材をたった九人で!/格安航空会社が成り立つ理由/雇用そのものが「無駄」/仕事のやり方をシステムに合わせる/流通の歴史は人減らしの歴史/総合スーパーが街を壊滅させる/工場を誘致しても雇用は増えない/コンビニ宅配の限界/「買い物難民」は死語に/小売店の存続は困難に/ネット通販と卸、相互のメリット/実店舗がネット通販の「ショールーム」に/因果応報/イオンの「即日配送」/ アマゾンは物流企業

第4章 「いいね!」ほど怖いものはない
3Dプリンターの衝撃/「物」がマシーンに飲み込まれていく/人間の手を経ずして作られる製品/スマホで人は幸せになったのか?/「サボリ」が大目に見られなくなる/LINEは本当に「ただ」なのか/ ただほど怖いものはない/フェイスプック「顔データベース」の真の狙い/ 個人の「すべて」を把射にかかるグーグル/ グーグルとフェイスブックが合併したら/「エシュロン」そのもの/ネットの時代に「坂本龍馬」は存在できるのか/「プロポノ」へのかすかな違和感

第5章 勝者なき世界
若い世代が未来の展望を描けない/ 住宅と子供が人生のリスクに/ 年金と履用の二者択一/「新卒就職難」の本質/ ネットが拍車をかけた就活地獄/ 自動車関連産業も縮小/メンタルを理由に休戦する若者たち/「ただ乗り」がコンテンツビジネスを殺す/プロの仕事が否定される/ 勝者なき世界

 今までの外こもり話が中心だった当ブログの推薦図書が『日本を降りる若者たち』であるなら、社会問題が中心になる(?)今後は、これが推薦図書になるかもしれませんね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

「いいね!」が社会を破壊する (新潮新書)
楡 周平
新潮社
売り上げランキング: 32,859

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: ただ飯を永遠に食べ続けたい

1千万は5年で作れる さん

> とりあえずBPさんが生活保護受給権を勝ち取ってから言わなければ説得力に欠けるし、空想の域を出ないでしょう。

こうした「当事者でない人の意見は意味が無い」という言い方には大いに問題があると思いますよ。
実際に受給するようになるかはともかく、当事者しか発言してはいけないというのでは、言論の幅が狭くなりすぎます。

> BPさんという人を簡単に表現すると「ただ飯を永遠に食べ続けたいと願うアラフォー男」で、それがBPさんのコアな部分です。

間違ってないと思います。そのとおりなんで。

> そんなBPさんの今後は以下の3通りです。
> ①アラフォーになっても自立できず,かあちゃんに飯をたかる(今ココ)
> ②かあちゃんに頼れなくなったら、国民にたかり生活保護で生活し、死ぬまで世間の人に蔑まれて生きる
> ③生活保護申請が却下されたら、犯罪を犯し、刑務所でただ飯を喰う
> 僕の推測だとBPさんは生活保護受給資格は得られない。理由は言わない。結果、刑務所とシャバを往復する人生になる。

理由教えて下さいよ、私自身は、もらえるものと確信してますが。刑務所になんか入りたくない。

> 底辺が詰む様を綴るブログは貴重なので、今後もブログは続けてください。月1位で訪問して、凋落する姿や自分の予測が当たるかどうか観察したいので。

それならせめて、ブログ左上の投げ銭ぐらいおねがいします。

Re: No title

名無し さん

> 確かに、一部の超富裕層が無駄に金を貯め込むというのは経済的には悪影響しか生まないと思います。問題なのは、たとえそうであるとしても、彼らが自らの富を貧困層に分け与えようとは決して思わないこと、なんですよね・・・。たとえ悪い社会に向かうことが100%分かりきっていたとしても、自分たちに何らかのメリットがない限り、再分配に応じるように彼らを説得するのは不可能だと思うんですよ。この国がどうなろうとも、貯め込んだ外貨で海外に逃げればいいだけですからね。「俺の知ったことじゃない、俺らさえ安楽ならゴミカス共などどうでもいい」と。

富裕層が海外に逃げ出すというのは本当によく使われる常套句なんですが、もし逃げ出して世界の何処かに富裕層ばかりが住む税金格安の国家が生まれたとしても、その構図は、指摘した社会における資産格差の問題を国際規模に拡大しただけなんです。

一国の中で超富裕層と多数の貧困層
世界の中で超富裕国家と多数の貧困国家

問題は同じです。逃げ出したところで結局世界規模での資産の循環が滞り、まわりまわって超富裕層も困ることになるだけです。彼らはそれがわかってないんですよ。

> 超富裕層の供出した富がそのままベーシックインカムとして貧困層に流れる、そうなれば一番いいのかもしれませんが、どうしたものですかね・・・

結局は、使い切れない金を抱えても無意味だと分かってもらうしか無いんだと思います。

ただ飯を永遠に食べ続けたい

>これからの社会は、福祉に頼って生きる人が増えていく一方の社会だと思います。そういう人が過半数になるのも、あと数十年以内だと思います。

とりあえずBPさんが生活保護受給権を勝ち取ってから言わなければ説得力に欠けるし、空想の域を出ないでしょう。

BPさんという人を簡単に表現すると「ただ飯を永遠に食べ続けたいと願うアラフォー男」で、それがBPさんのコアな部分です。

そんなBPさんの今後は以下の3通りです。
①アラフォーになっても自立できず,かあちゃんに飯をたかる(今ココ)
②かあちゃんに頼れなくなったら、国民にたかり生活保護で生活し、死ぬまで世間の人に蔑まれて生きる
③生活保護申請が却下されたら、犯罪を犯し、刑務所でただ飯を喰う

僕の推測だとBPさんは生活保護受給資格は得られない。理由は言わない。結果、刑務所とシャバを往復する人生になる。

ただ飯を喰い続けることは簡単です。普通の人間が恥じだと思うことを、自分にとって都合のいい文章や条文だけを引用して、正当な権利だと永遠に自己弁護を続けていけばいい。ここ最近の長文を一言で纏めると自己弁護。この先もずっとブログの内容は自己弁護でしょう。

底辺が詰む様を綴るブログは貴重なので、今後もブログは続けてください。月1位で訪問して、凋落する姿や自分の予測が当たるかどうか観察したいので。

No title

>資産格差は富裕層にとっても良い社会を作らないというのは、本の引用でも出ていましたよね? その原因は圧倒的大多数が消費するためのお金を持たず、逆に一部の超富裕層が使い切れないだけの金を無駄に保有することにあります。

確かに、一部の超富裕層が無駄に金を貯め込むというのは経済的には悪影響しか生まないと思います。問題なのは、たとえそうであるとしても、彼らが自らの富を貧困層に分け与えようとは決して思わないこと、なんですよね・・・。たとえ悪い社会に向かうことが100%分かりきっていたとしても、自分たちに何らかのメリットがない限り、再分配に応じるように彼らを説得するのは不可能だと思うんですよ。この国がどうなろうとも、貯め込んだ外貨で海外に逃げればいいだけですからね。「俺の知ったことじゃない、俺らさえ安楽ならゴミカス共などどうでもいい」と。
超富裕層の供出した富がそのままベーシックインカムとして貧困層に流れる、そうなれば一番いいのかもしれませんが、どうしたものですかね・・・

賎視、差別心

人間である以上、こういった感情の根絶はできないはず

神、仏レベルでなければ

例えば、エリートの東大卒の官僚の中にだってあるし
高収入のサラリーマンの中でもある

タレントの中にだってあるだろうし




Re: タイトルなし

ああああ さん

> あとは世界がBIに頼らざるを得ないレベルにまでこの状況が進行するのを待つ我慢大会だと思います。
> 今のダンピング競争でもまだ働きたい人はがんばって働けばいいけど、俺は消費も抑えて適当に生きたいです。

ですよね~。

Re: No title

通りすがり さん

> 前にも書きましたが、働いている人が、働かず公的保護をもらっている人への賎視、差別心は無くす事ができないと思います。

難しいとは思いますし、完全になくすことは無理かもしれません。たとえば1割が働いて、9割が福祉で生きる社会になったとして、1割の人は「俺達が居ないとあいつら生きていけないんだぜ、惨めな奴らだな」と思うことを止めることは難しいでしょう。
というか、完全にそういう人を無くすなんて、そちらのほうがよほど不健全です。社会全体として、まぁ福祉で生きるのも仕方ないよね、というようになれば、それで十分かと思います。

Re: No title

タルソーヤ さん

> 通りすがりさんの考えるようなピラミッドを作って富を配るんでなく
> 私的にはベーシックインカムでお金を配って欲しいですね
> 日本なら今すぐにでもできると思ううんですが

同感。

Re: No title

名無し さん

> それでは、具体的にはどのように変えていけばいいと思いますか? 少数の富裕層が再分配に応じるためには、富裕層の富をただ奪うだけではなく、彼らにもそれなりのメリットがある社会制度が必要だと思います。「楽観しか感じることができない」と言うからには、それなりの具体的な根拠を示していただきたいですね。抽象的な現実離れした理想論ではなく、富裕層が再分配に応じずに格差社会がどんどん酷くなる一方の現状を見据えた上での、地に足の着いた現実的な提案をお願いします。

おそらくですが、ここで具体的な根拠を示し、地に足の着いた具体的な提案とやらができるだけの能力があれば、この主張だけで本を何冊も出して、大学教授にもなれてたかもしれません。
それが出来ないのは、残念です。

それでもあえてがんばって書いてみるとしたら、資産格差は富裕層にとっても良い社会を作らないというのは、本の引用でも出ていましたよね? その原因は圧倒的大多数が消費するためのお金を持たず、逆に一部の超富裕層が使い切れないだけの金を無駄に保有することにあります。
お金は経済の血液と言われていますから、ともかく循環し流通させて、必要な需要と消費を創りだしていかなければなりません。
その「条件」として、たしかにピラミッドを作れだとか、そういう無駄な公共事業を行うという発想はあるかもしれません。つまり、どんな形であれ働いてくれないと金を分け与える気にならないということですよね。
これって実は、今の日本がすでにそうなんです。無駄な公共事業ってのは、まさにそのまんま。年度末に意味のない道路工事が増えるとかが有名ですよね。
そんな工事をせずに、直接お金を渡したほうが話は早い。道路も無駄に掘り返されず、資源も無駄にならない。
直接お金を渡すことを妨げているのは、あまりにも確固とした「働かざるもの食うべからず」という価値観だと思います。これが本当に邪魔。
であれば、ともかく、その価値観がどれだけ無意味で無駄かを説明し、納得してもらうようにしていくしか無いと思います。

ホリエモンも「給与20万円の雇用を生み出すために30万円投資するというようなムダが行われている」と語ってるといいますが、そのとおりだと思いますよ。真逆の生き方なのに、妙に細かいところの意見というか、価値観が合うんですよね……。

Re: No title

名無し さん

> 俺も同じような年代境遇だからBPさんにも頑張ってもらいたいわ。
> 働かないなら働かないでなにか別の方向で情熱を持ってはいたいよね。
> 難しいことだけど・・・

いやいや、別に日々がつまらないなとは思ってませんから、大丈夫ですよ。
そりゃ、外こもりに比べたら引きこもりはつまらんので、再び外に行きたいとは思いますが。

> とりあえず親が生きているうちは生きて
> それでサクッと自決すればよい!

自決は勘弁w

> 生活保護生活でも年金生活でも
> 年食えばまともな生活、ましてや希望もなくなってくる。
> 長生きはしたくはないな~

できれば長生きしたいです。未来の世界が、どう変わっていくのか、見て行きたいです。

Re: No title

通りすがり さん

> もし主さんが言うような世が来るのなら、マルクスやレーニンが打ち立てた仮設は成功し、旧ソ連や中国は地上の楽園になってたはずです。

前提条件が違ってたんですよ。当時のロシアや東欧は、どこも貧しいところですよね?富裕層がせしめていた富を広く平均化したところで、全国民が生きるには足りなかったはずです。雇用は十分にあったし、全員が働かないといけないだけの労働があったことでしょう。
今進んでる技術の進歩というのは、雇用や労働自体が必要とされなくなっていくという、人類史で初めての画期的な状態を作り出しつつあります。
マルクスやレーニンの仮説は、未来社会においてやっと実証されることでしょう。

Re: 450

1千万は5年で作れる さん

> 結局BPさんは、無意味な長文を書いて、自分の目指すところを正当な権利だなんだと正当化しようとしても、やろうとしていることは西成区のあいりん地区で生活保護を受給し、その金で昼間からパチンコやったり、酒を飲んだり、違法賭博やったり、覚せい剤やっている人と同じでしょう。趣味が違うだけ。自分は彼らとは違うと否定できますか?だからみんなから非難され、蔑まれるんですよ。

パチンコをするのも酒を飲むのも違法じゃありませんね。ある程度の可処分所得を自ら欲することに使うのは、個人の尊厳を維持する上でも大事なことなので、何の問題もありませんよ。
違法賭博と覚せい剤は犯罪ですね。少なくとも、日本では犯罪とされています。犯罪行為とそうでない行為を一緒くたに扱い、犯罪をしてない真面目な受給者を貶めるのは、良くないと思いますよ。
私は受給しても犯罪をする気はないので、そういう人とは違うと正々堂々と否定します。また、そういう人も違法賭博や覚せい剤が犯罪なのであって、支給された生活保護費をそこに使うこと自体は、犯罪とはいえませんね。そこは厳密に切り分けるべきです。

> 西成警察署の警察官はあいりん地区の人々の事を隠語で450(よごれ)と言うらしいです。ゴミのように見られているあいりん地区の人の中にも、生活保護を貰う事を潔しとせずに、自分が働いて得た金で飯を食って、酒を飲むのがいいという信念を持っている人、人としてはまだ腐っていない人もいる。BPさんはあいりん地区の労働者以下で、腐っていると僕は感じているし、同様に思っている読者も多いと思います。

これからの社会は、福祉に頼って生きる人が増えていく一方の社会だと思います。そういう人が過半数になるのも、あと数十年以内だと思います。いつまでも働いて自立しないと尊厳が得られないという価値観のままでは、これからの変化についていけないと思いますよ。

> どんなに理屈をこねたところで、一般の人、多くの人はBPさんを450とみなすと思いますよ。朝も起きれない、自分も変えられない人間が、世間の認識を変える事は不可能です。自分を450だと認めて、さっさと生活保護貰って、楽に生きたほうがいいと思いますよ。

もらっても、450ではなく正当な権利だと言い続けたいと思います。

No title

紫陽花さんへ

そのコメントは私ではありません。違う人です。
なにがしてえんだろうなと言われていますが、特に何がしたいわけでもないですよ。
思いつくことをだらだらと書き連ねているだけです。
すべての行動に高尚な意味づけをするつもりは毛頭ないし、コメントすべてに意味があるわけではない。
ネットでは教養ある人間もその辺の馬鹿でも同じように文章が書けますから。

私見を言うと、ここで主さんの発言が気に入らなくて諭そうとしてるのかどうかわかりませんが熱心に非難する書き込みをするのはなにやってんだろなと思います。
たたいてるやつの気が知れないとまではいいませんが。

面白い本ですね。まさに今の社会って感じです。
働くほど要求ばかり上がるのに報酬は低く抑えられる、経済成長しようが末端の給料には反映されない世界ですね(日本はもはや成長すらしてませんが
こうなれば働く意味を失うのも当然で、米欄で説教されたくらいじゃ働く気にならなくて当然です(笑
あとは世界がBIに頼らざるを得ないレベルにまでこの状況が進行するのを待つ我慢大会だと思います。
今のダンピング競争でもまだ働きたい人はがんばって働けばいいけど、俺は消費も抑えて適当に生きたいです。

No title

通りすがり とやらへ

1. 通りすがり
2014年03月29日 00:09
>まるで、何でも運のせいだ、と言っているどこかのへたれみたいだ、
気に入らないな。

貧○P氏のことですねわかりますw


お前 mushokuのブログで奴に阿るコメントしてるなw

何がしてえんだろうな こういう奴

No title

前にも書きましたが、働いている人が、働かず公的保護をもらっている人への賎視、差別心は無くす事ができないと思います。
これは健常者が重病者や老人、身体障害者に対しても同様だと思ってます。
自分でなく、他人の心内を変えたり、他人に学習を強いることは困難だからです。
アメリカに確かある人種差別禁止法みたいなのを作れば、賎視や差別心の表現はなくなるかも。

ただ、日本、中国、韓国北朝鮮が仲良く手を取り合い東アジア共同体を構築することを理想とする人もいますし、主さんの主張する理想の世の中が実現する可能性がまったくないとは思いません。
東アジア共同体が実現する可能性程度にはあると思います。
(ふざけていってるわけではありません)
人間夢を持ち、夢に向かって進むことは悪いことではないし、そんな夢かないっこない、馬鹿なことはやめろという人もいるでしょう。
人生一度きり、自分の選ぶ道を行けばいいのでは。
私はこれも何かの縁でここで自分の考えは述べても、主さんに何か強いる気はありません

No title

通りすがりさんの考えるようなピラミッドを作って富を配るんでなく
私的にはベーシックインカムでお金を配って欲しいですね
日本なら今すぐにでもできると思ううんですが

No title

>今の雇用・労働・資産分配のルールそのままで迎える未来は、地獄でしょう。ですがそこを意識して変えていけば、天国になると思います。

それでは、具体的にはどのように変えていけばいいと思いますか? 少数の富裕層が再分配に応じるためには、富裕層の富をただ奪うだけではなく、彼らにもそれなりのメリットがある社会制度が必要だと思います。「楽観しか感じることができない」と言うからには、それなりの具体的な根拠を示していただきたいですね。抽象的な現実離れした理想論ではなく、富裕層が再分配に応じずに格差社会がどんどん酷くなる一方の現状を見据えた上での、地に足の着いた現実的な提案をお願いします。

No title

俺も同じような年代境遇だからBPさんにも頑張ってもらいたいわ。
働かないなら働かないでなにか別の方向で情熱を持ってはいたいよね。
難しいことだけど・・・
とりあえず親が生きているうちは生きて
それでサクッと自決すればよい!
生活保護生活でも年金生活でも
年食えばまともな生活、ましてや希望もなくなってくる。
長生きはしたくはないな~

No title

北朝鮮はろくに資源もなく、通貨発行高が誰もわからない半ば鎖国のような国ですが一部階級はそこそこの暮らしができてます。多数国民は苦しい生活のようですが。

富を握る一部人間が無条件で富を再配分する世の中になるとは考えにくいですね。人間は神でも仏でもないですから。少なくともピラミッド作らせたり古墳作らせたりして富を配るような感じになると思いますが。
ピラミッド作らないやつは配分にはあずかれないと思います。

もし主さんが言うような世が来るのなら、マルクスやレーニンが打ち立てた仮設は成功し、旧ソ連や中国は地上の楽園になってたはずです。

450

以前に「1千万は5年で作れる」といった内容をコメントした者です。本文と関係ないコメントですいません。

結局BPさんは、無意味な長文を書いて、自分の目指すところを正当な権利だなんだと正当化しようとしても、やろうとしていることは西成区のあいりん地区で生活保護を受給し、その金で昼間からパチンコやったり、酒を飲んだり、違法賭博やったり、覚せい剤やっている人と同じでしょう。趣味が違うだけ。自分は彼らとは違うと否定できますか?だからみんなから非難され、蔑まれるんですよ。

西成警察署の警察官はあいりん地区の人々の事を隠語で450(よごれ)と言うらしいです。ゴミのように見られているあいりん地区の人の中にも、生活保護を貰う事を潔しとせずに、自分が働いて得た金で飯を食って、酒を飲むのがいいという信念を持っている人、人としてはまだ腐っていない人もいる。BPさんはあいりん地区の労働者以下で、腐っていると僕は感じているし、同様に思っている読者も多いと思います。

どんなに理屈をこねたところで、一般の人、多くの人はBPさんを450とみなすと思いますよ。朝も起きれない、自分も変えられない人間が、世間の認識を変える事は不可能です。自分を450だと認めて、さっさと生活保護貰って、楽に生きたほうがいいと思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。