HOME > スポンサー広告 > 本当に物が欲しくないのか、今一度よく考えてみよう。HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 本当に物が欲しくないのか、今一度よく考えてみよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

本当に物が欲しくないのか、今一度よく考えてみよう。

 最近は生活保護の制度論とか人権論ばかりで、ちょっとばかし外こもりとは離れた話が続いていたので、たまには外こもりに近い話をします。

 いわゆる早期リタイア系のブログはここ数年で急速に増えましたが、共通するのは「お金を使わず効率よく貯めて、早期リタイアを目指す」というものです。リタイアはともかく、できるだけ使わず貯めるという精神性自体は、日本人の貯蓄志向と絡めて以前からよく言われていたことです。
 たまに、こうした精神性に真っ向から反発する人がいます。いわゆる成金・セレブ系の人たちですね。彼らは使う金を節約するという考えに異を唱えます。そうやって我慢することほうが健康に悪い。使いたいならパッと使うべきで、そのためにお金が足りないというなら稼げばいいだけの話だ。
 そして彼らはこうも言います。「欲しいものがないなんて嘘だ、お金がない、稼ぐ手段がないからやせ我慢してるだけで、お金があれば欲しいものはいくらだってあるはずだ」
 この問いかけはなかなか真相を突いてると思います。

 この手の問いかけのパターンでは、例えば働くのが好きだという人への問いかけというのがあります。「あなたは働くのが好きだ、定年まで働きたいというけど、では、数億円が手に入ったら、それでも今の会社でそのまま定年まで働きたいか?」
 こう問われて、仕事を辞めたいとか、事業を起こしたいと思うなら、あなたは嘘を付いている。そのお金がないから「定年まで働きたい」と自分に嘘をつき、そう思い込もうとしてるだけだというわけです。

 資本主義社会においてお金があることが選択肢を広げるのは間違いのないことで、逆に言えば、お金がないと選択肢は狭まらざるを得ません。無限に選択肢を広げようとすると多額のお金を稼がねばならず、どこかで我慢を強いられることになります。それが嫌だから必死に働くという人は、たしかにいるんですよ。

 結局はトレードオフの話ではありますが、外こもりを目指すという人は、実際のところ自分という人間がどういう性格なのか、よく考えておいたほうがいいと思います。

 自分自身を参考に考えてみると、もし数億円あったら、一回はビジネスクラスで世界一周、一回は豪華客船で世界一周をしたいと思うでしょう。ですが宿は、やっぱりどう考えても安宿がいいと思ってしまうんですね。高価なホテルは確かにベッドの寝心地もいいでしょうし、プールサイドでのんびり横たわってカクテルを飲みながら読書なんてのも乙なものです。そこで出会う人も洒落た人が多いです。
 実際、ご縁があって一回やったことがあるんですよ。そういう生活。でも、数日で飽きる。飽きて、ドミトリーのあるゲストハウスに戻りました。そっちのほうがはるかに楽しいからです。
 つまり、私という人物は、海外ぐらしに快適な住環境を求めてるのではなく、楽しい人々との出会いを求めている。それも、お金があって医師だ社長だという人ではなくて、バックパッカーのようなタイプとの出会いを求めている。どんなに金があっても(たまに気晴らしで高級ホテルに泊まることがあったとしても)基本はゲストハウス暮らしだろうなと、その時感じました。

 あとは、たとえば冬のコート。この前ふと考えてみたら、自分が着てる冬物のコートは、なんと20年近く着てるものでした。いままで買い換えようと思ったことがないんです。ふつうに着れるし、困ったこともないし、買い換える必要を感じなかったんですね。数億円持っていたとしても社交界デビューをするようなことでもないなら、買い換えようとは思わないことでしょう。
 靴ももう10年近く履いてます。かかとが磨り減って靴屋さんで裏張りをしてもらいましたが、上の実際に履く部分は特に問題ないので、このまま壊れるまで履き続けるでしょう。3000円程度で買った記憶がありますが。

 もちろんこれらはすべて仮定です。本当に数億円手に入れたら、もしかしたら高級サロンに入り浸って、いけすかない金持ちたちと交流をしたくなるかもしれません。可能性としてはありますが、そういうことまで考えたら、キリがありません。今の私は数億円手に入れてもゲストハウスに泊まるだろうし、まだ着れる服を買い換えるようなことはしないと思う、それだけで十分でしょう。
 社交界ってのは、お金を使いたくて使いたくて仕方のない人の集まりですから。やれドレスコードだ、マナーだと、どれもこれもお金を使わせることばかり。お金を使うことを楽しいと思えない人には向いてません。このお金で何日暮らせる……なんて考えるような私には、心底向いてないと思います(笑)

 ただ、数億円手に入れたら豪華客船で世界一周をしてみたいとは、思う。そこまでいかなくても、普通にバックパッカーとして世界一周をしたいと思う。今の私はそのお金がないからやらないだけで、お金があったらきっとやります。少なくとも飛行機の移動は、180度横になれるビジネスクラスかファーストクラスに乗るでしょう。エコノミークラスなんか金輪際乗りません(笑)。
 つまり、今の私にはお金が無いためにやりたいことを我慢してるものがあるということが自覚できています。

 これが自覚できているかいないかには、大きな違いがあります。「本当は欲しいものがあるのにお金が無いためにやせ我慢してる」状態だと、儲け話にホイホイついていってしまう可能性が高い。逆に「本当にそんなものはありません。十分です」という人は、うまい話に騙されることはないでしょう。
 というか、厳密に言えば、早期リタイアをするために節約生活を送る人というのは、例外なく全員が、「本当は欲しいものがあるのにお金が無いためにやせ我慢してる」状態であると自覚した方がいい。そういう人が本当に欲しいものとは、もちろん、早期リタイアをするために必要な、十分なお金です。それが無いために今は働いたりしてるわけですよね? お金があれば、とっくにリタイアしてますよね?
 実際、私が1000万円貯められなかったのは、まさにこの欲望を突かれたからです。早くリタイアしたい、そのためには何十年も働きたくない、手っ取り早くお金がほしい……そうして株やFXに手を出し失敗した。結局は自制心が無いために失敗したわけです。当時はこのことをちゃんと自覚できていませんでしたね。
 早期リタイアまで無事辿り着きリタイアに成功したとしても、その後のこともちゃんと考えたほうがいい。想定してる生活レベルがずっと続くことに耐えられますか? もっと豊かな生活を送るためにお金を増やすチャンスをちらつかされたら、そこに飛びつきたいと思ってしまいませんか?
 これも自分に当てはめると、おそらく1000万円貯めるのに成功したとしても美味しい話を試してみたくなり、それで失敗して外こもりを中断せざるを得なくなったのではないかと思うのです。たとえばより配当の多くもらえる危険なベンチャー企業の株を買ってしまうとか、より利率の高い国の通貨に預けてしまうとか。
 1000万円を手取り年5%、50万円で運用すれば十分だと思ってはいても、実際に生活をはじめて、それがずっと続くことに耐えられたか、今となっては怪しいものです。

 そういう危険性があることを常に意識できているか、それとも、「自分にはほしい物なんかないよ、必要な物だけ買えればそれでいいよ」と思い込んでしまってるか。危険なのは、後者だと思います。
 前者であれば、意図的にテレビを見ない、広告に触れないなどといった防御策を講じれるかもしれません。ですが後者の人がやせ我慢のままそういうものに触れて、ふと欲望を刺激されたらどうなるか。
 ここまで来ると、ほとんど修行僧みたいな話になってきますね。座禅に勤しむお坊さんの前に女体を差し出したらどうなるか、みたいな(笑)。仏教の故事にはそういう話がたくさんあります。

 自分の分をわきまえるとか、一定のレベルで満足するというのは、仏教で言えば「少欲知足」。欲を少なく足るを知る。でもこれが仏教用語なのは、決して簡単な話ではないからです。つまり、一定レベルの生活で満足するというライフスタイル自体、修行の要素が入り込んでいることになる。そういう生活は人間の欲望を抑えるという傾向があり、本能はそれに抗おうとする。より上の豊かさを追い求めたくなってしまう。(だからこそ、生活保護受給者が増えたって問題ない。だって、あのレベルの生活で満足し続けるってのは難しく、抜け出したくなるのが普通だから……ってのは、今回は脇に置いておきます。満足できるという人は、低予算の早期リタイアが可能な人だけでしょうね)

 潔く諦めることが大事だけど、そのこと自体が一つの修行のようなものなのだ。このことはよくよく自覚しておいたほうがいいと思うのです。いろんなところに罠があってはまり込む危険性があるのが、人類社会ですからね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

アリ さん

> 私の場合になりますけど、肯定については1億あったら「~する」と考えることもあるので肯定です。
> でも、これは1億あったらの話で、稼ぐ手段が宝くじとか犯罪(しかも現実的ではない手段)くらいしか思いつきませんので出来ない事はどうでもよい、つまり「無欲は嘘」ということを否定できるかと。
> 上手く伝わったか解りませんが、例え的に宇宙飛行士になってはみたいけど、現実的にほぼ成れないのでわざわざそれ以上考えないってのに似てるのかもしれません。

でも、お金があったらしてみたいわけですよね?
この元の文はもちろん私の意見ではなく、そういう意見もあるよと紹介したものになりますが、そういう人にとっては少しでもやりたいと思ったら、それが出来ないことが我慢ならないのです。我慢するより、出来るようにすることを第一に考える。
たとえばロシアのソユーズで最初に宇宙に行った観光客、デニス・チトー氏はおおよそ2000万ドルを払って言ったと言われています。約20億円でしょうか。となると、お金さえあれば宇宙飛行士になれる。なれないのはお金がないのが悪いんだから、稼げば済む話だろ? となるわけです。

この手の「ごちゃごちゃ愚痴を言ってる暇があったら動けば? 本気なら夢は必ず叶う!」系の人って幸せだとは思いますけど、正直言ってついていけないなぁと思ってしまいます。

No title

>欲しいものがないなんて嘘だ、お金がない、稼ぐ手段がないからやせ我慢してるだけで、お金があれば欲しいものはいくらだってあるはずだ

これについて肯定と否定が出きるかと思って書き込みしてみました。

私の場合になりますけど、肯定については1億あったら「~する」と考えることもあるので肯定です。
でも、これは1億あったらの話で、稼ぐ手段が宝くじとか犯罪(しかも現実的ではない手段)くらいしか思いつきませんので出来ない事はどうでもよい、つまり「無欲は嘘」ということを否定できるかと。
上手く伝わったか解りませんが、例え的に宇宙飛行士になってはみたいけど、現実的にほぼ成れないのでわざわざそれ以上考えないってのに似てるのかもしれません。

Re: No title

イダルトゥの子孫 さん

> その瞬間は冷静で正しい判断をしているはずが、実はそれが自制心のない状態で行われているというのは、どんな状況でも当てはまりますよね。その時は適切に言葉を選んで書き込んでいるつもりでも、後になって見ると相手を嫌な気分にさせてしまうような表現になっていたり、どうせ匿名だし、何書いたっていいやと盛るだけ盛って、後で見るとかなり恥ずかしい事になっていたり。まあその瞬間には気づかないものです。別にかまわねえやと、間違った自分を正当化して逃げたりもしますしね。学習しないと同じ間違いを繰り返してしまう。自分もそんな事の繰り返しです。

そういうものなんですよねぇ……哀しいかな。

Re: No title

優しさ さん

優しささんのような生き方もあると思いますし、否定をすることでもないと思います。
結局人の幸せは人それぞれですから。

Re: No title

occam さん

> 自制心がないから失敗したわけじゃないでしょ。株やFXで儲けた人もたくさんいるでしょ。自制心がないからじゃなくて、ただアンタに能力がないからでしょ。何の能力もない底辺スペックだという自覚がなかったからでしょ。

自制心も能力の一つ。

> ま、失敗したってのは、ざまあカンカン、だけどね。
>
> ということで、ざっまぁぁぁ~www。

嫌な人だね。

No title

その瞬間は冷静で正しい判断をしているはずが、実はそれが自制心のない状態で行われているというのは、どんな状況でも当てはまりますよね。その時は適切に言葉を選んで書き込んでいるつもりでも、後になって見ると相手を嫌な気分にさせてしまうような表現になっていたり、どうせ匿名だし、何書いたっていいやと盛るだけ盛って、後で見るとかなり恥ずかしい事になっていたり。まあその瞬間には気づかないものです。別にかまわねえやと、間違った自分を正当化して逃げたりもしますしね。学習しないと同じ間違いを繰り返してしまう。自分もそんな事の繰り返しです。

No title

アバウトですが不動産を入れて総資産は2億数千万円です。これに我々夫婦の親の相続を考えると倍近くになるだろうと思います。

 それでも仕事を続けています、夫婦で。私は還暦を超えており、嘱託で月々の手取りは20万円以下です。妻は病院事務で月に10万円もありません。

 仕事は格好の暇つぶしだと思います。今更上昇志向もありませんので、皆とわいわい楽しみながらテキトーに働いております。

 物欲はほとんどなく欲しいものはほとんどありません、別にやせ我慢でもなく。車は600万円の国産車ですが別にベンツやBMWが欲しいとは思いません。住居は本宅の別に3軒の別荘を所有していますが年に数回しか行かずこれ以上欲しいとも思いません。

  実際に一番ときめくのは孫娘に会う時です。彼女の無垢な笑顔が見れるなら世界一周なんて必要ない。彼女がもう少し大きくなった時、無色な爺より仕事でそこそこ忙しい男を演じたいと思います。

No title

「そうして株やFXに手を出し失敗した。結局は自制心が無いために失敗した。」

自制心がないから失敗したわけじゃないでしょ。株やFXで儲けた人もたくさんいるでしょ。自制心がないからじゃなくて、ただアンタに能力がないからでしょ。何の能力もない底辺スペックだという自覚がなかったからでしょ。

ま、失敗したってのは、ざまあカンカン、だけどね。

ということで、ざっまぁぁぁ~www。

Re: No title

しん さん

> でもそれは、それほど強い欲求ではなく、
> 厳しい労働に耐えてまでしあちとはとても思わない。
> 別にそれが出来ないからって、我慢してるともさほど思いませんし。

そうそう。天秤にかけてなにを優先するかというだけの話なんですけどね。
全てというのは無理なので。

No title

私の場合も、決して物欲が無いわけではなく、弱いだけなんですよね。

大金があれば、やってみたいことは色々ある、
ウニニ塩湖に行くとか、南極に行くとか、宇宙に行ってみるとか、
もしくはメイドさんを雇って三助をしてもらうとか。。。

でもそれは、それほど強い欲求ではなく、
厳しい労働に耐えてまでしあちとはとても思わない。
別にそれが出来ないからって、我慢してるともさほど思いませんし。


あくまでも余裕があれば、
あれも試してみたいこれも試してみたいというだけ。

逆にど~してもしたいことがあれば、
そのためにバイトする位はできるんじゃないかな。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

欲の強さと早期リタイア

貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅 本当に物が欲しくないのか、今一度よく考えてみよう。より:そして彼らはこうも言います。「欲しいものがないなんて嘘だ、お金がない、稼ぐ手段がないからやせ我慢してるだけで、お金があれば欲しいものはいくらだってあるはずだ」  この問…

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。