HOME > スポンサー広告 > 海外で死にかけるHOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 海外で死にかける

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で死にかける

 旅行作家の下川裕治先生がブログで連載してる旅行記があるのですが、その最新の内容が「肋骨が三本折れてしまった」というものでした。

 詳しくはリンク先を見ていただくとして、簡単に書くと、ミャンマーの山道を走り抜けてる車が横転事故を起こし、乗客だった下川先生は肋骨を三本しまったという話です。
 横転だからまだマシなんですよね。これが崖から落ちて行ってたら、全員死亡だったかもしれません。パキスタンやネパール、インドの急な山腹を削るように作られた狭い道には、柵なんかまずありません。休憩やパンクをした際に降りる機会があって崖下を見ると、落ちたトラックやバスが放置されてるのを見かけることもあります。小回りの効く乗用車だったら安全かというと、乗用車も普通に落ちてます。
 道には岩が落ちてて、その脇をぎりぎりで通過するようなこともあります。

 雨が降って無ければ安全かというとそうでもない。乾燥して浮き砂がひどくてつるつる滑る道は、それだけで危険です。標高が高いと雪が残ってて滑ることもあります。

 実際、自分が乗ってた車がそういうものに遭い、事故になりかけたことは多々あります。「だったら車なんか使うな、飛行機で行け」となりますけど、飛行機は高いから早々使えません。
 それになにより、そういうところを走る車の車窓から見る景色って、とても素晴らしかったりするんですよ。

山の危ない道

 下川先生のようにあっという間に事故になると、気づくまもなく終わってるものなのかもしれません。ですが車が「つつつー」と滑っていくような時間があり、運転手が必死の形相を浮かべてたり、他の客が「キャー!」とか言う間があると、本当に恐ろしく、血の気が引いていきます。
 それまで「旅の途中で死ねばそれが本望かな」「客死かっこいいー!」とか思っていたのが、きれいさっぱり全部消えていく。頭の中はただひとつ「死にたくない!」これだけ。
 こういうことを何度か体験すると、死にたい死にたいとどんなに普段思うことがあっても、いざとなったら人は死にたくないものなんだろうなという悟りのようなものが開けますね。
 だから、自分が自殺してしまうことがあるとしたら、本当に衝動的なものになるんだろうと思いますし、たとえばホームから足を踏み出し列車に当てられるその刹那、絶対に心のなかには後悔が広がるという確信があります。だからこそ自殺なんか絶対にしたくないし、衝動的にそういうことをしてしまうような状況に近づかないようにしたいと思います。

 海外に行き、バックパッカーというスタイルで旅行をそれなりにしてると、誰もが一度や二度は命の危機を感じたり、実際に事故に遭うものなのだろうと思います。その瞬間は「死にたくない」とか「こんな目にあうなら日本にいればよかった」とか思うこともあるけど、喉元過ぎれば熱さ忘れるというか、また行きたくなるんですよね(笑)。
 不思議なものです。

 下川先生がご存命で、本当に良かったです。今後も楽しい記事や本を出し続けてくださいね。楽しみにしています。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

週末ベトナムでちょっと一服 (朝日文庫)
下川裕治
朝日新聞出版
売り上げランキング: 19,208

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

銀翼 さん

> 日本ほどガチガチに安全な国も珍しいですけど、
> 日本の物価が高いのにも理由があるというのが良く分かります。
> 海外で日本並みの安全を買おうとしたら
> 日本よりも高くついてしまいますからね…。

そうですね。ただそのへんは、安全にするという投資をすることでリターンが増えるという相乗効果を狙ってるとも言えますしね。

No title

海外、特に発展途上の国は、
人の命が安いですよね。
安全を買うのが高いというべきなのか。

道路を整備すれば・・・もっと安全な車に乗れば・・・
言い出したらキリがない。しかしどれもお金がかかる。

結果、多少の安全は犠牲にしても安いモノを使う。
国の発展具合によってバランスは変わってきますが、
結局、事故に遭う確率、死ぬ確率との両天秤です。

日本ほどガチガチに安全な国も珍しいですけど、
日本の物価が高いのにも理由があるというのが良く分かります。
海外で日本並みの安全を買おうとしたら
日本よりも高くついてしまいますからね…。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。