HOME > スポンサー広告 > 社会保険(健康保険)で行われる「水際作戦」HOME > 生活保護・社会福祉 > 社会保険(健康保険)で行われる「水際作戦」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

社会保険(健康保険)で行われる「水際作戦」

 今後一年分の国民健康保険料の決定通知書が届く時期になり、去年仕事を辞めて無職になった人はがっかりし、うまい具合に対策出来た人はしてやったりという感じになってますね。

 自宅ニートにしろ、海外就労や外こもりにしろ、日本の社会福祉制度をどう使うかはサバイバルしていく上で欠かせないことです。今回はちょっと変わった「水際作戦」をご紹介します。

 水際作戦とは、一般的には生活保護申請を言葉巧みに拒否する役所窓口の取り扱いを意味します。これは明確に違法なのですが、一つでも申請や受給者を減らしたい役所窓口では当たり前のように行われていることが問題となっています。
 実は、それと似たようなことが、社会保険においても行われています。

国民健康保険……自営業者や無職およびその被扶養者が加入する、市町村単位で実施される健康保険制度
社会保険……企業に雇用されている者や公務員及びその被扶養者が加入する、社会保険事務所・起業の健康保険組合等で実施される健康保険制度

 今回取り上げるのは後者です。

 社会保険の保険料は、その加入者(労働者)本人の給与額が算定のもととなっており、独身だろうが結婚してようが子供が何人いようが、その保険料は変わりません。したがって多くの家族を扶養すればするほど、お得といえる制度です。
 ですがこれは、加入される保険組合側からすると、たまったものではありません。それだけ病院で受診する人数が増えます。それなのに収入は増えない。そこで、各組合でなんとかしてその人数を減らそうといろいろ試行錯誤をすることになります。
 たとえば年に一回調査票を提出させる。被扶養者として登録されている人は実際に扶養されているのか、一緒に住んでないならどれだけ仕送りしているのか、実際に扶養関係にあるといえるのか、どれだけ収入があるのか、それは被扶養者を外れる額ではないのか……などなど。
 また、新規で追加する場合、本当に加入資格が無いのか執拗に調査するなどということが行われます。企業によっては陰に陽に嫌がらせをするというケースも有るようです。「その年令で被扶養者? 働いてないの? そんなごくつぶしの面倒見るあなたの人間性に問題があるのではないですか?」などとプレッシャーをかけ、加入をあきらめさせようとする。
 これ、もちろん違法ですよ。違法というか、グレーゾーンというべきですかね。役所窓口の水際作戦のように、合法と違法のすれすれで加入をあきらめさせようと、いろんなことをしてくるわけです。
 加入させたらさせたで、その人がバイトを始めその金額が被扶養者を抜ける条件に当てはまるなら、当然抜けなければいけません。バイトを辞めたらまた加入できることもある(金額による)わけですが、その時にもまた同様にネチネチと言われるわけです。ルール上は条件さえ満たせば、親なり扶養者の社会保険に何度だって入ったり出たり出来るんですがね……。

 会社で働いてる当人としては、そんなことで社内の心象を悪くしたくはありません。面倒だから国保に別に入ったほうがいいと判断してしまう。保険組合からしたら、水際作戦の成功です。
 もちろんこんなことは許されるわけがないのですが、生活保護が拒否されたら死ぬしか無いのに比べると、そこまで抵抗がないというのが事実でしょうか。

 ただしこの場合でも、同一世帯に所属してる状態で国民健康保険に入ることだけは絶対に避けねばなりません。国民健康保険料は世帯単位で計算されます。社会保険とは違い、世帯の人数や収入が算定対象となります。
 世帯主が働いてる場合、給与比例の社会保険料は給与天引きでもちろん払ってるわけですが、さらに国保に入ると、本来ならニート君一人分ですむはずの保険料が、世帯主の給与額に比例し高くなってしまうのです。所得割・資産割・均等割・平等割といった細かい算出ルールが多々あり、それを世帯単位で考えて算出するせいなんです。
 この場合ニート君一人を世帯分離させ、ニート君を世帯主とし、その世帯全員(といっても一人しかいませんが)が無職であるとしたほうが、国民健康保険料は最安値になります。市町村にも寄りますが年間12000円程度ではないでしょうか。それぐらいなら面倒起こすより払ったほうがいいかと思ってしまう金額といえるでしょう。

 このルールは一般的には、別居で暮らしてる老親を国保から抜けださせ、働いてる子供の社保に入れるというケースで行われることがほとんどです。一度扶養を抜け会社で働き出し自立した子供が入り直すということは、念頭に置かれていないのではないかとすら思います。

 ついでなので国民年金についてちょっと書いておきましょう。国民年金の支払い義務は誰にあるか? 日本年金機構のホームページでは、「国民年金の保険料は本人または保険料連帯納付義務者である世帯主・配偶者のいずれかが納めます」となっています。本人・世帯主・配偶者の誰かが支払い義務を負いますが、扶養者は負わないんですね。したがって同一世帯で年金免除申請をしたものがいる場合は世帯の総収入が勘案され免除が判断されるわけですが、別世帯なら問題なく本人だけの収入で判断されます。扶養者の収入は関係ありません。
 ところが健康保険は、同じく日本年金機構のページを見ると、「配偶者、直系尊属、子、孫、弟妹以外の3親等内の親族は同一世帯でなければなりません」とあります。3親等より外の親族を被扶養者として加入させるなら同居が条件ですが、以内なら別居してようが、世帯が別だろうが、問題はありません。言い換えれば、世帯が別であっても扶養関係があるなら、健康保険へ加えることができます。世帯が同一かどうかはあまり重要ではありません。国民年金は、扶養関係というよりは、世帯が同一かどうかが重要になってきます。
 したがって、理論上は同一住居に住んでいても世帯分離をして国民年金は免除申請を行い、社会保険は親の被扶養者として加入するということも、可能ということになるはずです。(あくまでも理論上です。実際に試した場合どうなるかは分かりません)
 もちろん本来なら世帯が同一なら生計も同一だし、世帯が別なら生計だって別のはずです。世帯が別なのに生計が一緒とか、世帯が一緒なのに生計が別というのは、本来的にはおかしなことです。ところがそのあたりの制度設計があまりにも複雑で、多種多様な生き方(一人暮らしを始めた学生の子供など)にそぐわないためこんなに複雑怪奇になってるのが現状です。

 本当にこういう話はややこしいものですが、理解するとあとは話が早いので、賢く活用していきましょう。簡単に理解するコツは、国民○○は市町村が担当で、世帯を重視する。社会○○は一般的に企業の健保組合、各年金事務所(かつての社会保険事務所)等が担当で、扶養を重視すると覚えておけば、そう間違いではないです。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

gozou さん

そうは言っても、大阪の国保税の納付額がワーストクラスってのは、案外有名な話なんですよね。
予算の使い方とか、考え方とか、いろいろあるのかもしれませんが。

No title

この財政力指数番付をみるかぎり
大阪がそんなに悪いようにはみえないけどな

http://area-info.jpn.org/KS02002All.html

Re: タイトルなし

anon さん

> BPさんって、こういう事にとても詳しいですよね。
> 普通の人は、面倒くさがって ここまで調べません。
>
> BPさんに向いている仕事は、このような社会保険・福祉関係の仕事なのでは?

実際に一時期、そういう仕事をしていたんですよ。その残り香ですね。

Re: No title

筒井筒 さん

> お前さん こういう法の抜け穴調べたり考えたりして日がな過ごしてるんやな
>
> ほんに穀潰しやねぇ

ほんまやねぇ。

Re: No title

たこ さん

> 夕張も大阪より安いですよ。そんな高くないです。

そういえば大阪が日本で最悪なんでしたっけ。忘れてました。
東京など豊かな地方自治体に知人が住んでいれば、住民票上の住所だけでも置かせてもらうほうがいいかもしれませんね。

BPさんって、こういう事にとても詳しいですよね。
普通の人は、面倒くさがって ここまで調べません。

BPさんに向いている仕事は、このような社会保険・福祉関係の仕事なのでは?

No title

お前さん こういう法の抜け穴調べたり考えたりして日がな過ごしてるんやな

ほんに穀潰しやねぇ

No title

ご丁寧にありがとうございます。
私は大阪在住40歳上なので介護保険もかかってきますし減免しても年28千円取られます。
東京は意外と安いですね。
夕張も大阪より安いですよ。そんな高くないです。

Re: No title

たこ さん

> 国保年12千円なんて、そんな安い自治体あるんですか?
> hin-bpさんは今国保はいくら払ってるんですか?

国保の軽減・減免措置はご存じですか?

http://5kuho.com/html/keigen.html

>市区町村によって減額方法・減額割合は異なりますが、一般的には前年の世帯所得の水準と世帯内の加入者数(世帯主を除く)によって減額割合が7割・5割・2割という段階で軽減されます。例えば、前年の世帯所得が80万円で、加入者数が2名の場合は、保険料の中の均等割額(加入者数によってかかる額)が5割軽減されるといった感じです。もっと詳しく知りたい方は住まいの市区町村役場をおたずね下さい。

完全無収入なら7割減額が可能です。あとはこちらのページ。

http://www.kokuho-keisan.com/

ここで計算して、減額率をかけるとそれくらいになる市町村は幾つもあります。
くれぐれも夕張市には住まないようにご注意ください。

No title

国保年12千円なんて、そんな安い自治体あるんですか?
hin-bpさんは今国保はいくら払ってるんですか?

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。