HOME > スポンサー広告 > 世の中には働くのが本当に好きな人がいるHOME > 社会評論 > 世の中には働くのが本当に好きな人がいる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には働くのが本当に好きな人がいる

ワタミ店長実名告発!「僕は目の前の焼き鳥が冷めていくのが耐えられない」
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20140814/President_13167.html

ワタミグループ内で不幸な事件が起きて、人が亡くなりました。“ブラック”という批判も正しい部分があるのでしょう。痛切な反省をしなくてはいけません。
従業員にはきちんと休んでもらっていますけど、僕はこれからも働きますよ。「ブラックだ」なんて声は関係ない。会社に必要とされているかすらわからない週休2日の悠々自適の人生もいいでしょう。だけど社会から必要とされるべく毎日懸命に働く人生にだって価値はある。本音を言えば、自分の5歳の息子と3歳の娘ともっと話したいし、だっこしてあげたい。だけど、がむしゃらに仕事する僕の背中からいつか何か感じ取ってくれるだろうと信じています。子どもが大人になったとき、「お父さんてすごいなぁ。僕も頑張らなきゃ」という心のバトンを渡したいのです。
一生懸命働くことがダメだなんて僕には信じられない。本当の優しさ、人生の重さ、そういったものが、苦難やしんどいことから逃げ続けて得られるとも思えない

 ネット上には「洗脳だ」「かわいそうに」という意見が多数上がってるけど、こういう人は実際にいるし、たとえこれが洗脳だとしても、彼自身は実際にそれが幸せだったりするわけです。世の中には常人なら倒れるようなハードワークでもうつ病にならず頑張れる人って、本当にいますから。何よりも渡邉美樹氏自体がそういう人間だったからこそ、ワタミは成功したわけです。
 もし彼を無理やり仕事から引き剥がし外こもりさせたりしたら、それに耐えられず自殺してしまうかもしれない。本人の向き不向きや満足というのはどこまでいっても本人のものでしかありませんからね。

 ただ、こういう人の問題点は、そうやって働いてる自分が「変わってる」存在だということを自覚できてないことだと思います。普通に休みを取ろうとする部下と彼のようにがむしゃらに働くことを厭わない部下がいたとして、彼が評価するのは似たもの同士の部下でしょう。そういう会社でそういう上司を持つ場合、そこで評価されようとしたらどうしても好かれるようにしようと考え、無理をしてしまう。
 まぁこれは、もうそういう会社を辞めて別の会社に移るのが正解でしょう。でも、こういう会社は社員を酷使することで、値段に合わないサービスや値段を提供できる。その結果ライバルを蹴落とし成り上がる。気づいてみたら市場に残ってる会社はこんな会社ばかりというのが、今までの日本の現実だったわけです。

 それぞれの個性や生き方の違いを互いに認められる社会にしようといくら言っても、資本主義のシステムの前ではそう簡単にいかない。本当なら、彼のようにがむしゃらに働きたい人はいくらでも働けばいいし、働きたくない自分のような人間は働かなくても良い社会になって欲しいんですけどねぇ。
「会社に必要とされているかすらわからない週休2日の悠々自適の人生」と言うけど、週休2日すら厳しい(笑)。誰にも必要とされなくていいから週休7日の人生を選択する自由ってのは、無いものなんですかね?
 そういう生き方にはそれなりの寂しさがあるけど、こういうのはトレードオフですから。どちらかを立てれば、どちらかが立たなくなる。それはもう、自分の責任で選ぶしかないのだと思います。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

筒井筒 さん

> で、こういうおいしいネタに乗っかってこれから先も年老いたお母ちゃんの稼ぎと年金にパラサイトするつもりなんやね?
> せいぜいお母ちゃんに長生きして貰って一ヶ月でも長く年金を受け取ってもらおうな

残念ですが、母の年金で二人が生きていくのは無理だと思います。その金額しか無い。
母が退職した時点で、私は別居し、一人での生活保護生活に踏み切らざるを得なくなるでしょう。もしくは、母が貯金をすべて使い切るまで同居し続け、その後二人揃って生活保護に移行するか、です。

No title

ワタミ店長のこの記事を見たとききっとあんたが食いつくだろうと思ってたが案の定やねw

こういう人物を「否定」することがあんたのアイデンティティになってるんだから当然そうするわな

で、こういうおいしいネタに乗っかってこれから先も年老いたお母ちゃんの稼ぎと年金にパラサイトするつもりなんやね?
せいぜいお母ちゃんに長生きして貰って一ヶ月でも長く年金を受け取ってもらおうな

Re: No title

上川裕治 さん

> おれ、関東の田舎のトラック運送とか倉庫とかに今パシリとして
> 雇われてんだけど、困ったわ・・・・
> 辞めないでほしいって泣きつかれちまった・・・・
> もっと給料とかもっと上げてくれねーとなー。

ちゃんと「給料上げてくれたらOK」と言いました?
とりあえず言うだけ言ってみたほうがいいですよ。

> >誰にも必要とされなくていいから週休7日の人生を
> >選択する自由ってのは、無いものなんですかね?
>
> 貧バップの中ではもう答えがあるんだろ。

たしかに(^^;

> ヒトから社会から必要とされるような生き方だけが正しいとは思わん。
> 視野が狭いよ。

ただ、世の中には社会から必要とされる=義務を果たして初めて生存権を行使できるという人が一定数いますからね。そういう人にとっては必要とされない人間=義務を果たせないから権利も行使できないので死すべし、となってしまう。

困ったもんです。

Re: 社会貢献ではない

かげ さん

> 彼も社会貢献ではないことは気付いているはず
> でもそれを認めることは自己否定になりかねないので
> できない
>
> 恐らく洗脳なのでしょう
>
> 本当に社会貢献したければちゃんと休んで
> いくらでもできるはず

さきほど他の方へのコメントでも書きましたが、スティーブ・ジョブスは週90時間労働をエンジニアに強いて、実際に成功したわけです。iPhoneその他を創りだしたことは十分に社会貢献と言ってもよいでしょう。
そういう例外を持ちだしても 意味が無いかもしれないけど、でも、そういう例外は多々の無意味だったハードワークがあったからこそ生まれたとも言える。
なにが正解というのは言えないのが、困るところなんですよね。

> わたみん家よりw

客として使うだけで考えれば、安いに越したことはないですw

Re: No title

とる さん

> >一生懸命働くことがダメだなんて僕には信じられない。本当の優しさ、>人生の重さ、そういったものが、苦難やしんどいことから逃げ続けて得>られるとも思えない
>
> 誰もダメとは言ってない気はしますが・・・
> 本当の優しさ、人生の重さ、そういったものは必ず得なければいけないものなのでしょうか?

たとえば「あなたのような働き方をすることが労働ダンピングにつながり他の労働者が迷惑するんだ」という指摘をするのは、彼からすればダメと言われることと同じなのだと思います。

> こういう人が出世していき後輩や新人たちに自らの哲学みたいなものを強要し同じ悲劇が繰り返されるんだろうな、という気がする。

実際そのとおりなんですが、あのスティーブ・ジョブスも、週90時間労働を強いたという話も残ってます。過労死その他のリスクを抱えてでも成功したいと頑張る人がいるのもまた、事実ではあるんですよ。「やりたい奴だけで勝手にやれ」と思うけど、そうやって無理をして成功した人間に対し「好きでやったんだからちゃんと累進課税の税金を納めろ」と貧困層は言うわけです。

衝突するのは仕方のないことなんでしょうねぇ……。

No title

貧バップよお・・・・・・・


おれ、関東の田舎のトラック運送とか倉庫とかに今パシリとして
雇われてんだけど、困ったわ・・・・
辞めないでほしいって泣きつかれちまった・・・・
もっと給料とかもっと上げてくれねーとなー。

とりあえず夏休み休暇もらって
10日間、バンコクで遊びまくってから考えてみるわ。



>誰にも必要とされなくていいから週休7日の人生を
>選択する自由ってのは、無いものなんですかね?

貧バップの中ではもう答えがあるんだろ。

俺はその自由はあると思う。
基本的には社会に必要とされる生き方は望んでないし。
そういう生き方もしてこなかった。
まさに自己責任のトレードオフ。自分が良けりゃいいんでない?
ヒトから社会から必要とされるような生き方だけが正しいとは思わん。
視野が狭いよ。

社会貢献ではない

彼も社会貢献ではないことは気付いているはず
でもそれを認めることは自己否定になりかねないので
できない

恐らく洗脳なのでしょう

本当に社会貢献したければちゃんと休んで
いくらでもできるはず

わたみん家よりw

No title

>一生懸命働くことがダメだなんて僕には信じられない。本当の優しさ、>人生の重さ、そういったものが、苦難やしんどいことから逃げ続けて得>られるとも思えない

誰もダメとは言ってない気はしますが・・・
本当の優しさ、人生の重さ、そういったものは必ず得なければいけないものなのでしょうか?

こういう人が出世していき後輩や新人たちに自らの哲学みたいなものを強要し同じ悲劇が繰り返されるんだろうな、という気がする。

Re: 俺も若い頃は働く事に意義を

誰でも若いうちは  さん

> まっ、でも若い内は一度はだれでも数年ほど頑張ってやる時期はあると思うし必要だね、そうすると年中休みの人生も選択の一つだと判ってくるしね、体もゆう事聞かなくなるし、自然にそうなって来るよ。
> それまでにわがままな人生を送れるだけの銭を作れるかどうか?が問題だね。

それに失敗すると、もう悲惨ですよ。というか

> 世の為、社会の為なんてきれいごとを言ってられなくなる、それに社会は矛盾ばかり、不合理ばかりが身に染みてくるからね。

これに学生時代から気づいてしまって、働きたくないと思ってしまいましたから。

Re: No title

しん さん

> 想像するにこの方が必要とされているのは、社会ではなく会社。
> それもこの方自身が必要とされているのではなく、
> 薄給(時給換算)で働く都合のいい労働者として。。。
> だからそれが覆されたり、入院とかなったら、
> すぐに捨てられるんじゃないかと。。。(*_*;

そうなってから目が覚めて後悔するってのも、典型的な話ですよね。

> 逆に、過労で入院した時でもそれなりの給与が支給されて、
> 無理せず今は休んで、元気になったらまた頑張ってくれ、
> という姿勢の会社なら、
> そういう生き方をする人もいていい思うけど。。

そういう会社ならそもそも普段から無理させないような気が(^^;;;

> まあ私自身は、労働者としては誰にも必要とされなくていいから、
> 週休7日の人生の方がよっぽどいいですけどね。(^○^)

当ブログの読者さんは、そういう人が多いだろうなーと思います。

Re: 週休2日

かげ さん

> 週休2日だと会社に必要とされていないという恐ろしい思い込み。わしはワタミがそんなにブラックだとは思わないけど、こういう思い込みを放置している会社が問題だと思う。(某牛丼屋のほうが問題)
> あと恐らくブラック批判のあと、残業代は満額出ているんじゃないかと思う。
> であれば金が欲しいから働いているとも取れる。

金がほしいと割り切ってるならまだしも、記事を読む限りでは、そうやって働く自分というものに惚れ込んでしまってる感じがするんですよ。
そこが問題かな。

> 週休7日の自由は生保で実現。
> もらえるはず・・・。

そう、もらえるはず……。

Re: No title

red さん

> まあ結局それって労働ダンピングなんですよねぇ
> 不当に安く労働力を提供するやつがいると全体の賃金に悪影響をあたえる。ほかの店も同じようにこき使わないと、戦えないわけで、結果悪徳な店のみ残るという。 だから、そういった労働をたとえ本人が幸せでもすることは、スピード違反や過積載と同じように迷惑なんだな。

たしかにそのとおりではありますが、今回の記事で言いたかったのは「本気でそういう働き方を(洗脳かもしれないけど)幸せと思う人がいるという事実」ですから。
こういう人は労働者として働くのではなく、それこそ自分で居酒屋でも経営したほうが幸せになれるんだとは思いますが、ただ、そういう人でも被雇用者としての能力はあっても経営者としての能力はない、つまり、言い方は悪いけど奴隷としてこそ最高のパフォーマンスを発揮できる人というのも実際いるので、難しいところではあります。

Re: No title

別の通りすがり さん

> この方は、大きな病気にかかれば考えが変わるんじゃないですか。自分も過労で心臓発作を起こしてから、働き方のバランスを考えるようになりましたから。
> 個人的には、好きになるなら、マックジョブじゃなくて、付加価値の高い創造的な仕事に打ち込んで欲しいものです。

たしかにそういう出来事で考えが変わる人は多いですね。ただ、運が悪いと改心する前に死んでしまうんですが……。死んでしまったら元も子もないんですけどね。
そして、渡邉美樹みたいな人が評価するのは、そういう病気にすらかからずにたえぬくことに成功した人間だったりするわけです。

俺も若い頃は働く事に意義を

10代~30代~は働くことに意義を持ってた、残業代なんて関係なかったけど、大病したり、手術したり、不労所得が入ったり、身近で同年代が亡くなったり、人生経験それなりにすると、そうなると頑張って働くことがバカらしくなって来る、
誰のために頑張るの? だんだんシンプルに、俺だけの為、家族の為、だけになって来るよ。
世の為、社会の為なんてきれいごとを言ってられなくなる、それに社会は矛盾ばかり、不合理ばかりが身に染みてくるからね。
まっ、でも若い内は一度はだれでも数年ほど頑張ってやる時期はあると思うし必要だね、そうすると年中休みの人生も選択の一つだと判ってくるしね、体もゆう事聞かなくなるし、自然にそうなって来るよ。
それまでにわがままな人生を送れるだけの銭を作れるかどうか?が問題だね。

No title

別の通りすがりさんに同意。
私も、無賃強制残業厭わず→うつ病退職→雇用労働大嫌いと、
考え方が180°変わりましたから。。。


想像するにこの方が必要とされているのは、社会ではなく会社。
それもこの方自身が必要とされているのではなく、
薄給(時給換算)で働く都合のいい労働者として。。。
だからそれが覆されたり、入院とかなったら、
すぐに捨てられるんじゃないかと。。。(*_*;

逆に、過労で入院した時でもそれなりの給与が支給されて、
無理せず今は休んで、元気になったらまた頑張ってくれ、
という姿勢の会社なら、
そういう生き方をする人もいていい思うけど。。。

まあ私自身は、労働者としては誰にも必要とされなくていいから、
週休7日の人生の方がよっぽどいいですけどね。(^○^)

週休2日

週休2日だと会社に必要とされていないという恐ろしい思い込み。わしはワタミがそんなにブラックだとは思わないけど、こういう思い込みを放置している会社が問題だと思う。(某牛丼屋のほうが問題)
あと恐らくブラック批判のあと、残業代は満額出ているんじゃないかと思う。
であれば金が欲しいから働いているとも取れる。
あとは本人が働くのが好きでやっているのであれば
それはしょうがない。
恐らく有給もほとんどとっていないのだろう。

週休7日の自由は生保で実現。
もらえるはず・・・。

No title

まあ結局それって労働ダンピングなんですよねぇ
不当に安く労働力を提供するやつがいると全体の賃金に悪影響をあたえる。ほかの店も同じようにこき使わないと、戦えないわけで、結果悪徳な店のみ残るという。 だから、そういった労働をたとえ本人が幸せでもすることは、スピード違反や過積載と同じように迷惑なんだな。

No title

この方は、大きな病気にかかれば考えが変わるんじゃないですか。自分も過労で心臓発作を起こしてから、働き方のバランスを考えるようになりましたから。
個人的には、好きになるなら、マックジョブじゃなくて、付加価値の高い創造的な仕事に打ち込んで欲しいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。