HOME > スポンサー広告 > 先進国は海外療養費制度+旅行保険で得できるとは限らないHOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 先進国は海外療養費制度+旅行保険で得できるとは限らない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

先進国は海外療養費制度+旅行保険で得できるとは限らない

 海外療養費の話が続いてますが、これは念の為に書いておいたほうがいいでしょう。

先進国では海外療養費制度+旅行保険で得できるとは限らない

 これはしっかり認識しておくべきでしょう。

 というのも、海外療養費制度で公的保険から支払われるのは、あくまでも日本国内で同様の症例の場合に支給される額が基準だからです。

海外での盲腸手術の総費用

 これを見ると、サンフランシスコでは250万円もかかります。だけどバンコクでは40万円で済む。他の病気や交通事故などものによっては、アメリカなら平気で1000万円2000万円するでしょう。
 ここで肝心なのは「日本ではどうなのか」。なんと、全額負担でも40万円ぐらいとのことです。バンコクと同じくらいですね。つまり、日本で盲腸手術と入院をしたら40万円しかかからない、自己負担額は12万円(厳密には高額療養費制度適用で8万円。ただし日本国内の場合のみ)。
 ということは、仮に旅行保険に入らずにバンコクに行って盲腸にかかった場合、日本同様に自己負担額は12万円で済みます。健保からは自己負担分を除いた8割、28万円が支給されます。旅行保険に入っていれば全額負担してくれるから、40万円儲かることになる(!!!)。
 ところがアメリカの場合、クレジットカードの上限200万円の保険だけしか入ってない場合50万円不足ですから、健保でもらえる28万円を差し引いても、22万円が自己負担になります。赤字ですね。

 これは先進国、特にアメリカに行く場合はクレジットカードのおまけの保険では足りないよというよくある話ではあるんですが、注意が必要です。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村




追記:9/24 12:15
 高額療養費の海外適応について、本文中で「自己負担額は12万円(厳密には高額療養費制度適用で8万円。ただし日本国内の場合のみ)」と書いたのですが、この点が誤解を招いてしまう恐れがありました。

海外での高額医療費は、高額療養費の支給対象になる? 

 これに詳しく書かれていますが、海外でも日本の保険範囲内の治療であると認められれば、高額療養費の対象になります。ですが、内外価格差や日本においては保険適用とされない治療などが細々あります。バンコクでの盲腸治療40万円と、日本での40万円が完全に同じ治療内容とは限らないわけです。したがって、支出としては日本で支払うより高額になる可能性があり、約8万円で済むのは日本国内の話であって、海外だとそれ以上かかることが想定できるということを念頭に置いて書いた文章でした。
 逆の場合ももちろん有り得ます。宗教系の診療所では診察費が無料のこともあり、薬などの実費しか請求されないことがあります。その場合は格安で済むけど、当然、高額療養費制度は関係ありません。

 そのあとの本文「仮に旅行保険に入らずにバンコクに行って盲腸にかかった場合、日本同様に自己負担額は12万円で済みます」も、「約12万円~8万円で済む」というほうが適切です。

 誤解を招く表記をしたことをお詫びします。

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

通りすがり さん

> >歯科治療が対象
>
> 歯科治療の場合は、痛みを止める治療のみ500ドルまでとかですね。
> あと、タイのみでしたら、こうゆうのも。
> http://www.tourismthailand.org/ThailandTravelShield/

日本の旅行保険でも、1000ドルまでの緊急歯科治療特約があるものもあるそうですね。
http://travelhoken.com/compensation/shika/

>歯科治療が対象

歯科治療の場合は、痛みを止める治療のみ500ドルまでとかですね。
あと、タイのみでしたら、こうゆうのも。
http://www.tourismthailand.org/ThailandTravelShield/

Re: タイトルなし

通りすがり さん

> 日本ではあまりありませんけど、海外で加入すると、アメリカは除くとか、タイの場合だとバンコク病院は除くとか、制限が厳しい保険が多いですね。気ままな旅をする人は要注意ということですが、そういう人に限って注意しませんからね。

たしかにそうです。海外の旅行保険って歯科治療が対象というのもあったりしますが、対象国が限られていたりもする。日本とはだいぶルールが違うので、加入するなら気をつけたいですね。

日本ではあまりありませんけど、海外で加入すると、アメリカは除くとか、タイの場合だとバンコク病院は除くとか、制限が厳しい保険が多いですね。気ままな旅をする人は要注意ということですが、そういう人に限って注意しませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。