HOME > スポンサー広告 > 生活保護受給生活が理想の生活なんて、とんでもないHOME > 生活保護・社会福祉 > 生活保護受給生活が理想の生活なんて、とんでもない

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

生活保護受給生活が理想の生活なんて、とんでもない

 前回の記事は久々にそれなりの反響をいただきましたが、どうにも気になるコメントがちらほらありました。

 明記しておきますけど、生活保護生活が理想だったり極楽だったりするわけは、ありません。誰だって生活保護なんかもらわずに生きていけるなら、そのほうがいいに決まってるじゃないですか。

 生活保護とは最後のセーフティーネットです。本当に最後の最後、憲法25条に定められた健康で文化的な最低限度の生活を送るための限界線、最底辺です。それよりも下の生活は、この国では理論上ありえません(あくまでも理論上)。
 ワーキングプアは、ホームレスはどうなんだと言う人が必ずいますが、そういう人は生活保護を受給できる条件を満たしているのだから、本人にちゃんともらう気さえあれば、もらえます。もらわずに苦しい生活をする自由を行使することを他人に止めることは出来ないだけの話です。
 もしくは、あなたは実情がちゃんと見えていないという人もいます。ですが、特にワープアに多いのだけど、数十万円なり数百万円の貯蓄を持ってる人がいます。それじゃもらえるわけ、無いじゃないですか。人間としての最低限のプライドを保つために必要なのだという意見もあるけど、だったらその人は、そのプライドを保つことを、最低限度の生活よりも優先するという自由を行使しているわけです。
 プライドの維持も健康で「文化的な」生活に関わってくる点であり、生活保護法の改正その他含め検討すべき点だという意見もあるとは思いますが、それはそれで別の話です。
 肝心なのは基準さえ満たせば必ずもらえるし、もらえて当然のものなのだということです。

 生活保護で生活するとは、最底辺の生活を意味します。それを意図して望む人がはたして本当にいるでしょうか? いるとしたらとんでもないMだと思います。

 現状、日本における生活保護は、あくまでも就労できない人間が就労できるまでの場繋ぎとしての機能を期待されている制度であって、恒常的に受給することを前提としていません。
 これは政府の制度設計自体もそうだし、支援団体にしても同じ。誰もが「人間にとっては働けるのがベストであり、すべての人が仕事につけることがベストであり、そこを目指させることがベストである」という発想で動いています。生活保護者への働きかけはほぼ全てが「再就労させるためのもの」であって、それ以外の活動はほとんど存在していません。
 その結果、障害その他で就労することが見込めない受給者の場合、「生かすだけ」の生活になってしまいます。最低限の生存権を守るためだけに嫌々国家がお金を支出するというような感じになります。そんなふうに嫌々生かされるだけ、言ってしまえば寝たきり介護の老人が「早く死んでくれないかな」と思われるのと同じような扱いで生きることが、果たして豊かで楽しい日々と言えるでしょうか?
 本人が孤独を楽しめる性格だったとしても、周りの視線は常に「税金泥棒、早く死ね」です。福祉や生活保護で生きることを能動的な選択肢として機能させるべきだという意見は本当にまだまだごく少数ですからね。

 自分の場合、まともに働いたら死にたくなる、自殺してしまうという最悪の事態を避けるために生活保護をもらうという意識を持っています。あくまでも最悪の事態を避けるために選ばざるをえない、最後の選択肢なのです。可能であれば1000万円貯めて、アフィリエイトやカジノ、文筆業、なんでもいいけど、その他の収入を確保することで海外で外こもりをしたかった。これがもちろん本音です。今でもそれを夢想します。
 ですがいろいろ挑戦したけどどれも上手く行かず、矢尽き刀折れた結果が、生活保護なのです。避けたかったけれど、死につながる労働を避けて生きるにはこれしかないから、選ぶのです。
 生活保護生活は、今までのバックパッカーや外こもりとは比較にならないくらい、単調でつまらぬ日々となるでしょう。今の実家ニート暮らしよりもはるかにお金の制約があり、好きなことにお金を使うことも難しくなるでしょう。
 ですが、何よりもまず、自殺を選ばずに生きることが最優先です。生きてさえいれば今の時代、インターネットもあれば、パソコンもありますから、最低限、世界と繋がり続けることも可能です。働かずに、かつ生活保護を受給せずに、再び外こもりに戻る道も見つかるかもしれません。

 ともかく、死なないことです。
 生きていればこそ、希望を抱くこともできます。
 世の中には生に執着し生き恥を晒すより死んだほうが良いという意見もあるけど、それに真っ向から反対を唱えて生きたいと思います。

 このあたりのことを、ご理解いただきたいと思います。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

名無し さん

> もっとスナック感覚でサクサクっと生活保護が受けられればいいと思うんですよ。
> 「あー、今月は日雇いの賃金が厚労省の最低生活費に届かないから、差額分を生活保護費から貰っちゃおー」とか。
>
> それを資産があるじゃないか、扶養義務者は?もっと働けるんじゃないか?とか、余計な査定に余計な経費が掛かってる。
> おためごかしな生活保護なんて制度を運営するくらいなら、早くベーシックインカムを導入して欲しい。

まったくそのとおりですね。Biが導入されれば、私が書いてるような問題もあらかた解決すると思います。

もっとスナック感覚でサクサクっと生活保護が受けられればいいと思うんですよ。
「あー、今月は日雇いの賃金が厚労省の最低生活費に届かないから、差額分を生活保護費から貰っちゃおー」とか。

それを資産があるじゃないか、扶養義務者は?もっと働けるんじゃないか?とか、余計な査定に余計な経費が掛かってる。
おためごかしな生活保護なんて制度を運営するくらいなら、早くベーシックインカムを導入して欲しい。

Re: タイトルなし

ヤスキ さん

> 「日本を捨てた男たちフィリピンに生きる困窮邦人」って本読んだけど、それに出てくる困窮邦人と同じ甘い考え・発想って感じだね。

その国の国民でもない外国人が勝手に甘い考えを持ってもダメに決まってるじゃないですか。外国が困窮邦人に保証してあげる義務なんてありませんからね。
日本人である以上日本国に対し生存権の保障を要求すべきであって、そこが大きな違いですよ。

> 貧BPが今後、生活保護もらうようになったら、このブログは閉鎖したほうがいいかも。
> これまでみたく反感食らうことや物議をかもすことばっかり言っていたら、そのうち特定されてしまう恐れも出てくる。生活保護受給したければ、もうおとなしく静かにひっそりと受給したほうがいいよ。なんか貧BPって、そのへんあまり空気が読めない人かもと思う。

生活保護をもらうという行為が、まるで犯罪だったり後ろ暗いことで、コソコソすべきだという認識自体に問題があると思ってます。
日本の生活保護受給率や捕捉率は先進国内においても極端に低いことは有名な橋ですが、そこにはそういう意識があるのも理由の一つだと思っています。
私自身の受給に支障が出る可能性ももちろん否定出来ないとはいえ、こういう日本の空気が本当に嫌でたまらない自分としては、可能な限りの情報公開を行っていきたいと思います。

もちろんこういう姿勢は、いわゆる既得権的に福祉を利用してる人からも叩かれる可能性はありますが、それもおかしな話なんですよ。生活保護というか生存権は、日本国民全員が行使できる権利であって、知ってる人間だけが得をするなんてことがあってはならないのですから。
そのあたりにも取り組んでいきたいと思ってます。

Re: タイトルなし

名無し さん

> 結局あなたは自分は何もしないけど金だけはよこせ、欲を満たすものも用意しろとごねているだけですよね。
> それを社会が悪いとかの他のせいにするのは現実から目をそらしているだけとしか思えません。

何もしないとは、なんでしょう?
ここまで私なりにやれることはやって来ました。その上でもうやれることは無さそうとなったから、生活保護を申請するしか無くなるかも、というところまで追い詰められることになったわけです。
最低限度の生活を求めることに何か問題があるとでも言うのでしょうか?

Re: タイトルなし

tama さん

> 貧BPさんの置かれてる状態はまずいですね。あとは運と実力でなんとかなるか、尻をまくって白旗上げるか、素直に白旗上げるか、ですか。

白旗を揚げるというのは具体的にどういうことを指すのでしょう?
いまいち、よくわかりません。

Re: タイトルなし

オリハラ さん

> >そうつぶやいてもなんの助けの手も差し伸べられないとしたら、この国はもう終わりだと思いますよ。
>
> 終ってるのは..貧さんですね
> 他人の努力の成果(お金)を奪う事しか考えていない。

不労所得というのはまさに言葉の通り、他人の努力の成果を奪う制度だと思いますよ。
努力の結果不動産を買ったり株を買ったり本を書いたりした結果得られる所得を否定するのかと言うなら、そういうものをただ相続しただけの人間に限っても構いません。
そういう人の既得権に文句を言わず、憲法で保証されてる最低限度の生活を細々と求める事自体を「奪う」などと非難するなら、そういう既得権者に対しても同様の憤りを持ってほしいと思います。

〉〉誰だって生活保護なんかもらわずに生きていけるなら、そのほうがいいに決まってるじゃないですか。

何開きなおってるというか逆切れしてんの?
その態度に、「漂流家族竹下家」の妻を思い出したよ。
確かに生活保護は極楽でも理想でもないけどさ。現状、最底辺の生活ってわけでもないよ。

〉)生きてさえいれば今の時代、インターネットもあれば、パソコンもありますから、最低限、世界と繋がり続けることも可能です。働かずに、かつ生活保護を受給せずに、再び外こもりに戻る道も見つかるかもしれません。

はっきり言って甘すぎる考えだと思う。最近
「日本を捨てた男たちフィリピンに生きる困窮邦人」って本読んだけど、それに出てくる困窮邦人と同じ甘い考え・発想って感じだね。


貧BPが今後、生活保護もらうようになったら、このブログは閉鎖したほうがいいかも。
これまでみたく反感食らうことや物議をかもすことばっかり言っていたら、そのうち特定されてしまう恐れも出てくる。生活保護受給したければ、もうおとなしく静かにひっそりと受給したほうがいいよ。なんか貧BPって、そのへんあまり空気が読めない人かもと思う。




結局あなたは自分は何もしないけど金だけはよこせ、欲を満たすものも用意しろとごねているだけですよね。
それを社会が悪いとかの他のせいにするのは現実から目をそらしているだけとしか思えません。

>肝心なのは基準さえ満たせば必ずもらえるし、もらえて当然のものなのだということです。

Wikiで検索するとStanford Encyclopedia of PhilosophyのSocial Minimum 3.2.2 The inheritance argument against conditionalityというのが貧BPさんのしてる議論にかぶってるかな。思うのはこの点で止まってしまうといつまでも風車に向かって突撃してるのと同じになってしまう。

貧BPさんの置かれてる状態はまずいですね。あとは運と実力でなんとかなるか、尻をまくって白旗上げるか、素直に白旗上げるか、ですか。

>そうつぶやいてもなんの助けの手も差し伸べられないとしたら、この国はもう終わりだと思いますよ。

終ってるのは..貧さんですね
他人の努力の成果(お金)を奪う事しか考えていない。

Re: タイトルなし

名無し さん

> で、健康に問題ないとなれば当然、働く能力ありと判定されてしまうと思うのですが、そこはどう支給する側を納得させていくつもりでしょうか。
> やはり、精神面から働けない訳だから、何らかの精神病として診断してもらわない限り、生活保護の理念ではなく実際問題として受給は難しいのではないでしょうか。

生活保護の「支給開始」自体は、現有資産がどれだけあるかなどで判断されます。そりゃ当然ですよね、目の前の人が就業可能に「見えた」としても「現に資産がない」以上、「見える」だけで判断してその判断が間違ってたら、取り返しがつかないことになります。
ですから支給開始自体は問題ありませんが、開始したら当然、就労指導が始まります。ハローワークを通じて実際に求人に応募しなければなりませんし、それが嫌なら、仰るとおり医師に病気であると認定してもらわなければいけないでしょう。

ですが私は、もう二度と労基法が順守されないような職場で働くつもりはありません。面接を受けるとしてもそれを明言しますし、もしそれを理由として採用されないとして、役所に「働くつもりはないんだろう?」と言われたら「当たり前の要求をしただけです。これが問題になることがおかしい」と返すまでです。
もし仮に完全に順守してるような会社が見つかったとしても、週5日で働くことになったら、もうそういう労働に耐えられると思えませんので、実際に病むことになるでしょう。そうしたらそれこそ、晴れて精神疾患、障害による就労不可になるだけです。

病気にならなければ堂々ともらえないなんておかしな話ですが、現状がそうである以上、そうせざるをえないでしょう。

他にもいろいろ考えてますが、それは実際にその事態になった時に書きたいと思います。

厚労省の生活保護のページを見てきたのですが、生活保護は資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方を保護する制度だそうです。

私は貧BPさんが働くと死にたくなる、自殺してしまうと言っているのは本人の思いなので嘘は言っていないと思いますが、能力等をすべて活用しているかを判断するのは支給側です。申請者の自己申告を全て鵜呑みにするわけにはいかないので、まあ当然ですよね。

で、健康に問題ないとなれば当然、働く能力ありと判定されてしまうと思うのですが、そこはどう支給する側を納得させていくつもりでしょうか。
やはり、精神面から働けない訳だから、何らかの精神病として診断してもらわない限り、生活保護の理念ではなく実際問題として受給は難しいのではないでしょうか。

Re: タイトルなし

筒井筒 さん

> http://yabusaka.moo.jp/ikebukuro-gashi.htm
> お前さんとお袋さん、下手したらこんな最期かもな。
> お前さんはどうでもせめてお袋さんだけでも伯父さんのとこに身を寄せたほうがまだ良えやろね

ネット社会であればツイッターなどに「今日もご飯食べてない」とか「役所で生活保護を拒否された」とかいくらでもつぶやけますからね。そうつぶやいてもなんの助けの手も差し伸べられないとしたら、この国はもう終わりだと思いますよ。

http://yabusaka.moo.jp/ikebukuro-gashi.htm
お前さんとお袋さん、下手したらこんな最期かもな。
お前さんはどうでもせめてお袋さんだけでも伯父さんのとこに身を寄せたほうがまだ良えやろね

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。