HOME > スポンサー広告 > マネタイズ出来ない行為に冷たい社会HOME > 社会評論 > マネタイズ出来ない行為に冷たい社会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

マネタイズ出来ない行為に冷たい社会

 いままでもホリエモンやみわよしこさん、ちきりんさんなどにツイッターで絡んでは無視される日々が続いていましたが、ついにプロブロガーのイケダハヤトさんに相手にしてもらえました! やったー!

「労働を忌避する怠け者」が生活保護をもらって生きるのは、許容されるのか?

 この問題に関して論壇に見解を示してほしいと言ってきて、ついに専門家でないにせよ著名な方に一つの見解を示していただいたわけで、一歩前進したなと本気で思います。

 イケダさんは生活保護擁護の立場の方で、その方が「怠け者が働きたくないという理由で生活保護をもらってもいいと思う」と言って下さった。だけど社会的にはまだまだ拒否感のほうが強いのは当然のことで、今後この問題が広く議論されることを、本気で期待しています。

 さて、この記事の中から一点。

この記事をお読みの人のなかで、積極的に「え?働かないでいいの!?やったー!じゃ税金で生きていくわ!」と割り切れる人はそうそういないでしょう。やはりどこかで引け目を、否が応でも感じてしまうものです。そして、「一切働かない」というのは苦行そのものだったりします。

「税金で暮らしたい」という人がいたとしても、長い目で見ると、結局は彼・彼女は社会とつながり、なんらかの仕事をするようになる(お金を稼ぐかは別ですが)とぼくは考えています。なので、人々の社会的な活動が衰退する心配はないと思います。

ぼくにmentionをくれた方は「ただの自宅引きこもりニート」と書いてますが、しっかりこうしてブログ記事を書いて、経済活動・表現活動をしているわけです。身をもって政策提言している、とすらぼくには見えます。ご本人は「ただの自宅引きこもりニート」と書かれてますが、ものすごい勢いで社会参加してますよ。

 たしかにそういう面はあるのです。このブログをやってること自体がひとつの社会参加の形だというのはまさにそのとおりで、このブログを書くことでそれなりの社会参加感覚を得て、承認欲求を満たしているのは紛れもない事実なのです。

 ただし問題なのは、一般社会的には「なんらかの仕事をするようになる(お金を稼ぐかは別ですが)」この太字がなによりも重要で、問題だとされること。
 つまり、金になる行為であれば社会的に必要とされ認められる行為だが、金にならないなら(完全にとは言わないまでも)不必要な行為なのだから、他の金になる必要とされる行為を行え、ということになるわけです。
 よく、専業主婦の仕事を給与に換算したらいくらだなんて話がありますよね? あれなんか典型的で、家事労働がどれだけ意義のある行為であるかを社会に示すためには、お金に換算しないと分かってもらえないという面があるからなんです。お金というのは社会の本当に多種多様なものと交換可能なので、そのものの持つ価値を客観的に判断するためにとても有用な指標なのです。だからこそお金に換算するわけです。
 言い換えると、お金に換算できない価値を評価する基準を未だに社会は持ちえていないとも言えます。

 さらに言うと、社会の豊かさとは、ある意味ではそのお金に換算できない仕事・行為をどこまで許容できるかという話にもなります。
 この記事に書きましたが、社会復帰しろ云々というけど、結局は金の問題なのです。だからこそ親の財産だろうがなんだろうが金のある人は、それこそ働かないでも誰からも文句を言われないけど、金のない自分のような人間が同じことをしようとしたら叩かれる。

 今の日本社会というのは、未だに自分のようなマネタイズ出来ない行為をしてる貧乏人を生活保護制度で許容できるほどには豊かではない、ということにでもなるのでしょうか。それは財政的にもそうだし、精神的にもそうだと言えるかもしれません。
 財政的な話はタックスヘイブンへの資産逃避や格差拡大などの問題が複雑に絡み合うので、個人的にはいわゆる財政破綻論者のように「そのとおり、この国には金が足りない!」とは思っていません。十分足りると思っている。
 むしろ問題なのは「私のような存在を許容したくない」という精神論だと思っています。イケダさんは許容してくださるようですが、昨日のツイートでは「私はそんな人を養いたくない、イケダさんが養うなら勝手にすればいい」という趣旨のリプライをもらいました。
 実際問題、こういう人が多数派だからこそ、今の日本には生活保護バッシングが溢れかえってるわけです。

 物質的、財政的に本当に無理なのか。それは日本国内のみにとどまらず、全世界的に見ても無理なのか。穀物生産量は足りているか。格差が拡大している以上、それを仮にフラットにしたら十分に足りているのに、格差がある状態の心地よさを上が手放したくないがために「無い無い」言ってるだけではないのか。
 ……あまりにも検討すべき要素が多すぎてどうにもならないのが実際のところなわけですが、ともかく、人はマネタイズ出来る行為、金銭に換算できる行為は好意的に考え支持するが、そうでない場合、とくに自分に損失を与えるかもしれないと思う行為については、激しく抵抗を覚えます。
 生活保護がバッシングされるのは、その存在が受給者でない普通の人に損害を与えると考えてしまうからです。逆に、そういう人の存在や行為が、マネタイズ出来ないにせよなんらかの形で「自分の」役に立つこともあると考えられるなら、バッシングはしないでしょう。

 イケダさんはそういうふうに考えられる方のようですが、残念ながら今の日本社会の大半の人はそうではない。そういう社会で自分のような人間、つまり、マネタイズ出来る行為を行えない人間はどうやって生きていくのか。頭の痛い問題です。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

新世代努力論 「恵まれた世代」は判ってない。これがぼくらの価値観だ。
イケダハヤト
朝日新聞出版 (2014-07-18)
売り上げランキング: 99,204
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

しん さん

> スポンサーの話をされている方もいますが、
> 私はそれには興味ないですね。
>
> 私が貧BPさんのブログを見続けている一番の理由は、
> もし私が外こもりに失敗して日本に帰っても、
> 貧BPさんと同じことをすれば生きていけるという
> 実例をみたいからです、慈悲とかでは意味がないんです。

気持は良くわかります。スポンサーを獲得するようなマネタイズ技術(?)は一般的ではないから、参考にならないと思いますよね。

> 例えば、海外生活で毎月1万円以上得をする方法とか。
> (無料もしくは割引のホテル情報、LCCのキャンペーン
>  海外で安く生活する具体的な方法で、
>  購読料以上のメリットが具体的にある情報なら
>  マネタイズしやすいんじゃないかと)

寝太郎さんとかよく見つけてくるよなぁと毎回こちらが感心してしまうぐらいなんですよね。
たしか寝太郎さんのキャッシュバック情報は、旅先で他の人に教えてもらったものと記憶しています。
やっぱりそういう人との出会いは、情報収集には好都合なんですよね。家に引きこもってあれこれやるには限界が有るように感じます。kumiさんなんかもそうですが。

> 仕事は真面目にしますけど、対等な立場で雇用契約を結び、
> 労働基準法を守る(つまりサービス残業しない等)、
> という至極真っ当な要求をし続けた場合、
> 一向に採用されないことはあり得る思いますので。

それはそのとおりだと私も思います。
もし生活保護をもらい、就労指導を受けたとして就活しなきゃいけないとなった場合は、常に面接で「御社は労基法を順守してますか?」と聞くつもりです。
それで胸を張って採用する企業があれば、もしかしたらついに理想の職場に辿り着ける可能性もあるから、働いてみるのもいいかもしれませんね。

しん@アジア浮浪人?不労人? へ

>例えば「毎月10社以上に採用面接に行ってるけど、 全く雇われない人」というのはどうなんでしょうね?
仕事は真面目にしますけど、対等な立場で雇用契約を結び、 労働基準法を守る(つまりサービス残業しない等)、 という至極真っ当な要求をし続けた場合、 一向に採用されないことはあり得る思いますので。

私見では、働く意思があり、条件が労基法遵守等のまっとうなものであれば、真摯に毎月10社以上の応募をしている限り、失業保険の給付延長が認められるようにすべきと思います。

スポンサーの話をされている方もいますが、
私はそれには興味ないですね。

私が貧BPさんのブログを見続けている一番の理由は、
もし私が外こもりに失敗して日本に帰っても、
貧BPさんと同じことをすれば生きていけるという
実例をみたいからです、慈悲とかでは意味がないんです。


ただ普段お世話になってますし、
貧BPさんのコンテンツにはお金を出したいですね。
なので出版とか有料メルマガとか、
海外外こもりの有料動画とか期待しているんですが。。。

例えば、海外生活で毎月1万円以上得をする方法とか。
(無料もしくは割引のホテル情報、LCCのキャンペーン
 海外で安く生活する具体的な方法で、
 購読料以上のメリットが具体的にある情報なら
 マネタイズしやすいんじゃないかと)




ところで、「高齢や障害で雇われない人が生活保護」、
それに反対する人はあまりいないようですが、

例えば「毎月10社以上に採用面接に行ってるけど、
全く雇われない人」というのはどうなんでしょうね?

仕事は真面目にしますけど、対等な立場で雇用契約を結び、
労働基準法を守る(つまりサービス残業しない等)、
という至極真っ当な要求をし続けた場合、
一向に採用されないことはあり得る思いますので。

Re: 生活保護は、「権利」という主張そのものには同意。

朱雲 さん

> 病気とか障害があって働けないとか、70歳過ぎてて誰にも雇ってもらえないとかいう要件に合致する人にとっては生活保護は、権利(entitlement)なのです。私の信条では、貧BPさんはその要件に合致しません。

まあ仮に生活保護をもらって、どこかに就労せざるを得なくなったら、遅かれ早かれ欝が発症しますよ。晴れて病人の誕生ですね。
これで皆さん文句が無くなるのだろうと思いますが、私としては、なんで結果が見えてるのにわざわざ病気にならなきゃいけないんだということが言いたいわけです。
それこそ70歳ぐらいまで、金が無い限り無理やり働く→欝になり退職する→それなりに治す→また働く→欝になる……を繰り返せというのか?その途中で衝動的に死んだらどうしてくれるんだと言いたくなるんです。

> 外こもりに必要な月5万円すら、貧BP思想に共感する人から寄付してもらえないようでは、貧BPさんの思想が日本国民の多数派を形成するのは難しいとおもうのですが。

まあ、これはそのとおりでしょうね。
だけどやれることをするしかないです。

> 貧BPさんの主張に共感する人は、ぜひ、貧BPさんのスポンサーになってあげて欲しいと思います。5万円/月なんて、100人いれば500円/月です。500人いれば100円/月です。このブログの読者が何人かは知りませんが、貧BPサポーターは、それぐらいのことはしてやってやってくれ、と思います。
>
> その実現は最初の一歩です。それすらできなければ、BPさんの思想の実現の先行きは暗いように思います。

本音としてはぜひお願いしたいところですが、「海外で1日5ドルで生活し続けることを実証する」だけでは、お金をカンパしてまで見たいと思わせることは難しいというのが現実なのでしょうね。

生活保護は、「権利」という主張そのものには同意。

>社会福祉は慈悲であってはいけないのだというのが、当ブログの過去記事で書いたことですね。慈悲で生かされる、気分が変わったら見捨てられる、それは権利があるとは言いません。

生活保護は権利だという主張そのものには同意します。問題はその対象者の要件です。

病気とか障害があって働けないとか、70歳過ぎてて誰にも雇ってもらえないとかいう要件に合致する人にとっては生活保護は、権利(entitlement)なのです。私の信条では、貧BPさんはその要件に合致しません。

日本は民主主義の国なので、「怠けたいので働きません。でも生活保護をください」という主張に同意する人が多数派になれば、実現するでしょう。

外こもりに必要な月5万円すら、貧BP思想に共感する人から寄付してもらえないようでは、貧BPさんの思想が日本国民の多数派を形成するのは難しいとおもうのですが。

貧BPさんの主張に共感する人は、ぜひ、貧BPさんのスポンサーになってあげて欲しいと思います。5万円/月なんて、100人いれば500円/月です。500人いれば100円/月です。このブログの読者が何人かは知りませんが、貧BPサポーターは、それぐらいのことはしてやってやってくれ、と思います。

その実現は最初の一歩です。それすらできなければ、BPさんの思想の実現の先行きは暗いように思います。

Re: タイトルなし

NNJA300 さん

> ひさびみにみてみました。
> というか、貧さんはへんですよ。
> 世界BPをいう夢があるならその夢をみて働いて資金をためるのが通常です。

変だという自覚はありますよ。少数派であるというのは、ある意味では変だということですから。
通常でなければいけないという話でも無いと思いますし。

あとは、最新記事がちょうど返答になってるかなと思います。

http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

ひさびみにみてみました。
というか、貧さんはへんですよ。
世界BPをいう夢があるならその夢をみて働いて資金をためるのが通常です。
働くと死にたくなるなんて甘えにしか過ぎません。人生をなめているネガティブな態度だから皆がバカにするのです。
愛の無知で厳しいことをいいますが、精神を入れ替えてください。あなたは頭でっかちで手足がない植物人間のようなものです。理屈よりも身体を動かして欲しい。
パプアにメソトというところがありますが、そこで生活してみてはいかがでしょうか?チェレンジする気力がないあなたはすでにしんでいます。だったら、お母上がなくなったときにあなたも一緒にいかがでしょうか?なさけなさの極地ですね。

Re: タイトルなし

今日も酒が美味い さん

> いやあ、興味深い所を指摘されてますね。他人に対して自分の権利を主張する人が、他人に慈悲を与える事が出来るのか?
> 自分より資産が有る層が、自分を支援するのは当然だ、嫌なら犯罪を犯すと主張しながら、自分より貧しい人を支援する事に対して、余裕が無いと拒否するのか?
> ブログ主は、自分以外には興味が無さそうだから、何のかんの理屈を言いながら、実質的に拒否するのだろう。

そうですね。
なぜならこういう問題は、世界で考えると「同時に」私たちの身近な生活圏で考えるべき問題だからです。
インドの田舎の村のゲストハウスにいると、周りは誰もエアコンなんか持っていません。街中の高級ホテルやレストランにあるぐらい。
この状況ではエアコンがないことは別に普通です。気温が40度を超えても、周りはみんなその暑さに耐えてる。みんなだらけてるし、自分も同じようにだらけます。

ところが日本の場合、生活保護でもエアコンは持てます。TVをつけると「熱中症に注意、エアコンはつけたり消したりすると余計に電気を使うから適温でつけっぱなしにしましょう」なんて話をしてる。そんな状況でエアコンがないといのは、さきほどのインドの話と比べ物にならないほど精神的に惨めで追い詰められたものになるでしょう。

たしかに世界全体も大事だけど、その地域ごとにおける貧困や格差の問題も同時に大事なのです。少なくとも、ピーク時でも年収300万に満たなかったような私が率先して切り詰めるより、先にお金を出すべき人がいると思いますがね。

> ブログ主が当然と主張する生活保護も、必死に働いている低所得者層の税等に支えられている訳で、他人の犠牲の上にのみ成り立つ人生。 

必「死」? 必ず死ぬ思いをしてまで働く必要なんか無いんです。そうやって「苦労してる俺様偉い」みたいな価値観でいるから、働くことが辛くなるとは思いませんか?
社会全体が「労働なんか生きるための手段」と言うような社会になれば、もっと働くことが楽な社会になり、私もここまで過激に労働を忌避することになんかならなかったろうと思います。

> Alive or Deadだから。  このブログ主は駄目だろうな・・・

全人類を養って余り得る食糧生産量を達成した現代社会において生きるか死ぬかなんて話になるのは、おかしいと思いますよ。そのおかしさをおかしいと認めるところからはじめて、やっと、物事を考えるスタートラインに立てるように思います。

Re: タイトルなし

朱雲 さん

> いや、個人の慈悲心で、貧BPさんがスポンサーを得て外こもりでもなんでもすれば良く、別に私が納めた税金が回るわけではないので何の問題ないのです。

社会福祉は慈悲であってはいけないのだというのが、当ブログの過去記事で書いたことですね。慈悲で生かされる、気分が変わったら見捨てられる、それは権利があるとは言いません。

http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

> 政府が、死ぬ思いで働いて納めた私の税金を貧BPさんに回したときに、私にとっての問題が生じるのです。

死ぬ思いまでしてなぜ働くんです?辞めればいいじゃないですか。
皆がそういう無理をしないことが、労働者に無理を強いる社会を変える第一歩だと思いますがね。
働くことがもっと気楽な社会であれば、私もこれほどまでに労働を忌避する考え方にはならなかったと思いますよ。

Re: タイトルなし

銀翼 さん

> 前にも書いた記憶がありますが、日本には財政的に働きたく無い人を全員養うほど余裕はありません。

私はこれ自体に懐疑的なんですよ。現に格差が広がってるわけで、バランスが悪いだけだと思います。
本当の意味で財政が足りないというのは、皆が持ってる資源や資産を平均化すると皆が平等に飢えて死ぬような状態でしょう。そうでもない、つまり全体の必要量は十分にあるのに「無い無い」というのは、やはりバランスの問題だと思います。
日本の税制を厳しくすると海外に逃げ出すというのは、それはそれで世界的に見ればバランスが取れてないわけで、やはり同じ問題です。

> 当然、働きたく無い人も生活のために働かざるを得ない構造になっており、そんな状態では精神的にも他人を養ってやろうなんて人が多数派にはなりえません。

本当に働きたくないなら、働けないでしょう。無理して働いたら死ぬでしょうね。実際この国にはそれで死んじゃう人も万人規模でいるわけですが、それが100万人とかにならないのは、やはりなんだかんだ言っても働ける人が多いことを意味してると思います。
賃金なのか、社会性の維持なのか、それは人それぞれですが。
高齢者で年金も資産も十分なのにそれでもシルバー人材センターなんかに登録して働くような人なんて、本当に働くのが好きで仕方ないのだと思いますし。

> だからと言って、例えば貧BPさんの一日の食事の回数を1回に減らして、残り2回をその人たちに寄付したいと思いますか?
> 日本で治療すればすぐ治る病気の人が居たとして、貧BPさんが外こもりのために買った航空券をその人にあげられますか?
>
> 国として、感情論に流されずに発展途上国にODAを出したり、自国の困窮者に生活保護・医療費を出すという仕組みは必要だと思います。
> でも大多数の人は、そんなに気前よく出すほど自分に余裕が無いというのが実情ではないでしょうか。

前半の問いかけに、ご自身で後半で回答を出されていると思います。
個々人の善意に期待するのではなく、分母を大きくすることで社会全体のリスクを減らそうとするのが社会福祉の一つのあり方なのだと思いますよ。

> そんな世の中で生きていくには、やはり何かしら人から支持される行為を行ってマネタイズする事を考えるべきだと思います。

それが出来るなら、一番いいとは思います。

Re: おめでとうございます

卒BP さん

> 大手に注目されて、この文筆業をマネタイズできそうじゃないですか。羨ましいです。
> 大手にアプローチする営業活動という労働が実りましたね。

いや、さすがにそれは無いと思います。
おそらく今回も基本的に何もなしで終わりだろうと思います。

> 私はその労働さえ億劫でできませんでした。ブログを書くことすら億劫でできなかった。見知らぬ人とコンタクトをとるエネルギーもない。
> あなたは以前否定されてましたが、間違いなくphaさんタイプの働き者ニートです。

ブログは締め切りがあるわけでも、最低の必要分量があるわけでもありません。
いわゆるマーケティングのようなものを行ってるわけでもなければ、もちろん営業もない。
このブログが最終的にマネタイズにつながることがあるとすれば、過去に気の向くままに書いてきた内容を取捨選択してくれるプロの編集者の目にでも止まって、せいぜい一部の書き直しや見直しをするのがせいぜいでしょう。全てゼロから起承転結や客観性を重視して書けと言われても、そんな気力も能力も無いのが現実的なところです。

Re: タイトルなし

あぱむ さん

> 「自分に損失を与えるかもしれないと思う行為」
> 結局人間が人間である限り、この問題は解決できないんじゃないでしょうか。

基本的にはそうなんですよね。とはいえ人類は、それに伴う問題をなんとかしようと宗教や政治や道徳や倫理や……ともかくいろいろな試行錯誤をしてきたわけです。
今後もそれをし続けるしか無いのだろうと思いますよ。

Re: タイトルなし

run さん

> 世界が全体的に豊かになっていても、日本並な国はまだ少ないのでは?
> 今後の労働に関する本を読んでいると殆どの労働を機械がするようになると書いてある本は確かにありますが、機械がする割合は増えても人間しかできない労働(感情労働など)もまだまだあり、そのような仕事が今後重要視されるということを書いてる本もあります

これは考え方の違いなのですが、感情労働も機械に最終的には奪われると思います。もちろんそのうえで、あえて不便を味わうというような楽しみ方的なものは、最後まで残るかもしれませんね。
たとえばデパートで服を見るときに、人間店員は間違ったものを薦めてくる可能性があるが、機械は完璧。そn間違いをあえて楽しむ、みたいな。だけどその人間店員が実はアンドロイドだったら……?

> 認知症やうつの増加の原因に世の中が便利化しすぎているというのが大きな原因としてありますし、トントン拍子に物事が進んでいくとは考えにくいと思います

NHKのドキュメンタリーだったかな? 今の大学生はゼロから独創的な文章を作るのは以前と比べ下手になったが、膨大なネットに転がってる資料から取捨選択しそれなりのものを仕上げる能力は向上してるみたいな話があったと記憶しています。
記憶力という能力も、瞬時に知りたいことを検索できる社会であれば必要ではなくなってきているという意見もあり、使わない能力は衰え、使うものは向上するというだけの話だという説もあるようです。
認知症や欝もネガティブなだけの捉え方しかされないのが一般的だけど、鬱というのは私が言うのもなんですが、それだけ人間性というのものを深く考える時間が出来てきたせいではないか、というような気もするのです。欝が少なかっただろう昔、明日の食料獲得に奔走し続けないと行けなかった時代、戦争で空襲に怯え生きるのに精一杯だった時代とどちらが幸せというのは簡単に言えないでしょうし。

> 働きたくないという人の中でも何もしたくないというのは少数で、今の労働環境で働きたくないというだけで労働自体をしたくないというわけではない人が多いのでは
> イケダハヤトという人が言うように人間の性質上何もしたくない人が多くなることはないように思います

基本的にはそうだろうと、私も思いますよ、私のようなレベルにまでなる人は少数派でしょう。

> これらの記事を読みましたが、主個人の希望や理想の部分が多く
> 「今の豊かさを失わないと言える根拠や許容することで生じる社会全体のメリット」
> は提示できていないように思います
> 自分以外の人の価値観も考慮して考えなければ社会全体としては機能しないのではないでしょうか

とはいってもrunさん自身が先ほど「イケダハヤトという人が言うように人間の性質上何もしたくない人が多くなることはないように思います」と書いていらっしゃるわけです。
こういう話はある程度は社会実験のようなものの出来るでしょうけど、実際はやってみないとわからない。そして、機械が人間の労働を最終的にどう奪うかも、おそらく結果が出て初めて、過去の予想の何が正しく、何が間違っていたかがわかるのでしょう。

Re: タイトルなし

Moscow76 さん

> これだけブログにエントリー書いて炎上を狙っても、あまり名前が全然知られてないのは、貧BPっていうアカウントの匿名性が高すぎるからだと思う。

そうなんですよね、たしかにそこは自覚するところではあります。それはあるんですが、やはり生活保護受給の可能性を考えると、おおっぴらに顔を出すことには問題を感じざるをえません。
「何の問題もないと思ってるならいいじゃないか。後ろ暗い気持ちがあるからだろ」と言われるかもしれませんが、やはり面倒が起きる可能性はできるだけ少なくしておきたいという気持ちがありますから。

> 顔さらす必要はないんだから、暗黒みたいにマスクでもかぶって
> 放送してみたら?w
> 映像があると、反応が全然違うよ。

まず自宅団地だと夜は親がいて話が筒抜けだから、無理なんですよね。

となると視聴者の少ない平日日中しか無いし……ううむ。

>そのあたりの調整役こそが、政府に求められているものだと思います。この問題を個人の慈悲心に帰結しようとすると、助けたい、いや、助けたくないみたいな話になってしまうだけなんですよ。

いや、個人の慈悲心で、貧BPさんがスポンサーを得て外こもりでもなんでもすれば良く、別に私が納めた税金が回るわけではないので何の問題ないのです。

政府が、死ぬ思いで働いて納めた私の税金を貧BPさんに回したときに、私にとっての問題が生じるのです。

貧BPさんには、貧BPサポーターからの寄付金で暮らして欲しいと思う。このブログの読者の貧BPさんの支持者は、支持コメントだけでなく、貧BPさんに経済的なサポートしてあげればいいと思う。

>>逆に聞きたいのですが貧BPさんは自分に損失を与えるかもしれない行為に抵抗を覚えないのですか?
>>例えば貧BPさんの一日の食事の回数を1回に減らして、残り2回をその人たちに寄付したいと思いますか?
日本で治療すればすぐ治る病気の人が居たとして、貧BPさんが外こもりのために買った航空券をその人にあげられますか?


いやあ、興味深い所を指摘されてますね。他人に対して自分の権利を主張する人が、他人に慈悲を与える事が出来るのか?
自分より資産が有る層が、自分を支援するのは当然だ、嫌なら犯罪を犯すと主張しながら、自分より貧しい人を支援する事に対して、余裕が無いと拒否するのか?
ブログ主は、自分以外には興味が無さそうだから、何のかんの理屈を言いながら、実質的に拒否するのだろう。

ブログ主が当然と主張する生活保護も、必死に働いている低所得者層の税等に支えられている訳で、他人の犠牲の上にのみ成り立つ人生。 
結局、日本の中途半端な社会保障システムの問題ですかね。やったもん勝ち。

タイでは社会保障なんて無いから、全て自己責任。ただ、自分より弱い存在に対しては、自然にサポートしているのが面白い。
馴染みのバイタから問題が有ると金をせびられる(意外と嘘は無い)→しょうが無いなと、その月の儲けの1-2割位をやる→バイタは田舎に送金→バイタの家族は一息付く。タイ語の下手な私は、そのバイタから日常生活で助けてもらてるから、まあ良いかと思うが、その分、徹底的にこき使う。

中途半端な社会システムが有るから問題なんだろう。 生活保護も含めて、一度全廃して、再構築するのがBestだと思うのだが。ブログ主も必死になって、悩む余裕も無くなるだろう。

Alive or Deadだから。  このブログ主は駄目だろうな・・・







> 今の日本社会というのは、未だに自分のようなマネタイズ出来ない行為をしてる貧乏人を生活保護制度で許容できるほどには豊かではない、ということにでもなるのでしょうか。それは財政的にもそうだし、精神的にもそうだと言えるかもしれません。

ここ、まさにその通りだと思います。
前にも書いた記憶がありますが、日本には財政的に働きたく無い人を全員養うほど余裕はありません。
当然、働きたく無い人も生活のために働かざるを得ない構造になっており、そんな状態では精神的にも他人を養ってやろうなんて人が多数派にはなりえません。

> 人はマネタイズ出来る行為、金銭に換算できる行為は好意的に考え支持するが、そうでない場合、とくに自分に損失を与えるかもしれないと思う行為については、激しく抵抗を覚えます。

これは、マネタイズできる行為だから支持するというよりは、支持する人が多い行為がマネタイズしやすいだけではないでしょうか。マネタイズできるかどうかという点で物事を支持するかを決めている人は少ないように思います。
便利なサービスや興味深い情報を提供するから、マネタイズできるのではないでしょうか。

後半部分は全くの同意で、逆に聞きたいのですが貧BPさんは自分に損失を与えるかもしれない行為に抵抗を覚えないのですか?

例えば、発展途上国ではまだまだ餓死者も多いです。
その国の子供たちの中にはハリーポッターを超える名作を書く人が現れるかもしれない。
だからと言って、例えば貧BPさんの一日の食事の回数を1回に減らして、残り2回をその人たちに寄付したいと思いますか?
日本で治療すればすぐ治る病気の人が居たとして、貧BPさんが外こもりのために買った航空券をその人にあげられますか?

国として、感情論に流されずに発展途上国にODAを出したり、自国の困窮者に生活保護・医療費を出すという仕組みは必要だと思います。
でも大多数の人は、そんなに気前よく出すほど自分に余裕が無いというのが実情ではないでしょうか。

そんな世の中で生きていくには、やはり何かしら人から支持される行為を行ってマネタイズする事を考えるべきだと思います。

おめでとうございます

大手に注目されて、この文筆業をマネタイズできそうじゃないですか。羨ましいです。
大手にアプローチする営業活動という労働が実りましたね。
私はその労働さえ億劫でできませんでした。ブログを書くことすら億劫でできなかった。見知らぬ人とコンタクトをとるエネルギーもない。
あなたは以前否定されてましたが、間違いなくphaさんタイプの働き者ニートです。

「自分に損失を与えるかもしれないと思う行為」
結局人間が人間である限り、この問題は解決できないんじゃないでしょうか。
今無理やりにこれを押さえ込もうとすれば、民主主義下では政権が変わって終わりでしょう。
それこそ、ほとんどの労働がロボットに変わり、労働出来ることが一部の特権階級のステータスみたいな世界にならないと難しいように思います。

加えてピケティじゃないですが、世界が全て同じ水準になり諍いもない様な世界。
国際競争や宗教戦争があるような状況でも無理でしょうね。

>>世界は全体的に豊かになっていってる。
途上国の場合、国全体が豊かになると同時に、その中での格差拡大が問題になってきているという話もあります。
最終的にこの方向性は、以前書いたように人間から動労自体が奪われ、ほとんどを機械がするような社会へつながっていくと思ってます。

世界が全体的に豊かになっていても、日本並な国はまだ少ないのでは?
今後の労働に関する本を読んでいると殆どの労働を機械がするようになると書いてある本は確かにありますが、機械がする割合は増えても人間しかできない労働(感情労働など)もまだまだあり、そのような仕事が今後重要視されるということを書いてる本もあります
認知症やうつの増加の原因に世の中が便利化しすぎているというのが大きな原因としてありますし、トントン拍子に物事が進んでいくとは考えにくいと思います
シリーズ物の映画も1は凄く面白いのに2、3となるにつれて勢いがなくなりますし、車の自動運転機能も技術的にはとっくに現実にできる段階まできてますが、複雑な問題で長いこと足止め状態ですからね
最初の勢いのままいくとは考えられない
働きたくないという人の中でも何もしたくないというのは少数で、今の労働環境で働きたくないというだけで労働自体をしたくないというわけではない人が多いのでは
イケダハヤトという人が言うように人間の性質上何もしたくない人が多くなることはないように思います

他の働きたくない系のブログに「働きたくない人が生きるには」という記事がありこう書いてありました

1、節約
2、1ができない人は誰かに頼る寄生する(専業主夫、ヒモ)
3、12ができない人は国家に寄生する

現状2すら国民全体の価値観としてはあまり認められてない段階なので、その先の3は相当厳しいと考えます

bpさんに参考にしてくださいと言われた
怠け者を認められない人類は絶滅する!?
「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?

これらの記事を読みましたが、主個人の希望や理想の部分が多く
「今の豊かさを失わないと言える根拠や許容することで生じる社会全体のメリット」

は提示できていないように思います
自分以外の人の価値観も考慮して考えなければ社会全体としては機能しないのではないでしょうか









これだけブログにエントリー書いて炎上を狙っても、あまり名前が全然知られてないのは、貧BPっていうアカウントの匿名性が高すぎるからだと思う。


今の状態だと、本当に貧BPって人が居るのか居ないのか定かじゃない。
全部ネタかもしれない。
この記事だって、ツイアカが分からないから、イケダなんとかと絡んだのが本当かどうかも確かめるのが面倒すぎる。

youtubeかニコ動・ニコ生に動画や配信をすれば、
「あー昼間から毎日放送してるならガチかな」って思われるし
分かりやすい。

顔さらす必要はないんだから、暗黒みたいにマスクでもかぶって
放送してみたら?w
映像があると、反応が全然違うよ。

Re: タイトルなし

筒井筒 さん

> お前さん 真性のかまってちゃんやなw

自己承認欲求を労働なんかで解消できる立場では無いですからね。

> イケダなんたらとかいう“プロブロガー”()にかまってもらえてそんなに嬉しいでっかw

嬉しいです。

> 月に30マンも稼げねえよ!だのとのたまってたが、お前さんでも出来る仕事は何かあるやろ、こんだけ景気も良くなってきてるんだし。それで1マンずつでも貯めて念願の外こもりでもしたらええがな
>
> 何でやんないの?

毎月1万ずつぐらいはためてますけど、これじゃあ外こもり再開(といっても数カ月程度)でも数年先になりますね。そんな何年も先のことを考えるのは苦手というか、あんまり意味ないなぁと思ってしまうのですよ。

Re: タイトルなし

しん さん

> イケダさんに紹介されて、ぐっと注目度上がりましたね。
>
> これをきっかけに取材とか執筆とか、
> 今までやってることとほとんど変わらないけど、
> マネタイズ?出来たという展開が一番いい思いますよ。

それは期待したいけど、さすがにそこまでは期待し過ぎというか、難しいかなというのが正直なところですね。

Re: 本当はわかっているはずなんですがね

あきよし さん

> お金を稼げていない人が安心して暮らせるという制度は、実は社会がよくなっていくことに繋がるのはわかっているはずなんですけどね。
> そういう環境があればこそ、人はリスクのあるい新しいことに挑戦できるし、文化やスポーツなどの分野にも打ち込めるのだと思います。

まったくそのとおりだと思います。
よく使われる例ですが、ハリーポッターは生活保護をもらっていた作者が小説などという「ほぼ間違いなく金にならない趣味の領域」のことをしていても文句言われず書き続けられた、それを社会が許容した、それが、最終的にイギリスに莫大な収入を与えるきっかけになったわけですからね。

Re: タイトルなし

run さん

> 日本は豊かですが、そうでない国は沢山あり他国との競争もありますから今気を緩めてしまうとそこにつけこまれ日本全体が落ちぶれてしまうような気がします
> 豊かさに慣れてしまってますからこういう事態はどうしても避けたいでしょう
>
> なので働きたくない怠け者を許容できるようになるのは日本並に豊かで治安もいい国がもっと増えてからで、それは自分たちが生きてる間には無理だと思います

それはどうでしょう?
世界の豊かさというのは全般的に常に上向きであり、アベノミクスでアホ見たく日本の資産がドルベースで減っていく今においてすら、円ベースでは増えていってるそうです。
世界は全体的に豊かになっていってる。
途上国の場合、国全体が豊かになると同時に、その中での格差拡大が問題になってきているという話もあります。
最終的にこの方向性は、以前書いたように人間から動労自体が奪われ、ほとんどを機械がするような社会へつながっていくと思ってます。

> 今から数十年の間に働きたくない怠け者を許容して今の豊かさを失わないと言える根拠や許容することで生じる社会全体のメリットはなんでしょうか?
>
> 結局そこだと思うのですが

このあたりを参考になさってください。

怠け者を認められない人類は絶滅する!?
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-437.html

Re: タイトルなし

run さん

> 日本は豊かですが、そうでない国は沢山あり他国との競争もありますから今気を緩めてしまうとそこにつけこまれ日本全体が落ちぶれてしまうような気がします
> 豊かさに慣れてしまってますからこういう事態はどうしても避けたいでしょう
>
> なので働きたくない怠け者を許容できるようになるのは日本並に豊かで治安もいい国がもっと増えてからで、それは自分たちが生きてる間には無理だと思います

それはどうでしょう?
世界の豊かさというのは全般的に常に上向きであり、アベノミクスでアホ見たく日本の資産がドルベースで減っていく今においてすら、円ベースでは増えていってるそうです。
世界は全体的に豊かになっていってる。
途上国の場合、国全体が豊かになると同時に、その中での格差拡大が問題になってきているという話もあります。
最終的にこの方向性は、以前書いたように人間から動労自体が奪われ、ほとんどを機械がするような社会へつながっていくと思ってます。

> 今から数十年の間に働きたくない怠け者を許容して今の豊かさを失わないと言える根拠や許容することで生じる社会全体のメリットはなんでしょうか?
>
> 結局そこだと思うのですが

このあたりを参考になさってください。

怠け者を認められない人類は絶滅する!?
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
「労働なき未来」に希望を抱くか、絶望を抱くか?
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-437.html

Re: タイトルなし

Moscow76 さん

> すでに古典とかで済んでる議論を自分が
> 思いついたことのように語ってくるひとと
> わざわざ議論しないし、
> あるいは、自分の意見を強調するためにあえて取り上げる場合はある。。

そういう可能性自体は、あるとは思います。

Re: 一人ひとりの行動が社会を少しでも変えられれば・・・

かねよし さん

> 例えは悪いかもしれませんが、貧bpさんも、震災の時ある程度体力・財力があったけれど、ボランティアには行きませんでしたよね。ボランティアというマネタイズできない行為、もしくは「自分の」役に立たない行為に抵抗があったからではないでしょうか?
> 日本社会にも当然問題がありますが、一人ひとりの問題でもあると思います。

この問題は。だからこそ個人の慈悲心とかではなく、社会がシステム的に対応すべき問題だと思うんです。
一人の困窮者を一人で養えと言ったって大変だけど、100人とか1000人になってくると話は違いますよね?
また、資産の大小によっても出せる金額は変わってくる。
そのあたりの調整役こそが、政府に求められているものだと思います。この問題を個人の慈悲心に帰結しようとすると、助けたい、いや、助けたくないみたいな話になってしまうだけなんですよ。

Re: タイトルなし

57tokin さん

> 貧BPさんは作文が好きなのかもしれないですが、申し訳ないですが趣味のレベルだと思います。ブログを頑張って書いても生活できないのは社会が悪いとか言い出さないでくださいね。

さすがにそれは言わないけど。正しく言うなら「ブログを頑張って書いても『最低限のの生活すら』できないのは社会が悪い」は言うと思います。
だって、生活保護があるんだから。
言い換えるなら
「ただ寝ているだけでも最低限のの生活すらできないのは社会が悪い」
とでも言えるかもしれませんね。

最低限以上の生活を送りたければ、そりゃ努力しろということにはなりますが。

お前さん 真性のかまってちゃんやなw

イケダなんたらとかいう“プロブロガー”()にかまってもらえてそんなに嬉しいでっかw

月に30マンも稼げねえよ!だのとのたまってたが、お前さんでも出来る仕事は何かあるやろ、こんだけ景気も良くなってきてるんだし。それで1マンずつでも貯めて念願の外こもりでもしたらええがな

何でやんないの?

イケダさんに紹介されて、ぐっと注目度上がりましたね。

これをきっかけに取材とか執筆とか、
今までやってることとほとんど変わらないけど、
マネタイズ?出来たという展開が一番いい思いますよ。

本当はわかっているはずなんですがね

お金を稼げていない人が安心して暮らせるという制度は、実は社会がよくなっていくことに繋がるのはわかっているはずなんですけどね。
そういう環境があればこそ、人はリスクのあるい新しいことに挑戦できるし、文化やスポーツなどの分野にも打ち込めるのだと思います。

それにしても、今の「働き方」を改善しないと、働いている人がとても苦痛を味わっているので、働かない人に自分のお金が回ることを許容できないようです。

日本は豊かですが、そうでない国は沢山あり他国との競争もありますから今気を緩めてしまうとそこにつけこまれ日本全体が落ちぶれてしまうような気がします
豊かさに慣れてしまってますからこういう事態はどうしても避けたいでしょう

なので働きたくない怠け者を許容できるようになるのは日本並に豊かで治安もいい国がもっと増えてからで、それは自分たちが生きてる間には無理だと思います

今から数十年の間に働きたくない怠け者を許容して今の豊かさを失わないと言える根拠や許容することで生じる社会全体のメリットはなんでしょうか?

結局そこだと思うのですが

>生活保護がバッシングされるのは、その存在が受給者でない普通の人に損害を与えると考えてしまうからです

いや、これは違うと思うけど。
ルサンチマンの研究書とか読んで言ってるのかちょっとよく分からない。

ホリエモンとかちきりんにブログ主が相手にされてない理由は
彼らのポジションによる問題と
ブログ主の議論が知識・体系的に自分より低レベルな問題と
2種類である可能性がある。

すでに古典とかで済んでる議論を自分が
思いついたことのように語ってくるひとと
わざわざ議論しないし、
あるいは、自分の意見を強調するためにあえて取り上げる場合はある。。

>>「自分の」役に立たない行為に抵抗があったからではないでしょうか?

かねよし殿
震災の時は、多くのボランティアの方々や各地からの義捐金、直接の関係は無かったけれど、感謝と感動で胸が一杯になりました。本来は無事だった自分が率先して、何かやるべきだったのに。その意味では、貴殿の指摘は耳に痛いです。
ただ、その後のガレキ処理の問題。殆どの地域が受け入れを拒否しました。理解は出来ますが、そのギャップは少し悲しかったです。別にガレキが放射能まみれな訳ではないのに。
結局、人は直接の利害が無ければ善なる存在でも、人は自分が第一なのかもしれません。

ブログ主さんも、その日本人の典型なんでしょう。働きたくないから、生活保護を受けて生きる。その事自体は、制度(上の欠陥?)を利用する事で、とやかく言う事では無いでしょう。悪法も法なりといいますし。
ただ、本来は自分のみの損得にも関わらず、社会問題にすり替えて、正当化しているところが何だかなあと思います。ブログ主さんは自分が如何に追い詰められており、社会が自分に救いを差し伸べるのは当然だと雄弁に語ります。ただ、同じ様な人や、救ってくれる社会に対して、僅かでも貢献しようと語る事は殆ど有りません。自分の母親に対しても。
結局、彼も「自分」が第一で、「自分の」役に立たない行為は、興味が無いのでしょう。

おっしゃる通り、一人ひとりの考えの問題なのかもしれません。その意味では、ブログ主さんも、変わらなければいけないのでしょうが、無理でしょう。

まあ、私も自分の金は、自分と身内以外に使う気は一切有りませんし、その点ではブログ主と同じで、自分の事しか考えない人間なので、そんな事を言う資格は無いのですが。

朝から失礼しました。急に以前の事を思い出したもので、酒が不味くなりますね。

一人ひとりの行動が社会を少しでも変えられれば・・・

おっしゃる通りだと思います。ただ、日本には災害が多いから仕方ないんじゃないかなと思います。
これまで人生をかけて築き上げてきたものが、火事や、津波や、地震で一気になくなるのを間近で見ていると、最後に信じられるのは身近な人と、やっぱりお金だなと感じるのでしょうね。
自分が困っているときに、見知らぬ人が助けてくれる保証はないから、皆不安なんですよね。
イケダハヤトさんは人脈もある上に、いきなり高知に移住できるコミュニケーション力もあるから、そのへんうまくやっていける自信があるんでしょうが、大半の人間はそうではありません。
例えは悪いかもしれませんが、貧bpさんも、震災の時ある程度体力・財力があったけれど、ボランティアには行きませんでしたよね。ボランティアというマネタイズできない行為、もしくは「自分の」役に立たない行為に抵抗があったからではないでしょうか?
日本社会にも当然問題がありますが、一人ひとりの問題でもあると思います。

Re:

えーさく さん

ご指摘ありがとうございます。直しておきました。
なんか最近、キーボードの打ち間違いが多く、指や腕もすぐに痛くなってしまう状況でして……何が何やらって感じです。

>「怠け者が働きたいという理由で生活保護をもらってもいいと思う」と言って下さった。

働きたくないという理由、の間違い?


>今後この問題が広く議論されることを、貧機で期待しています。

貧機ってなんでしょうか?

> さて、この記事の中か一点。

中から、ですかね。まあ、これは単なる脱字と分かりますが、最初に指摘した働きたいのか働きたくないのかの違いは、かなり大きな違いだと思います。

自分の活動が金にならないなら、他の仕事をして生活費を稼ぐ。当たり前じゃないですか?

スポーツでも芸能でも、好きなことをして金を稼げるのは何万人に1人の才能を持った人だけですよ。

貧BPさんは作文が好きなのかもしれないですが、申し訳ないですが趣味のレベルだと思います。ブログを頑張って書いても生活できないのは社会が悪いとか言い出さないでくださいね。

Re: タイトルなし

Cosi さん

> おめでとうございます!
> これで潮目が変わるかもしれませんね!
> 歴史的瞬間を目撃しているのかもしれないと思って、ちょっと興奮しています。
> これがきっかけで何らかの不労収入が得られるようになって、外こもりが再開できますように。

さすがにそれは無いと思いますよ……もちろん世の中、なにがどうなるかは分からないけど、個人的には今回はこのテーマが世に問われたことだけでも満足です。

おめでとうございます!
これで潮目が変わるかもしれませんね!
歴史的瞬間を目撃しているのかもしれないと思って、ちょっと興奮しています。
これがきっかけで何らかの不労収入が得られるようになって、外こもりが再開できますように。

Re: タイトルなし

anon さん

> イケダさんは貧困者を応援する文章を書きますが、阿部さんやhin-bpさんのために具体的な行動をとるわけではありません。
>
> 実際、阿部さんの状況は全く改善されていないようです。

そりゃ、その方と関わることがイケダさんの利益にならないなら、そこまで無私になって関わるわけがありませんね。
今回の件については、それなりの支持者やフォロワーもおり本も出しているイケダさんがこの論点を取り上げてくれた、それだけでも十分に大きな意味があると思います。少なくともこういう観点や価値観が存在するということを、地下に潜ってるような当ブログから、ちょっとは水面に出すことに成功したわけです。
それだけでも本当にありがたいですよ。

イケダハヤトさんには期待しないほうがよいと思います。

イケダさんは、昨年、阿部大登さんという生活保護受給者を応援する文章を書きました。
http://www.ikedahayato.com/20140613/8041630.html

しかし、阿部さんの以下のツイートを見ると、現在、阿部さんとイケダさんの関係は冷え切っているようです。

「イケダハヤトさんと距離を置かせていただこうかな」
「彼も文章で身を立てている/立てた人間であるのに、それに伴う責任を放棄している」

https://twitter.com/punctus_jp/status/564588613686394880
https://twitter.com/punctus_jp/status/564588808897720320

イケダさんは貧困者を応援する文章を書きますが、阿部さんやhin-bpさんのために具体的な行動をとるわけではありません。

実際、阿部さんの状況は全く改善されていないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。