HOME > スポンサー広告 > 福祉で生きることをスティグマにしない社会にHOME > 生活保護・社会福祉 > 福祉で生きることをスティグマにしない社会に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉で生きることをスティグマにしない社会に

 なかなか興味深い記事を見つけました。

貧困から図書館について考える

 記事自体は貧困からの脱出に図書館をもっと活用しようみたいな内容なんですが、今回はその中から一章を取り上げます。

貧困は人と人のつながりを遠ざける

この、生活保護あるいは貧困といったものがその人を人とのつながりから遠ざけるメカニズムを、私自身が年収200万円以下のワーキングプアだった時期の体験を踏まえて考えてみよう。一定額以上のお金を稼いでいないと二重の意味で人の輪から遠ざかることになるというのが、私の体感と観察からの結論である。

第一に収入が少ないということは、当然交際費にかけられる金額もまた少ないということである。具体的に言えばご飯を食べに行こうとなったときに行けるか行けないかの選択肢が狭まるし、行かない本当の理由を何度も言うのも楽しいことではないし、贈り物や手土産の機会にあげられなかったり返せなかったり交換する物の価格が随分違ってくるということだ。こうした具体的に使える金銭の額の違いから、人間関係が疎遠になっていくことがある。

第二に、人と会う場に参加できたとしても、いま何してる、と聞かれていつまでもアルバイトや生活保護とあっけらかんと言えるほど、低収入あるいは生活保護は、同じ社会の仲間として温かく受け入れられているわけではない。みわさんは、生活保護利用者が引きこもりがちになる理由を即答でスティグマと答えた。

「生活保護を受けるということは、お恵みを受けること。働いている人にぶら下がることなので、恥ずかしいというふうに世の中が刷り込まれていっていて、これがいちばん効いているんです」

と。いかに稼ぐ能力を上げて生き残っていくか、またそうあることがかっこいいかという物語が社会でできあがっている中で、貧困そのものが恥ずかしく言いづらくなっている空気がある。こうして自分を卑下したときから、その人が会う人間の数や多様性は大幅に限られてくるように思う。

生活保護利用者がかかえる知的不平等の要因の一つは、この「閉じている」ことだろう。生活保護という制度は存在するのに、生活保護を受けて生きるということ、もっと言えば人に助けてもらうということが、事実上社会で受けいれられていないからである。

このように生活保護利用者のかかえる知的不平等は、通常当たり前に友人に聞けたりすることが人間関係の狭さゆえに聞けなかったり、図書館という知的アクセスのための場所にも行きづらく情報が足りていないことにもあるようだが、それだけでは終わらない。フォーラムの終盤、なぜ日本の生活保護がこんなにうまくいかないのかわかったというみわさんの発言があった。それは、お金は支給するが就労指導に従うようになど「自分のことを自分で考えて自分で決める権利、選ぶ権利をはぎとっている」からだと。

 太字装飾は自分で入れました。

 当ブログに普段から批判的なコメントを書かれる方は、「当たり前だろ。貧困は恥ずかしいという意識を持ってもらわないと、そこから脱出しようという意欲が沸かないじゃないか」と、スティグマを貼ることを正当化するだろうことは容易に想像できます。最後の「自分のことを自分で考える権利とか言っても、それがパチンコかよwww 権利以前に能力がないだろ。だから集団生活させたり、生活指導を与えないとダメなんだよ」とツッコミそうですね。
 能力がないから生活保護に落ち込む? あれば落ち込まない? 落ち込んだ事実自体が能力のない証?

 自分自身は(前から何度も書いてますけど)産業構造の変化で今後はどんどん失業者が増えていくし、生活保護のような形で社会福祉で生きていく人は増える一方だと考えています。それなのにいつまでもそれをスティグマにしていては、不幸な人が増える一方です。
 であればこそ、生活保護を権利として正当化することが、今後の社会を作り上げていく過程で欠かせないことだと、真剣に考えています。
 だけどこれ、記事中の「第二」しか解決できないんですよね……。第一の「交際費にかけられる金額が少ない」問題自体は、解決できない。とはいえこれは収入格差があるから生じる問題で、それこそ社会福祉で生きるものが増え、似たもの同士であれば、問題ではなくなるのかも、しれませんね。

 この内容、とてもとても身に迫ってくる内容でした。第一はまさにそのとおりで、お金がなく、前回の記事で書いたように減るのも怖いがゆえに、使えなくなる、一般的にも所得階層や資産によって付き合いが変わることは当たり前なことで、学生時代に普通に付き合えていた友人同士であっても、かたや子供が出来て月の小遣いが昼食代込みで1万円、かたや独身貴族で毎月100万円使ってもへっちゃらなんて間柄になれば、付き合いを維持するのは難しくなります。和民で飲むのすら神経をすり減らす人が、今更そんな安い酒は飲みたくないなどと言うような人とは付き合えませんからね。
 第二も全くその通り。学生時代の知人と会えなくなってしまってるのは結局はこれで、「今無職。金もないよ。将来生活保護をもらうしかないと思ってるよ」なんて言ったら、「ふざけんな」と怒鳴られバカにされて終わりと容易に想像ができるからです。これは「くだらないプライドが邪魔をしている」と言えなくもないけど、プライドの有無以前に怒られるような場に顔を出したいとは、誰も思いませんよね。

 将来的に社会が、自分の予想するように無職者が増えていき、生活保護やベーシックインカムで生きる人が増えていったとしても、その社会は決してかつてのような「一億総中流」ではなく、それなりに大きな格差の残る社会になるかもしれない。いったいその社会はどういう社会になり、人付き合いの形はどういうものになっているのか、それを想像するのは、なかなか難しいことのようです。
 途上国のスラムのようなものになってしまうのでしょうかね?

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

生活保護リアル
生活保護リアル
posted with amazlet at 15.04.02
みわよしこ
日本評論社
売り上げランキング: 233,321


   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re:

ヤンバルクイナ さん

>それじゃ年金が出るまで耐えるって感じですかね?
>まぁ年取ってもゲストハウス暮らしでも楽しめるのであれば、それ自体は問題ないのかもしれませんね。

私自身の年金なんて今の推定でも年間30万円無い程度なので、あんまり意味ないですけどね。

それじゃ年金が出るまで耐えるって感じですかね?
まぁ年取ってもゲストハウス暮らしでも楽しめるのであれば、それ自体は問題ないのかもしれませんね。

Re: タイトルなし

ヤンバルクイナ さん

> 疑問なんですが、
> 外こもりをする主な目的に人との繋がりを上げていましたよね。過去のブログにも語らい、議論したことが楽しかったとありました。今でも人との付き合いが欲しいと書いていますよね。
> でもこれって、自分が年を取って、相手との年齢差が離れた時も同じように楽しく感じると思いますか?

これはすでに海外のゲストハウスで体験済みです。つまり、同じゲストハウスに60代の高齢者が泊まってて話す機会というのは、何度もありました。
それはそれで楽しいものですよ。
もちろん実際は、タイのチェンマイを見ても分かるように、そういう高齢者は高齢者で固まる傾向があります。国民年金満額無いような人が国内で暮らすことが出来ず、外こもりをするしかないという状況です。
昨今の円安でどうなったかは分からないけど、彼らは彼らでそれなりに暮らしているように見えたし、ああいう老後もありだなと当時思いましたね。

> 年配の方と話をして楽しいのは、相手が経験豊かな場合であって、何もしてこなかった老人と話をするのは私は楽しくはないのですが。

これなんですけど……ずっと会社員をやってきて定年退職したあと旅に出た人がいて話をしたことがあるけど、正直言って、働いてる時の話はつまらなかったです。あまり覚えてないけど、興味のない業界の話だったんですよ。

> 同じ趣味を持つは、人との繋がりを持てますので、働くのがどうしてもダメであるなら、趣味を探してみるのはどうですか?ボランティアでも良いと思います。

外こもりの素晴らしい点は、まさにここにあります。つまり「海外や旅行に興味がある」という共通点が、ゲストハウスで会う時点で成立するんですよ。同じ趣味があるという大前提があるわけです。
だからそれをコアにして話が広がるんですね。

> こういうボランティアはどうですか? 
> 交通費と食事は出るみたいですよ。

こういうのもありっちゃありかもしれませんが、ボランティアとはいえ拘束されるのは好きじゃないんですよねぇ。それならお金頂戴と思ってしまいます。

追伸

株でIPOに申込みまくるというのが、利益を出すのに確率的に一番高いと思いますよ。

>>使ってないサービスをいかにも使ってるようにしてアフィリブログを作るのは常套手段ですが、それはやりたくないんですよね。

仮に今生活保護を受けたらどの様な住まいを探すのか、もしアルバイトを探すとしたら、どの様な仕事であれば働けるのか。をシミュレーションするのであれば、使っていないサービスとは言えないでしょうし、実際に貧BPさんにとっても有意義な記事が書けるのではないでしょうか?まぁランキングが一番楽な気が致しますが。

お金にはならないかもしれませんが、キンドル本を出版するのも楽しそうですよ。元手掛かりませんし。生活保護や外こもり等で書いてみたらどうです?

今はまだ40代?でまだ選択肢はありますが、年を取るほどにそれは無くなっていきますよ。それと過去のブログを読んでも気力が年々低下しているのが感じられます。人は環境に慣れていきますので、このままですと、ますます気力が無くなっていく気が致します。

アフィリエイトサイトを作るにしてもバイトしてみるにしても嫌なことは全部やりたくない、努力は出来ないと切り捨てずに、今の環境が保たれているうちに何かした方が良いと思いますけどね。

疑問なんですが、
外こもりをする主な目的に人との繋がりを上げていましたよね。過去のブログにも語らい、議論したことが楽しかったとありました。今でも人との付き合いが欲しいと書いていますよね。
でもこれって、自分が年を取って、相手との年齢差が離れた時も同じように楽しく感じると思いますか?
年配の方と話をして楽しいのは、相手が経験豊かな場合であって、何もしてこなかった老人と話をするのは私は楽しくはないのですが。
仮に年金を貰える年になって、外こもりしたとして、65を過ぎた老人に対して、バックパッカーの若い人達は話し相手にはなってくれるでしょうが、語らい議論するのは難しくなるかもしれませんよ。

この記事に『低収入あるいは生活保護は、同じ社会の仲間として温かく受け入れられているわけではない』
とありますが、社会が受け入れる様になったとしても話をしていて楽しいかどうかは別の問題なわけです。年に1度程度会う、昔の学生仲間であれば、みんなどうしてるとかでまだ話が出来ますが、それ以外だと特に男性は家庭・子供の話や仕事の話などが多くなっていくわけで、出来ないと呼ばなくなると思います。
『お前いま何してるの?』って聞いた時に
『何もしてないよ』って返事が来たら、どうやって生活してるのか? 暇じゃないのか。これからどうするのか? って質問以外には『へぇー』しか答えようがないわけです。
外こもりの場合は年齢差が、同じ問題を起こしていくと思いますが、貧BPさんが海外にいた頃は20代や30代で同年代の人が多かったりで楽しかったでしょうが、だんだん話が合わなくなり、思っていた楽しさが得られないとは思いませんか?
キャリコネの記事に、次がある人との間にギャップが生まれるみたいな事が書いてありましたが、せめてアフィリエイトで生活費を稼いでいる。とかないと、話をしていて自分も相手も楽しくないだろうなぁと思ってしまうのです。

同じ趣味を持つは、人との繋がりを持てますので、働くのがどうしてもダメであるなら、趣味を探してみるのはどうですか?ボランティアでも良いと思います。
こういうボランティアはどうですか? 
交通費と食事は出るみたいですよ。
http://www.gotokyo.org/jp/volunteer/volunteer3.html




Re: もう一点

ヤンバルクイナ さん

> どうせ働けなくてジリ貧になるなら、再度、株かFXに挑戦するつもりは無いのですか?
> 前より時間があるみたいですし、一か八かも良い気がしますが。FXは辞めた方が良いと思いますけどね。

いまそれをやって今の自分の財産をゼロにしてしまうのは、極めて危険です。
残高最低でも50万円以上というのは、突然天涯孤独になっても、アパート契約やその他の手続きを全部行い、住所を確保した上で生活保護を申請するために必要な金額と考えています。
そこに手を付けるわけにはいきません。
また、今は約70万円の資産があります。その20万円はそれこそ、本を買ったりネットに繋いだり、PCが突然壊れた場合の買い替え費用とか、そういうものに必要ですから、やはり投資というギャンブルに使うわけにはいきません。

> もしくはNISAで高配当の投信も検討してみては?
> 私は先月、大和住銀-日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) を50万円分買って配当金が17,718円出ましたよ。

毎月配当型というのは、その毎月の配当を即座に消費に使う前提でいれば意味があるかも知れないけど、その元本をそのまま投資に回す(複利効果)場合、意味が無い気もします。
それにもし毎月1万円貰えるとしても、10ヶ月以内に20%落ち込んだら、元も子もないような気がしてしまいます。
ただまぁ、なかなかいい商品のようなので、ちょっと調べてみましょうか。

Re: A8.net

ヤンバルクイナ さん

> 住宅・賃貸などは引っ越しや将来的な家探しと連動して使えそうじゃないですか?
> 他にも転職系やFXなど、無理に記事を書かなくても使えそうなのがありそうに思えます。

使ってないサービスをいかにも使ってるようにしてアフィリブログを作るのは常套手段ですが、それはやりたくないんですよね。
それが受け入れられるなら、とっくにやってると思います。

NISA以外は再投資にしているので、勝ちではないですね。しかし、分配金で食べてるとは凄いですね。

貧BPさん。年を取ると取るほど、バイトも選択肢が無くなっていきます。少し稼いで、改めて投資を改めて考えてみても良いのではないですか?
一発逆転の博打でも良いわけですが。

毎月分配は構造上、元本が毀損していきますので、その元本の毀損以上に投資対象の価値が上昇するかどうかですからね。海外債券対象なら為替、リートならリート指数。分配金を貰っているなら、元本ベースで損をしていなければ勝ちでしょう。
私は米国リートはまずまずですが、豪ドル債、カナダ株は悲惨。まあ、分配金目当てですから放置。時々、入れ替えています。今度はブラジルレアルにしようかと。もちろんNISA枠は毎月分配で、全部使いました。
長い事、分配金で食っております。

もう少しリスクを取ってみたければ、投信を担保に株の信用をやるというのもありますね。SBIは駄目なはずですが。高利回り銘柄とかETFとか面白いかも。

では、スレ違いを失礼致しました。

投信

どうなんでしょうね?
単純にSBIのNISAランキングで4位位にいたので、今見たら1位でした。買ってみただけなのですが。

投信は400万(うちNISA100万)持っていますが、レオス-ひふみプラスと日本株アルファ・カルテット以外は全て海外向けの物です。保険のつもりと円安が進んだ時の為に買ったのですが、大して増えてもいないです。というかひみみプラス以外が、毎月分配型なので税金だけ払ってる感じです・・・
最初は配当金だけで生活を夢みていたのですが、結局放置プレイです。

でもNISAで購入するのは悪くなさそうですね?

おおお!あれを買いましたか

「日本株アルファ・カルテット」
おおお!あれを買いましたか。私も一瞬惹かれましたが、分配金の凄さに、ちょっと出し過ぎかと、ビビッて止めた記憶。http://www.morningstar.co.jp/FundData/SnapShot.do?fnc=2014040403
http://www.daiwasbi.co.jp/products/search/fund/pdf/20150331_jp-alfa_m.pdf
毎月分配は色々と文句を付ける奴が多いけど、要は会計のマジックを利用している訳で。後は、日本株が上がれば良いわけだし。

ブログ主の様に、役に立つ知識は皆無、度胸も無いという人には、ぴったりかもしれませんね。買ったら気になって、多少は前向きに経済の事を考える様になるでしょうし。
貧乏人がハイレバのFXやって、成功したというのは殆ど聞きませんしね。ETFは毎月の上がりが無いし。

他人が買うと羨ましくなるな。私もちょっと買ってみるか。先物ショートと組ませれば良いし。

もう一点

どうせ働けなくてジリ貧になるなら、再度、株かFXに挑戦するつもりは無いのですか?
前より時間があるみたいですし、一か八かも良い気がしますが。FXは辞めた方が良いと思いますけどね。
どこかで日経がズドンと落ちると読んでの日経先物が面白い気がしますけど。

もしくはNISAで高配当の投信も検討してみては?
私は先月、大和住銀-日本株アルファ・カルテット(毎月分配型) を50万円分買って配当金が17,718円出ましたよ。

A8.net

住宅・賃貸などは引っ越しや将来的な家探しと連動して使えそうじゃないですか?
他にも転職系やFXなど、無理に記事を書かなくても使えそうなのがありそうに思えます。

http://www.a8.net/howto/ad.html
とりあえず、アマゾンと楽天はランキングを表示出来るみたいなので、こちらは良さそうに思えますよ?

Re: タイトルなし

ヤンバルクイナ さん

> >「世捨て人」ランキングではずっと1位なんですよ、それが(笑)
>
> 失礼しました!

いえいえ、ニートのランキングは確かにご指摘の通り上の方ではありませんからね。

> 本当はサイトの方が良さそうですね。ブログでも出来ると思いますが、良い考えを待っています。
> 別に全然違う方向でも良いと思いますけど、
> http://www.ikedahayato.com/20150317/23980292.html ここにもあるように、挑戦する意味はあるかと思います。

このイケダさんの記事は私も読んだんですが、どうにも理解できないんですよ。というのも、イケダさんはA8.netあたりを進めてますが、あれは基本、個別商品や個別サービスのリンクです。
ところがブログ全体を見ても、A8のリンクって見つからないんですよ。
おそらくなんですが、別の商品紹介に特化したブログを作ってるのではないかと思いますし、私が以前話を聞いた方も、同時に複数のブログを作ってました。一つの個人的な総合ブログで興味のあるものを片っ端から紹介するとダメで、専門ブログを何個も作らないとダメだ、手間もかかると言われ、こりゃ無理だと思いましたね。

とはいえそれは毎月10万円以上稼ぐ場合の話。当ブログでも月3万ぐらいなら……と、数年前、googleに追い出されるまでは思っていたんですけどね。なかなか上手くは行かないものです。

わざわざ大学生ではなくて、大学教授とすればいいじゃない。

>「世捨て人」ランキングではずっと1位なんですよ、それが(笑)

失礼しました!

これはブログですることというか、できる事なのかなみたいに思ってしまいます。
もうちょっと別の形のシステムが必要な気もしますが……
少し、考えてみます。

本当はサイトの方が良さそうですね。ブログでも出来ると思いますが、良い考えを待っています。
別に全然違う方向でも良いと思いますけど、
http://www.ikedahayato.com/20150317/23980292.html ここにもあるように、挑戦する意味はあるかと思います。

Re: 書いてる途中で全部消えた。。。

ヤンバルクイナ さん

書いてる途中に全部消えると、もう投げ出したくなりますよね(^^;;;;;

> コメント重視の記事についてですが、今は貧BPさんの主張に対して、コメント(反論?)が付いているだけに思えます。
> コメント重視用は、貧BPさんは主張せずにデータやテーマだけを提出して、それに対して思う事がある人が書く。貧BPさんはコメントを返したり、コメントが増える様に調整係をする。面白い意見があれば、新しく記事にしていく。
> アンケートはそれに付け加える形で使う。
> これを既存の記事と併用していけば更新頻度も上がり、アクセスが増える可能性があるのではないかと思います。要は読者参加型にすれば、上手くいけば楽にアクセスを稼げると思うのです。
> まずは、この
> 『ブログのアクセス・収益を増やすにはどうしたら良いか?』
> という記事でも上げてみたらどうでしょうか?絶対にやりたくない事だけを上げておいて。

ヤンバルクイナさんのイメージされてる読者参加型というのがだいたいどういうものかはわかりましたが、これはブログですることというか、できる事なのかなみたいに思ってしまいます。
もうちょっと別の形のシステムが必要な気もしますが……
少し、考えてみます。

> コメントを書かせて貰う様になってから、コメントを書く度にブログ村をポチッとしているのですが、
> アクセス数に対して順位は低いですよね。
> 1位の『ニートの履歴書』は飛び抜けていますので2位を目指しましょう。

「世捨て人」ランキングではずっと1位なんですよ、それが(笑)

Re: タイトルなし

しん さん

> アンケートでしたら人気ブログランキングにそういう機能ありますし、
> アンケート投票がポチにもなるので、アクセスアプにも。
> ⇒http://blog.with2.net/

ありがとうございます。
アンケート機能……いまのところオフ会参加希望の是非とかしか使い道が思いつかないけど、いざとなったらいろいろ使えそうですね。

書いてる途中で全部消えた。。。

それじゃゲストハウス案は無しって事で。
クラウドファンディングは開業・起業向けなので、ポジティブじゃないと資金が集まらないんじゃないですかね。同じ様な募集があるのですね。上手くいくと良いですねぇ。

〉ある意味では、就活でやる気もないのに「死ぬ気で頑張ります!」と言うのと同じようなもので……。

ダラダラと嫌な事して働くよりは、より大変でも好きな事をして上手くいけばその後が楽になる方が、貧BPさんには向いている気がしますが、まぁ無理なら仕方がないですね。


コメント重視の記事についてですが、今は貧BPさんの主張に対して、コメント(反論?)が付いているだけに思えます。
コメント重視用は、貧BPさんは主張せずにデータやテーマだけを提出して、それに対して思う事がある人が書く。貧BPさんはコメントを返したり、コメントが増える様に調整係をする。面白い意見があれば、新しく記事にしていく。
アンケートはそれに付け加える形で使う。
これを既存の記事と併用していけば更新頻度も上がり、アクセスが増える可能性があるのではないかと思います。要は読者参加型にすれば、上手くいけば楽にアクセスを稼げると思うのです。
まずは、この
『ブログのアクセス・収益を増やすにはどうしたら良いか?』
という記事でも上げてみたらどうでしょうか?絶対にやりたくない事だけを上げておいて。

しん@アジア浮浪人?不労人?さん。
アンケートでポチになるとは便利ですね。アンケートも色々あるので、良いのを使えたら良いですね。


コメントを書かせて貰う様になってから、コメントを書く度にブログ村をポチッとしているのですが、
アクセス数に対して順位は低いですよね。
1位の『ニートの履歴書』は飛び抜けていますので2位を目指しましょう。

アンケートでしたら人気ブログランキングにそういう機能ありますし、
アンケート投票がポチにもなるので、アクセスアプにも。
http://blog.with2.net/

Re: タイトルなし

インデックス投資 さん

> 今日も酒が美味いさんが指摘されているように、自炊のトレーニングはした方がいいんじゃないんですか?
> それとも、自炊も「やったら死んじゃう労働の一種」と見なしているんですか?

そのあたりは必要に迫られたらやると思うんですよ。
一人暮らししてた時期もあるわけですし。

Re: 仕事系

ヤンバルクイナ さん

> クラウドファンディングで資金を集めるのが一番適していると思いますが、あとでNPOを作り助成金を貰うのが良いでしょう。

ツイッターでしんさんが似たような事例を紹介してくれていました。

http://camp-fire.jp/projects/view/1785

これ見ると「俺には無理!」としか思えなかったですね。クラウドファンディングってどうしてこうも超ポジティブなものばかりなんでしょう? 大の苦手な高橋歩系統そのものですよこれじゃ。
ある意味では、就活でやる気もないのに「死ぬ気で頑張ります!」と言うのと同じようなもので……。

> 社会的な意味合いも強いですし、成功する可能性が結構あると思うのですが、一番の問題点は貧BPさんが主になって動けるかどうかだと思います。
> アイディアだけなら誰でも出せるんです。難しいのはそれを形にしていくことで、それに対し働くという行為が出来るのかどうかに次第な気がします。

結局コレが無理だからこそ、外こもりの1000万円も貯められないんですよ。
ヘタレなんです……実際のところ。

> まずはアンケート欄が欲しいですね。簡単なので良いと思います。

どのようなアンケートを?

> 次にコメント重視の記事をたまに加える。貧BPさんの主張は全面に出さずに、みんながどう思っているのかを聞く場にする。
> 読者参加型は上手くやれば収益に繋がると思いますが、どうですかね?

コメントをほぼ100%公開してる段階で、それは出来ている気もするのですが。

> 生活保護であれば、どこまでが最低限の暮らしになるのか、みんなはどう考えているのか興味はありますね。この場合、単純に生活保護なんて要らないみたいな意見はコメントを許可しないで良いと思います。

ああなるほど、このあたりを聞くんですか。
とはいえそういう機能はFC2ブログにはなさそうだし……。ううむ。

Re: タイトルなし

しん さん

> 「パトロン?遺産?宝くじ?」は現実味薄いと思いますけど、コラムとか取材とかあってもよさような気がするんですけどね、これだけ文章かけてこれだけ多くの人からコメントがあって、ちょっとしたきっかけさえあればガラッと変わりそうな気がするんですけどね。。。(*_*;

それが難しくて……チャンスの順番はいろいろ取材受けたりしてた2013年に来てたように思うけど、よりにもよってその時期に帰国せざるを得なくなってたのが失敗なんでしょうね。あそこを何とか乗り越えて外こもりを続けられていたら、もしかして……と今更思ってもどうしようもないのですが。

Re: タイトルなし

浜田 さん

> (映画マトリックスのような機械が機械を産む世界が来るという可能性もゼロではないですが、少なくとも現状ではSFの世界の話です)

これをSFと考えていないのが、私のような立場になると思います。
こういう物はいきなりある日を境に劇的に変わるわけではないので、最終的にそうやって人を完全に扶養とする社会に向けて、少しずつ人が要らなくなっていくわけです。
そしてそれはもうすでにはじまっている、そう思っています。

> そして今日の日本国内においては我々機械を製造する人間の人件費が高く、工場労働を行う人間の人件費が安いため、完全なる機械化が進んでいません。
> 日本で製造を続ける以上は我々と工場労働者は同一の社会条件での人件費となります。
> しかし工場労働者の人件費が上がった場合はどうなるか?これは高い機械を導入するアプローチより先に、海外に工場が移転することになります。実際に服飾業界などでは行われていますね。
> (途上国の人件費というのは時給にすると数十円レベルであったり、とにかく恐ろしいほどに安いです。我々が機械化を進めようとしても全く太刀打ちできないほどです)

この問題ですが、まず先進国から中国に移りました。ところが中国ですら人件費が高くなり、バングラデシュに移ります。2年か3年前にバングラデシュの服飾業界が中国から移ってきた仕事で大ブレイクみたいな報道がなされていました。ところがバングラですら高くなり、今度はアフリカへ移動。それでも高くなり、最後は機械化になるという話があります。
ただ現実的には高くなる以前に、どうしてもその低賃金水準では品質を保てないという問題が出てくる。その場合はある程度高い賃金と品質のバランスを取ることになりますが、そこで先進国に仕事が戻ってきている。だがそれは、以前の数分の一しか人数を必要としない。なぜなら機械が入り込むからです。

こういうことが繰り返されて、機械の比率がどんどん増し、人手が減っていくのは事実だと思います。

> ブログ主様が読まれている書籍に目を通してはおりませんが、途上国の人件費についてまで言及しているのかという点が気になります。

私もまだ数冊しか読んでないので、今後読み進める中でそのあたりの話が詳しく出てきたら、取り上げたいと思います。

Re: タイトルなし

かげ さん

> どこに住むのか知らないけど
> 東京区内駅徒歩圏であれば
> 外人や日本人も泊まりに来る

まぁ、こういうゲストハウスをするなら、ドヤ街とかになるでしょう。いまでも山谷や西成には外国人向け宿が増えてきているそうですし。

Re: タイトルなし

今日も酒が美味い さん

> ブログ主さんと違って、生活費は自分で稼がなければいけないし、生活保護も期待していないので(多分、3分の2位に減額されそうだし)、老後に備えた貯金が必要ですので大変です。独りだから、毎年300万円貯金すれば、まあ何とかなると思ってますが、どうでしょうね。不安だから、実際はもっとしますが。

あなたは結局のところ、成功した外こもりができていることを自慢したいだけなのでしょ?

今日も酒が美味いさんが指摘されているように、自炊のトレーニングはした方がいいんじゃないんですか?
それとも、自炊も「やったら死んじゃう労働の一種」と見なしているんですか?

仕事系

クラウドファンディングで資金を集めるのが一番適していると思いますが、あとでNPOを作り助成金を貰うのが良いでしょう。
社会的な意味合いも強いですし、成功する可能性が結構あると思うのですが、一番の問題点は貧BPさんが主になって動けるかどうかだと思います。
アイディアだけなら誰でも出せるんです。難しいのはそれを形にしていくことで、それに対し働くという行為が出来るのかどうかに次第な気がします。
自らが主張している問題にも直結する内容ですし、やってみるべきだと思います。やっぱり年を取る前に出来る事はした方が良いですよ。


このサイトの収益を上げる件ですが、
まずはアンケート欄が欲しいですね。簡単なので良いと思います。
次にコメント重視の記事をたまに加える。貧BPさんの主張は全面に出さずに、みんながどう思っているのかを聞く場にする。
読者参加型は上手くやれば収益に繋がると思いますが、どうですかね?

生活保護であれば、どこまでが最低限の暮らしになるのか、みんなはどう考えているのか興味はありますね。この場合、単純に生活保護なんて要らないみたいな意見はコメントを許可しないで良いと思います。









生活保護とBIがごっちゃになってる感じがします。。。

生活保護は、日本人誰もが困窮した時に受けられる一時的なセーフィティネットで、日本の財政的にも本人のためにも、そこから脱することが出来るような支援が大事で、そのためにはある程度は息苦しくてもしょうがないんじゃないんですかね。

生活保護があるからこそ思い切って自営できたりしますし、生活保護自体は恥じることないと思います(天災の被害に遭ったら保険の請求をするのと一緒で)が、そこから抜け出せないのは本人的にも制度的にも改善の必要がある思います。


ロボットや外国人に雇用を奪われる話は既定路線だと思っていますので、そう思わない方が私には不思議です。(技術的には可能だけど、規制がつくられて実現しないことはあり得るか)
まあ全てロボットになるのも想像しづらいですし、いつ何割がそうなるか分かりませんけど、例えば10人の工場が2人+ロボットとかになったりして、50年後日本人全体の雇用が半減とか十分あり得る思います。
その時になっても、その半分の雇用者になれるよう努力しよう、なんて話が主流だときついですね、、、それこそそのときまでにはBIが実現してればいいのですが。。。

まあそれはそれとして、将来の話ばかりでなく今現在の社会でどう生計を立てるかという話も必要ですよね、そこら辺のバランスがうまく取れればいいと思うんですよ、それこそこういうネタでコラムを書いて、マネタイズできればいいんでしょうけど。。。
「パトロン?遺産?宝くじ?」は現実味薄いと思いますけど、コラムとか取材とかあってもよさような気がするんですけどね、これだけ文章かけてこれだけ多くの人からコメントがあって、ちょっとしたきっかけさえあればガラッと変わりそうな気がするんですけどね。。。(*_*;

ご返信有難うございます。

ブログ主様が一点誤解をされている点がありそうでしたので、追加で書かせていただきます。

機械は無からは生まれません。単純に機械vs人間と見てしまうと本質を見失ってしまいます。
機械の値段というのは、単純な原料や部品の製造コスト(材料費・電気代)の比重は小さいのです。
見落としがちですが、機械を生み出すのも私共人間ですので正確には


私共の人件費(機械の研究・設計・製造)vs 機械が賄う範囲を手作業でこなす人間の人件費


がコストの綱引きの図となります。つまり、実は機械を通した人間vs人間の構図なのです。
(映画マトリックスのような機械が機械を産む世界が来るという可能性もゼロではないですが、少なくとも現状ではSFの世界の話です)

そして今日の日本国内においては我々機械を製造する人間の人件費が高く、工場労働を行う人間の人件費が安いため、完全なる機械化が進んでいません。
日本で製造を続ける以上は我々と工場労働者は同一の社会条件での人件費となります。
しかし工場労働者の人件費が上がった場合はどうなるか?これは高い機械を導入するアプローチより先に、海外に工場が移転することになります。実際に服飾業界などでは行われていますね。
(途上国の人件費というのは時給にすると数十円レベルであったり、とにかく恐ろしいほどに安いです。我々が機械化を進めようとしても全く太刀打ちできないほどです)


> 例に上げた書籍や関連サイトを読むと、まず「すべての労働が機械に奪われるvs最後の最後まで人間の労働は残る」という対立があり、続いて「じゃあ結局いつ来るのか?」の意見の相違があるように思います。


「では結局いつ来るのか?」ですが、これは途上国が全て先進国あるいはそれに準ずる生活水準となり、世界のどこを使ってもコストが高く機械に優位性が回ってくる、その時でしょう。
途上国の進歩がいつ頃になるのかというのはゴールドマン・サックス等のファンドが予測を建てていますので、参照してみてください。
かつてBRICsと呼ばれ大躍進を遂げるだろうと呼ばれた国々は、中国を除いてあまり芳しい進歩を遂げていないようです。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/10/brics-2.php

ブログ主様が読まれている書籍に目を通してはおりませんが、途上国の人件費についてまで言及しているのかという点が気になります。
21世紀の今日、産業というのはあまりにもグローバルです。日本国内の現状・今後のみで判断を行わないほうが、正しい見通しを行えるはずです。

生保知り合いでもいいです
社会的地位が既に低いので

それに貧さんが治験に行けたら
わしが先に…

まあ他人事なんで気にしてもしょうがないですが
貧さんがちゃんと生保でやっていけるか心配

海外での適応力、節約力はわしよりも上なので
それを応用すればちょろいもんだと思うんだけど
どうも本人はギリギリとしてるらしい

毎月全額消費だとまさに明日がないんで
生活プランニングは必要

どこに住むのか知らないけど
東京区内駅徒歩圏であれば
外人や日本人も泊まりに来る

わしは基本必要ないけど
羽田で電車なくなったとか
朝早くフライトとかで泊まれるなら
有り難いけどね

>>最悪の事態になった場合、以前も書いたような気がしますが、八つ当たりで犯罪でも犯すしかなくなると思っています。

また、犯罪宣言ですかあ? 
これは、止めた方が良いと思うのですが。だから、オフ会に誰も参加しないのですよ。
犯罪者の交友関係は、徹底的に調べられと思うのですが、そうなると、普通に働いている人は社会的な信頼に傷が付きますし、ネットでオフ会の写真とかがUpされると・・・
理想はともかくも、知り合いに生活保護者がいると言われると、一般人は引くし、まして犯罪者だと。ただの貧乏人はともかくも。

そんな事よりも、生活保護申請へのカウントダウンだと思うのですが。その準備を公開した方が、読者は喜ぶと思うのですが。母君が来年一杯、あなたの為に働くとしても、1年8ヶ月。仮に今年度一杯だと、後12ヶ月を切っている訳で。
机上の理想論よりは、生活能力向上のトレーニングが必要では。
例えば、こことかが参考になります。
http://cheaplazylife.blogspot.jp/
日本で、食費が月2万円なら、私も楽勝ですが、月1万円だと少し工夫が必要です。貴殿の漫才の相方のmushokuさんと違って、毎日、食パン・鶏肉・もやしは。

一ヶ月程、日本に行ったら、稼ぐのをさぼって来月は一週間位、プノンペンでまったりします。次はミャンマーに行く予定。アジア浮浪人さんのレポを参考にします。バンコクは厭きました。報告しますので。

ブログ主さんと違って、生活費は自分で稼がなければいけないし、生活保護も期待していないので(多分、3分の2位に減額されそうだし)、老後に備えた貯金が必要ですので大変です。独りだから、毎年300万円貯金すれば、まあ何とかなると思ってますが、どうでしょうね。不安だから、実際はもっとしますが。

Re: タイトルなし

57tokin さん

> やたら繰り返している書籍紹介も、あからさまなアフィリエイト誘導でちょっと引いてしまいますね。

なにか問題あります?
こういう揚げ足取り的なコメントは承認しないほうがいいんでしょうかね?

Re: タイトルなし

やれやれ さん

> 「労働が嫌で逃げ回った結果、もはや労働の機会すら与えられない現実」からの逃避
> →自分は働いたら死んでしまうから働けないのだ、という妄想で誤魔化す
>
> 「貯蓄を使い果たし、老母への寄生ももはやままならず、生活保護しか縋るところがなくなった現実」からの逃避
> →機械化により労働力が不要になり大失業時代が到来する。生活保護受給を蔑むのは健全な社会のありようではない!と誤魔化す

2ちゃんねるにも似たような絡み方をしてくる人がいるけど、「勝手にそう思ってれば」としか言えません。

Re: Ai

かげ さん

> 問題は配られる前に法制化が追い付かないか
> 社会圧力で現行以下の制度となること

そうなんですよ。私のような主張をする人間は技術の発展が想像以上に早く社会制度が追いつかない可能性こそが問題だという立場になるのだろうと思います。
であればこそ、こういう意見が社会の主流になる前から、声を大きく言っていかないといけないように思いますね。

> ちなみにAI実用化はワシが引退するまでにも
> 実現しないかもね

インターネットが世間に普及しだしたのはwindows95ぐらいからですが、当時はネット通販なんて一般的にならないと言い切っていた人が大勢いたと聞いたことがあります。
わずか20年で、現実は今のようになりましたね。
今後10年20年も、予想よりとんでもなく早くなにかが進むかもしれませんよ。

Re: まとめて、長文でスイマセン。

ヤンバルクイナ さん

一部だけで。すいません。

> 〉全国民が生活保護よりも上の生活を出来るように制度設計をするのが、生存権の保証を掲げる憲法を持つ国の義務ですよ。
>
> だから生活保護が下がってるんじゃないでしょうか。また国民の多くがそれを是としているのだと思いますよ。

だからこそそれを是とするなと言い続けないとダメなんだと思います。

> しかし、他人と住むのは嫌だ、どうしても無理だ。1人で住みたいという人の自由はどうなりますか?
> 個人的には今の老人は恵まれていて、それに比べ若い世代は可哀相なので、そういう意味でもBIは検討する意味があると思いますが、現状では年配層が反対するでしょうから難しいでしょうね。

その場合「一人暮らしを選択できることは最低限度の権利なのか?」という議論になるでしょうね。
やってみないとわからないけど、なかなか難しい話にはなるでしょう。

> 結構良いんじゃないですか?
> これこそ、上手くプレゼン出来ればクラウドファンディングで資金が集まる気がしますよ。
> 生活保護を貰いながら共同生活ではなく、満喫難民の様な人も受け入れて、生活保護の人もその中で出来る範囲で働いてとやれば社会的な意味合いも強くて、かなり良いと思います。
> 海外客を上手く呼び込めたら事業としても成り立つ様に思えますので、再度検討してみたらどうですか?

ツイッターで生活保護関連の専門家に対し投げかけてみたこともあるのですが、反応がなかったです。
こういう話ってどこにどうやって持ち込めばいいんですかね?
そういう次元でよくわからないというのが現実です。

> 上記のゲストハウスでなら働けるとか、ブログを書くのは出来るとか、絶対無理なものと頑張れは多少は出来るものに分けてみて、その上で、出来そうな事の中から考えてみたらどうです?

そう言う意味ではいま月に数日やっている日雇いバイトぐらいが限界ですかね……これはこれで責任があるわけで、それで吐き気がするぐらい、耐性がないというのが現実です。

> 残念ながら10年はあんまり変わらないと思いますよ。変わってくるのは15年後とか20年後じゃないですかね。生産人口が減るので、当面の技術進歩はそれを埋めるには役立つけど仕事が急速になくなる事はないでしょう。
> 日本はまだ裕福なので、生産しない人がいても大丈夫でしょうが、それを多様な生き方として認めるというのは、まだ無理でしょうね。逆に今の日本の富が無くなる可能性もありますね。

であれば、10年をなんとか生き延びればいいことになる。それはなんとかなる気がします。

Re: 浜田殿 大変参考になりました

今日も酒が美味い さん

> 大変、参考になる意見です。ありがとうございます(多分、ブログ主にとっては、都合が悪い意見ですので無視するでしょうが)。

本当にあなたという人は人を腹立たしくさせる書き込みをしますね。
そもそも都合が悪いからといって無視するなら、書き込みの公開承認をしないだけの話でしょう。
そうやってネガティブな印象づくりをするのは本当に失礼です。

> 「巷に失業者があふれるような状態となれば、人間のコストというのは理論上最低賃金近くまで下がり続けるのです。」大恐慌直後の米国の話を思い出しました。企業活動は、全てが経済的合理性で決定されますので、機械化が進み過ぎると、自然に機械化にブレーキがかかるのでしょう。

いわゆるラッダイト運動ですね。
さきほど浜田さんへのレスでも書きましたが、この問題は実は経営者よりも労働を失うことを恐れる左派こそが最大の抵抗勢力になりそうだとは私も感じています。
であればこそ、働かずに生きる生き方を許容する社会を作らねばダメだと思います。いくら抵抗したところで最終的には人類が機械に負けるのは、もはや規定事実だと思いますので。

> 問題は、ブログ主殿がおっしゃる様な事による深刻な影響が、何時生じるかでしょう。少なくとも、現在は単純かつ低所得の職種に関しては人手不足。また新卒は取り合いの状況、特に中小企業は深刻の様です。最も、日銀短観や総務省のData等によればですが。日本にいないので、実態は知りません。

「何時生じるかでしょう」とありますが、すでに生じていると思いますよ。
本当の意味で人手不足ならば、それこそ国家総動員法でもなんでも作って強制労働をさせることだってありえるはずです。高齢者だっていつまでも働かせようとするでしょう。ですが現実は、生活保護受給者は高齢者を中心に増え続ける一方です。
日本の労働は、単純かつ低所得と言っても、必要とされる能力は途上国の同様の労働以上のものを求められます。接客技術とかですね。
つまり日本の場合雇用のミスマッチが深刻なので、そのレベルの人が集められないという意味での人手不足なのでしょう。
現に40代以上で無職期間が半年を超えるような人間は、ハローワークでも紹介できないというような事態になってるようです。2ちゃんねるのそのへんのスレッドを見ると、そういう体験談が多く見られますからね。
結局その辺りの年齢になってくると、ホリエモンが言ってた「20万の雇用を作るために30万円投じる無駄な産業がある」という話になってくるのだと思います。

> 更には、その影響がどうなるのか。常識的には、恩恵は大企業に集中し、国家は困窮し、生活保護も含めた社会保障は大幅に悪化すると考えられますが。

だからこそ、企業や富裕層から徴税し再分配する機能が今後さらに強く求められるようになるわけです。

> ささやかなコストと、つたない経験から学んだのは、人生は市場と同じで、常に自分の望む逆の方に行きたがる傾向が強く、最悪の事態も想定して対処したほうが良いという事。不思議な事に、そうすると、ちょっぴり上手くいきますね。

最悪の事態になった場合、以前も書いたような気がしますが、八つ当たりで犯罪でも犯すしかなくなると思っています。その根性もなく餓死するかもしれませんが、その場合はその過程をつぶさにツイッターやブログで公開し「誰か助けてくれ」と書こうと思ってます。NPOでも共産党でもなんでも頼りますよ。
その最悪の事態に備えて日々まじめに働くほうが死が早まると思ってるので、社会福祉で生きることを前提に人生設計をするしかない状態に追い込まれているのが現実ですね。

Re: タイトルなし

浜田 さん

ご専門の立場からの書き込み、ありがとうございます。

> しかし、少なくとも工場における機械化とそれによる解雇は、ブログ主さんが生きている間には起こりえないでしょう。
> ましてや巷に失業者があふれるような状態となれば、人間のコストというのは理論上最低賃金近くまで下がり続けるのです。

例に上げた書籍や関連サイトを読むと、まず「すべての労働が機械に奪われるvs最後の最後まで人間の労働は残る」という対立があり、続いて「じゃあ結局いつ来るのか?」の意見の相違があるように思います。
これに関しての正解はその時期が来ないことにはわからないわけですが、個人的には全先進国で進展してきている生活保護受給者や失業者の増大こそが、いままさにその事態へ向かって進展している何よりの証だと思います。
まぁこのあたりは、遅くとも20年ぐらいどちらが正しかったかはっきり傾向として見えるようになると思っています。

最低賃金に関しては、個人的には「最低賃金を上げることで、機械化を促進すべきだ」と思ってます。最低賃金が安いままだとそのレベルまで人間は機械と競争させられる、それはまさにご指摘のとおりです。
そしてその事態、つまり人間に労働が残り続けることを、いわゆる「労働に重きを置きたがる」左派が喜びそうなのが、この事態をさらにややこしくしているように思います。経営者側にとっては人だろうが機械だろうが易いく効率のいい物を使うだけの話ですからね。
もちろん最低賃金を上げろとは言うでしょうが、その結果仕事がなくなっていいのか、だったら安くても職場がある方がいいだろうという懐柔策を受け入れかねないなと。
であればこそ、当ブログではあえてそういう人たちをも向こうに回し、機械化による失業は幸せなことじゃないか、推進すべきことだろうと言っていきたく思います。

やたら繰り返している書籍紹介も、あからさまなアフィリエイト誘導でちょっと引いてしまいますね。

「労働が嫌で逃げ回った結果、もはや労働の機会すら与えられない現実」からの逃避
→自分は働いたら死んでしまうから働けないのだ、という妄想で誤魔化す

「貯蓄を使い果たし、老母への寄生ももはやままならず、生活保護しか縋るところがなくなった現実」からの逃避
→機械化により労働力が不要になり大失業時代が到来する。生活保護受給を蔑むのは健全な社会のありようではない!と誤魔化す

そして有り余る時間を利用して自分の妄想を正当化してくれる文献探しにふけり、自分は正しいのだ!と思い込もうとする。

ここ最近のあなたのご意見はこの繰り返しですよね。
ノストラダムスの大予言とか、2000年問題とか、未来の話をさも規定事実のように不安を煽って書き立てた文献は数知れず・・・ それを参考文献などど称してご満悦なのは滑稽以外の何者でもありませんが。

今後も無職者・生活保護受給をもくろむ人達のカリスマとして自己正当化に励んで下さい。自己矛盾との戦いがなにより大変でしょうけど。




Ai

AI実現化で失業者が極大化するのは間違いない
失業者を全8158員殺すというのは
恐らくないので税金を配るしかない

問題は配られる前に法制化が追い付かないか
社会圧力で現行以下の制度となること

まず全員は難しいだろうけど
知識リーダー層の合意を得ないと

その意味で貧さんの活動の意義は大きく
継続的に 働いて もらわないと
マネタイズは難しそうなんで
ボランティアで

ちなみにAI実用化はワシが引退するまでにも
実現しないかもね

浜田様

大変参考になるコメント、
ありがとうございました。m ( _ _ ) m

やはり実際に現場で携われられている方のお話は説得力が段違いです。

まとめて、長文でスイマセン。

>変な言い方ですが、国民年金って「自営業なら必ず資産がある」

資産があるというよりは、必要なだけ働ける(定年が無い)が正しいかと思います。
実際に街の個人店などは、身体が動く限り働くという自営者は多くいますし、決して裕福とは言えないと思います。ちょっと調べたら、国民年金は昭和36年からで厚生年金は昭和17年からで、厚生年金の方が早くに始まっています。
あと国が運営している点では同じですが、国民年金は国庫が半分負担しますが、厚生年金は国の負担はありません。国民年金の方が福祉的な意味合いは高く、生活保護と比較されるのは仕方がないし自然な事に思えます。


〉全国民が生活保護よりも上の生活を出来るように制度設計をするのが、生存権の保証を掲げる憲法を持つ国の義務ですよ。

だから生活保護が下がってるんじゃないでしょうか。また国民の多くがそれを是としているのだと思いますよ。



>ですがBIになれば、それらの制約が全て取っ払われます。5万では1人で暮らしていけない、それはそのとおりですが、では共同生活をすればいいのではないでしょうか?

良い意見だと思いますし賛成です。
しかし、他人と住むのは嫌だ、どうしても無理だ。1人で住みたいという人の自由はどうなりますか?
個人的には今の老人は恵まれていて、それに比べ若い世代は可哀相なので、そういう意味でもBIは検討する意味があると思いますが、現状では年配層が反対するでしょうから難しいでしょうね。


>毎日ひたすら複数記事を上げ続けるイケダハヤト方式も考えなくはないんですが、やはりこれ、相当に難易度が高いなぁと感じています。やはりイケダさんはすごいんです。

それで生活が成り立つ人は本当に凄いですよね。
ただ貧BPさんの場合は、必要な金額が少なくて済むので、イケダさん程の努力は必要ないのではないでしょうか?
チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。



〉以前書いたこの2つの記事が参考になると思います。個人的にはいいアイデアだと思ったのですが、叩かれましたね。
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-558.html

結構良いんじゃないですか?
これこそ、上手くプレゼン出来ればクラウドファンディングで資金が集まる気がしますよ。
生活保護を貰いながら共同生活ではなく、満喫難民の様な人も受け入れて、生活保護の人もその中で出来る範囲で働いてとやれば社会的な意味合いも強くて、かなり良いと思います。
海外客を上手く呼び込めたら事業としても成り立つ様に思えますので、再度検討してみたらどうですか?


〉ともかくなにか違うことをする必要があることを実感している。だけど働くのだけはどうしても嫌なので、別の何かをするしかない、でも何かをする=お金がかかることなので、どうしようか……という状態です。

働くのだけはどうしても嫌とあります、なにもかも全部ダメとせずにまずは優先順位を付けてみたらどうでしょうか? 
働くにしても現代社会はかなり幅があります。
上記のゲストハウスでなら働けるとか、ブログを書くのは出来るとか、絶対無理なものと頑張れは多少は出来るものに分けてみて、その上で、出来そうな事の中から考えてみたらどうです?


〉貧困は人と人のつながりを遠ざける

これは否定しませんが、それよりも環境の変化の方が大きいですね。
働いているか働いていないかもあるでしょうが、既婚か未婚か、子供がいるかいないかが大きいですね。
一般的に考えて未婚者は既婚者に比べて精神的に幼い割合が高いですね。
また子供のいない人はいる人よりも幼い人が多いのも間違いありません。もっと言えば、働いていない人は働いている人に比べて幼いですし、彼女がいない人はいる人に比べて幼い割合が高いです。
特に男性はその傾向が高いですね。
別に成熟して無ければならないわけではないでしょうが、単純に話が合わないし話をしていても面白くなくなります。


機械化による働かなくても良い世界をよく書かれていますが、5年・10年単位で論じた方が良いのではないでしょうか。
残念ながら10年はあんまり変わらないと思いますよ。変わってくるのは15年後とか20年後じゃないですかね。生産人口が減るので、当面の技術進歩はそれを埋めるには役立つけど仕事が急速になくなる事はないでしょう。
日本はまだ裕福なので、生産しない人がいても大丈夫でしょうが、それを多様な生き方として認めるというのは、まだ無理でしょうね。逆に今の日本の富が無くなる可能性もありますね。

浜田殿 大変参考になりました

浜田殿:
大変、参考になる意見です。ありがとうございます(多分、ブログ主にとっては、都合が悪い意見ですので無視するでしょうが)。
無職沈没引きこもり期間が長いし、これから一生そうなので、実態経済を知っている方の、ご意見を知る事は大変貴重です。
最近の日経でも、人件費の上昇に悩む中国企業が工場のロボット導入を積極化しているという記事がありました。また、キャノンあたりも、工場の自動化どころか無人化を進めている様です。
海外へのアウトソーシング、あるいはロボット化の不可能な、Face to faceが要求される介護・小売・外食・窓口業務等と、高度な専門技術が要求される職種以外は、需要が減少していくと考えていますが、そう簡単に機械化というものでもなさそうですね。話題のサイバーダインの介護ロボットスーツは別として。
「有り体に言ってしまえば人間の方が機械より遥かに安いのです」、なるほど確かに。個人的には、日本より中国の人件費の上昇が、今後どのように影響するか考えているのですが、これは中国にもあてはまりますね。
「巷に失業者があふれるような状態となれば、人間のコストというのは理論上最低賃金近くまで下がり続けるのです。」大恐慌直後の米国の話を思い出しました。企業活動は、全てが経済的合理性で決定されますので、機械化が進み過ぎると、自然に機械化にブレーキがかかるのでしょう。

ブログ主殿:
機械化による失業者の増加。これは可能性としては十分あるでしょう。もう少し広く考えると、コストの安い海外へのアウトソーシング化と、生産の機械化による、中間層の喪失と捉えられるかと。既に米国の雇用統計(昨日発表で市場は振れましたが)では、長期に渡り影響しているのは、皆様がご存知の通り。
問題は、ブログ主殿がおっしゃる様な事による深刻な影響が、何時生じるかでしょう。少なくとも、現在は単純かつ低所得の職種に関しては人手不足。また新卒は取り合いの状況、特に中小企業は深刻の様です。最も、日銀短観や総務省のData等によればですが。日本にいないので、実態は知りません。
更には、その影響がどうなるのか。常識的には、恩恵は大企業に集中し、国家は困窮し、生活保護も含めた社会保障は大幅に悪化すると考えられますが。
まあ、有るべき社会に関して、机上の空論を、あれこれ考えるのは楽しいですね。全く実生活には役に立ちませんが。こういう事を論じるのは、本来、暇な金持ちの道楽なのも頷けます。

あ、貴殿と同じ無職引きこもり組、おまけに沈没組ですが、一応、金融関連に20年以上おりまして、今は雀の涙の自分の金を運用中、リアルタイムで経済を見ているので、経済に関する参考書のご紹介は結構ですので。素人の床屋談義は苦手です。

というか、来るか来ないか誰も分らない未来を論ずる事に時間を費やすよりは、足下の対策を考えた方が有意義だと思うのですが。自己正当化による現実逃避は、楽でしょうが危険では。皆を楽しませてくれているので、あまり弱られても面白く無いもので。

ささやかなコストと、つたない経験から学んだのは、人生は市場と同じで、常に自分の望む逆の方に行きたがる傾向が強く、最悪の事態も想定して対処したほうが良いという事。不思議な事に、そうすると、ちょっぴり上手くいきますね。
だから、
>>「誰かがお金をくれる」もあるのではないかと思います。
あり得ねー。40過ぎの全くやる気の無い中年に。この人は特殊。http://tanoshimithai.com/
そこそこ金が有っても、日本で嫁が来なかった私が言うのもなんですが。
ここじゃあ、嫁なんか幾らでも買えるけれどいらない。早死にしたくないから。

さーて、二週間後は1ヶ月の海外旅行。行き先は日本。日本は最高ですな。物価も安いし民度も最高だし。

おそらくブログ主さんの仰る「機械化されていく工場」に卸す機械を製造しているメーカーの者ですが、
ブログ主さんの意見は2割程度正解で8割程度間違っているという見方です。 

まず現在工場で利用されている機械ですが、あまり柔軟性がなく、新たな商品開発のスピードに全く追いつけていないというのが現状です。
山崎パンのような大手食品メーカーさんでしたら当然コストカットには並々ならぬ努力をされていますが、それでもなお「人間の方が安い」のです。コストカットのための機械化というのは21世紀においては神話であります。
もちろん私どもも日々努力しておりますが万が一の故障時となれば数千万、商品切り替えにともなう入れ替えとなると数億円……という機械で全て賄うのは難しようです。
有り体に言ってしまえば人間の方が機械より遥かに安いのです。人間なら商品切り替えも業務マニュアルの変更で事足りてしまいます。

ではどういったところに機械を導入するのかと申しますと、人間の手作業では無視できないレベルのエラー品が出てしまう箇所や人命的に危険な箇所です。それらはほぼ全て機械化を完了しています。


では、2割は当たっていると申しましたのは、自動運転はかなり実用化が進んでいるためタクシー業界は機械化が進む可能性があるためです。もちろん法案改正とセットであるため簡単ではありませんが、今後100年の間に入れ替わる可能性はあるでしょう。
しかし、少なくとも工場における機械化とそれによる解雇は、ブログ主さんが生きている間には起こりえないでしょう。
ましてや巷に失業者があふれるような状態となれば、人間のコストというのは理論上最低賃金近くまで下がり続けるのです。

Re: やはり

やれやれ さん

> 「働くのが嫌でそこから逃げ回った結果、働く場を手に入れることすらできなくなった」あなたに、今後の社会を心配するだけの能力と論理性があるとは私には思えません。
>
> これに対するご意見はいかがでしょうか?

あなたがどう思おうが、勝手になさればよろしいと思いますよ。意見を述べろも何もあったものではないと思いますが。
「私はバカではない。第一に……第二に……」などと反論しないといけないものですか?

> >電子マネーのようなものになることはあっても、流通量自体は減らないのではないでしょうか
>
> 機械化が進んでも、労働需要は減らないのではないでしょうか?

本当に典型的な技術的失業に対する古典的返答であって、それに対して否定がなされ始めているのが現状です。
先ほど関連書籍を紹介しておいたので、ご覧になられてはいかがかと思います。

やはり

自己正当化しか頭にない人に何を言っても無駄ですね・・・

「働くのが嫌でそこから逃げ回った結果、働く場を手に入れることすらできなくなった」あなたに、今後の社会を心配するだけの能力と論理性があるとは私には思えません。

これに対するご意見はいかがでしょうか?

ドラえもんの作者は、今頃タイムマシンやらどこでもドアーやらが発明されると思ってたらしいですよ

>電子マネーのようなものになることはあっても、流通量自体は減らないのではないでしょうか

機械化が進んでも、労働需要は減らないのではないでしょうか?

「こんな俺より下の奴がいて気が紛れたぞ」
という人のためのブログ以外の何者でもなくなりつつありますね。

Re: そもそも

やれやれ さん

> 「働くのが嫌でそこから逃げ回った結果、働く場を手に入れることすらできなくなった」あなたに、今後の社会を心配するだけの能力と論理性があるとは私には思えません。申し訳ないですが。

あなたがそう思うことはもちろん自由ですよ。

> 社会の心配はしなくていいから自分の心配だけしていればいいんじゃないでしょうか?
> 自分の事すらままならない人間が社会の心配・他人の批判をする・・・
>
> こう言う人が増え続けることの方健全な社会にとって問題だと私は思いますけどね。機械化による失業問題なんてことよりはずっとね。

そう思うことも、またご自由にどうぞ。

Re: 是非教えていただきたい

やれやれ さん

> ちょっと聞きたいんですが・・・
> 「機械化により労働力が不要なり失業者が増加する」
> それが端的に現れる現象として
> 「機械化により通貨流通量が減少し続けていく」
> って事になりますよね?

通貨流通量が減少していく?
そりゃ、労働を通じてしか資産再分配を行えないなら、そうなるでしょうね。
実際は人間の労働力を削減したぶんを徴税しベーシックインカムその他で再分配し、市場の通貨流通量を維持することになると思いますよ。

> 機械化が進み、誰も紙幣・硬貨など使わず、カード・電子マネーに移行するでしょうから、当然貨幣・紙幣など不要になっていくでしょう。労働力が不要になる端的な例ですよね?

そうですね。今すでにそうなってきています。

> さて、日本の通貨供給量は年々下がっていってるんですよね?

私は一度も「通貨供給量が下がる」なんて書いていませんので、「ですよね?」と同意を求められても困ります。電子マネーのようなものになることはあっても、流通量自体は減らないのではないでしょうか。

> あなたのご意見が正しいのならば、少なくとも貨幣・紙幣の発行・流通量は下がり続け、いずれは日本国からなくなるわけですよね?

これもあなたが勝手にそう思い込んでるだけなので、同意を求められても困ります。
現実問題、通貨という交換手段は極めて有用です。遠い未来、人工知能が全ての人間の需要を的確に判断し現物を送りつけるようになる可能性はありますが(すでに米国アマゾンで同様のサービスは行われているそうです)、当面は通貨という形が好感手段として残り続けるでしょう。

> あなたが言っている「機械化により労働力が不要になり失業者が増加し続ける」ってのはそのぐらい無知蒙昧な意見だと私は思いますが。
>
> もし、自分の意見が正しいと言い続けるならば・・・
> 具体的に
> 何年後
> 何割の人が機械化により職を失い
> 日本国の何割が生活保護を受けるようになるのか?
> を是非ご教授頂ければと思います
>
> 曖昧に”今後増え続ける”なんて言っても誰も納得しないでしょう。

あとでブログに参考書籍を載せておきます。ここ数ヶ月だけでも関連書籍が大量に出てくるぐらい、この問題意識は今や一般的なものとして世間に知られるようになってきています。
私自身最近読み始めたばかりで、こういう概念をシンギュラリティーと呼ぶと知ったばかりなのですが、何年とか何人とか、そういうことを厳密に予想してるものはあまり無いようです。
かといってじゃあみんなお馬鹿だなんてことにはもちろんなりませんし、誰も納得しないわけでもありません。納得したくない人はいくらでもいるでしょうけどね。

Re: タイトルなし

occam さん

>  ま、失業者が増えるという前提が崩れると、貴方(別名アスペ君)の主張が成り立たなくなるから、そう言い張るんだろうけど、説得力ないねえ。

あとで参考書籍をまとめておくから、読んでみてくださいな。

>  あのねえ、世の中には労働集約型産業ってのがあってね、そういう職種ってのは近未来のうちになくなることはないんだよ。

労働集約型産業なんて言葉は当ブログでもとうに使ってますよ。
そうは言っても幅広くて、いわゆる工場労働などはすでに機械に取って代わられてきています。
ホワイトカラーがほぼ全滅に追いやられても介護などは最後まで残るのではないかと言われていますが、介護というのは構造的に儲かる産業ではありません。老人の溜め込んだ金を市場に還流するぐらいで、新たな価値を想像するものではありませんからね。
従って介護の人手は今後ますます必要になるし最後まで残るのかもしれませんが、それは家族や知人の面倒を見るような形であり、産業としては成立せず、結局そういう人達の生計を支える所得再分配機能を政府が担う必要が出てくると思います。
もちろんそれも、最終的にはロボットに取って代わられていくことでしょう。

Re: タイトルなし

インデックス投資 さん

> とはいえ、シンガポールの持家比率は9割を超えていますので、HDBは賃貸ではなく購入が中心になります。狭い・古いという不満は多いようですが、転売して儲けるケースも多いようなので、「成長を期待せずにそこそこの生活を送る」例としては、適切ではないですね。

なるほど。
このたとえ自体は、皆が似たような環境に住むようになり、ごく一部の特権階級がより良い所に住むという感じで用いたので、当たらずとも遠からずかなとは思いますが。

> 自分の身の回りの経験では、不動産投資を通じた経済成長については華僑はまったく疑っていません。あれは宗教の域に達しています。

私もそう思います。

そもそも

「働くのが嫌でそこから逃げ回った結果、働く場を手に入れることすらできなくなった」あなたに、今後の社会を心配するだけの能力と論理性があるとは私には思えません。申し訳ないですが。

社会の心配はしなくていいから自分の心配だけしていればいいんじゃないでしょうか?
自分の事すらままならない人間が社会の心配・他人の批判をする・・・

こう言う人が増え続けることの方健全な社会にとって問題だと私は思いますけどね。機械化による失業問題なんてことよりはずっとね。

是非教えていただきたい

ちょっと聞きたいんですが・・・
「機械化により労働力が不要なり失業者が増加する」
それが端的に現れる現象として
「機械化により通貨流通量が減少し続けていく」
って事になりますよね?
機械化が進み、誰も紙幣・硬貨など使わず、カード・電子マネーに移行するでしょうから、当然貨幣・紙幣など不要になっていくでしょう。労働力が不要になる端的な例ですよね?

さて、日本の通貨供給量は年々下がっていってるんですよね?あなたのご意見が正しいのならば、少なくとも貨幣・紙幣の発行・流通量は下がり続け、いずれは日本国からなくなるわけですよね?

あなたが言っている「機械化により労働力が不要になり失業者が増加し続ける」ってのはそのぐらい無知蒙昧な意見だと私は思いますが。

もし、自分の意見が正しいと言い続けるならば・・・
具体的に
何年後
何割の人が機械化により職を失い
日本国の何割が生活保護を受けるようになるのか?
を是非ご教授頂ければと思います

曖昧に”今後増え続ける”なんて言っても誰も納得しないでしょう。

「そう単純でもないです。
少子化のスピード以上に機械化が進めば、当然、人は余ることになります。」
 ま、失業者が増えるという前提が崩れると、貴方(別名アスペ君)の主張が成り立たなくなるから、そう言い張るんだろうけど、説得力ないねえ。
 あのねえ、世の中には労働集約型産業ってのがあってね、そういう職種ってのは近未来のうちになくなることはないんだよ。
 たとえば、介護や医療なんかが代表的だけど、外食産業なんかもそう。
 日本はこれから未曾有の高齢化社会になるわけだから、仕事がなくなるなってことはありえないんだよ。
 ま、アスペ君のことだから、自分に都合の悪い理屈は頑としてみとめないだろうけどね。

 それにしても趣味が「生活保護を論じること」とは評論家らしくていいねえ。
 カッコいー。
 イヨッ、評論家!

>今では日本より豊かだとさんざん言われるようになったシンガポールですが、実は国民の8割はHDBと言われる団地住まいです。

とはいえ、シンガポールの持家比率は9割を超えていますので、HDBは賃貸ではなく購入が中心になります。狭い・古いという不満は多いようですが、転売して儲けるケースも多いようなので、「成長を期待せずにそこそこの生活を送る」例としては、適切ではないですね。
自分の身の回りの経験では、不動産投資を通じた経済成長については華僑はまったく疑っていません。あれは宗教の域に達しています。

参考: http://www.jetro.go.jp/jfile/report/07001543/2_housing.pdf

Re: タイトルなし

ともろう さん

> 失業者は増えないよ。
> 少子化で労働力人口は減っていくから、人手不足になる。
> 働く気があれば仕事は見つかるようになる。

そう単純でもないです。
少子化のスピード以上に機械化が進めば、当然、人は余ることになります。
また、人は生きるためにどうしても必要な最低所得が存在する。最低賃金がその一つですが、機械化した方が最低賃金以下で同じ生産性を発揮できるようになった瞬間、その業種では全てが機械化されるでしょう。人がどんなに余ってようが関係ないです。

失業者は増えないよ。
少子化で労働力人口は減っていくから、人手不足になる。
働く気があれば仕事は見つかるようになる。

Re: タイトルなし

無 さん

> これからの日本は途上国になっていくという指摘は的を得ていると思います。

「途上国のスラムのようになる」と「途上国になる」の間には、大きな違いがあると思います。

今では日本より豊かだとさんざん言われるようになったシンガポールですが、実は国民の8割はHDBと言われる団地住まいです。貧困~中流層~中の上あたりまでは全員、HDB住まいと言ってもいいぐらいです。上の富裕層2割が、団地を出てコンドミニアムは一戸建てに住んでる感じですね。

スラムというより、HDBのほうが将来のイメージには近いかもしれません。職のない大多数の国民は似たような支給される団地に住み衣食住全てにおいてそこそこの生活を送る。だけど職のある一部の人は、はるかに贅沢な家に住み贅沢を満喫する、みたいな感じでしょうか。

> 貧BPさんがいうような産業構造の変化に伴い働き手が必要なくなってくるという理由もあると思いますが、需要がなくなることによってからの供給能力低下に伴う働き手の減少という理由もあると思うのですがどうでしょうか?

需要というのは結局のところ「現在の所得」と「将来も安定的に所得を得られるかどうか」、この2点が重要で、そこが安定していれば生まれるし、安定しないなら生まれないように思います。
安定的な需要が生まれてくれなければ企業・資産家も困るはずなんですよ。労働者に代わり機械を導入すれば、人件費が減るからより儲かるようになります。だけど労働者側は所得が減るから需要が減る。需要が減ると利益が減る……この悪循環にハマると最悪です。であれば、政府が企業に税金を課して「かつての賃金相当分」を取り、BIのような形で安定的に再分配し、需要を維持し続けることが大事だと思います。需要が維持され続ければ、企業も儲けられるようになる。
肝心なのは、労働者削減の利益を経営者・富裕層に偏らせることなく再分配に回し、需要を創造し続けることです。
このことに富裕層が気づけるかどうかが鍵といえるでしょう。
今のままだと危ないかなぁと思いますけど。

これからの日本は途上国になっていくという指摘は的を得ていると思います。
なぜなら、今まさに政府が消費税増税などの国民からお金を奪う政策や残業代0法案などの国民の所得を減らす政策を大推進しておりますので需要が大幅に減少し、供給能力が低下していくと思われるからです。
貧BPさんがいうような産業構造の変化に伴い働き手が必要なくなってくるという理由もあると思いますが、需要がなくなることによってからの供給能力低下に伴う働き手の減少という理由もあると思うのですがどうでしょうか?
あとは賃金が安すぎて働くのがアホらしくなるという問題もあると思います。まあこの問題を政府は移民を入れて解決しようとしてますけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。