HOME > スポンサー広告 > お金が無くなることが……怖いHOME > いろいろ > お金が無くなることが……怖い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

お金が無くなることが……怖い

 今はなんだかんだ言って、貯蓄残高が70万円ほどになりました。

 先日記事でこんなことを書いたけど、そうは言ってもさすがの今の生活にも飽きてきたのは事実で……

 2~30万円ほど使って、あんなことやこんなことをしようかと考えました。(外こもりではありません)

 生活保護は、出来るなら避けたい。それを避けるには働くにしろなにかやるにしろ、生産的な行為を行うしか無い。だがそんな気力も体力もなく、あんなことやそんなことをすれば、やる気になるかなぁ……などとも考えたりしたわけですよ。

 とはいえ、いざ使うことを考えると……比喩になりますが足がすくんで、使えないんです。あんなことやこんなことは、ある意味では投資です。「やったけど、結局やる気にならなかった」は、投資に失敗しお金を失ったのと同じです。思い出は残るでしょうけど、それで終わり。

 お金がなくなる恐怖みたいなのをこういう形で実感したのは、初めてかもしれません。お金がなくなるとは、選択肢がなくなることです。当たり前ですが、生活保護をもらい始めると、貯蓄できると言われている最高額10万円以上の選択肢は事実上、この世から消え去ります。10万円以上かかる買い物、行為がこの世から消えてなくなるのと、同じなんですよ。
 豊富な資金をあえて使わず清貧生活を送る人とまったく同じような日常生活であっても、その心の中は天と地ほど差があります。やれるけどあえてやらないのと、やりたかろうがやりたくなかろうが出来ないの違い。
 たとえば重い病気になったとして、清貧生活をしてただけの人は、いくらでも選択肢があります。ところが生活保護だと、医療費の無料申請をして許可をもらわないといけない。受けれる医療水準は最低限。保険外治療なんか選択不可です。

 普通の人は、生活の選択肢を1ミリでも広げ、自由を確保するために、つらくとも働くのでしょう。かたやそういうものを全部他人に任せ、選択の幅を狭め、一生を単調な決められた範囲の行為しか出来ない生活になる生活保護生活……これは生半可な覚悟で選べるものではない、とくに精神的にということを、改めて感じたわけです。

 そのうえでさてどうするか。どうしましょうかねぇ。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

黒船 さん

> 結局、自分で働くかお金に働いて貰うかの2択しかないのです

可能性は本当にごくわずか、ゼロに近いとは思いますが、「誰かがお金をくれる」もあるのではないかと思います。
パトロン?遺産?宝くじ?
そういう奇跡を首を長くして待ってるだけだから、何も変わらないんですけどね。

> hin-bpさんが汗水垂らして働くか種銭70万円で投資するかです
> 生活保護云々は今は関係ありませんよ

そう、生活保護をもらわないで済むにはどうすればいいかだから、関係ないのは当然のことです。そこは分かってますよ。

Re: こちらにも

ヤンバルクイナ さん

> まずは、ここをもう少し稼げる様にした方が良いと思います。テーマももっと広げて、社会問題にしても生活保護だけでなく違う事も書いた方が良いと思います。この時に自分に都合が悪い事でも書くとなお良いと思います。書評なんかも良いかもですね。

毎日ひたすら複数記事を上げ続けるイケダハヤト方式も考えなくはないんですが、やはりこれ、相当に難易度が高いなぁと感じています。やはりイケダさんはすごいんです。

> ゲストハウスでアルバイトしてみるのはどうですか 
> 個人的にはハードルは高いですが、クラウドファンディングで資金を集めて、ゲストハウスを作ってしまうのが一番良いと思います。

以前書いたこの2つの記事が参考になると思います。個人的にはいいアイデアだと思ったのですが、叩かれましたね。

http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-569.html
http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-558.html

> これって私にはない感覚で、女性のストレス発散で買い物も理解出来ないのです。物として残るものはまだ良いのですが、旅行にいったり美味しいものを食べたり、その場は楽しいし別に後で後悔するわけでもないのですが、それでやる気が出たりはないです。
> 皆さんはそれでやる気が出たりするのですか?貧BPさん以外にも答えて貰えたら嬉しいです。

たぶん、自分で消費するだけなら何も変わらないと思います。私が旅などに求めるのは、他人との出会いなんですよね。読書やネットでも自分にない価値観や考えかたを知ることはできるけど、やはり生にはかなわない。
それに、環境を変えること自体が、思考の枠組みを変えることはたしかにあります。経験上それを何度も実感してますからね。
もう家の自室でPCをいじるだけの日々では何も変わらないのは間違いないので、ともかくなにか違うことをする必要があることを実感している。だけど働くのだけはどうしても嫌なので、別の何かをするしかない、でも何かをする=お金がかかることなので、どうしようか……という状態です。

Re: タイトルなし

しん さん

> まさか昔はもっとケチだったとは。。。(*_*;

私も、小学生の頃からケチとさんざん言われてきてますけどね……(笑)
人に奢ることなんかまずないし、そんなことをしたら雪が降るとか言われたものです。

Re: 物欲を

かげ さん

> 捨てる
>
> そうすれば大抵は片付くはずだ
>
> 容易ではないが今の日本では

もうここまでくると、宗教的(仏教的?)な話になってきちゃいますね……そしてそれは、お金がある人から見たら「なんだかんだ言ったって結局、やせ我慢するだけのことだろ? 金が無いから仕方なく物欲を消してるんだろ?」と言われてしまうだけなんですよね……。

Re: タイトルなし

しん さん

> お金の無くなる怖さ、それが労働への忌避感を上回った時、
> 本格的に仕事を再開することになるのかな。

どうでしょう……覚悟が決まる、開き直るかも、しれませんよ。

Re: タイトルなし

syv さん

> 単純な疑問なんだけど、10万円以上の貯金って、ケースワーカーはどうやって調べるんでしょうか。タンス預金してればまず分からないと思うのですが。

単純に規則違反ですから、バレたら返還を求められ、最悪、支給停止になりかねません。そして、世間で散々叩かれてる「不正受給者」の一員にされてしまうのです。

結局、自分で働くかお金に働いて貰うかの2択しかないのです
hin-bpさんが汗水垂らして働くか種銭70万円で投資するかです
生活保護云々は今は関係ありませんよ


こちらにも

生活保護を覚悟を決めて貰うなんて人はあんまり居ない気がします。
貧BPさんは色々と無駄に考えすぎですよね。しかも悪い方向に。働けない理由のひとつにも、そのあたりがある気がしました。


まずは、ここをもう少し稼げる様にした方が良いと思います。テーマももっと広げて、社会問題にしても生活保護だけでなく違う事も書いた方が良いと思います。この時に自分に都合が悪い事でも書くとなお良いと思います。書評なんかも良いかもですね。

大きく稼ぐ必要はないのでしょうから、ヤフオクでの転売とかも良いかもですね。海外から現地のものを売れたら面白いと思うのですが、手間は掛かりそうですね。送料の問題もあるので、単価が安いものはダメですね。


ゲストハウスでアルバイトしてみるのはどうですか 
個人的にはハードルは高いですが、クラウドファンディングで資金を集めて、ゲストハウスを作ってしまうのが一番良いと思います。


>あんなことやそんなことをすれば、やる気になるかなぁ

これって私にはない感覚で、女性のストレス発散で買い物も理解出来ないのです。物として残るものはまだ良いのですが、旅行にいったり美味しいものを食べたり、その場は楽しいし別に後で後悔するわけでもないのですが、それでやる気が出たりはないです。
皆さんはそれでやる気が出たりするのですか?貧BPさん以外にも答えて貰えたら嬉しいです。








下の私のコメントに出てくる「とある資産家さん」、
musyoku2006さんはそれに当てはまらないそうです。
http://blog.livedoor.jp/mushoku2006/archives/51182860.html

まさか昔はもっとケチだったとは。。。(*_*;

物欲を

捨てる

そうすれば大抵は片付くはずだ

容易ではないが今の日本では

>豊富な資金をあえて使わず清貧生活を送る人と
>まったく同じような日常生活であっても、
>その心の中は天と地ほど差があります。
同感です、とある資産家さんが節約生活されてますが、
いざとなればお金を使うことも出来るからこそ思います。

それとはレベルが違いますが、
私が呑気にぶらぶらしてられるのも、
将来今よりは良くなるだろうと希望があるからこそです。
まあそれでも人並みになるのは難しそうですが。。。


お金の無くなる怖さ、それが労働への忌避感を上回った時、
本格的に仕事を再開することになるのかな。

>貯蓄できると言われている最高額10万円以上の選択肢は事実上、この世から消え去ります。10万円以上かかる買い物、行為がこの世から消えてなくなるのと、同じなんですよ。

単純な疑問なんだけど、10万円以上の貯金って、ケースワーカーはどうやって調べるんでしょうか。タンス預金してればまず分からないと思うのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。