HOME > スポンサー広告 > 働き方を選べない環境はどちらも辛いHOME > 社会評論 > 働き方を選べない環境はどちらも辛い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方を選べない環境はどちらも辛い

海外で働いて気付いた「働き過ぎる日本人は素晴らしい!」

フィリピン人の同僚と仕事をしていると、日本人と仕事をすることとの差を感じます。フィリピン人は日本人ほど時間に厳しくありませんし、仕事の優先順位も低いです。単純に「フィリピン人は怠け者だ」ということではありません。例えば日本では、一生懸命働いて、貯金をして老後に備える、という考え方を持っている人が多くいますが、フィリピンでは今日食べる分だけ稼いで、明日のことは明日考える、という考え方を持つ人がほとんどです。そのため、今日食べる分以上の働きをするということに価値を置いていません。最初はこのようなギャップを理解できずにストレスが溜まりましたが、ここにいる日本人は私だけ。「郷に入れば郷に従え」という諺を思い出し、彼らの価値観を受け入れ、彼らのペースに合わせて仕事をしています。

そんな気楽な状況に対して「羨ましい」と思う人も少なくないかもしれません。しかし「働かざるもの食うべからず」と言われて育った私は、フィリピンのペースで仕事をしていると「仕事量が少なすぎるということに対するストレス」や「全力で仕事をしていない罪悪感」に苛まれることがあります。そしてそれは私だけではなく、日本の企業で働いた後に青年海外協力隊になった人の多くが、同じようなストレスを抱えています。

日本で忙しく働いていた頃は、確かに毎日残業でつらかったこともたくさんありました。しかし、つらい思いをした分、結果が出たときの達成感はこの上ないものでした。チームで仕事をして、その達成感を分かち合い、一緒に飲むビールは最高においしかったことを覚えています。私は海外で働いてみて、日本で当たり前に仕事をしていた日々がいかに特別であったか、そしてチームのメンバー一人一人が当たり前に仕事をするという環境がいかに恵まれていたのかに気が付きました。仕事に重きを置き、みんなで一丸となって一生懸命働いて、大きな結果を残すことができる日本人は素晴らしいと心から思います。

 この記事はこのあと「「働き方」への様々な価値観を尊重する」という話になるのだけど、結局この人も、フィリピンで働いてる海外協力隊の人も、フィリピン人の働き方を尊重は出来てない気がするんですよね。一生懸命尊重しようとはしてるのだけど、出来ない。ストレスが溜まる。これはもうこの人の働き方がそうだから、どうしようもないんですよ。
 普段からアンチ労働的な記事ばかり書いてる自分だけど、いざ働いたらおそらく同様のことを思ってしまう可能性は、否定できません。働く以上ちゃんとしなきゃいけないとどうしても考えてしまうし、同じレベルを同僚や取引相手にも求めてしまう。時間厳守は当たり前で、それを「家族の事情云々」と言われ破られたら、理解はしてもイライラしてしまうのは、もうどうしようもないことなんでしょう。
 そういう労働環境で育ち、それに慣れ、当たり前と思うようになってしまった。でもその働き方はしんどく、続けられなかったけど、いざ働くとなれば自分にも他人にもそのレベルを求めてしまう……こうやって働くこと自体から距離を置きたくなってしまったのが自分なんだろうと思います。

 日本人がフィリピンで働くとストレスが溜まるのを逆に見れば、フィリピン人が日本で働いてもストレスが溜まるでしょう。なんで家族のことを優先して仕事休んだら怒られなきゃいけないんだ、大雨が降ったら休むのなんか当たり前なのに非難されるのが理解できない、等々。

 結局のところ、この両タイプの働き方は真逆なので、同じ職場環境では共存できない、それ自体が問題の原因だと思うのです。
 もちろん無理とは言い切りません。仕事によってはいつ出社しても退社してもよい、やることやればよいみたいなのもある。でもそういう仕事は少ないし、やはり仕事上の関係者と時間を合わせなきゃいけないことは多々あるわけで、そこまで好き勝手出来るものでもありません。
 では、常に人の余裕、バッファを設けておくことにします。一人休んでも平気なようにいつも一人多めに職場に置いておくみたいな話ですね。だけどこれをすると当然その人のぶんの人件費がかさみ、それは他の労働者の賃金抑制につながるわけです。皆が一致団結して「私達は絶対に仕事を優先します。だからそんな人は雇わず、その分の賃金を皆に分けてください」ということだってありえるわけで、そんな中で「いや、私はプライベートを優先して休みたいときに休める方がいい」と言う人がいると、「(……足を引っ張りやがって)」となってしまう。
 実際のところ、多様性を認めるというのは難しく、どちらかに寄らせるしか無いだろうなと思ってしまうのです。

 ちょうど下川裕治先生がこのテーマで新刊を出されてるので、近々読んでみようかな。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。