HOME > スポンサー広告 > ツッコミを入れながら見てみるphaさん出演の「僕らが考える夜」HOME > 社会評論 > ツッコミを入れながら見てみるphaさん出演の「僕らが考える夜」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

ツッコミを入れながら見てみるphaさん出演の「僕らが考える夜」

 あの日本一のニート・phaさんが初めてテレビ番組の取材対象、ではなくてコメンテイターとして呼ばれたと話題の番組(?)「僕らが考える夜」がyoutubeに上がってたので、見てみました。
 テーマは「お金がなくても幸せ?」というもの。
 今回は、youtubeの時間指定リンクの機能を総動員し、ツッコミを入れる形で見てみます。ニコ生のコメントのようなものでしょうか。普通に最初から全編見るもよし。気になるところだけ見てもよし、です。

前半


https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=1m3s
 さとり世代ねぇ。個人的には別に悟ってるつもりはないし、そもそもphaさんも自分と数歳差なのだから、このさとり世代とやらに入るか、疑問。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=1m26s
 ニートは60万人。もっといるだろうと思う。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=1m42s
 寝太郎さんたちのことですね。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=2m17s
 お金がほしいということと、忙しいほうがいいというのがなぜつながるのか、自分には理解できない。お金はほしいが忙しいのは嫌だと思ってしまうのだけど、とはいえ、世の中には忙しさ=人から頼られる存在意義のある自分で、そういう自分であることがお金を生み出すことにもつながると思ってる人がいるのだろうなとは思う。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=4m
 以前から知ってはいたが、phaさんの収入は月4~5万円ほど。アフィリエイトに本気になって稼げてる人からしたら、とても少ない。これはおそらく、phaさんは本当に「それほど力を入れていない」からなんだろうと思う。だけどネームバリューがあるので、たまにしか更新しないブログであってもアドセンスを貼っておくだけでこれくらいの収入があるということだし、彼はそれ以上をがつがつ稼ごうとしないからこの金額でとどまっているということなのだろうと思う。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=4m13s
 来訪者に合わせた広告を表示してくれるgoogleアドセンスの素晴らしさを力説。そう、そのとおり……(涙)

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=5m24s
 成り行き任せの人生を「それはそれでいい、各自のチョイスだ」と言ってしまう人というのは、「他人に迷惑をかけない限り」「自立してる限り」という大前提があるんだよね。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=5m40s
 ぶらぶらしてるほうが貴重。そのとおり!

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=6m
 この3連休や5連休が辛いと思うか思わないか、ここに決定的な価値観の違いがあるように思う。もちろんこれは芸能人という働けば働くだけ収入になる人や自営業者と、会社員という月給が決まってて、公的・会社的な休みがいくらあっても賃金が変わらない人を比べても違うかもしれない。
 また、毎日用事で埋まってないと不安だという人は多い。だけど自分は用事があるとそれをプレッシャーに思ってしまう人なんだよね。用事は出来るだけないほうがいい。たとえば何かのコンサートに行くみたいな楽しい予定であっても、その日に風邪を引いてしまってダメになってしまうのではないかみたいな不安をどうしても感じてしまう。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=7m24s
 物欲の問題。これは過去にも何度か取り上げてきたし、考えもその時々で微妙に変わっているのでなんとも言えないのだけど、個人的にはやはりお金はあるに越したことはないし、あればあるだけそれなりに使えるし、ほしい物もいくらでもあるように思う。
 だけどその物欲を満たすために大金を得る苦労が、満足感と比較してあまりにも大きく辛いがゆえに、物欲を諦めざるをえない状態になってるのが事実だと思う。
 自分がそういうやせ我慢タイプであるからといって、phaさんもそうだとはいいませんよ。彼は本当に物欲が無いのかもしれないし。
関連記事:本当に物が欲しくないのか、今一度よく考えてみよう。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=7m30s
 ツイッターでつぶやいたり、amazonほしい物リストをいろいろ送ってもらえるのって、才能というか、人徳なんだろうなと思います。今度なにかつぶやいてみようかな?

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=8m22s
 お金があってもそんな格好をしてる、それは同感。楽な格好が一番。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=9m7s
 デートに行く時にお金のことを気にされるのが嫌だ、一緒にいたいだけだ……矛盾してるじゃんと思ってしまうんですよね。だったらマクドナルドでいいかというと、自分でお金を出すからちゃんとしたものを食べたいとか言い出す。だけど貧乏な彼氏にとってはそんな高価なところに行くこと自体がプレッシャーやストレスになる。
 これはデートに限らないけど、学生時代の友人なんかと一緒に飲むときにも当てはまる話ですね。方やちゃんと働き続け年収500万ある人間。かたやニート。双方がプレッシャーも無く納得して一緒に入れる店は、おそらくありません。収入が行動を規定してしまう。これは紛れもない事実です。
 だからこそ外こもりというか、海外のゲストハウスって楽なんですよ。あそこに泊まるということは、たとえ本当の自分が金持ちであっても、その貧乏な環境に合わせますよという宣言をしているのと同様と言ってもいい。もちろん巣が貧乏ならそれはそれで何の問題もないです。周伯者同士が飲みに行こうとなった時も、屋台や安い食堂で飲むのが当たり前です。
 たまに奮発して高給なところに行こうよみたいな話になることもあるけど、それに参加しないところで付き合いが悪いとかにはなりづらいですからね。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=11m58s
 正社員の平均年収は442万円かー。自分の正社員のピークは250万円ほどで、期間工でも300万ちょうどぐらいだったなー。最下位19%から一度も上に上がれなかったことになります。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=13m13s
 死ねばいいのにwwwww

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=13m50s
 勉強と働くのは別の能力が必要だ。そのとおりだと思います。でもphaさんは、その「別の力」もそれなりに持ってると思ういます。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=14m20s
 好きなコトやって、それがキャラとして染み付いて、テレビなんかに出れて仕事になればいい……同感。これこそ最高のパターンだと思います。金を稼ごう、金が無いと行きていけないから嫌々とかではなくて、なんとなくやってたらそれがいつの間にか他人から評価されるようになって、お金に変わった。これ以上のことはないでしょう。
 当ブログがそれを期待してないと言ったら、嘘になります。

https://youtu.be/lJd5_Pj3X8E?t=14m40s
 その生活はただたんに社会でもまれるのが嫌だから選んでるだけで、外で働くよりは「マシ」にすぎないのか、それとも家で本を読んでるだけでも「幸せ」なのか。この問題は結局は本人の受け取り方次第なので、絶対に決着がつかないと思います。その生活を幸せと思い込もうとしてるのか、本当に幸せだと感じているのかは、当人にすらわからないことなのではないでしょうか。

後半(最初の方はかぶってます。実際は8:35からスタート)


https://youtu.be/Ib_sc4fe-TQ?t=11m34s
「お金がなくなったら結局は公共に助けられるのだ」
「ぽっくり死ねたらいい」
「そう簡単には死ねない」
 このやりとりをもっと深めて欲しかった。そのとおり、簡単には死ねない。この生き方を自立した、社会から批判されづらい自己責任の枠の中で解決するには、いざとなったらぽっくり死ぬしか無い。だがそう簡単にはいかないのが事実なのだから、公共に助けられることを前提とするしかないと思うのです。
 だけどそれを言ってしまうと、当ブログのように批判されまくる(笑)。だから言いたくてもなかなか言いづらいところがあるのは間違いないと思う。phaさんには「ぽっくり死ねたらいいけど、最後はやはり公共の助けを受けるしかないと思う」とまで言い切って欲しかった。そうしたらさっきの土田さんの成り行き任せの人生の話につながってくるんだよね。他人が好き勝手するのは自立してるぶんには構わないと言う人は多いけど、それを認めるのは最終的に自立不可になり頼られるところまで想定できてない人がほとんど。では、そこまで含んで考えたら、どこまで他人の行動を許容できるのだろうか、と。
関連記事:phaさんの『ニートの歩き方』を支持するインテリたち

https://youtu.be/Ib_sc4fe-TQ?t=11m53s
「この先仕事はなくなっていく、世の中は一握りの人間が働いて、山のように生産して、働けない人なんかを養っていく社会に近づいている。人類の歴史がそうなっている。ニートの人を許容していく社会に向かっていってる」まったくそのとおり! この話を普通の格差社会や機会均等の話に持って行ってしまったのが残念。もっと深めて欲しかったが、この概念自体、実際はまだぜんぜん社会的に共有されてないのが現実なんでしょうね。

https://youtu.be/Ib_sc4fe-TQ?t=13m10s
 ニートの人も大半は働けるなら働きたいと思ってる。これはいろいろな見方があって、そりゃ「1時間で10万円貰える仕事があればやってもいいよー」という人だって、働けるなら働きたいに入ってしまうんだよね。

 ざっとこんな感じでした。もっと深めて欲しいところがいくつもあったけど、さすがにこういう番組にそれを期待するのは無理だよね。
 全く違う価値観の人間たちの中に放り込まれ(宇野さんだけは理解してくれてるようだけど)孤軍奮闘したphaさん、おつかれさまでした!

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

syv さん

> 一応今は年収500万越えてるけど、普通にニートの友達との交流は続いてます。私がニート気質が強いからだろうけど。
> 私に限らず年収500万程度だったら普段の飯はやよい軒とか王将とか使ってるはずなんだけどねえ。

人によるし、もっと多く、1000万円ぐらいにしたほうがいいかもしれませんね。
ちょうどこの番組内でも「月収が100万円を超えると変わる」という話が出てきてます。つまり、年収1200万円、手取りで1000万円弱ぐらい(?)ですか。

>方やちゃんと働き続け年収500万ある人間。かたやニート。双方がプレッシャーも無く納得して一緒に入れる店は、おそらくありません。収入が行動を規定してしまう。これは紛れもない事実です。

一応今は年収500万越えてるけど、普通にニートの友達との交流は続いてます。私がニート気質が強いからだろうけど。
私に限らず年収500万程度だったら普段の飯はやよい軒とか王将とか使ってるはずなんだけどねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。