HOME > スポンサー広告 > 自己責任論のゆくえHOME > 社会評論 > 自己責任論のゆくえ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

自己責任論のゆくえ

 昨日の記事で紹介したブログのブログ主さんの逆鱗に触れてしまったようです(笑)。トラックバックした以上、ある程度の予想はしてましたけどね。
 戦うようなことはしたくないとのことでリンクを張られてないので、今回はその意思を尊重してこちらも張らないで置きますが、なんとも典型的な自己責任論だなーと思わされましたね。

「私ができるから他の人もできるはずだ、月5万貯金しろ」ではなくて、「貯金できないこと(自分の状況がいかんともしがたいこと)を国の制度(環境)や収入の低さのせいにしている姿勢が問題だ」と指摘したのだよ。

 なにが問題なのでしょう? 自己責任の要素があるのは間違いない(100%どちらかという事象はこの世に存在しません)けど、同時に、社会や環境のせいだというのは、これもまた間違いのないことなのです。
 でなければ、そもそも最低賃金というものを国家が定める意味が無いですよね? オーストラリアの最低賃金は1500円近いそうですが、日本は800円程度です。同じコンビニバイトでもオーストラリアなら確実に時給1500円もらえるけど、日本だと800円しかもらえません。
 これって、自己責任ですか? 明らかに環境のせいですよね?
「文句があるなら移住しろ。自己責任だ」と言うかもしれないけど、コンビニバイトでは労働ビザはおりませんよ。これって自己責任ですか? どこに生まれるかという運の問題ですよね?

 世の中には最低賃金制度自体が不要だという人もいますね。いわゆる自由主義者の人たちですが、たいてい、自己責任論者でもあります。


 さて今回は、こういった自己責任論のゆくえについて掘り下げてみたいと思います。とりあえず、自己責任を声高にいう教えを「自己責任教」とでも名づけておきましょう。

 とその前に、「自己責任教」というキーワードで検索かけてみると、似たようなことを考えてる人はたくさんいるようです。当ブログではざっと見た中でも見かけなかった視点から切り込みます。

 自己責任教を一言で定義するなら、「なんでもかんでも可能な限り自己責任で片付けてしまおうとする教え」とでもしておきますね。
 もっとも典型的なのは、インドにおける輪廻転生思想です。この思想においては、障害を持って生まれたことや貧しい家庭に生まれたことすら、自己責任にされてしまいます。つまり、以前=前世の自分の行動が悪かったからそうなってしまったのだ、悪いのはお前だということにしてしまうわけです。

 これと真逆なのが、キリスト教に代表される原罪思想です。そもそも今生きてる私達人間が額に汗して働いたり、出産に激しい苦痛を伴うのは、知恵の木の実を食べてしまったアダムとイブのせいだという発想なんですね。ご先祖様が愚かな行為をしたせいで、神に罰を与えられてしまったと考えるわけです。
 前世というものも無いし、死んだあとも転生すること無く最後の審判を待つだけです。そもそもこの世に生を受けたのは過去の自分の責任ではなく、なんというか、生まれちゃったから生まれた以外の何物でもないわけです。

 この2つは発想的に真逆ですから、社会責任の考え方もまた真逆になります。
 輪廻転生思想では、裕福な家庭に生まれたのは過去の自分の功績ですし、今何かしらの出来事で成功して金持ちになってるのもまた、自分の責任の結果(因果応報)です。ですから他人に分け与えねばならない義務や責任など、存在していません。ただこのままだと社会的にどうしてもギスギスしてしまうので、「分け与えたほうが得だよ」という教えを発達させることになります。いわゆる徳を積むというものですね。徳を積めば積むだけ、来世がより良くなる可能性が高まります。つまり、分け与えたほうがあなたも得をするんだからといって分配を自主的に促すのが基本になります。
 したがって、強欲で分け与えない人間がいても、それを社会的に批判することが難しくなります。分け与えないために来世が悪くなっても自己責任なので、好きでそうするならどうしようもないよなぁ、となってしまうわけです。

 かたや原罪思想では、そもそも前世が無く因果法則もない、皆が等しく原罪を持つ身なのに、なぜ裕福な家に生まれる人もいれば、貧しい家に生まれる人もいるという格差が生じるのか、理不尽じゃないかということについて、改善を要求する声が高まることになります。
 そこで生まれたのが、例のノーブレス・オブリージュ(高貴なる者の義務)です。皆が等しく罪人なのになぜか金を持ってる人というのは、神に選ばれたからだと考えるわけですね。なぜ選ばれたか? 皆が等しく罪人である以上、特別な理由が必要になります。
 刑務所に収監されている受刑者の中からそれなりの役割を与えられ仕事を任される人というのがいます。そういう人は、一般受刑者と違ってある程度の自由が与えられたりします。とはいえ無条件で好き勝手出来るわけではありません。
 ノーブレス・オブリージュも似たようなものです。神に、高額な金品を扱える能力があると認められ、任せられたと考えます。社会のために有効に活用できる能力があるからこそ任せられたのであって、あくまでも本来の資格としては皆と同じ罪人であることに変わらないので、好き勝手に使うことは許されません。
 ゆえに、金持ちや権力者など「神に力を与えられた者」がその力を好き勝手に使ってると庶民が感じた場合、異議申立てをするわけです。その異議申立てが極まると革命になるとも言えます。西欧ではフランス革命を筆頭に、そういうことがたびたび起きることになるわけです。

 似たような発想には中国の易姓革命があります。皇帝は天帝(神)の意思、天意にもとづいてその地位につくのであって、天意を失ったら失脚しなければならない。革命が成功するのは天意を失った証拠であり、革命を起こすのは正当な行為なのである、というものですね。

・輪廻転生思想=貧富その他の現象の原因や責任を、自己に求める傾向の強い思想
・原罪思想=貧富その他の現象の原因や責任を、自己以外に求める傾向の強い思想


 実際は原罪思想も、その後カトリックとプロテスタントに分かれ多様化していきます。オリジナルの原罪思想に近いカトリックを信仰する南欧の国々やフランス、労働に重きをおくようになったプロテスタントを信仰するドイツを始めとする北欧の国々……最近のギリシャ問題における価値観の違いがどこから生まれてるのかについてのヒントも、ここに隠されているわけです。
(ギリシャはギリシャ正教だというのもあるにはあるんですが、いわゆる東方正教会はプロテスタント分裂よりも何百年も前の出来事で、どちらかと言うとカトリック側に属すると考えておくとわかりやすいかと思います。カトリックよりも古いキリスト教に近いと言われることもあるようです)

 ただ、カトリックとプロテスタントという違いはあれど、キリスト教思想の基本は原罪思想だというのが、重要な点です。

 では日本はどうか。日本は歴史上ただの一度もまともな革命が起きたことがないと言われています。明治維新もあくまでも権力層内部におけるクーデターであって、庶民の側からの異議申立てではないんですね。庶民が庶民であることには理由があり、権力者が権力者であること、金持ちが金持ちであることにも理由がある。原罪のような本質的に平等のようなものはない……輪廻転生思想に近い考え方です。
 日本は仏教を受け入れましたが、キリスト教については事実上、受け入れることはありませんでした。つまり、輪廻転生思想の価値観は受けいれたが、原罪思想の価値観は受け入れなかった、ということです。
 ところがさらに問題なのは、日本はもともとはどちらでもなかったということ。八百万の神、神道的価値観、アニミズムがこの国の基板です。神道とは教義を持たぬ宗教だというのもよく言われることですが(これは神道側から否定されることも多いけど、特に経典宗教(キリスト教)との比較においては、無いに等しいと言っても過言ではありません)、日本人はあえてそういう理不尽を定義すること無くやってきたと言うのが適切でしょう。仏教とともに輪廻転生思想も受け入れはしたのですが、それが真実であるというような確信のレベルでこの国に根付いたかというと、どうにも疑問を感じます。というのも日本の仏教は祈祷のために受け入れられた側面が強いというのもまた、よく言われることでもあります。
 日本において仏教は、この世の理不尽を定義し、解釈し、処理するために受け入れられたり、用いられるわけではなかった、ということですね。もちろん宗派の発展や細かい教義などでそういう用い方をする例はありますが、それが主流の考え方にはならなかったという点が重要です。
 地震があるのも火山が噴火するのも自然であって、定義せずそのまま受け入れるしか無いという諦めの感覚を追求したというのが適切かと思います。侘び寂びの心とでも言いましょうか。世界の中でも天災の多い土地ならではの価値観とも言えるかもしれません。

 さて。ここでやっと、自己責任教の話になります。今の日本において自己責任はどう考えられているのか? ということでもあります。

 今は、生まれながらの障害については自己責任ではないので、社会がその生存に責任を持たなければならない。だが社会生活を通じての貧富格差のようなものは自己責任であって、社会が責任を持つ必要はない……日本の今の自己責任論というのを簡単にまとめるとこういう感じになるでしょうか。
 よく考えるとこれって、輪廻転生思想と原罪思想のハイブリットなんですよ。

 今の世界秩序というのは、原罪思想を根幹に持つ西欧の価値観によって形作られています。日本も、日本国憲法という形で、ある意味、それを押し付けられました。輪廻転生思想が原罪思想に譲歩させられているような状態と言ってもいいかもしれません。ですが日本の、そして、アジア全域の基板は輪廻転生思想のままです。どうしてもそこには矛盾というか、処理しきれない齟齬を残し続けることになります。
 そこで日本においては、一種の宗教と言ってもいいような「自己責任教」が生まれることになったと言って良いように思います。輪廻転生思想でもなければ、原罪思想でもない。和洋折衷のように都合よく取り入れ、混ぜて、自分たちのものにしたというところでしょうか。
 これはアジア諸国においても同じです。どこの国も戦後の世界秩序が原罪思想である西欧の価値観を受け入れなければいけなかったため、西欧風の憲法を作ることになりました。ですがそれはもともとの輪廻転生思想とは相反するので、その齟齬に苦労することになります。顕著なのはやはりインドで、憲法で明確にカースト制度を禁止したにもかかわらず、実態としては浸透しないまま今にいたり、各種の問題を引き起こし続けています。
 しかし、アジア諸国では先に説明した「徳を積む」という仕組みが、輪廻転生思想が未だに根強いがゆえにある程度機能しています。「働かない生き方を認める国、インドの魅力」にも書いたように、日本ではとうてい受け入れられない生き方も未だに許容され、認める文化が存在しています。
 欧州はギリシャ問題でもわかるように、国家規模で社会責任を追求する価値観が現存している姿を今でも見ることが出来ます。その姿を日本人は無責任だなんだと叩いてますが、それは結局のところ、原罪思想を基盤とするキリスト教を信じているのか、信じていないかの違いだということになります。

 輪廻転生思想を元に培われた徳を積むという資産再分配方法、もしくは、原罪思想を元に強く社会責任を追求しノーブレス・オブリージュの実行を力の強い者に求めるという資産再分配方法、そのどちらもが弱い日本においては、なんとも動物的な、プリミティブな形での適者生存の考え方が、自己責任教として形成されることになってしまったわけです。アニミズム的な価値観に強力に思想の光を当てずに受け入れてしまうのが日本の形ですから、これまたシンプルな動物的な適者生存のありかたをそのまま受け入れてしまうのも、この国らしいということなのかもしれません。

「自己責任 日本 違い」というようなキーワードで検索をすると、日本の自己責任論がいかに国際的に変わったものであるか、よくわかります。ちなみに出てきた上位3つは、この記事です。

日本はOECD32カ国で最悪の自己責任社会 - 5年連続最下位の教育支出、貧困なくせない税・社会保障
「自己責任論」で中世に退行する日本
海外の日本研究では絶対に勉強するという「日本の自己責任論」 どこがそんなに変わってるの?

 どれもこれも自己責任が大事だという自己責任教の皆さんには受け入れがたい内容かもしれませんが、読めばわかるように、世界的に見ても日本の自己責任の考え方はとても厳しいものであるというのは、否定しようのない事実です。「日本が正しいんだよ、世界のほうががたるんどるんだ」といくら言ったところで、意味はありません。
 もちろん変わってるイコール間違ってるでも、ありません。こういうものに正邪とか、善悪はないというのが実際のところでしょう。ですが日本の自己責任論というのは、輪廻転生思想に基づく宗教でもなければ、原罪思想に基づく宗教でもない、一種独特のもので、言ってしまえば日本という国に出来上がった一つの宗教、自己責任教であり、かつその教えに従うと、弱者排除が世界で最も強く行われてしまうことになるのもまた、事実です。
 それが良いことだとは、当然、弱者の側の人間であれば思いません。はめられてるだろうとすら思ってしまいます。

日本人はなぜ「自己責任論」にはまるのか? 仕掛けられた政治の“罠”

 当ブログが日本人の価値観と比較し異質なのは、普段から重々承知しています。ですが、果たして日本流の自己責任の考え方でいいのかという問題提起は、今後もどんどんしていきたいと思っています。実際にアジア諸国や中東を自分で旅し、いろいろなことを学び感じた身としてできることだとも思っていますから。

 最後に、イケダハヤトさんの記事をひとつ、紹介しておきます。

「自分のせい」ではなく「仕組みのせい」にしよう

「自分のせいにするのは楽だ」という意見で、そのとおりだと思います。良い結果も悪い結果も自分のせいだというのは、結局は動物的な適者生存の有り様が結果として現れたことをそのまま受け入れるだけの話で、社会について問う努力を放棄してるに過ぎません。人間が人間たる意味というのは、理不尽の原因を前世に求めるにせよ、原罪に求めるにせよ、定義付け納得できるものにしようとするところにあります。それを放棄し強い者が生き残るのがあたりまえだよね、自己責任だよねで思考を停止するのでは、動物と一緒です。
 件のブログは、貯蓄できない理由を収入の低さや環境のせいにする姿勢が問題だと言ってますが、社会の責任を問わず自己責任に帰結させて、社会問題でもあるという視点を忘れてしまう事こそが、問題なんです。最近はそういう姿勢がカッコイイとか立派だとかという価値観が大きくなっていってる事自体が、この日本に世界の中で最も厳しい自己責任論を蔓延させる原因になっていると、強く思います。

 せっかく人間に生まれたのですから、ただ自然をそのまま受け入れるアニミズムなところに留まったり正当化したりそのまま信仰する(自己責任教)のではなく、より思考を巡らせ、発展させる努力を怠らないでいたいものです。
 日本の自己責任論、自己責任教がどの方向に向かっていくのかはわかりません。ですがかつては障害をもって生まれた者、貧しい老人などを姥捨て山に捨てていたのに、今は権利を認め、生かすようになった。社会の豊かさが自己責任追及の範囲をゆるめたとも言えるわけです。今後の社会がより豊かになっていくなら、当然、自己責任追及の範囲ももっと緩くなっていって当然だし、そうすべきだと思っています。ところがその豊かになってきた成果を、主に自己責任論を持ちだして独り占めすることを正当化する思想が勢力を増している。その問題を今後も指摘し、自己責任論のゆくえを追っかけて行きたいと思っています。

 ちなみに、自分の思想形成には仏教評論家であるひろさちや先生に多大なる影響をいただきました。ノーブレス・オブリージュも先生の著作で初めて知ったと記憶しています。以下、先生の書籍にいくつかリンクを張っておきますね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

あぱむ さん

> すいません貧さんを怒らせるつもりは無かったんですが、
> それでも5年って、普通に働いてたらまだ20代ですよ。
> 肩書きも付くかどうかって程度です。
> 貧さんが30そこそこと言うならともかく、40目前でそれをまともな職歴と言うのは・・・

一般的に、どんな仕事でも3年は働かないとわからないとか言われてますよね。
転職の場合も、ともかくどこであっても3年以上連続で働いたことがあるか否かが、重要な判断基準になると聞いています。
そういう意味では、最低3年働くというのが、いわゆる労働というものへの理解や適性を測る一つの目安になると思うのです。

私の場合それだけ働いた上で、向いてないと判断せざるを得なかったわけで、年齢相応の労働歴がないと云々と言われてしまうと、正直困ります。もし年齢相応の労働歴なんてものを積んでたら、とっくにおかしくなって死んでるはずですので。

> 治験に行ったりビットコイン掘り?を見つけて試したりと努力されてる所は応援してます。
> 治験は楽!なんて言ってますが、報酬は必要に応じて払われる物ですからそこを謙遜することはないでしょう。
> 今後も様々な方向にアンテナを張って、色々と新しい情報を発信してくださることを望んでます。

可能な限りは、頑張りたいと思います。
私も生活保護をもらうのは可能な限り避けたいですしね。

Re: タイトルなし

社畜 さん

> あなたが他人の成果を運が良かったとか小馬鹿にする嫌な人だから言われるのでしょうね。
> 言われて当たり前なのですよ。そういう感覚が欠落しているので気がつかないと思いますが。
> 精神に異常があるのではないかと言ったのはそういうことです。病院に行った方が良いですよ。

病院に行って私が精神の病気持ちだとなったら、どの書き込みも病人の戯言と扱われてしまうのでしょうね。

Re: たいへん申し訳ありませんでした。

お母様を大切に さん

> いずれにしても、皆さんの楽しみがなくなってしまって本当に申し訳ないです。で、不束者ではありますが、穴埋めと言うことで、私なりにその分多く色々と投稿して、停滞しているこのブログを貧bpさん共々盛り上げたいと思います。如何せん年を喰っているので頻繁に投稿するのは難しいかもしれませんが、老体に鞭打って何とか頑張りたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

これといい、名誉毀損で訴えるぞの話といい、さすがに「いいかげんにしろ」と言いたくなります。
がんばっていただかなくて結構です。
これ以上人を小馬鹿にするなら、さすがにブロックも考えさせていただきます。

すいません貧さんを怒らせるつもりは無かったんですが、
それでも5年って、普通に働いてたらまだ20代ですよ。
肩書きも付くかどうかって程度です。
貧さんが30そこそこと言うならともかく、40目前でそれをまともな職歴と言うのは・・・

治験に行ったりビットコイン掘り?を見つけて試したりと努力されてる所は応援してます。
治験は楽!なんて言ってますが、報酬は必要に応じて払われる物ですからそこを謙遜することはないでしょう。
今後も様々な方向にアンテナを張って、色々と新しい情報を発信してくださることを望んでます。

あなたが他人の成果を運が良かったとか小馬鹿にする嫌な人だから言われるのでしょうね。
言われて当たり前なのですよ。そういう感覚が欠落しているので気がつかないと思いますが。
精神に異常があるのではないかと言ったのはそういうことです。病院に行った方が良いですよ。

酷いじゃないですか!

貧BPさんへ

酷いじゃないですか。日頃自分の場合は人権が大切だと言っておきながら、他人の人権を侵害するなんて ・・・・ 。
何を根拠に私を「他人の不幸で飯が旨いタイプ」と断定しているんですか。私の文章からは断定どころか想像も出来ないはずですが。何故なら、私は貴方の身勝手な主張やお母様の窮状に憤りを感じて(飯が不味いから)投稿しており、貴方が成長して、現状の無限地獄のような状況から抜け出し、ささやかでもお母様共々幸せに暮らしてほしいと願っているので全く真逆なんですけど。
妄想するのは貴方の勝手ですが、根拠もなく公然と(ネット上)他人の名誉を毀損すれば刑法第230条名誉毀損罪になりますよ。本来なら直ちに弁護士を呼び、東京地検への告訴及び損害賠償請求並びに謝罪広告の掲載を請求するところですが、訴状が届くとお母様がさらに悲しまれるので耐えがたきを耐え、辛抱いたしますが。

それから、貴方に対して私が上から目線で対応しているのは事実ですが、それは貴方の文章を読み行動を知り、自然と上から目線になっているんです。例えば、今日も酒が美味いさんに対し、私は上から目線で対応して無いでしょ。彼も私の想像では私から見れば若造だと思いますが、相応の、或いはそれ以上の見識やモラルがお有りだと思うから相応の対応をしてるんです。自らの言動を通して年長者にも尊敬されるよう、自ら努力するしかないです。

たいへん申し訳ありませんでした。

このブログをご覧の皆様へ

年甲斐も無く大変なことをしてしまいました。せっかく今日も酒が旨いさんがいい情報をくださり、これから、議論が白熱すると皆さん期待されていたのに、私のつまらない投稿で没になってしまいました。いや~まさかの展開です。今迄の経緯からして、どちらかと言うと自ら喧嘩を売って回るようなことが多かったので ・・・ 。こんな人ではなかったはずなんですが・・・ 。

いずれにしても、皆さんの楽しみがなくなってしまって本当に申し訳ないです。で、不束者ではありますが、穴埋めと言うことで、私なりにその分多く色々と投稿して、停滞しているこのブログを貧bpさん共々盛り上げたいと思います。如何せん年を喰っているので頻繁に投稿するのは難しいかもしれませんが、老体に鞭打って何とか頑張りたいと思います。本当に申し訳ありませんでした。

Re: 「年間120万円生活 -働きたくねぇ」でも話題?に

今日も酒が美味い さん
お母様を大切に さん

こういうのもなんですが、本当のお二方とも、他人の不幸で飯が旨いタイプの嫌な人ですね。
さすがにこう明らかに他人を小馬鹿にする目的でコメントを寄せられると、腹が立ちます。

> 今日は、雨が降って、出かけられなかったので、たまたま見つけました。
> ブログ主は、一日中ネットに張り付いてるのでご存知と思いますが、念の為。
> 「年間120万円生活 -働きたくねぇ」でも、取り上げられています。サブタイトルですが、「貧BP」、「貧BP氏が否定される理由」と直々の御指名。取りあえず、炎上化商法?かどうかは知りませんが、注目を集めていますね。
> http://hatarakitakunee.com/wp/?p=5188

炎上商法をするなら、それだけで外こもりできるぐらいの収入がないと意味がありませんよ。今はせいぜい月で千数百円がいいところです。

今回の記事に関しては、ブログ主さんの感想にすぎないと思うので、それについてあれこれ言える内容でも無いと思いました。

ありがとう!今日も酒が美味いさん

今日も酒が美味いさんへ

いや~素晴らしい情報ありがとうございました。実は3日前に『何故お母様は以前、悲しい顔をされたんですか? 』と貧BPさんに質問した者ですが、全く回答が無いんですよ。二人で将来について話し合って、原因が自分にあることは明らかなので簡単に答えられると思ったんですが、ひょっとして、ヘタれてしまったのかと心配していたんです。

そこにグッドタイミングなこの情報!貧BPさんは息を吹き返して相手方と戦ってくれるでしょうし、きっと私の質問にも答えられるだけの精神的余裕が出てくるのではと思います。ありがとうございました。

ところで一つ心配なことがあります。と言うのは以前、貴方がこのブログで確か応援したくなると言っていた『ひきこもり漂流記・人生断舎離日誌』はアフィリエイト目当てのバーチャルなブログだったんですよね。私も貴方の情報から訪問して感動したんです。数ヶ月間毎日のように訪問してました。そしてコメントを送信するとメールで回答までもらったんです。ハハハ、面白いですねえ。で何が心配かと言うと、もし今回のブログが又バーチャルだったと後で判ったら、貧BPさんはアフィリエイト目当てのブロガーにおちょくられてる事になりますし、もしそれをお母様が知ったら、息子はいい年をして働かないばかりか世に恥をさらしてとさらに悲しまれると思うんですよ。
そこで、私はもう還暦を過ぎていてネットに弱いので、経済活動にお忙しいとは思いますが、貴方の負担にならない範囲で、そのブログ「年間120万円生活 -働きたくねぇ」がバーチャルでないかチェックしていただけたらなあと思います。そして何かおかしいなあと思ったら、いくら議論に勝って貧BPさんが有頂天になっていても是非真実を知らせてあげてほしいです。

「年間120万円生活 -働きたくねぇ」でも話題?に

今日は、雨が降って、出かけられなかったので、たまたま見つけました。
ブログ主は、一日中ネットに張り付いてるのでご存知と思いますが、念の為。
「年間120万円生活 -働きたくねぇ」でも、取り上げられています。サブタイトルですが、「貧BP」、「貧BP氏が否定される理由」と直々の御指名。取りあえず、炎上化商法?かどうかは知りませんが、注目を集めていますね。
http://hatarakitakunee.com/wp/?p=5188

「年間120万円生活 -働きたくねぇ」さんは、ここと違って、不愉快になり難く、かつ役に立つ情報が多いから、そこそこ人気がありそうです。上手く切り返せば、新たなファンが増えるのでは。確実にアンチでしょうが、ファンはファンです。ブログ主に好意的なファンを一人でも増やすのは極めて困難ですので、アンチを10人増やす方が、簡単で効率的ですので上手くやりましょう。

mushoku2006氏の様な悠々リタイア組に加えて、「年間120万円生活 」氏の様な節約リタイア組にまで、かなりネガティブとはいえ、取りあげられるとは、さすがです。注目を集めるための、徹底的なネガティブキャンペーンも面白しろそうですね。どうせ、好かれないならば、徹底的に嫌われまくる。それも生存の道でしょう。お母さんは可哀想ですが、そんな事を気にするブログ主ではないでしょうし。
どんどん、頑張って下さい。とりあえずは、何時もの様に反論のコメントを。
皆、楽しみにしてると思いますので。

Re: 時間の無駄では?

私気になりますw さん

> 話題にされたブログを普段読んでいるものです。
> 何があったのかなと思ってこちらのブログを初めてみました。

ようこそおいで下さいました。ありがとうございます。

> それで思ったんですが、なんでわざわざTBまでして先方に主張されたんですか?

深い意味は無いですよ。
ネット上に公開されてる記事を引用する場合、わざわざ許可を取られる方もいますけど、個人的には不要だと思ってます。ですから、普段はしません。
ただし、TB機能のあるブログは最近少ないけど、機能があるなら、気づいた場合は使わせてもらいます。手間も何もないですからね。
それだけの話です。

> どちらの意見が正しいかはそんな事は人それぞれだと思いますが、貴方と考え方が全くちがう方で特にそれを押し付けているわけでもない事は理解できますよね?
> 先方のブログ主が激怒と書かれてますが別に激怒もしてないと思いますよ。
> 単に放置すると貴方の主張を認めているように見えるから一応否定したんではないでしょうか?

それはもう、無視するも取り上げるもご自由にとしか言えません。
押し付けているかどうかではなく、典型的な自己責任論だから取り上げておこうと思ったまでの話です。

> なんでこんな長文の記事にまでして「怒られちゃった(笑)」って言ってるのか気になったんでコメントしてみました。

今回の記事の本文は、いい機会だから書いただけです。きっかけをいただいてありがとう、という感じでしょうか。

Re: タイトルなし

あぱむ さん

> >稼げば稼ぐほど手元に残る割合が減っていく
> のが正しいノブレスオブリージュなら、どこの国もそれを満たしてないってことですね。

たしかにこれはそのとおりでしょう。

> 貧さんはまともに働いたことがないから、そう言う社会常識的な物が分からないんでしょうね~。

なにをもってまともに働いたことがないと言っちゃんですかね?
前職はそれこそ5年近く働いたんですけど?
もし年齢相応の労働歴が無いとダメだというなら、それこそ無職歴が長いほど、まともに働いたことがないということになってしまいますよね。

> 机の上で理想を唱える人と、実際に行動して折り合いを付ける人。
> 正しい正しくないは別として、現実に影響を及ぼせるのはどちらなのかが重要なことです。

これはどうしようもないでしょう。自分にできることをするしか無いです。

Re: タイトルなし

通りすがりのNHK さん

> ノーブレス・オブリージュみたいな考えは
> 自論ですが、狩猟民族が一人で食べ切れ無いから
> 富んだ時は分け与える習慣があるけど
> 農耕民族は「保存」ができるので分け与える習慣が
> そもそも持たないんじゃないのかなと?
>
> 根拠も何も無い持論ですが、そう思っています。

いえいえ、これは確かにそういう説もたしかにあると記憶しています。
もっと言うと、人類は最初はすべて狩猟民族だったわけですが、それが徐々に農耕民族に移行し、貯蔵を出来るようになったことで変わったとは言われます。
ただし西欧だって農耕をするようになったわけで、それなのにノーブレス・オブリージュが生まれたのはなぜ? となると、やはり宗教の力は強いかなと思います。

> 働かない他人にお金をあげるなら、子供や孫、
> 自分の親族に分け与えたいってのが
> 大部分の日本人の考えだと思うんですよね~。

感情的にはそのとおりでしょうね。

時間の無駄では?

話題にされたブログを普段読んでいるものです。
何があったのかなと思ってこちらのブログを初めてみました。

それで思ったんですが、なんでわざわざTBまでして先方に主張されたんですか?
どちらの意見が正しいかはそんな事は人それぞれだと思いますが、貴方と考え方が全くちがう方で特にそれを押し付けているわけでもない事は理解できますよね?
先方のブログ主が激怒と書かれてますが別に激怒もしてないと思いますよ。
単に放置すると貴方の主張を認めているように見えるから一応否定したんではないでしょうか?

なんでこんな長文の記事にまでして「怒られちゃった(笑)」って言ってるのか気になったんでコメントしてみました。

>稼げば稼ぐほど手元に残る割合が減っていく
のが正しいノブレスオブリージュなら、どこの国もそれを満たしてないってことですね。
ヨーロッパは最高税率も高いけど最低税率も高いし、
アメリカは最低税率が高いのに最高税率は低いし。

外交一つ取っても、着地点を言う物を探さなければうまくはいきません。
貧さんはまともに働いたことがないから、そう言う社会常識的な物が分からないんでしょうね~。

机の上で理想を唱える人と、実際に行動して折り合いを付ける人。
正しい正しくないは別として、現実に影響を及ぼせるのはどちらなのかが重要なことです。

主の言わんとする事は分かります。

だって、働きたくないしお金が欲しいのは

誰でも同じですからね!私も同じです!w


でも、主のような貧乏な人が

ノーブレス・オブリージュ!って言っても

お金持ちは、「はぁ?働けカス!」って

一蹴しちゃうと思うんですが・・・・。


ノーブレス・オブリージュみたいな考えは

自論ですが、狩猟民族が一人で食べ切れ無いから

富んだ時は分け与える習慣があるけど

農耕民族は「保存」ができるので分け与える習慣が

そもそも持たないんじゃないのかなと?

根拠も何も無い持論ですが、そう思っています。

働かない他人にお金をあげるなら、子供や孫、

自分の親族に分け与えたいってのが

大部分の日本人の考えだと思うんですよね~。

Re: タイトルなし

電子の海から名無し様 さん

> 議論としてはなるほどと思いますし、能力について(金を貯める・仕事ができる等々)は一部では生活環境ではなく遺伝的な要素がかなりを締めているとの説もあります(教育・努力万能論者は絶対に認めませんが)。
> しかしながら人間は感情の生き物であり、競争の帰結が敗者と勝者を確実にわけるとしても、貧者の説明責任がなければ到底感情的に配分しようとすることは不可能です。

記事にも書きましたが、社会が豊かになるにしたがって、それまで切り捨てていた人間を救うように「進歩」してこれているという事実もあるわけです。
その延長線上で社会を進歩させるのって、そんなに難しいことなんですかね?

Re: タイトルなし

ぺけ さん

> 思いっきり返り討ちにあって見苦しい…およしなさいよ。
> 負け犬の遠吠え。

返り討ち?なんのことです?

Re: タイトルなし

あぱむ さん

> ノブレスオブリージュについてはキリスト教的価値観と共に、
> 税制が日本と全く違うからって点も大きいと思いますよ。

そう簡単でもないですよ。脱税せずのちゃんと高い税金を払うのだって、ノーブレス・オブリージュとして成立し評価される話です。

> まずは沢山稼いでも批判されないような社会を作らなくては自己責任教信者を減らすことは難しいんじゃないですかね。

たくさん買いでも、たくさん納税するなら批判されないと思いますよ。
日本の税制は年収1000万円あたりがもっとも損で、それ以上稼げば稼ぐほど得になると言われている。これでは批判されて当たり前です。稼げば稼ぐほど手元に残る割合が減っていく、これが正しいノーブレス・オブリージュのあり方であって、そういう税制ならば、批判はされなくなると思いますよ。

Re: タイトルなし

ああああ さん

> ネオリベのもっとも卑怯だと思う部分は、競争のルール自体を公平にする気が全くないどころか、自分に有利になるようにいくらでも捻じ曲げようとするとこですかね。
>
> 遊民氏もリンク先のブログの人も政府が金使ったり再分配には文句を言うんです。
>
> ①自分が浪費家の弱者から金を吸い上げる
>  →自己責任だから文句は言わせない、切り捨てる
>
> ②政府が自分から金を吸い上げる
>  →財産権の侵害だ!と文句言いまくって抗議する
>
> でも、①と②の本質的な違いって、なんなんでしょう?
> もしネオリベの好きなルール無用の弱肉強食な世界観を採用するのなら、政府に金取られて再分配されるのだって立派な弱肉強食。強い政府側の人間になれるよう「努力」した人と、搾取される側の民間人にしかなれない「怠け者」の関係になってしまいます。

まったくそのとおりです。これがなぜわからないのか、不思議で仕方がないですね。

> でもネオリベは政府からの搾取にたいして「自己責任」として高額の納税を受け入れる気はまったくなく、政府側の人になる努力をすることもなく、圧力でルールを変えようとする…。これってネオリベが批判する「文句ばっかりいう貧乏人」とやってること一緒です。

そのとおり。すばらしい。

Re: こんにちは

ぼんくら さん

> 働くのが嫌いな貧さんはさしずめ働くのがイヤイヤ教ってとこですね。
> あまり入信者は多くなさそうです(..)
> 布教活動頑張って(^^)d

個人的にはイヤイヤ教かもしれませんが、それを布教しようなどとは思ってませんよ。
私が布教しようとしてるのは、あえて言うならば「それぞれ違う教」ですかね。

体感的にですが、自分にある程度自信もしくは不安があれば主のような人には否定的になり、自信に余裕が加われば非干渉になるのかなと。好きにしたらいいんでない?て。
精神状態が落ちてる時にこのブログ見ると凄い腹立つ(笑)
自己責任精神を下げるには物質的に豊かだが精神的に貧しいという所をなんとかするしかない。
あとその挑発的というかバカにしたような書き方をなんとかならないか?これじゃあそりゃ怒るよ

議論としてはなるほどと思いますし、能力について(金を貯める・仕事ができる等々)は一部では生活環境ではなく遺伝的な要素がかなりを締めているとの説もあります(教育・努力万能論者は絶対に認めませんが)。
しかしながら人間は感情の生き物であり、競争の帰結が敗者と勝者を確実にわけるとしても、貧者の説明責任がなければ到底感情的に配分しようとすることは不可能です。

思いっきり返り討ちにあって見苦しい…およしなさいよ。
負け犬の遠吠え。

ノブレスオブリージュについてはキリスト教的価値観と共に、
税制が日本と全く違うからって点も大きいと思いますよ。
寄付によってできる控除が日本とアメリカでは数十倍違ったりしますから。
それに役員報酬も日本と海外では全然違いますよね。
海外はそれこそ何十億とか。
一方日本は「世界のトヨタ」の社長が1億円・・・・そりゃノブレスオブリージュなんて根付きませんって。
まずは沢山稼いでも批判されないような社会を作らなくては自己責任教信者を減らすことは難しいんじゃないですかね。

ネオリベに何言っても無駄だと思いますよ。

「この戦争で自分がどうやって勝つか」だけを考えてる人たちですから。必ずどちらかが負けることや、負けた人の救済のような「外部」のことは最初から考える気がないんです。

ネオリベのもっとも卑怯だと思う部分は、競争のルール自体を公平にする気が全くないどころか、自分に有利になるようにいくらでも捻じ曲げようとするとこですかね。

遊民氏もリンク先のブログの人も政府が金使ったり再分配には文句を言うんです。

①自分が浪費家の弱者から金を吸い上げる
 →自己責任だから文句は言わせない、切り捨てる

②政府が自分から金を吸い上げる
 →財産権の侵害だ!と文句言いまくって抗議する

でも、①と②の本質的な違いって、なんなんでしょう?
もしネオリベの好きなルール無用の弱肉強食な世界観を採用するのなら、政府に金取られて再分配されるのだって立派な弱肉強食。強い政府側の人間になれるよう「努力」した人と、搾取される側の民間人にしかなれない「怠け者」の関係になってしまいます。

でもネオリベは政府からの搾取にたいして「自己責任」として高額の納税を受け入れる気はまったくなく、政府側の人になる努力をすることもなく、圧力でルールを変えようとする…。これってネオリベが批判する「文句ばっかりいう貧乏人」とやってること一緒です。

金持ちに都合のいいルールや法律みたいな「人間が作った制度」にしっかり恩恵を受けているのに、安全圏から他人に対しては弱肉強食の競争を強いるダブルスタンダードみたいなのが気持ち悪いんでしょうね。

こんにちは

働くのが嫌いな貧さんはさしずめ働くのがイヤイヤ教ってとこですね。
あまり入信者は多くなさそうです(..)
布教活動頑張って(^^)d

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。