HOME > スポンサー広告 > 精神科に行ってみたHOME > 生活保護・社会福祉 > 精神科に行ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

精神科に行ってみた

 当ブログのコメント欄でもたびたび言われ、2ちゃんねるの某スレッドでも「お前は発達障害だ。精神科を受診すべきだ」とさんざん言われ、さすがに否定するのにも疲れてきたので、試しに受診してきました。

 以下、やりとりを出来るだけ思い出して書きますが、結果はこう。

「あなたはストレス耐性が一般の人より極端に低いだけで、発達障害でもなんでもありません」

 問診票には、こう書きました。

「働いたら自殺願望が毎度のように起きる。働かないことが健康のために良いと思い、今は働かず自宅にいる。母の収入に頼っているが、来年には退職し年金も少なく、今後が心配。自分自身は生活保護をもらって生活できればそれでいいと思っているが、それを人に言うと、そういう考え方をすること自体がおかしい、発達障害だと何人もに言われたので、確認のために受診してみようと思った」

 まず、過去の就業歴から聞かれました。学生時代のバイトから始まって、最近のものまですべて。

「学生時代の週何日かのバイトでは死にたいと思うことはなかったが、普通に就職したら何年ももたないだろうと思い、旅に出ました。それが思いのほか楽しくて、その後は旅とバイトを繰り返すようになりました」
「好きなことばかりしてきたんですね」
「その間にやりたいことというか、続けられることが見つかればいいなと思っていたのですが、結果的には見つからなくて」
「見つからなかった? こんな仕事は嫌だあんな仕事は自分がするものじゃないと思っていたんじゃないですか?」
「さすがに30代になってこのままではまずいと思い、正社員をいくつかやってみたのですが、どれも死にたくなってしまい、続かなかったのです。最初の正社員の時にかかった精神科では、パキシルを処方され、明るく前向きになりました」
「それで働けるようになったわけですよね」
「ええ。でも、頭のなかを無理矢理にいじられ、明るいことしか考えられないようにされてる感覚がともかく気持ち悪くて。仕事自体が原因だとわかっていたので辞めたら、2ヶ月ぐらいで薬はいらなくなりました」
「働けるようになってたのに辞めてしまったんですか」
「仕事自体が原因ですから」
「働くことと死ぬことはイコールではつながらないんですよ。人間関係が悪い、労働の内容が厳しい、ストレスが溜まる、そういうのが原因なのであって、労働自体が死にたくなる原因ではないのでは。だいたい、まともに働いたことないでしょう?」
「前職は4年半は働いてますが」
「4年半ですか、ともかく、まともにちゃんと働いたことがない。前職だってイヤダイヤダと思いながら働いていただけでしょう? 学生時代の週何日かのバイトで死にたくなったことがないわけだから、それなら出来るわけですよね? 週5日が無理なら週4日でも1日でもいいから、向いてる仕事があるわけです。それをすればいいのではないですか」
「(この年齢でそんな都合のいい仕事に就けるわけがないだろと思いつつ)とは言っても卒業後の仕事はどれも死にたくなってしまったわけですが」
「働きたくない、生活保護がほしい、ですか。もらえるなら、もらうのもいいと思いますよ。憲法に書かれてる国民の権利ですからね。
でも仕事は探せばいくらでもありますよ。あなたに向いてる仕事が見つかってないだけでしょう? あなたの問題は精神科で解決できる問題ではありません。ハローワークとか役所とか、そういうところに相談したほうがいいと思いますよ」
「働いたら実際に死にたくなったんですよ? 実際に電車に飛び込みかけたこともある。それが役所で解決できる問題なんですか?」
「そもそも死にたくなる事自体が病気というわけではないんですよ。病気でなくても死にたくなるというのはあるんです。
働くことと死にたくなることの間にはいろいろな要因があって、それが死にたいという思いを引き起こさせるのだと思います。あなたは自分のやりたいことばかりやってきて、今まではそれが上手くいってたから、今後もなんとか上手くいかないかと考えている。だけどお母様の定年も近いし、どうしようもなくなってきて、焦ってきてるだけでしょう」
「何人もに発達障害だと言われたのは?」
「最近は発達障害という言葉が有名になって、なんでもかんでも発達障害だということにしたがる人がいますが、あなたはストレス耐性が普通の人より極端に低いだけで、病気でもなんでもありません。
当院でできることはカウンセリングぐらいです。働くことと死にたくなることの間の問題を掘り下げて考えてみるしか無いでしょう。それが解決になるわけではないですけどね。
ですがカウンセリングは保険適用外で、毎回3000円ぐらいはかかります。ですからお金が出せるなら、ということになりますが」
「はぁ」

 自分自身、今の働いてない自分は健康そのもので病気ではないと言ってきたわけで、この結果自体は予想の範囲内のものでした。
 ただ、精神医療的には、困ったことがないならば病気ではないが、困ったことがあるなら、そこには病気が潜んでいると考えるものなんだそうです。
 つまり、お金がたくさんある人間が働かずに家に引きこもっているのは、困ってないから病気ではない。お金もないのに働かないのは、たとえ本人が困ってなかろうが将来は困ることになるし、親兄弟は困っているわけだから病気なのだ、ということです。なんだそれと言いたくなるけど、実際にそういう見方はあるようです。
 でもいまのところは病気じゃないという診断になってしまった。やりとりも普通にできるし、実際今は「将来困る可能性が極めて高い」以外の症状(?)が出てないですかね。
 結局、実際に生活保護をもらうか、申請するかをして、就労指導を受け、ともかく一度就労し、実際にうつ病症状や希死念慮を発症してみせないと、何も変わらないという予想通りの結果になっただけでした。

 だけど、過去には実際に労働真っ最中で、日々本当に死にたくなっていたのに、数年前に行った心療内科では「働いてて死にたくなるのなんて普通だ」と言われてしまった。今回も「死にたくなるからといって必ずしも病気ではない」と言われた。でも、実際に死んでしまったら、それはやはり病気なのでは? どうしても割り切れない思いが残ります。こうなったら本当に死ぬ・死にかけてみせることでしか、問題があったことを証明するすべはないのだろうかと、絶望的な気持ちになってきます。

 それにしても、抗鬱剤の頭を強制的に改造するような感覚を「働けるようになったからいいでしょ」と片付けてしまう姿勢、仕事は探せばある、適職が見つかるまで探さないのが悪いと言いたげな姿勢、保険適用が無理で金のかかるカウンセリングを、お金がなく生活保護を受けるしか無いと言ってる患者に勧める姿勢、どれもこれも、正直言って不快に感じてしまったのは事実です。
 結局のところ精神科って、ともかく社会不適応の人間を薬でも何でも使って問題行動を起こさない程度の人間にすることが目的なんだな、と。別に患者の親身になってくれるわけでもなく、薬でもなんでも使って働けるようにすればそれでいいと思ってるんだな、と。

 おそらく当ブログに普段から批判的なコメントを書く諸氏は「まともな精神科医だ。すばらしい」と思うのでしょうけどね。

 この件を精神科に行く気にさせた某スレッドで相談したら、精神科・心療内科はドクターショッピング(複数の医師・医院を渡り歩くこと)はあたりまえだから、ちゃんと発達障害の専門医を指定して診てもらったほうがよいとのアドバイスをいただいた。MRIまで全部やる、そこまでやらないとわからない障害もあるのだとか。

成人がADHDを疑ってから医者にかかって診断をもらうまで

 確定診断をもらうのって、相当の覚悟を決めないともらえないものみたい。それにしたってMRIとかやってちゃんと結果が出たらの話ですからね。それで徹底的に障害なしと診断される可能性だってあるわけです。
 どうしようかな。検討中。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

 この記事に関するツイッターでのやりとりも掲載しておきます。







   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

プリブレ さん

> 何回も言われてるようなことで耳が痛いかもしれませんが、今の日本は働かなくてもいきていけてしまう環境なので、それが自分のことのみを考えて生きる貧さんの性格に火をつけ、働いたら死にたくなるということにして労働を避け、できるだけ甘い汁を吸い楽に生きていきたいのが本音じゃないでしょうか。楽に楽しく生きる以外の何かがあれば今みたいにはなってないはずですし、多数の人にはそれがあり他の人のことも考えるしそれが生きる理由みたいなもんです。

働いたら死にたくなる「ということにして」?
ということにする???
なんですかそれは。
実際死にたくなった人間に対して失礼じゃないかと思いますが。
「楽に楽しく生きる以外の何かがあれば」というのはそのとおりかなとは思います。死にたくなる重度うつ病なのに結婚し子供もいる友人がいます。もう何度か休職し、復職して、それでも本当にやばい。
だけど彼には、仕事をやめて生活保護をもらうという選択肢はないんですよ。生活保護なんてことになったら、子供の未来が今の制度では閉ざされるに近いですからね。塾にも行かせられないし。
死ぬぐらいなら全部放り出せと言ってはいますけど、無理なんでしょう。そこまでして守りたいものがあるというのは、それはそれで幸せなことなのかもしれません。なんとも言えませんけど。

> あと、発達障害かどうかを調べるんだったら精神科でなく発達障害専門の所でテストを受けるなどしたほうがいいかと。
> 他のブロガーさんはIQなどを細かく調べて脳に極端な偏りが見られて発達障害と診断されてました。

そうですね、そういう病院の話も聞いてます(なんと予約から2ヶ月待ち!)ので、検討しています。

Re: タイトルなし

ジュライ1995 さん

> 「自殺したい」と「自殺した」には大きな差があるわけで、精神科医にとってはリストカットなりODなりの具体が無いと希死理念ありと認めないのかも
> 素人目にはおかしな気もしますが

犯罪の精神鑑定なんかでもそうですけど、精神科医同士で意見が相違するって、内科外科などの比じゃないと思います。実際に骨折してる、がん細胞があるという一般の病気とは違って、目に見えない精神が相手ですからね。
がんならそれこそ、レントゲンに映らなくても腹を開けてみれば、がんがあるかどうかはっきり分かる。誤診だったかどうかが結果としてちゃんと見えるわけです。
でも精神だと……。

Re: タイトルなし

小物 さん

> 生活保護って、壊れて医師の診断が貰えないぐらいにならないと受けてはいけないものなんでしょうか?
> ここの書き込みを見る限り99%の人はそう思っているようですね。

そんなことはまったくなく、その程度のことは批判してる人が役所に電話一本入れるだけですぐに間違ってると分かるのです。
ですが、そういう事実を認めたくない、生活保護は厳しくなければいけないと思い込みたい人は、それすらしないというだけの話なんですよ。

> こう書いているけど、自分は貧さん100%擁護派ではないですよ。むしろ、能力的には貧さんは働けるハズ。自分が働いているような底辺なら能力的には余裕だと思います。ただ、貧さんはプライドの高さと待遇面で働かない(働けないではない)。貧さんが言う「仕事とは言えない」モノですからね。
>
> そういう自分も今の職場を切られら、アラフォーなので再就職はかなり難しいと思われます。面接に100回落ちて、身元保証人がいないから職を得れなくても、医師に「正常」と判断されたら、生活保護は貰ってはいけない。
> これが、「自己責任論」のはびこる日本社会なのでしょうね。

いえいえ、安心してください。ちゃんともらえます。
職を失い、貯金もない人が実際にそれだけで生活保護をもらってる事例はいくらでもありますよ。

Re: タイトルなし

馬之助 さん

>  発達障害、特に大人の発達障害なんてものは存在しないって言う医者もいるらしいので、医者選びには気を付けた方がいいです。それから、新しい病院に行くときには、「これまでにこの病院に行った、あの病院に行った」と並べ立てない方がいいです。「この病院が初めてです。一生に一度のお願いです、よろしくお願い致します」と言う方が、アメリカ人気取りでセカンドオピニオンもらいに来ましたなんて言うよりずっと真剣に見てもらえます。

そういうものなんですか?
ちゃんと他の病院に行ったことは、心情がどうこうではなくて適切な診断をもらうのに大事な気もするのですが。

>  とは言っても福祉を受けるのなら、ウツだろうが発達障害だろうが何か出してもらわないといけないので地域の発達障害センターの助言を受けながら大人の発達障害の存在を信じる医師を探しましょう。

必要不可欠というわけではないですけどね。

>  生活保護受けるなら精神の障害者枠で探し続ければ努力義務は果たしたことになるのでお得です。精神の障害者枠の仕事は求人倍率が0.00000000001程度なので一生探し続けられます。
>  長文失礼しました。

いえいえ、ありがとうございます。

発達障害というより環境と性格の問題なだけのように思います。
何回も言われてるようなことで耳が痛いかもしれませんが、今の日本は働かなくてもいきていけてしまう環境なので、それが自分のことのみを考えて生きる貧さんの性格に火をつけ、働いたら死にたくなるということにして労働を避け、できるだけ甘い汁を吸い楽に生きていきたいのが本音じゃないでしょうか。楽に楽しく生きる以外の何かがあれば今みたいにはなってないはずですし、多数の人にはそれがあり他の人のことも考えるしそれが生きる理由みたいなもんです。

それがわからないほど精神的には幼いのに社会制度などの知識はあるというアンバランスさが発達障害に見られ、ゲスさも感じ反感を買うんじゃないかな。

別に主が悪者というわけじゃなく、貧さんのような性格の人に都合のいい環境があるというのと、あなたのためにこの環境を造ってきたわけじゃないという多数の人が時代の歪みでぶつかってるだけだから、どうしようもないと思います。

あと、発達障害かどうかを調べるんだったら精神科でなく発達障害専門の所でテストを受けるなどしたほうがいいかと。
他のブロガーさんはIQなどを細かく調べて脳に極端な偏りが見られて発達障害と診断されてました。





主様は精神病患者を何人ご存知かわかりませんが、精神科の医者は毎日毎日何人も精神病患者を診てるわけで、医者の見立てが不当だとは私は思いませんね
主様が納得するかどうかは別です

「自殺したい」と「自殺した」には大きな差があるわけで、精神科医にとってはリストカットなりODなりの具体が無いと希死理念ありと認めないのかも
素人目にはおかしな気もしますが

>これは、すでに経験がありますので、そこまで悲惨になる前に受信したからだろ思ってます。
その後地震の発生で急速にやばくなっていきました。その時点で改めて受診してればまた違ったかもしれませんが、すでに辞めることが最善だという意識がありましたから、受診する前に辞めてしまったわけです。

これは、生物学的に言えば当然の反応だと思います。
一度経験してるので、壊れるタイミングがわかっているので、壊れる一歩手前で逃げる。
しかし、世論は壊れない限りは認めてくれない。

生活保護って、壊れて医師の診断が貰えないぐらいにならないと受けてはいけないものなんでしょうか?
ここの書き込みを見る限り99%の人はそう思っているようですね。

こう書いているけど、自分は貧さん100%擁護派ではないですよ。むしろ、能力的には貧さんは働けるハズ。自分が働いているような底辺なら能力的には余裕だと思います。ただ、貧さんはプライドの高さと待遇面で働かない(働けないではない)。貧さんが言う「仕事とは言えない」モノですからね。

そういう自分も今の職場を切られら、アラフォーなので再就職はかなり難しいと思われます。面接に100回落ちて、身元保証人がいないから職を得れなくても、医師に「正常」と判断されたら、生活保護は貰ってはいけない。
これが、「自己責任論」のはびこる日本社会なのでしょうね。

 発達障害、特に大人の発達障害なんてものは存在しないって言う医者もいるらしいので、医者選びには気を付けた方がいいです。それから、新しい病院に行くときには、「これまでにこの病院に行った、あの病院に行った」と並べ立てない方がいいです。「この病院が初めてです。一生に一度のお願いです、よろしくお願い致します」と言う方が、アメリカ人気取りでセカンドオピニオンもらいに来ましたなんて言うよりずっと真剣に見てもらえます。
 まぁ、お医者さんと言ったって偏差値60なくても学校選ばなければ医大に入れます。推薦、OA、内部進学、地域枠等フル活用すれば、金か奨学金があればよほどのバカじゃない限り医大に行けます。一旦医大に入れば余程の事が無ければほぼ確実に医師免許もらえるわけだから、玉石混合です。外科手術とか責任持てないよって言う人が、責任を伴わない身の上相談のつもりで軽い気持ちで精神科医にこぼれて来るんじゃないでしょうか?臨床心理士だって引きこもりがリハビリのつもりで通信制大学で気楽に取れます。(教員免許もそうだけど)そんな人の言う事だから、あまりへこまずに行きましょう。
 とは言っても福祉を受けるのなら、ウツだろうが発達障害だろうが何か出してもらわないといけないので地域の発達障害センターの助言を受けながら大人の発達障害の存在を信じる医師を探しましょう。
 生活保護受けるなら精神の障害者枠で探し続ければ努力義務は果たしたことになるのでお得です。精神の障害者枠の仕事は求人倍率が0.00000000001程度なので一生探し続けられます。
 長文失礼しました。

Re: タイトルなし

きんちゃん さん

> ざっと見て、ブログへのコメントはアンチ(貧さんの生活保護論への)が9割だな。本来は支持コメントの多いブログでこれだから、実社会では集中砲火、99%がアンチと見ていい。

本来支持コメントの多いブログって、なんです?
これは以前にも書いたので本当はリンクだけ貼ろうと思ったけど見つからないので改めて書きますけど、こういう社会問題の話って、支持だと「そのとおり」で終わってしまいます。ですが反対意見なら、それこそいくらでも書けたりする。
また、人間には(というかとくに男性には)、異なった意見を言える俺ってかっこいいみたいな感覚があったりしませんか? 女性が求めてるのは共感なのに、男性はついついアドバイスして怒らせるなんて話がありますよね。
当ブログにはそれこそアドバイスして一家言もってる俺って賢い、かっこいいと思いたい人が殺到してるのではないかという気がしています。

> この件については勝負あったと思うよ。

別に勝負するためにこのブログを書いてるのでは、ないんですけど。遊びと思われたら、心外です。

Re: タイトルなし

seven さん

> 病んじゃったら…それこそ病院いって診断書もらいましょうよ。

最新の記事でも書きましたが、結局はここに行き着くだけだと思います。いまさら病まない転職につける可能性というのは、万に一つもないのではないでしょうか。

Re: タイトルなし

小物 さん

> 貧さんが発達障害のワケがない。
> これだけの文章が書けるのだから。

発達障害にもいろいろあるけど、知能レベルとは必ずしも関係しないようです。

> 貧さんも、ストレスがブログの書き込みという現在の姿ではなく、リアルに死にたいと思った昔の労働中の映像を見せたほうが、よっぽど「真実」に迫れたのでは?

前の前の、実際に薬が処方された時の映像は、まさにその真実そのものなのでしょう。
ではなぜ数年前にかかった医師では、「だれでも死にたくなる」などと門前払いを食らったのか?
これは、すでに経験がありますので、そこまで悲惨になる前に受信したからだろ思ってます。
その後地震の発生で急速にやばくなっていきました。その時点で改めて受診してればまた違ったかもしれませんが、すでに辞めることが最善だという意識がありましたから、受診する前に辞めてしまったわけです。
あの時点で病院に行っておくべきだったかもしれませんね。

Re: 低血糖症

孺子 さん

> 低血糖症の検査をしてみてはどうでしょうか?
> 甘いものが大好きな食生活だと精神が不安定になりやすいのだそうです。

低血糖症ですか?
そういう傾向があったら治験に参加できないような気もするんですが……。

おすすめのサイトを見ましたが、低血糖症でうつ病症状を顕す場合、抗うつ薬が効かないようですね。
でも私の場合、プロザックやパキシルといった薬が実際に効いていたので、やはりこれは違うように思います。

Re: タイトルなし

しん さん

> 発達障害かどうかはおいておいて、こんな人を突き放すような病院じゃ意味ないですね。。。
>
> とは言え、仕事していなくて割と安定している今、その状態で行ってもしょうがないのかなと。

この記事と新しい記事にも書きましたけど、たしかにそのとおりなんですよね。今は健康なわけで、この状態で行っても意味ないなぁとは、私自身以前から何度も書いてきたことですから。
とはいえ、生活保護で生きればいいという発想を持つこと自体が発達障害だ、自閉症スペクトラムだなんだと言われると、そんなもんかね、一度受診してみるかね……となったわけです。

> ラストトライと思って、もう一度だけ仕事してみて続けられたら儲けもの、逆にやはり体調が悪くなったら、そのときこそ病院巡りしてみてはどうでしょう?
> (まあ限界を超えないよう注意は必要ですが)

おそらくこのままだと生活保護をもらいはじめても一度は就労しないとダメということになりそうですしね。

Re: タイトルなし

mushoku2006 さん

> 初めに、正直に申し上げて、
> 貴殿に精神科を受診する勇気があるとは思っていませんでした。
> 本当に生活保護を申請する段階になり、
> 医師の診断書が必要となるまでは、
> 結果を知るのが怖くて決断を先延ばしにするものだと思っておりました。

精神科の受診がこのタイミングになったのは勇気がどうこうではなくて、治験の関係があります。
治験に入る際当然ですが、現時点で健康であることが条件になります。
「病気がある」という状態で病院に定期的に通っていることを隠して参加し、副作用が出た場合、補償が受けられない可能性があります。
それは極めて危険ですよね?
したがって、治験に入ろうとすれば、過去はともかく、現時点では心身ともに健康とされる状態でなければいけません。
ただ、数値が歳をとって悪くなり、だらだらと参加が長引いてしまっていた。
今回やっと参加でき、最終検査も無事終わりました。今後数ヶ月は自動的に参加不可能となりますので、このタイミングで受診しておこうと思ったわけです。
それで病気ですよということになればもう治験には参加できなくなりますが、まぁそれはそれで仕方ないかなと。

Re: お久しぶりです。\(^_^)/

ぼんくら さん

おひさしぶりです。

> お母さんが年金生活に入られたら貧さんは家を出てホームレスになられたら良いと思います。そうすればお母さんも年金をすべて自分の生活に当てられ貧さんも死ぬほど嫌な仕事をしなくてすみますし何よりもお母さんに死ぬまで出来ないと思われていた親孝行まで出来ますよ。お母さんはやっぱり年金くらいは自分のために使いたいでしょう!これは八方丸く収まる唯一の方法かと思います。

えーさくさんも書かれてますが、ホームレスというのは普通に働くよりもはるかに高い能力が必要な生き方だと思いますよ。サバイバル生活そのものですからね。
サバイバルという意味では、山奥で小屋を立てて生きる人と、必要とされる能力はそう変わらないように思うのです。

生活保護は普通の権利なのだから、いざとなれば受けますよ。

Re: タイトルなし

さくら さん

> ニコニコ動画の生主やまとめブログのコメントでも見られるレベルの意見を医師が口にするとは。まあ、他の病院で診断してもらえばまた違った結果が出るとは思いますが。

数年前も含めればこういう対応をされたのは二度目ですから、さすがに堪えます。

> 例として、東京武蔵野病院の精神科が挙げられますかね。私はその病院でカウンセリングを受けました。その医師曰く、精神力の強弱に関わらず、死にたくなるのは精神が異常をきたしている証拠だそうです。生物が持つ生存本能とは真逆の行動を取ろうとしているわけですから、それが異常でないと言えるはずがない、と。

なるほど、そこを検討してみます。ありがとうございます。

> 私は2年の休職期間を経てから転職しました。人には休息は必要なものです。働いても死にたくない職を見つけられるまで、十分な休息を取ってもいいと自分は思います。というか、日本人全般がもっと休息を取るべきかと…

一般的には「働いても死にたくない職を見つけられるまで」ということになるんだろうと思いますが、自分の場合、そういうのが今から見つけられるとは、とても思えないんですよね……。

> それと、他人に労働を強制する人は、その人が労働が原因で自殺した場合どう責任を取るんだ?と言いたくなりますね。間接的に殺人に関わっているとも言えますので。
> 現代日本人は、人としての思いやりや人命を尊重する気持ちが欠けているのではないかと自分は思います。文中の医師しかり心無いコメントをする読者しかり。「労働は義務」ですが、義務のために命を捨てるのは間違っていると思います。義務を果たすためにも準備期間が必要だというのが自分の考えです。
> 長文、乱文失礼しました。

いえいえ、まったくそのとおりだと思います。他のコメントにあるけど、9割が批判的で、世間一般では99%が批判的なのだとしたら、この国はとんでもなく恐ろしい冷酷残酷国家ということになるのでしょう。残念、かつ、おそろしいことです。

Re: タイトルなし

社畜 さん

> しかし良く会話を覚えていますね。録音でもしたのでしょうか。
> 記憶を元にするとどうしても都合の良いストーリーになりますが。

そう、都合のいいストーリーになりやすいので、今回はいつも以上に推敲したり、書いたものを寝かせて再度読み返したりすることをしました。
録音はしてませんが、病院を出てすぐ内容の整理を行いましたね。

貧さん、これだけ正論で論破されると
悲しくなっちゃうねw

皆さん「死ねやカス!」みたいな事書かないから
余計にダメージ大きいわw

俺なら凹んでブログ辞めてるw

でも、貧さんはブログも辞めないし
自論も曲げないw

ガラスのハートな若者には
この強さを見習ってもらいたいねw

ざっと見て、ブログへのコメントはアンチ(貧さんの生活保護論への)が9割だな。本来は支持コメントの多いブログでこれだから、実社会では集中砲火、99%がアンチと見ていい。
この件については勝負あったと思うよ。

こんにちは。

貧BPさんは発達障害ではなく、新型うつ病・適応障害の類でしょう。

貧BPさんのような人は、医者としては追い返すよりほかないと思います。なぜなら、貧BPさんの目的が、病気を治すことではなく、働かなくても生きていけるようにすること(障害年金または生活保護を受給すること)ですからね。
病気を治すということは「仕事をしても死にたくならないようにすること」でしょう。そのような気がないのなら治療不可ということになりますね。

いずれにせよ、働かざるを得なくなるとは思います。

せっかく診察を受けたのですから、専門家(医者)がくれた客観的な意見について改めてまじめにとりあってみたらどうですか。
自分の主張が肯定されない時に、端から反論するクセがついちゃってません?たまには他人の言う事きいて、”試しに”自分を変えて事を考えてみる気は無いですか。
洗脳とか薬とかそういう大げさな話ではありません。普通にお仕事してる人間は、1日/1ヶ月/1年単位で「自分の思い込んでいた”正解”は、実は間違っていたのかも」って考えて、都度ピントを合わせ直して生きてるもんです。少なくとも私はそう。「自分は絶対正しい」なんて思い続けたら状況は辛くなるだけですから。
「働くと死にたくなるのは事実です」「どうしようもありませんね」
ずっとそれを繰り返して、自分を変化させる事をいっさい否定し、社会やシステムの方がが間違ってる&変えるべきだと言い募っても物事はそう上手く動きません。個人がすぐに変えられるのは自分だけです。

せっかく本を沢山読んでいるのに、その中から自分に都合の良い情報しか拾ってこないのももったいない。先日紹介していた本にしたって(私は未読ですが)「年収80万稼げればたらふく食べられる」んでしょ。なんで「はたらかないで」ってとこだけつまんじゃうかな?
まず年80万、月にして7万円稼いだらどうでしょう。
コンビニのバイトでも何でも、週3位で余裕です。
実家に寄生は全然OK。これから老いていくお母様だって健康な息子が同居してくれた方が心強いはず。
上手くいけば自立できます。
もうちょっと頑張るか節約すれば外こもり費用だってたまります。
自立している貧さんが、日本の社会について批判をするならその意見にも説得力が増します。
賛同者やブログの収益も増えるんじゃないでしょうか。
病んじゃったら…それこそ病院いって診断書もらいましょうよ。

面白くもない正論ぶちかましてすみません、と思いつつ。

結論出ましたね

何やら必死に毎日有り余る時間を使って、
「働いたら死んじゃう病」
「生存権・生活保護は無条件の権利だわっしょい論」
を主張し、自己正当化に励む毎日を送っていたようですが

少なくとも、「働いたら死んじゃう病」については詐病・思い込みと断言されたわけですね。

あなたがいくら自分の脳内で自己正当化に励んでも、専門家に「はい、思い込みです」と言われたらそれで終わりなんですよ。何を言うか、より誰が言うか、が問われますからね。

>働きたくない、生活保護がほしい、ですか。もらえるなら、もらうのもいいと思いますよ

多分、あなたみたいな人が他にもたまにくるんでしょうね。生活保護の根拠として医者の診断書が必要、とかで。(まぁ知りませんが) で、そう簡単に受給されないってのも知ってるんでしょうね、おそらく。それゆえの「もらえるなら」なんでしょうね。

あなたのお得意の、100の反論より1の支持を主張する作戦で、あなたの望む診断をしてくれる医者を探すには金がかかり過ぎるのがつらいですね。ネットでタダってわけにはいきませんもんね。いつもの手は使えませんよ。

残るは・・・
「生存権・生活保護は無条件の権利だわっしょい論」
ですね。そもそも受給の可否を決める権限は役所にありますから、同様に「無理です、働いてください」と言われて終わるんでしょうね。無駄ですよ、ここで自己正当化に励んでも。あなたの費やした時間と、脳内妄想自己正当化論は役所に人には通じないんじゃないですかね、今回の医者のようにね。

自分は正しい。周りがおかしい。
これがあなたの考え方の基本になっている気がしますが、「あなたがおかしい」だからあなたは生活保護しか生きる術がなくなったんですよ。

自己正当化はやめにして、自己否定しましょう。
生きることって、そんなに簡単じゃないですよ。
少なくとも、生まれたって事実だけである程度の暮らしが保障されるなんてわけないでしょう?海外で少しは暮らしたんだからわかるだろうに・・・

貧さんが発達障害のワケがない。
これだけの文章が書けるのだから。
ただ、平均より実務能力とストレス耐性が低いだけだろう。自分と同様に。
自分も昔、カウンセリングを受けたが、回答は「あなたは頑張れる」だった。
カウンセリングのときは、時間を無駄にしたくないから、しっかり話すことを考え、普段の10倍以上しゃべりまっくた。
自分の仕事中の様子を録画して見せたほうが、よっぽと真の姿に迫ったのではないかと思っている。
ちなみに頑張れと言われた仕事は、その後半年も経たずに退職した。
貧さんも、ストレスがブログの書き込みという現在の姿ではなく、リアルに死にたいと思った昔の労働中の映像を見せたほうが、よっぽど「真実」に迫れたのでは?

低血糖症

低血糖症の検査をしてみてはどうでしょうか?
甘いものが大好きな食生活だと精神が不安定になりやすいのだそうです。
甘いもの、すなわち糖質をたくさん摂ると血糖値が乱高下、プラス ホルモンのバランスも乱れます。
感情や思考というのは結局はホルモンの作用の結果であるので 結果としてイライラしたり、不安が生じたりするそうです。
糖分の摂り過ぎでうつ状態、パニック障害を生じることもあるとか。
砂糖の摂取を減らして、肉を多めに食べるようにするといいらしいですよ?
http://低血糖.asia/category28/
参考文献:姫野友美 「成功する人は缶コーヒーを飲まない」 (講談社+α新書)

発達障害かどうかはおいておいて、こんな人を突き放すような病院じゃ意味ないですね。。。

とは言え、仕事していなくて割と安定している今、その状態で行ってもしょうがないのかなと。

ラストトライと思って、もう一度だけ仕事してみて続けられたら儲けもの、逆にやはり体調が悪くなったら、そのときこそ病院巡りしてみてはどうでしょう?
(まあ限界を超えないよう注意は必要ですが)

初めに、正直に申し上げて、
貴殿に精神科を受診する勇気があるとは思っていませんでした。
本当に生活保護を申請する段階になり、
医師の診断書が必要となるまでは、
結果を知るのが怖くて決断を先延ばしにするものだと思っておりました。
ですので、
驚きましたし、
掛け値なしに、その点で貴殿を見直しております。
m ( _ _ ) m

その結果については、
>>「まともな精神科医だ」
とは思いますが、
すばらしいとまでは思いません。
当たり前の結果を出されただけですから。


貧さんは以前に、ホームレスは普通の仕事以上に重労働だと言っていますよ。私もその通りだと思います。

すみません!

先程のコメントは生活保護を受けられなかった場合です。

お久しぶりです。\(^_^)/

お母さんが年金生活に入られたら貧さんは家を出てホームレスになられたら良いと思います。そうすればお母さんも年金をすべて自分の生活に当てられ貧さんも死ぬほど嫌な仕事をしなくてすみますし何よりもお母さんに死ぬまで出来ないと思われていた親孝行まで出来ますよ。お母さんはやっぱり年金くらいは自分のために使いたいでしょう!これは八方丸く収まる唯一の方法かと思います。

ニコニコ動画の生主やまとめブログのコメントでも見られるレベルの意見を医師が口にするとは。まあ、他の病院で診断してもらえばまた違った結果が出るとは思いますが。
例として、東京武蔵野病院の精神科が挙げられますかね。私はその病院でカウンセリングを受けました。その医師曰く、精神力の強弱に関わらず、死にたくなるのは精神が異常をきたしている証拠だそうです。生物が持つ生存本能とは真逆の行動を取ろうとしているわけですから、それが異常でないと言えるはずがない、と。

私は2年の休職期間を経てから転職しました。人には休息は必要なものです。働いても死にたくない職を見つけられるまで、十分な休息を取ってもいいと自分は思います。というか、日本人全般がもっと休息を取るべきかと…
それと、他人に労働を強制する人は、その人が労働が原因で自殺した場合どう責任を取るんだ?と言いたくなりますね。間接的に殺人に関わっているとも言えますので。
現代日本人は、人としての思いやりや人命を尊重する気持ちが欠けているのではないかと自分は思います。文中の医師しかり心無いコメントをする読者しかり。「労働は義務」ですが、義務のために命を捨てるのは間違っていると思います。義務を果たすためにも準備期間が必要だというのが自分の考えです。
長文、乱文失礼しました。

アンタはまともだと医者に言われてふつうは喜ぶと思うのだが、かえって不機嫌になってしまったようですね。

中には向精神薬がほしくて医者に行くやつもいるんだから、どこも悪くないのに医者はなんでもかんでも都合のいい診断をするわけではありません。まったく、予想通りだと思います。

なんとかして働かなくてもいい理由を見つけようとしているみたいですが、そんな人をなんでも肯定してくれるような都合のいい医者はいないでしょう。

意地張ってないで、医者のいうことは聞いた方がいいのではないですか?

自分で理論武装をして医者を負かそうとしても無理な話だと思います。医者はだてに医師免許を取って経験をつんでいるわけではありません。

医師がそういう以上、生活保護受給の根拠の一つが崩れてしまうことになりますね。
個人的にはあなたは精神的におかしいと思いますが、医師とは判断の基準が違うのでしょう。

しかし良く会話を覚えていますね。録音でもしたのでしょうか。
記憶を元にするとどうしても都合の良いストーリーになりますが。

Re: タイトルなし

通りすがりのNHK さん

> 貧さんは、ツタみたいに何かに寄生しないと生きていけない生き物なんだなw

人間なんて誰であれ、多かれ少なかれ何かに寄生して生きてるんですけどね。

Re: タイトルなし

取り急ぎこのコメントだけ残しておきますが、「もう駄目でしょう」さんのコメントは、最近の書き込みから、ただたんに人をおちょくりバカにするだけの内容としか思えないため、ホスト拒否を実行します。
批判は結構だが、もっとまじめにやっていただきたいです。
通りすがりのNHKさんなどと比べていただければ、違いはわかるかと思います。

もちろん別ホストからの投稿でも、同一人物とわかる場合は、コメント公開をいたしません。ご了承ください。

> これの詳細ですね。
> 2ちゃんとコラボで同時進行。さすがです。
> ブログに「生活保護が貰える?貰えない?」とかのカウンターを載せて、読者参加型にすると受けるかも。

コラボ? タイムスタンプをよく見て下さいよ。
こういう姿勢が人をバカにする目的で書き込んでるとしか思えません。

これの詳細ですね。
2ちゃんとコラボで同時進行。さすがです。
ブログに「生活保護が貰える?貰えない?」とかのカウンターを載せて、読者参加型にすると受けるかも。

働きたくない、病気にはなりたくない、生活保護ほしい
質問者:hin_bp質問日時:2013/08/29 20:10
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8241186.html#bmb=1

http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/dame/1437349648/l50
>>371

貧さんの察するとおり、医師の判断は正しいと思いますww

>それにしても、抗鬱剤の頭を強制的に改造するような感覚を「働けるようになったからいいでしょ」と片付けてしまう姿勢、仕事は探せばある、適職が見つかるまで探さないのが悪いと言いたげな姿勢、保険適用が無理で金のかかるカウンセリングを、お金がなく生活保護を受けるしか無いと言ってる患者に勧める姿勢、どれもこれも、正直言って不快に感じてしまったのは事実です。

貧さんは、ツタみたいに何かに寄生しないと生きていけない生き物なんだなw

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。