HOME > スポンサー広告 > 生活福祉資金貸付制度HOME > 生活保護・社会福祉 > 生活福祉資金貸付制度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

生活福祉資金貸付制度


 生活福祉資金貸付制度、存在自体は知っていましたが、そもそも生活保護をもらうようになる人間が借金してどうするのか、自己破産すればいいのかもしれないが、基本的に借金があると生活保護は受給できないので、いろいろ面倒だろうという認識がありました。そのため、特段調べたことがありませんでした。
 今回サボールさんに話をふられたので、ちょっと取り上げてみましょう。

 まず、サボールさんが紹介されてたページがこちら。

日本に住んでいる限り一生お金に困らない

 これだけ読んでるとすげーお得に見えてしまうので、もう少し突っ込んだ話が書かれているのが、こちら。

生活福祉資金制度の基本。貸付条件、断られる理由、難易度、注意点

 金利は連帯保証人がいれば、無利息!!! いなくても1.5%。100万円借りても、年間15000円です。なんと良心的な!

 ところが2つ目の記事に、こんな文章があります。

生活福祉資金制度の方針として、基本的には他の制度が優先ということになっています。

つまり、失業保険がもらえるなら失業保険が優先、生活保護が受けられるなら生活保護が優先です。

生活福祉資金制度は、他のセーフティネットからこぼれてしまった人が対象なのです。

生活福祉資金制度は"生活保護の一歩手前"という位置づけなのですが、実際には生活保護に至った世帯も支援の対象になります。

よって、失業保険との併用は不可、生活保護との併用は可能、というのが実状です。

貸付を断られる主な理由

複数の借金を抱えている
以前借りた貸付をまだ返済していない
収入がない
就労をしているが収入が低い
年金を受給しているが収入が低い

 なんとも意味不明な、複雑怪奇な制度ですね。
 他法優先で、生活保護が受給できるなら無理? 生活保護と併用できる? 貧しくて困ってる人が対象のはずなのに、就労しているが収入が低い人は断られる?
 まともな制度設計ができてないだろこれ、と言いたくなります。生活保護はなにせ歴史がありますし、支援団体などの経験も豊富です。ところがこちらはそこまでの歴史がないし、理解してる専門家もそういないのではないでしょうか。(その後この制度にはそれなりの歴史があることがわかりましたが、そのあたりは、またいずれ。 http://www.aichi-fukushi.or.jp/intoro/minsei/kikin_gaiyo.html

 この制度が想定してるのは、リンク先にも書かれてますが、将来的に返済の見込がある人なんです。生活保護は当たり前ですが、見込みの有無など関係ありません。支給したらそれで終わりで、返済など想定していません。
 そう考えるとこの制度は、あくまでも生活保護レベルにまで落ち込みたくないという人が、そうなる前に利用する制度ということになります。独身世帯で毎月15万円借りれるということは、生活保護の支給額より多いです。つまり、生活保護の水準以上の生活を送れるだけの金が借りられるということにもなるわけです。
 それには就活の費用も入ってるのだという考え方もできますが、生活保護受給者だって就活するなら、支給額からやりくりしないといけないのは同じですからね。
 生活保護手前の人が生活保護より豊かな生活を維持できるようにするのは、制度的に正しいと思いますよ。

 ただ気になるのは、やはり20年借り続けてどうしようもなく、生活保護になってしまう人の場合ですよね。ちょっと調べた限りではそういう事例は見当たらなかったのですが、どうなるんでしょう? 自己破産して免責して、生活保護に結びつけるしか無いですよね。

 サボールさんは、自分がこの制度を活用することを期待している(笑)ようなので考えてみましたが……難しいかなという印象です。
 これで外こもりというのも想像できません。担当者との話し合いも毎月のようにあるでしょうし。
 では、将来的に母子もしくは自分だけでこの制度を活用する可能性はあるのか。返済の見込みが無いと貸してもらえないわけで、将来の自分にあるとは自分自身思っておらず、それなのに「がんばって必ず返します」などと言う気には、なかなかなれません。
「借りた金を定期預金にすればノーリスクで金利分を儲けられる」との話ですが、この場合はまとまった資金を一気に借りられたほうが良いので、「総合支援資金」ではなく「福祉資金の福祉費」で580万円の限度額を借りるのが一番。5%だと29万円……これだと外こもりは難しいから、8~9%で回したいところです。さすがにそれだけの高利で回すのは、専門家でも大変なのではないでしょうか。

 なかなか興味深い制度ではありますが、ちょっと今すぐは、自分が活用する姿というのは想像できないです。アマゾンで検索しても、出てくるのは毎年出されている担当者向けの公的な専門書ばかり。

 今後、気にかけることにしましょう。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

生活福祉資金の手引〈平成26年度版〉

筒井書房
売り上げランキング: 977,134


 
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 5%も

かげ さん

> 利率とれる?
>
> どうやって?

カンボジアのドル建て預金とかですかね。
預けるだけの話ですから、楽なもんです。

http://www.ppcb.com.kh/jp/fee.php

5%も

利率とれる?

どうやって?

ご自身の人生設計すら心もとない御仁が
他人様の制度設計に苦言を申す…

今日も好調のご様子で何よりです。

Re: タイトルなし

Mao さん

> はじめまして。「セミリタイア生活の綴り」のブログ主のMaoと申します。
>
> 生活福祉資金貸付制度について、貧BPさんの記事を紹介させていただきました。何かありましたらお手数ですがご連絡ください。
>
> http://www.life-free.net/entry/semi-retire-first-year-kokumin-nenkin-kousei-nenkin

こちらこそご紹介いただき、ありがとうございます。
年金の延長に貸付制度を使うというのは、思いつきませんでした。なかなか上手い方法かもしれませんね。

はじめまして。「セミリタイア生活の綴り」のブログ主のMaoと申します。

生活福祉資金貸付制度について、貧BPさんの記事を紹介させていただきました。何かありましたらお手数ですがご連絡ください。

http://www.life-free.net/entry/semi-retire-first-year-kokumin-nenkin-kousei-nenkin

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。