HOME > スポンサー広告 > イケダハヤト氏の記事に思う、覚悟を決める覚悟の必要性HOME > いろいろ > イケダハヤト氏の記事に思う、覚悟を決める覚悟の必要性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

イケダハヤト氏の記事に思う、覚悟を決める覚悟の必要性

 イケダハヤトさんがなかなか挑発的な(笑)記事を書いています。

サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由

1. 守りに入っている
2. 変化が遅すぎる
3. みんなと同じようなことしか書けない
4. 応援したくならない


 当ブログは3の条件はクリアしてるはずです。一般的に言って、こんなおかしなことを書いてるブログはそうないでしょう(笑)。ですが4の条件はとてもクリアしてるとは思えない。普段のコメント欄でも、今とってるアンケートでも、なんとも泣きたくなるような批判的なご意見が多く見られます。

みんなと同じようなことは書かない→好条件
応援したくならない→悪条件


 2の条件は……変化がないのは誰が見ても明らか。新しい刺激も少なければ、出会いもほとんどなく、状況も変化してないのだから、当たり前です。

変化が遅過ぎる→悪条件

 残るは1の条件。「守りに入っている」。これは確かにそのとおりでしょう。イケダさんの記事では、サラリーマンは守るものがあるから面白い記事が書けないと言ってます。では、自分の場合は、どうか。
 生活保護をもらう可能性がある以上、その点で守りに入っているのは、どうしようもない事実です。

 先日生活保護や最低限度の生活についての集会に参加した時のことを書きました。
 あそこでは他のテーマの集まりはツイキャスで放送してるのだが、これだけは放送しないということでした。
 理由は、生活保護を受給している当事者が、個人情報の漏洩を何よりも恐れたから。声だけではどうかという話もありましたが、それもダメ。どこの誰が生活保護を受給していると知れると、とたんにバカらしい正義感を掲げた「善良な市民」とやらがいらぬことを騒ぎ立てるからです。
 テレビで生活保護引き下げ反対デモに参加した受給者の姿を見た人が、近所の誰それと分かり、こんなデモに参加する元気のある奴に金を出すなと文句を言う。さらにそれを真に受けて、デモに参加する元気があるなら働けますよねとか役所も言い出すという話を見かけたことがあります。

 生活保護デモに参加する人は、ともかく面倒なのは避けたいというところから一歩踏み出て、面倒くさくなる可能性はあるけど、それでも言うべきことは言わなければ自分たちの権利は守れないと思う人達なのだと思います。
 自分もも似たような使命感はありますし、それがこのブログで生活保護の話を取り上げている動機でもあります。
 あるけど、それでも面倒くさいことは、出来るだけ避けたいと思うのは当たり前の話ですよね?

 それくらいこの国では生活保護をもらう人や、もらおうとする人に対する風当たりが厳しい。これは当ブログのコメント欄を普段から見ていても、明らかです。
 それを断ち切られたら生活が成り立たなくなるという恐怖の前には、もらうことは恥ずかしいことではないとか、権利だといくら言っても、隠すしかありません。
 現役受給者でブログやってる人は何人かいるけど、誰も本名を公開してないのは、そういうことなのでしょう。

 したがって自分も、こういった考えから身元を明かすことはしてきませんでした。
 くだらない正義感を掲げて受給を妨害しようとする社会に対し正論を言い状況変化を目指しつつも、同時に自分の受給権を守るには、これしかないという判断をしてきました。

 しかしこれが守りに入っているということになってしまう、それがこのブログの面白さや内容の充実を削ぐ結果になってるのだとしたら……と、イケダさんの記事を読んで、考えざるを得ませんでした。

守りに入っている→悪条件

 結果として、悪条件3つ、好条件1つですから、これでは当ブログはイケダさんの定義では「つまらない」になってしまうわけで、伸び悩むのも当たり前です。

 いっそのこと守りに入るのを止め、たとえば、生活保護受給を前提にするにもかかわらず身元を明かすようなことをすべきなのでしょうか?
 当たり前ですが、生活保護など貰いたくはありません。もらい始めたらもう二度と、まともに海外に行くのは不可能になるわけです。かといってまともに働くなど、無理な話です。かつ、複数のアフィリエイトで儲けることを前提とするブログを立ち上げ商売と割りきって頑張るなど、働きたくないと言ってる人間にとっては大きな矛盾です。
 このブログで好き勝手なことを書く、それだけで来訪者数を劇的に増やし(ブログだけで生きていくには、今の100倍の来訪者数が必要です)、生きていく手段を考えなければならない。
 そのために出来ることはすべてやって、それこそ身元でもなんでも晒して、背水の陣で挑むべきなのか。それが失敗に終わり、それこそ生活保護を本気で申請しなければいけない状態になった時に、その失敗を後悔しないか?

 なんといっても外こもり関係者として、例の外こもり安田さんの殺害事件はとても衝撃的でした。身元を明かしたり突き止められることの弊害が、あの事件で明るみになったともいえます。どうしても慎重にならざるを得ません。

 可能な限り生活保護はもらいたくない、だがもらうことを前提としなければ、将来の自分が生きていくことは難しい。
 そもそも生活保護をもらうことを前提としてるのに、可能な限りもらわないために頑張るというのは、なんか矛盾してるようにも感じます。しかも、そこまでしたところで、果たして応援したいと思ってもらえるでしょうか? アンチが増え、それこそ私生活に影響が出るような事になれば、踏んだり蹴ったりです。炎上を金儲けに繋げる技術など、自分にはありませんからね。
 日本における社会保障への冷たい風当たりを考えると、とても難しい判断を迫られているように思います。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

通りすがりのNHK  さん

> 駄菓子じゃねーわなwww

あくまでも一個人あたりの金額のことを言ってるのですよ。

>総額で考えればなんでも微々たる金額では無くなってしまいますよ。

いや、結局総額必要じゃんww

単年度で見ても・・・

<2014年>
国家予算  96兆円
税収    52兆円
生活保護費 3.7兆円
国家予算対比 3.8%
税収対比   7.3% 

駄菓子じゃねーわなwww

Re: タイトルなし

seven さん

> 過去の記事で貧さんは「東京都で一人暮らし30代(?)男性」の生活保護支給額が月79,230円と書いておられます。これに住宅手当(都内なら上限で月53,700円)が加算されると合計132,930円です。
> 高いとおっしゃる医療費はとりあえずおいといて、簡単にするため13万とします。
> 40歳の男性が80歳で死ぬまでもらいつづけたら13万×12ヶ月×40年=6240万円(!)
>
> 計算間違ってないですよね。
> 私にはとてもじゃないけど微々たる金額とは思えないんですが。

総額で考えればなんでも微々たる金額では無くなってしまいますよ。
最低限度の生活を営める金額というものについての考え方の違い、という話なんでしょうね。

>がっぽり持って行かれてるのは「年金」「医療」であって、生活保護なんかそれこそ一人あたりにしたら駄菓子程度の微々たる額なんですけどね。

というのについ反応してしまいました。

過去の記事で貧さんは「東京都で一人暮らし30代(?)男性」の生活保護支給額が月79,230円と書いておられます。これに住宅手当(都内なら上限で月53,700円)が加算されると合計132,930円です。
高いとおっしゃる医療費はとりあえずおいといて、簡単にするため13万とします。
40歳の男性が80歳で死ぬまでもらいつづけたら13万×12ヶ月×40年=6240万円(!)

計算間違ってないですよね。
私にはとてもじゃないけど微々たる金額とは思えないんですが。

Re: タイトルなし

銀翼 さん

> 本当に挑発的な記事ですね(笑)

イケダさん、さらに挑発的な記事を書いてます(笑)

ブログを書いて炎上したところで、路上で刺されたり、爆発物を送り付けられることはありません。
http://www.ikedahayato.com/20150911/42410720.html?utm_content=buffer38e75&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

イケダさんぐらいになると、炎上すればするほどそれが金になるんですよね。
ところが、たとえば香山リカは、先日の炎上騒ぎで一気に露出が減り、仕事も減ってます。
炎上することがお金になるビジネスモデルを構築できればそれこそなんでもできるから最強ともいえます。

> これは要はある種の妬みなんですよ。最低限の生活をする人に妬みなんてあるかよと思うかもしれませんが、働かずに済む、自由な時間を謳歌できるという意味では社畜より間違いなく勝ち組です。
> ただ面と向かって妬ましい、俺にもよこせ、とは言えないから理をもって正義を振りかざす。

言えばいいのにと思ってしまうんですよ。みんながもっと素直になれば、ブラック企業もなくなっていくと思います。

> それでもこういう制度が治安の維持や自分が転落した時のために必要である事は分かっていますし、法律で定められた権利を否定するつもりはありません。しかし頭で分かってはいても、妬ましいと思う気持ちっていうのは消えないんでしょうね。

感情で思ってしまうこと自体は、誰にも止められませんからね。

Re: タイトルなし

ロビン さん

> こんにちは!
> はじめまして!
> タイで僧侶になるってどうですか?
> 衣住食無料で、尊敬されますよ!

僧侶も大変だと思いますよ。だらだらしてるように見えるけど、たくさんのお経を覚えなきゃいけないでしょうし。午後は御飯食べられないし。

Re: タイトルなし

わたし さん
通りすがりのNHK さん

> >生活保護に対する市民の意識ですが、絶対日本政府によって操作されてますよね。
>
>
> そんなことねーよww
>
> そもそも生活保護もらわず働けやカス!って思ってる。
> 「働かざる者食うべからず」って言葉知ってる?

いやいや、大いにあると思いますよ。
もし国が生活保護受給を当たり前の権利であると考えるなら、もっと捕捉率をあげる努力をするだろうし、水際作戦の禁止を徹底するはずです。
でも現実はまったく逆ですからね。本意としては出来るだけ受給してほしくないと考えてるのがバレバレですよ。

Re: タイトルなし

わたし さん

> なんで貧さんは自分を「外こもり関係者」と位置付けてるんですか?
> 外こもりなんかと全く関係無いじゃないですか。
>
> ちなみに私は海外無職です。

この件についてはおいらさんの書いた通りの判断で、自分を関係者としています。



おいら さん

30万円の記事、お褒めいただきありがとうございます。
外こもりというとアパートぐらしを前提にしたり、風俗目的でそれなりのお金をつかうのを前提にしてるものが圧倒的で、未だに私のような最底辺系外こもりでブログを書いてる例を見たことがありません。
出来るものなら復帰して、最新の情報を書きたいんですよね。
今の円安なら、月々5万円程度、年間60万円程度をコンスタントに稼げればなんとかなるのに、それが出来ない……なんとも無念な気持ちでいっぱいです。

Re: タイトルなし

通りすがりのNHK さん

> 貧さんは、このブログを人気ブログにし
> アフィで稼ぎたいと?

そういう気持ちは常にあります。

> そんならテーマが重すぎるよねw
> 市場は需給バランスだもん。
> 生活保護のネタで食えるほどは来ねーと思うよ。

そういうものですかね……。
そもそも、生活保護・社会福祉ネタで食えるほど来るなら、このブログは外こもりに戻るわけです。
そうしたら社会福祉ネタは減るわけで、食えるほどの原動力になったネタが減る。
たしかに矛盾というか、おかしな話になってしまうわけです。
困ったものですね。
もっと、私自身のキャラクターが魅力的で、外こもりネタだろうが生活保護ネタだろうが、何を書いても面白いと思ってもらえればいいのですが、それこそ難しい話で。

> そう思うのは理解するけど、「善良な市民」は
> 働けど働けど暮らし楽にならず・・・なのに
> 社会保障費をがっぽり持っていかれたら
> 「働けやカス!」となるのも理解したげてw
>
> ま、人間なんて
> 食足りて礼節を(初めて)知るんだろうと思う。

がっぽり持って行かれてるのは「年金」「医療」であって、生活保護なんかそれこそ一人あたりにしたら駄菓子程度の微々たる額なんですけどね。

Re: タイトルなし

syv さん

> 遺産のおこぼれを狙うという細い糸があるので、それに全力で取り組むのがベターでは?
> うまく100万くらい手に入れて外こもり再開できればコメントの質は全然違うものになると思います。

たしかにそのとおりかもしれません。
現役外こもりの情報発信記事が多くなれば、雰囲気も変わるかも。

Re: タイトルなし

かげ さん

> 1は結構攻めてる 作家とかでも本名言ってなかったり 完全守るならコメント閉鎖 あるいは心地よいのだけ残す

あの寝太郎さんは結果としてコメント欄閉鎖に踏み切ったわけですが、個人的にはできるだけ、したくないんですよね。
心地良いのだけ残すというのは、それこそカッコ悪い気がします。

> 2は変化あるんじゃない なかなか受給しないけどw 変化なくても面白ければいい

そう言っていただけるとありがたいです。

> 4は生保を扱う限りアンチが来る でも外野としては戦いも面白い

外野としてはそうでしょうね(笑)

> 生保と海外旅行、理論的には可能なんで是非実演して欲しい

とはいえ、そのためには究極に近い節約能力を要求されるので、私個人としては極めてハードルが高いと思ってしまいます。

Re: タイトルなし

anon さん

> 貧さんは、少し前に「生活保護を受けても、なんのために生きているか分からない。だから日本に帰ったら働き口を探すと思う」という旨の発言をしていましたね。
> http://careerconnection.jp/biz/sotokomori/content_1019.html
>
> 現在の貧さんは生活保護を受けていませんが、生活保護受給者と同じような生活をしていると思います。
>
> やりたい事も出来ない現在の貧さんは、なんのために生きているのですか?

これはたしかにそのとおりなんですよね。
取材ではカッコつけてしまったという面はあるのですが、当時は確かにそういう気持ちもあったのは事実です。
では今はと言うと……自殺する勇気など持てないだけと言えるのかもしれません。
かつての経験から、自殺だけは絶対にしないと誓ってるというのもありますが。

こんにちは!
はじめまして!
タイで僧侶になるってどうですか?
衣住食無料で、尊敬されますよ!

国民がみんな勤勉に働けば政府にもっと金が入るので「働かざる者食うべからず」って言葉で国民を洗脳したわけです。
マヌケな人は「働かざる者食うべからず」という言葉は神様が言った真実だと思ってるみたいですね。

本当に挑発的な記事ですね(笑)

私も(特殊な仕事とはいえ)会社員としてサラリーを貰っている立場なので、サラリーマンのブログというカテゴライズされるんでしょうか。
まぁ私のブログは自分でも面白いとは思えないのでさておき、サラリーマンブログ全体を否定されてしまうと少し悲しいですね。結構興味深い記事書いてる人も居るんですけどね。
ただ、やはり自分が会社員という立場から離れてしまうと、あまり興味を抱く記事は少ないのかもしれません。その意味でイケダハヤト氏の言う通り「サラリーマン以外にはつまらないブログ」となってしまうのかもしれません。

> くだらない正義感を掲げて(…以下略)

これは要はある種の妬みなんですよ。最低限の生活をする人に妬みなんてあるかよと思うかもしれませんが、働かずに済む、自由な時間を謳歌できるという意味では社畜より間違いなく勝ち組です。
ただ面と向かって妬ましい、俺にもよこせ、とは言えないから理をもって正義を振りかざす。
私だって妬ましいですもん。肉体も精神もすり減らしながら働いて、毎年何百万も税金で取られて、じゃあその税金が有効に使われているかと言えば、一部は働かない人を養う事に使われている。これで貰ってる人を妬ましく思わない人の方が普通ではないと思いますよ。
それでもこういう制度が治安の維持や自分が転落した時のために必要である事は分かっていますし、法律で定められた権利を否定するつもりはありません。しかし頭で分かってはいても、妬ましいと思う気持ちっていうのは消えないんでしょうね。

>生活保護に対する市民の意識ですが、絶対日本政府によって操作されてますよね。


そんなことねーよww

そもそも生活保護もらわず働けやカス!って思ってる。
「働かざる者食うべからず」って言葉知ってる?

生活保護に対する市民の意識ですが、絶対日本政府によって操作されてますよね。
単純に日本政府は生活保護費用を出したく無いからです。それでネット等で生活保護を受ける人はクズである、虐めて良い、非難して良いと市民を洗脳して、生活保護を受けようとする人が減るように操作してるわけです。

貧さんは実際に外こもりをしていた経験者ですよ。古いとはいえ今でもこうして外こもり情報を載せているブログを運営していますし。関係者と言っていいと思いますけど。

外こもりで検索すると他のブログもヒットしますが、年間30万円暮らしに匹敵する濃い情報は、他では見れませんよ。

なんで貧さんは自分を「外こもり関係者」と位置付けてるんですか?
外こもりなんかと全く関係無いじゃないですか。

ちなみに私は海外無職です。

貧さんは、このブログを人気ブログにし
アフィで稼ぎたいと?
そんならテーマが重すぎるよねw
市場は需給バランスだもん。
生活保護のネタで食えるほどは来ねーと思うよ。

あとさ、
>正義感を掲げた「善良な市民」

そう思うのは理解するけど、「善良な市民」は
働けど働けど暮らし楽にならず・・・なのに
社会保障費をがっぽり持っていかれたら
「働けやカス!」となるのも理解したげてw

ま、人間なんて
食足りて礼節を(初めて)知るんだろうと思う。

遺産のおこぼれを狙うという細い糸があるので、それに全力で取り組むのがベターでは?
うまく100万くらい手に入れて外こもり再開できればコメントの質は全然違うものになると思います。

1は結構攻めてる 作家とかでも本名言ってなかったり 完全守るならコメント閉鎖 あるいは心地よいのだけ残す

2は変化あるんじゃない なかなか受給しないけどw 変化なくても面白ければいい

4は生保を扱う限りアンチが来る でも外野としては戦いも面白い

生保と海外旅行、理論的には可能なんで是非実演して欲しい

貧さんは、少し前に「生活保護を受けても、なんのために生きているか分からない。だから日本に帰ったら働き口を探すと思う」という旨の発言をしていましたね。
http://careerconnection.jp/biz/sotokomori/content_1019.html

現在の貧さんは生活保護を受けていませんが、生活保護受給者と同じような生活をしていると思います。

やりたい事も出来ない現在の貧さんは、なんのために生きているのですか?

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。