HOME > スポンサー広告 > 結局は対人能力・人間関係構築能力がすべてを左右するということかHOME > 本の感想 > 結局は対人能力・人間関係構築能力がすべてを左右するということか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

結局は対人能力・人間関係構築能力がすべてを左右するということか

 以前紹介した『はたらかないで、たらふく食べたい』。アマゾンのほしいものリストで当ブログ読者様より送っていただきました。ありがとうございます。

はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言
栗原康
タバブックス (2015-04-21)
売り上げランキング: 1,010

 読んでみて、やはり想像通りにぶっ飛んだ本でした。ですが、phaさんの本を読んだとき同様、どよーんよ落ち込んでしまったのも又、事実です。

 ちょうどあのkuantanさんが昨日、こんなことをつぶやいていました。


 これ自体は当ブログでも何度か指摘してきたことです。金があるなら働きたくないとかいうのはいくらでも許される。だが金が無いなら働けと言われる。生活保護をほしいなんてもってのほかと叩かれる。結局は金の有無なのか、と。
 でもこの本を読むと、さらに別の条件があると叩かれない・叩かれづらいことが分かります。phaさんの本を読んだ時にも感じたことですが、頭が良い・賢いと叩かれづらいです。もっと突き詰めると、結局は対人能力・人間関係の構築能力があればあるほど、叩かれづらくなるということです。

 以前も書きましたが、この著者、自分が言うのも何ですが、とんでもないダメ人間です。たとえば、これ。

 ともあれ、わたしは三五歳で年金生活者。親の年金のおかげで生きてレられる。年金、だいじ。そうおもっていたのだが、すこしまえに親から衝撃の事実そしらされてがくぜんとしてしまった。いつだったろうか、朝昼晩と異様に食事のおかずがすくなかった。ちょっとすくないくらいではない。むやみやたらとすくないのである。たくわんと納豆。あとは白米だげである。江戸の武士かよ。これはあんまりだとおもい、もうすこし食べたいのだけれどみたいなことをいってみたのだが、親がとうとつにこうきりだした。「だれのせいだとおもってんだ」。うーん、なにかしただろうか。
 はなしをきいてみるとどうも親の年金から、わたしの年金がさしひかれたらしい。わたしはヘラヘラしながら、「なんだ、そんなの、息子がしはらうべきだといって断ればいいじゃないか」といってみたのだが、親はさらに怒ってしまった。「そうじゃない、強制なんだ」と。たとえ子どもが低収入で国民年金そしはらうことができなかったとしても、子どもが親と同居していたならば、国は世帯主、つまり親から年金を強制徴収することができるようになったというのである。しかも、さいしょは親もびっくりして、いやいやと突っぱねたらしいのだが、役場のひとかなんかに、「子どもがはらえないんだから、親がはらうのはあたりまえでしょう」と大声をだされたら
しい。はずかしめだ。それで泣く泣くしはらってきたというのである。
 じゃあ、いくらしはらったのか。親にきいてみると、年間一七万円だという。えぇっ、わたしはその額をきいてびっくりしてしまった。わたしはいまで'こそ年収が八O万円になったのだが、当時は一O万円ほどしかなかった。国はそこから一七万円もむしりとろうとしていたのだろうか。
(p.82-83)

 当然、当ブログの読者なら、自分がどうツッコミを入れたか、おわかりでしょう。
「年金免除しろよ!!!」
 著者はこの段落の前に、自分は親とずっと同居してるから親孝行なのだとということを書いたうえで、この年金徴収の話に持ってきてます。
 そして年金制度なんかダメだ、かつての無尽講や頼母子講のような、民間同士の相互扶助がいいのだとという結論に持って行きます。
 同居してるだけで、言ってしまえば生きてるだけで親孝行だよなぁみたいな話は自分もよく思うことなので「そうだそうだ」と言いたくなるけど、年金免除もせずに親に払わせてしまってるところなんかは「はぁ?」だし、そのうえ年金制度は駄目だ、相互扶助だと言い出すところに至っては「???」です。

 そう、この本を読み進めていくと、「そうだ、そのとおりだ!」と感じたかと思えば、「そうかぁ?」と首をかしげるところが交互に来るというような、なんとも(自分としては)ジェットコースター的な作りそしていました。理由としては、著者はアナキズムを専門に研究し、おそらくはその思想に傾倒しているアナキストであること。つまり、無政府主義者であることが挙げられます。かたや自分は、生活保護受給を人生の可能性として大いに取り入れ、そのためには富裕層からの資産徴収・貧困層への資産再分配を国家権力によって大いに推し進めるべきというタイプの、政府の力というものに大きな期待を寄せる人間です。これは大きな違いなので、やはり違和感を感じてしまう点だったりします。たとえば、こんなところ。

 わたしは政治がきらいだ。ただきらいなんじゃない。いらないとおもっている。政治とは、ひとがひとを支配するということだ。ないほうがいい。だから、選挙だのなんだので、テンションがあがっているひとをみると、わたしなどはドン引きしてしまう。どこそこの党の、だれだれに票をいれるだとか、そんなことはしったことか。わたしは、自分の意志を他人にゆだねてしまうことがいやなのだ。自分のことは自分でやる。もちろん、ひとりでなんでもやることなんでできやしない。他人のたすげは必要だろう。でも、わたしがいいたいのは、たすげあいがいらないとかそういうことではなくて、自分の身のまわりのことが自分できめられない、すくなくともその最終的な決定権が、ひとにぎりの人間にゆだねられているというのがいやなのだ。これ、けっこうあたりまえのことだとおもうのだが、意識していないとわすれてしまう。選挙なんていきたくない。民主主義の名のもとに、それを強制してくるやつらがいるならば、反民主主義でもなんでも名のって拒んでやりたい。民主主義をおわらせよう。わたしは、このあたりまえの感覚を手ぱなしてはいけないとおもっている。
(p.154-155)

 もうこのあたりになってくると「全然ついていけないよ」となってしまいます(笑)。

 この本全体を通してみても、生活保護という単語は出てきません。福祉という言葉も、福祉国家についての論考で出てくるだけです。アナキストなので、国家の力に期待しないのは、当たり前なんですけどね。

 かたや本の帯の裏表紙側に引用されてる本文。ここにも引用しておきましょう。

これだけ仕事がなくなっているのだから、もうみんなでたすけあって、はたらかないで食べていく道をさぐったほうがいいのではないか。というか、そういうたすけあいこそ、ほんらい労働とよぶべきではないだろうか。みんなが小躍りしてしまうようなたのしい空間をつくることこそが、ほんとうの意味での労働ではないだろうか。そういってくれないなら、はたらこうとなんてするもんか。あそびたい、あそびたい、あそびたい。キリギリスが物語の主人公になったとき、いままでとは、ぜんぜんちがった世界がみえてくる。きっと労働倫理だって、そういうところからまったく別のものがうまれてくるはずだ。はたらかないで、たらふく食べたい。これがあたらしい格言だ。(「キリギリスとアリ」より)

 ここまで言い切るというのはなんというか、もうあっぱれとしか言いようがありません。こんな本が市販され、書店の店頭に並ぶこと自体が快挙と言ってもいいような気さえしてきます。

 相互扶助みたいな話が出てくるので、phaさんのようなDIY(Do It Yourself)・オルタナティブ系かと思えば、そうでもない。著者が炊き出し援助の手伝いに行った時の話が書かれてますが、著者は炊き出しの薪も割れず、ニンジンを切ろうとしたら指を切り(自分同様、料理はからきしダメなようです)足を引っ張りまくった挙句すべてが面倒になり、そのへんに座って炊き出しをただ食べて帰ってくるみたいな話も書かれています。この本のすごいところはそこにあって、一般に、働かずに生きるという場合、それは被雇用者にならずDIYをやったり自営したりで自立して生きていくことを指すことがほとんどです。ところがこの著者は親の年金にせよなんにせよ、依存して生きていくことをなんの気負いもなく正当化します。国の力に頼らないアナキストで相互扶助とか言うけど、基本的に自分がもらう一方なんです(笑)。
 なんというか、自分が叩かれるならこの著者は同様に叩かれてしかるべきだろうとすら思ってしまうぐらいなのです。

 ですがこの著者は、なにせ頭がいい。複数の大学で講義を持ってます。雑誌に連載を持ってます。こうして本も出してます。そしてなによりも、友人が多い! アメリカ在住の友人だ、アナキストの友人連中と旅行に行った、そんな話が山と出てきます。さらに合コンに参加し、女性と出会い、結婚寸前まで行った話まで出てきます。

 自分とこの著者は、いろいろと思想の違いはあれど、依存して生きる姿勢、はたらかないでたらふく食べたいという根幹の考え方は同じものがあります。でもこの対人能力・人間関係構築能力は天と地の差があると言ってもいい。著者はアナキストなのですから、政府が無くなったところでどうにでも生きていける自信があるのでしょう。でも自分の場合、生活保護を出してくれる日本政府の存在こそが頼みの綱なので、無くなられたら困ります。民間同士の助け合いになど、期待できません。せいぜい顔のない多数の群れのひとりとして、炊き出しに並ぶのが限界です。

 似たようなことを言ってるのに、毎日のようにブログで叩かれ、昔ながらの知人にはバカにされ、己の考え方や思想がちっとも形に結びつかない自分。かたや「はたらかないでたらふく食べたい」と公言してるにもかかわらず多くの友人に恵まれ、本を出すにまでいたった著者。
 その違いは結局のところ、人間関係を作り、維持する力、簡単に言ってしまえば、嫌われない力・好かれる力の差なのかなぁと思わされ、なんともドヨーンと落ち込んでしまったのであります。この力はphaさんもしっかりと持ってる能力でもありますしね。

 とはいえこの本、当ブログの読者の皆さんなら、必読と言っても過言ではありません。図書館でもなんでもいいので、一読を強くおすすめします。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

中国外こもり さん

> しかし、自分のプライド、メンツ的には、貰いたくないと思っています。
> 自分の力で生活出来るよう必死に考えています。

私の場合、たんに自由がなくなるのが嫌だから、貰いたくないなと思っています。

> 年間30万円で暮らせる国もあると書いていたと思います。そこを目指せば良いのでは?

たしかに以前はその前提でした。年金受給開始まで持ちこたえれば、なんとか、と。
もちろんこれは、将来の支給額やインフレなどを無視した話ですけどね。

> 具体的には、おいくら位でしょうか?
> 現在の生活保護費ほどの額をBIでばらまく財源はないはずです。
>
> もしかして、現在の生活保護費は高い派?

BI推進派でも、現実的には今の国民年金相当額(月7万円)~多くて10万円程度までを想定してる方が多いです。
家賃も含めると、今の生活保護より明らかに安くなります。
ですが、自由度が桁違いですからね。今の生活保護制度だと共同生活は事実上難しいけど、BIなら自由です。BI受給者同士で共同生活をするのが当たり前になるでしょうし、そうすれば節約もしやすくなります。
居住移転も自由にしやすくなりますから、物価の安い場所への人口移動がよりスムーズに行われるようになるでしょう。

> ただ、私的には他人、国、なるべく不確かな物に期待しないほうが、安全だと思います。

たしかにそのとおりですが、能力的に期待するしかなくなった人間には、期待することしか出来ないのです。私のことですけど。

> 国は人に、人は他人に優しくするべきでしょうが?それに期待するのは未来の可能性や選択肢を狭めていると思いますよ。

これは人類とはなんのために進歩してきたのか、という哲学的な問いになるでしょうね。

貧様

お返事ありがとうございます。
私はコミニュケーション能力が低く、世の中に出て働きたくない人です。

そして、生活保護費は将来貰ってみたいとチョット思います。
(貧さんに共感する部分も多々あります)

しかし、自分のプライド、メンツ的には、貰いたくないと思っています。
自分の力で生活出来るよう必死に考えています。

>今のところ私がもらえる年金の予定額は、年間30万円ありませんから……
>最後は生活保護になってしまうように思います。

年間30万円で暮らせる国もあると書いていたと思います。そこを目指せば良いのでは?



>あとは「どこまでを許容するか、必要とするか」の線引の話でしかありません。

その通りだと思います。
そして、現在の生活保護費のあり方を、貧さんの考えを社会が許容せず、生活保護費は縮小する方向にあります。

>BIは「最低限」であって、それ以上のお金が欲しい人が労働を止めるものではありません

具体的には、おいくら位でしょうか?
現在の生活保護費ほどの額をBIでばらまく財源はないはずです。

もしかして、現在の生活保護費は高い派?



お返事いただける嬉しいです。

ただ、私的には他人、国、なるべく不確かな物に期待しないほうが、安全だと思います。

国は人に、人は他人に優しくするべきでしょうが?それに期待するのは未来の可能性や選択肢を狭めていると思いますよ。

それでは、また!














ちょっと貧ちゃん、
クズにクズと言うのは素直な事ですよ。全然ねじ曲がった性格ではありません。
貧ちゃんは自分のねじ曲がった性格を正当化するために他人の素直な性格をねじ曲がった性格にねじ曲げているんです。

Re: 初めて書き込みします!

中国外こもり さん

> 最近、このブログを訪問するようになった物です。

ありがとうございます!

> 最初は、外こもりブログだったのに、最近は生活保護の受給を目指すように方針が変わったのですね。

方針が変わったというか、変わらざるを得なくなった、というところでしょうか。

> 貧さん的には、迷惑と思うのが間違っていると言うかもしれませんが、財源が減る事実は変わりません。
> 財源を減らせずにすませば、批判されないと思いますよ。

それを言い出すときりがないんですよ。
図書館を使わない人からしたら、そんなものに税金を使うのは無駄だと言うかもしれません。
スポーツをしない人からしたら、なぜ公立体育館なんか作るんだ、全部フィットネスジムや東京ドームでいいだとという人もいるかもしれません。

そういう立場の人は実際に存在します。リバタリアンと呼ばれる人たちですね。もっと突き詰めて、国家政府なんか一切不要、防衛も水道や道路舗装などの公共事業も、全部民間で良いという無政府資本主義者と呼ばれる人もいます。

彼らのような極端な人はともかく、ある程度政府や公共事業や社会福祉も必要だよねと言う人の場合、あとは「どこまでを許容するか、必要とするか」の線引の話でしかありません。何が無駄か、必要なのかについて、リバタリアンと違って議論の余地があるわけですから、やはりそこは「財源が減る」ことについて理解してもらうよう努力していくしかないと思います。

> なんとか、年金が貰えるまで、やり過ごして(当初のようにお金が貯める目標ならBEST)、海外で年金生活を目指せば批判されないのでは、ないでしょうか?

今のところ私がもらえる年金の予定額は、年間30万円ありませんから……その年令まで生きる金があっても、最後は生活保護になってしまうように思います。今流行の「下流老人」ですね。

> 生活保護費を貰うのは当然の権利というには、世界は発達していません。
> ベーシックインカムが研究されていますが、生活保護費以上のベーシックインカムが実現する可能性は、近い未来には無理でしょう。
> 誰も働かなくても暮らせる世の中にならないと、その制度は破綻するからです。

BIは「最低限」であって、それ以上のお金が欲しい人が労働を止めるものではありません。誰もが働かなくても暮らせるとなると、そういう労働すら無くなってしまうわけですから、その手前で十分に可能なのが、BIなのだと思います。

> そんな社会は来ないだろうし、機械に管理されるのが嫌な人も出てきそうですね。

働かないと飯が食えないなら、労働を奪う機械は「敵」になってしまう。それが例の、ラッダイト運動の意味です。
それで本当にいいの?という問いかけをしていくことが大事なのだと思います。

> たくさん書いてしまいましたが、
> 初期のブログの内容に回帰しませんか?
> 節約したい方には結構役に立つブログだと思います。
> 検討お願いします。

回帰したいのはやまやまなのですが、先立つものが無いのが現状でして……。

我ながらそれは、本当に無念に思います。

Re: タイトルなし

nori さん

> 国は生保たちに強制的な労働を課すべきなんですよね。国が仕事を与えるべきなんです。それに従わない人は刑務所行きでいいでしょう。

こういう意見は本当に多いけど、そんなことをしてなんになるのかということを真剣に考えていただきたいと思います。
無理して働かせることで余計に金がかかる、デキる人の足を引っ張る損失というのも、あると思いますよ。

Re: お大事に

やれやれ さん

> ちなみに、あなたが叩かれてるのは貧乏だからじゃないと思いますよ。単に屑だからです。

そのクズのブログに毎度毎度こうやって人をバカにするコメントを残すあなたも、実名での社会生活はどうだか知りませんが、実際は相当にねじ曲がった性格の方なんだろうなと思わされますね。

初めて書き込みします!

最近、このブログを訪問するようになった物です。

最初は、外こもりブログだったのに、最近は生活保護の受給を目指すように方針が変わったのですね。

それで、今回話題の
①お金持ちは働かなくても批判されない
②お金のない人は、働かないと批判される

私が思うに両方とも批判されていると思います。程度的には②の方が強く批判されるのでしょうが、それはお金のあるないの問題とは思いません。

他人に迷惑をかけていると思われているから批判されているのだと思います。

働かない人が、働いた人の納める税金から生活費を得るのは迷惑だと思われるからです。

お金持ちの人は、働いた人の納める税金から生活費を貰っていないから批判が少ないのです。

お金持ちの人でも迷惑をかけた思われれば批判されます。

お金持ちの人が生活保護費を貰えば当然批判されます。
不正だから批判されるだけでなく、税金の財源が減って迷惑だという意味でも批判されます。


貧さん的には、迷惑と思うのが間違っていると言うかもしれませんが、財源が減る事実は変わりません。
財源を減らせずにすませば、批判されないと思いますよ。

なんとか、年金が貰えるまで、やり過ごして(当初のようにお金が貯める目標ならBEST)、海外で年金生活を目指せば批判されないのでは、ないでしょうか?

生活保護費を貰うのは当然の権利というには、世界は発達していません。

ベーシックインカムが研究されていますが、生活保護費以上のベーシックインカムが実現する可能性は、近い未来には無理でしょう。

誰も働かなくても暮らせる世の中にならないと、その制度は破綻するからです。

例えば科学技術が進んで、全てロボット生産活動を担ってくれる世界ですね。
当然、ロボットの開発や操縦、メンテ、全ての社会活動をロボットが自動でやってくれる仕組みが必要になります。

そこでは、働く事は趣味になりますね。
また、機械に人間が管理される社会ですね。

そんな社会は来ないだろうし、機械に管理されるのが嫌な人も出てきそうですね。



たくさん書いてしまいましたが、
初期のブログの内容に回帰しませんか?
節約したい方には結構役に立つブログだと思います。


検討お願いします。









こんにちは。

お金持ちは働かなくても叩かれず、生活保護受給者は働かなければ叩かれる。そんなこと当然でしょう。

お金持ちは直接国民とは関わりがありませんからね。
一方、働かずに生きている生保たちは直接国民からお金を奪い取ってるに等しいわけです。お金の額の問題じゃないんですよ。

生保は正当な理由があって、働きたくても働けない人のためのものです。働きたくない人のためのものではありません。働くと死にたくなるのなら精神科に行って治しましょう。

国は生保たちに強制的な労働を課すべきなんですよね。国が仕事を与えるべきなんです。それに従わない人は刑務所行きでいいでしょう。

お大事に

>それを理不尽と思わないことこそが、大問題だと思いますけどね。
結局それって「金持ちは好きにしろ、貧乏人は働け」と言ってるだけですもん。

A.金持ちが自分の金を他者に批判されずに自由に使い続ける
B.怠け者が無職になり、生活保護受給を画策し、社会保障費が増え続ける(さらにはご機嫌に社会批判)

いやー、どう考えてもBの方が問題だと思いますよ。Aの何が問題か全くわからないです。教えて、偉い人!

もはや会話が成立しないのは明らかですね
貧「金持ちだったらどんな屑でも批判されない!」
私「根拠は?」
貧「中板橋資産家殺人事件の被害者を見よ!」
私「批判されないどころか殺されてますが…」
貧「裏では相当叩かれていたらしいが銀行員はペコペコしていた!」
私「不動産管理会社の経営者って無職と同等?」
貧「実質的には無職だ!」

私見ですが、これは思い込み・妄想じゃないですか?少なくとも私には金持ちなら屑でも批判されない、との主張を裏付けるものとは思えません。

ちなみに、あなたが叩かれてるのは貧乏だからじゃないと思いますよ。単に屑だからです。

>無能で意地っ張りな人は、答えたく無い質問を受けた時には、自分の脳内で答えられる質問に変換してしまうんです。
そして自分で意味を変換した質問に答える訳ですから、答えが意味不明なんです。

山田さんのご意見ですが。
そのものずばりですね…
お大事になさいませ

Re: もはや・・・

やれやれ さん

> 不動産管理会社社長が、会社を経営・管理する
> 無職が、自分の通帳の残高を確認する
>
> ブログ主にとってはこれは同等の行為なんですね…

私は実質を問うています。実質的にこの両者は同じだと思いますよ。

> 明らかに働いてるでしょう?
> 彼らは役員としての仕事をし、報酬を得て税金を払い、会社に対して責任を負っています。会社に何かあった場合、肩書だけだから関係ない!なんて言えません。毎日出勤しない会社役員は無職と同じなんですか?

「仕事をする」とは、何をもって「仕事をしている」と言えるのでしょうか?
たとえば節税対策で専業主婦の妻を役員にし、給与を支払うというのはよく聞く例です。この奥さん、会社の業務にはまともに携わっていません。そりゃそうです。普段はただの専業主婦なんですから。
会社が倒産などすれば、そりゃ旦那である社長や常務と一緒にそれなりの責任を負わされるのかもしれませんが、それにしたって夫婦ともどもですからね。
これでいて、年収500万円とかにもらってたりする。
はたしてこの主婦は、会社役員として「実質的に」ちゃんと働いてることになるのでしょうか?

> A:金があり、まともに働かずパチンコやバー通いの生活をする人(そのうちなくなると思いますが)
> B:労働意欲がなくひきこもり。自己批判もせず、母親に寄生後、生活保護での生活を画策し、それを認めない社会を批判する人
>
> 明らかにBのほうが屑だと思うんじゃないですかね

それを理不尽と思わないことこそが、大問題だと思いますけどね。
結局それって「金持ちは好きにしろ、貧乏人は働け」と言ってるだけですもん。

もはや・・・

不動産管理会社社長が、会社を経営・管理する
無職が、自分の通帳の残高を確認する

ブログ主にとってはこれは同等の行為なんですね…

<無職>定まった職業に就いていない、または会社に所属しておらず、仕事が無い状態

<労働>賃金・報酬を得るために、体力や知力を使って働くこと。

>同族企業なんかで、肩書だけ常務とかで、年に一回の会議にしか出ない弟、なんてのがいる会社はいくつもあるのでは?
はたしてこの弟氏、働いてるといえますか?

明らかに働いてるでしょう?
彼らは役員としての仕事をし、報酬を得て税金を払い、会社に対して責任を負っています。会社に何かあった場合、肩書だけだから関係ない!なんて言えません。毎日出勤しない会社役員は無職と同じなんですか?

>金持ち故に反社会的とみなされがちな価値観や行動を行っても自由が認められるのに、貧乏人は叩かれる

例えばですが…
金持ちがブログで「俺は金持ち。相続税なんて廃止しろ!贈与税も無しだ!金持ちは特権階級だ!」と書きつづったら、批判されると思いますよ。そんな馬鹿いないと思いますが。
ただ、いるんですよ。貧乏人で「俺は働きたくない!働いたら死んじゃうんだ!俺に生活保護をよこせ!これは権利だ!認めない社会は腐ってる!」と書きつづってる人が。批判されますよね、これ。でも、この人にも自由認められてますけどね。

>金さえあればまともに働かずパチンコやバー通いの生活をしても、公的に指弾されることなど無い

別にあなた私的に指弾されてるだけで、公的に指弾されてないと思いますが。生活保護もらいに役所にいって「働きたくないんで生活保護ください」って言ったら公的に指弾されるんじゃないですかね。

少なくとも私を含めた多数の人にとって
A:金があり、まともに働かずパチンコやバー通いの生活をする人(そのうちなくなると思いますが)
B:労働意欲がなくひきこもり。自己批判もせず、母親に寄生後、生活保護での生活を画策し、それを認めない社会を批判する人

明らかにBのほうが屑だと思うんじゃないですかね
ただ、Aがブログ書いてたら、かなり批判コメント多いと思いますけどね

Re: タイトルなし

孺子 さん

> 話は唐突に変わりますが、こんな生活をどう思いますか?
> 「就活失敗で石垣島に移住し、毎年3ヶ月の長期休暇と150万円の貯金を手にしている人の話。」
> http://6months.wpblog.jp/minimal-life1331

いいんじゃないでしょうか?
ブログに以前書いた「20代から計画的に外こもりと季節労働を繰り返し、40代までに1000万円以上ためた人の話」「夏は北海道のシャケバイ、冬は沖縄の製糖工場で働き、毎年日本一周するオートバイ乗りの話」に通じるものがあります。

これを成功させるには、若い頃に良い意味で人生を諦めきって、計画的にやっていけるかどうかにかかっています。
私の場合は結局、30代なかばまで、こんな自分でもやりたい仕事を見つけられるのではないかとぐずぐずし、割り切れなかったのが失敗だったのだと思います。

Re: 証明責任

やれやれ さん

> >肩書だけ不動産管理会社社長というのが、無職じゃないのか、そうでないのか。
>
> 明らかに無職じゃないですよ?
> 会社として登記もして、収支報告もしてるんでしょ?
> 税金も払ってたんだろうし、会社からの報酬もあった。何を根拠に無職と同等に扱われなければいけないんですか?

今でも同族企業なんかで、肩書だけ常務とかで、年に一回の会議にしか出ない弟、なんてのがいる会社はいくつもあるのでは?
はたしてこの弟氏、働いてるといえますか?

中板橋資産家殺人事件の被害者も、肩書だけは社長だけど、全てを管理会社に丸投げしてたようです。税務も税理士にやらせていたでしょう。
もちろん自分のお金ですから、しっかり見張るという意味でいろいろと見たり指図してた可能性は大きいです。
でもそれを言うなら、私だって自分の通帳にいくら残ってるかを確認してるわけで、同じことをしてるといえます。

この場合の仕事してるしてないは、肩書ではなく実質が問題となるテーマです。果たしてこの常務の弟氏や、資産家は、実質的に働いていると言っていいのでしょうか?

> 少なくともあなた以上の屑の金持ちを具体的に例示し、かつその人が誰からも叩かれてない、と証明してもらわないと、あなたの意見はただの思い込みですよね?

例の被害者資産家も裏では相当叩かれてはいたと、当時の報道では言ってましたね。金持ちをひけらかすから近所づきあいも悪かったようで。でも不動産管理会社社長という肩書があり、銀行員はどんなにムカつく奴だと思ってもペコペコせざるをえず、公的には批判することが出来ない存在だった。

> あなた以上の屑を見つけるのは難しいですよ。
> ありあまる時間と、(唯一の)得意のネット漁りを駆使しても、そんな人物見つからなかったんでしょ?

好んで見たくないですからね。
それにそういう人は、身を守るためにあえて公開などしないでしょう。泥棒に「俺を襲え」と言ってるようなものですから。
2ちゃんねるを探せば、身元を隠して金持ち自慢してる奴は見つけられそうですね。

> あなたが言い出した以上、証明責任はあなたにあるわけですから、是非あなた以上の屑のブログで、コメント欄が称賛コメントで満たされている、そんなのを紹介してください


私は金持ち故に反社会的とみなされがちな価値観や行動を行っても自由が認められるのに、貧乏人は叩かれると書いたまでで、賞賛されるなんて書いた覚え、無いんですが?

この件については中板橋資産家殺人事件の被害者の例で、十分だと思います。金さえあればまともに働かずパチンコやバー通いの生活をしても、公的に指弾されることなど無い。自由だ。ところが貧乏人は、生活保護をもらうなんて許せないなどと叩かれる。自由なんかない。これは事実でしょう?

やれやれ さんへの回答に、わざとはぐらかして書いているのか?文意を理解できていないままに、返事を書いているのだろうか?
後者が真実なのではないかと思うようになってきました。
話は唐突に変わりますが、こんな生活をどう思いますか?
「就活失敗で石垣島に移住し、毎年3ヶ月の長期休暇と150万円の貯金を手にしている人の話。」
http://6months.wpblog.jp/minimal-life1331

証明責任

>肩書だけ不動産管理会社社長というのが、無職じゃないのか、そうでないのか。

明らかに無職じゃないですよ?
会社として登記もして、収支報告もしてるんでしょ?
税金も払ってたんだろうし、会社からの報酬もあった。何を根拠に無職と同等に扱われなければいけないんですか?

>資産管理会社とか、自称投資家まで含めれば、金持ちで名実ともに無職の人を探すのって、難しい気がしてきます

その人が先祖代々の金持ちだったら、どんな屑であっても批判などしない、と言いながら、名実ともに無職の金持ちを探すのは難しい、と言う。

あなた、名実ともに無職でしょ?
しかもいまだに母親を働かせて、そこから生活費を工面させてるんですよね?これ、かなりの屑だと思いますが…
少なくともあなた以上の屑の金持ちを具体的に例示し、かつその人が誰からも叩かれてない、と証明してもらわないと、あなたの意見はただの思い込みですよね?

>そういうブログを好んで探しまわったりしていないのですぐに例を出すことは難しい

あなた以上の屑を見つけるのは難しいですよ。
ありあまる時間と、(唯一の)得意のネット漁りを駆使しても、そんな人物見つからなかったんでしょ?

あなたが言い出した以上、証明責任はあなたにあるわけですから、是非あなた以上の屑のブログで、コメント欄が称賛コメントで満たされている、そんなのを紹介してください

楽しみにお待ちしています

Re: タイトルなし

やれやれ さん

> これ、なんの証明にもなってないですよね?
> そもそも無職じゃないし。ひきこもりでもないし。周りに批判されてない、なんて情報もないし。そしてなにより殺されてるし。批判されないどころの話じゃないし。

肩書だけ不動産管理会社社長というのが、無職じゃないのか、そうでないのか。
資産管理会社とか、自称投資家まで含めれば、金持ちで名実ともに無職の人を探すのって、難しい気がしてきます。

> ところで、証明責任って知ってます?

これ以下の話ですが、申し訳ないんですけど、何が言いたいのかよく分かりません。
金があれば批判されず何やっても許される、の話ですか?
中板橋資産家殺人事件の話でもその証明にはなってるように思いますし、それに、当ブログの過去のコメント欄や、2ちゃんねるでも「親の金があって働かないのは勝手だが、生活保護をもらうなんて許せない」なんて書き込み、それこそ嫌というほど見てきましたしね。

Re: タイトルなし

山田 さん

> 働かない人が只で金貰ったら嫉妬するのがすべての人間の本性みたいに信じてる人が多いけど、それって日本だけなんですよ。
> 日本人は働かない人間はクズと洗脳されているんです。
> 外国に行ってごらんなさい。乞食に冷たいのは日本人だけだって事がよく見えますよ。

外国でも乞食を棒で叩いてたりしますけど、乞食の側が日本よりもはるかに開き直ってるというのはあると思います。
そういう乞食のありかたを認める社会でも、ありますね。

Re: タイトルなし

アルサー・ピック さん

> 貧BPのここが分からない、言ってる事が
> 矛盾しているというか
>
> >対人能力が劣っているのにゲストハウスで
> >話をする相手がほしいやら仲間と話すのは良い
> >話し相手がいないのは寂しい
>
> とか以前書いていたように思うが
> 人嫌いとかじゃなく対人関係に難が有るが
> 似た友達がほしい、という奴か?

難しいところですね。
私はその場で話すとかは大丈夫なんですよ、初対面の人と話すのも問題ないし、人見知りというわけではない。
でも、継続的に連絡を取り続けるというのが、ともかく苦手というか、面倒臭がってしまうのです。
人間関係を深めるのが、苦手なんですよね。

やれやれさん、

無能で意地っ張りな人は、答えたく無い質問を受けた時には、自分の脳内で答えられる質問に変換してしまうんです。
そして自分で意味を変換した質問に答える訳ですから、答えが意味不明なんです。

金持ちなら、無職でひきこもりにもかかわらず、ご機嫌に社会批判をして誰にも批判されていない、との主張を証明してほしかったんですが

>そういうブログを好んで探しまわったりしていないのですぐに例を出すことは難しいですけど、記憶に残っている有名な殺人放火事件があります。

http://matome.naver.jp/odai/2139470274378473201

これ、なんの証明にもなってないですよね?
そもそも無職じゃないし。ひきこもりでもないし。周りに批判されてない、なんて情報もないし。そしてなにより殺されてるし。批判されないどころの話じゃないし。

ところで、証明責任って知ってます?
A「俺、テスト受けたら100点取れるよ」
B「お前がとれるわけないじゃん」
A「いや、余裕だから。俺勉強してるし」
B「じゃ、テスト受けなよ。絶対無理だよ」
A「めんどくさいからそのうちね。でも絶対満点だよ。間違いないから」

この場合
Aがテストを受けて自分が100点とれることを証明すべきでしょうか?
BがAには100点とれないことを証明すべきでしょうか?

A「昨日テスト受けたら100点だったよ、余裕だね」
でない限り、誰も納得できないと思うんですが…
いかがですか?






働かない人が只で金貰ったら嫉妬するのがすべての人間の本性みたいに信じてる人が多いけど、それって日本だけなんですよ。
日本人は働かない人間はクズと洗脳されているんです。
外国に行ってごらんなさい。乞食に冷たいのは日本人だけだって事がよく見えますよ。

>でもこの対人能力・人間関係構築能力は天と地の差があると言ってもいい


貧BPのここが分からない、言ってる事が
矛盾しているというか

>対人能力が劣っているのにゲストハウスで
>話をする相手がほしいやら仲間と話すのは良い
>話し相手がいないのは寂しい

とか以前書いていたように思うが
人嫌いとかじゃなく対人関係に難が有るが
似た友達がほしい、という奴か?

Re: 屑は屑だと思いますが

やれやれ さん

> 先祖代々の金持ちの息子で無職、ひきこもりが「貧乏人は働け・俺は金持ちお前らとは違うぜ」的なブログを書いてたら・・・ 普通に叩かれるし、批判されると思いますが。
>
> そんなブログがあるなら是非教えていただきたいです。

そういうブログを好んで探しまわったりしていないのですぐに例を出すことは難しいですけど、記憶に残っている有名な殺人放火事件があります。

http://matome.naver.jp/odai/2139470274378473201

夫は池袋まで自分名義の土地だけを踏んで行けると言われてる富豪の家に生まれ、一度もまともに働いたことがない。妻とは遊び歩いていたクラブで知り合い、玉の輿目当てで結婚。趣味はパチンコ。肩書だけは不動産管理会社社長だが、実際はすべて丸投げ。銀行からはいつも頭をペコペコと下げられ投資などを勧められていた……

というような話が、いろいろなサイトで載っていたり、当時ニュースで見た記憶があります。

まさに「先祖代々の金持ちだったらどんなクズでも批判されない」例として、強烈に記憶に残っています。

Re: タイトルなし

山田 さん

> 貧さんは生活保護受ける権利が在ると思いますよ。
> 役立たずで傲慢という性質に育ってしまったら、生きて行く道はありません。知能も充分低いですし。
> 精神薄弱児と同じです。生まれて来るべきでなかったんです。でも生まれて来てしまったら、健常者みんなで少しずつ金を出し合って(税金)生かしてやるべきでしょう。

よろしくお願いします。

Re: タイトルなし

みん さん

> やはりこの人高学歴でしたw
> 英語もペラペラなんでしょうね

勉強だけが全てじゃない。たしかにそれは事実だけど、でもやはり勉強ができるというのはそれだけでも一つの非凡な能力を兼ね備えていることを意味しますからね。
やっぱりそれは、強いですよ。

Re: タイトルなし

銀翼 さん

> 対人能力を駆使して働かずに生きる、という生き方と、DIY系で働かず(被雇用者にならず)生きる、という生き方は真逆とも言える気がするので、そこは明確に分けて考えるべきなのかなと思っています。

真逆かどうかはなんとも言えない気もしますが、実はphaさんってこの両方を兼ね備えてるんですよね。強者ですよ。

貧さんは生活保護受ける権利が在ると思いますよ。
役立たずで傲慢という性質に育ってしまったら、生きて行く道はありません。知能も充分低いですし。
精神薄弱児と同じです。生まれて来るべきでなかったんです。でも生まれて来てしまったら、健常者みんなで少しずつ金を出し合って(税金)生かしてやるべきでしょう。

屑は屑だと思いますが

>その人が先祖代々の金持ちだったら、どんな屑であっても批判などしない

先祖代々の金持ちの息子で無職、ひきこもりが「貧乏人は働け・俺は金持ちお前らとは違うぜ」的なブログを書いてたら・・・ 普通に叩かれるし、批判されると思いますが。

そんなブログがあるなら是非教えていただきたいです。

無職・ひきこもりが自己を正当化し、社会に寄生して生きようとしてる(さらにそれを当然の権利だと主張する)から余計に叩かれてるだけで、寄生虫に対して好印象を持ってる人は少ないんじゃないですか?

金持ち・無職で得意げに自分を自慢している人いるんですか?そういう人を具体的に知っていて、かつ誰も叩いてないってのを是非証明していただきたいものです

やはりこの人高学歴でしたw
英語もペラペラなんでしょうね

著者について
1979年生まれ。早稲田大学政治学研究科・博士後期課程満期退学。現在は、武蔵野学院大学非常勤講師。著書に『G8サミット体制とはなにか』(以文社、2008年)、主要論文に「蜂起の思想 ――大杉栄の米騒動論」(『アナキズム』2013年11月)、「豚小屋に火を放て ――伊藤野枝の矛盾恋愛論」(『現代思想』2013年9月)、子ども社会主義 ――書評・大杉栄『自叙伝』」(『図書新聞』2011年12月)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
栗原/康
1979年生まれ。早稲田大学政治学研究科・博士後期課程満期退学。現在は、武蔵野学院大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

貧さんって、自分に採点を甘くして、他人に採点を厳しくして、「はい、貧BP氏が一番正しいですね」って言って喜んでるだけの人なんですよね。
それって貧さん自身にしか通用してないんですよ。
そっくりな人が中学に居ました。
特殊学級と普通学級を行ったり来たりしてる人でした。

対人能力・人間関係構築能力は多くの仕事で重視されるとは思いますが、それが全てとは言えないのでは。

あまり良い例も思い浮かびませんが、学生時代にやった交通量調査、工場ライン作業などはほぼ対人能力は要求されませんでした。

また、いわゆるDIY系の生き方も、本来はあまり対人能力は必要とされないと思います。
(Phaさんはちょっと特殊な例かと思います)

対人能力を駆使して働かずに生きる、という生き方と、DIY系で働かず(被雇用者にならず)生きる、という生き方は真逆とも言える気がするので、そこは明確に分けて考えるべきなのかなと思っています。

この著者おそらく旧帝大卒でしょう
ストレートで大学院まで卒業して何だかんだ
大学で職についてるわけだし、普通に就活してたら国家公務員採用試験も余裕で通るだろうし大手の大企業にもラクラク入社できるスペックなんでしょう。

こんなもんむしろ別の生き物ですよ
参考にも何にもならない。

結局の所タイトル通り

「対人能力・人間関係構築能力が全てを左右する」

「嫌われない力・好かれる力」に

帰依するというオチww

狙ってた?ww

Re: 管理人は本当馬鹿だね

通りすがり さん

> 無収入の放蕩息子が免除申請しても、同居する親の収入額によっては免除になりません。
> こんな常識も知らず「年金免除しろよ!!!」と突っ込みを入れたくなる管理人の方が馬鹿だと思います。

ちゃんと引用したところ読みました?
「はなしをきいてみるとどうも親の年金から、わたしの年金がさしひかれたらしい。」

もちろんこれだけだとなんとも言えないかもしれませんが、少なくとも、著者の同居してる親の収入は年金が主、場合によっては年金だけの可能性もある。
であれば、年金免除は十分に可能性があります。

「免除申請したけどダメだった」と書かれてれば、ツッコミを入れることはなかったですけどね。

管理人は本当馬鹿だね

無収入の放蕩息子が免除申請しても、同居する親の収入額によっては免除になりません。
こんな常識も知らず「年金免除しろよ!!!」と突っ込みを入れたくなる管理人の方が馬鹿だと思います。

Re: タイトルなし

ヤスキ さん

> 持ち家がある人は、家賃分差し引いて、総額月4,5万の支給でOK。これが最低限度の生活レベルさ。

このあたりの「いくらならいいのか・いくら必要なのか論争」はそれこそ、キリがないですからねぇ。

一般的にこういう話をする場合は、生活保護費の金額は他のいろんな社会福祉制度や賃金体系にも大きな影響を与えるから、無闇矢鱈に切り下げたら一般人もダメージを受けるという説明がされますけどね。

http://diamond.jp/articles/-/32693

Re: タイトルなし

わたし さん

> 過去はどうあれ今は外こもりする能力が無い人なんだから、外こもりについて語るのは滑稽ですよ。
> 昔,彼女が居た実績があるからといって、彼女居ない人が彼女の作り方を語っちゃってるようなもんです。

それなら「滑稽です」とだけ言えばよろしいのではないですか?
そう思う自由は、私にも、誰にも禁止できません。
ですが「やめなさい」などと、私の言論の自由の行使の停止を命令される道理は無いと思いますが?

>>総額だと持ち家のある人が圧倒的有利になってしまうので、やはり家賃は別とすべきでしょう。
そう考えると月7、8万というのは、医療費を別にすれば、すでに今の生活保護支給額にほぼ同じなんですよ。


持ち家がある人は、家賃分差し引いて、総額月4,5万の支給でOK。これが最低限度の生活レベルさ。

Re: タイトルなし

mushoku2006 さん

> 自分の生存権のためであれば、
> 他人の財産権を侵すのは平気、
> そういうことですか・・・・・・。
>  ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

生存権も財産権の一部という意見があるようですが、その場合も生存権は他の財産権よりも常に上、最上位に位置し優先される権利だと思います。

>>私の命を守るために、無理な労働をせずに最低限度の生活を送れる正当な権利を要求し続けます。

自分の生存権のためであれば、
他人の財産権を侵すのは平気、
そういうことですか・・・・・・。
 ┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

Re: タイトルなし

ヤスキ さん

> 「責任とれ」って言われてもさ、その時もう死んでるんだから、別に関係ないじゃん。

そういうことなんですよね。あえて書くけど、だから死んだら「負け」なんです。なんとしても生きることにしがみついていかないといけない。

> 一月どころか1週間で忘れるね。家族でも友人でもないし所詮他人だし。それに皆それぞれ自分の生活が大変だから一々構ってられない。

ベストセラーになってる『下流老人』の第4章のタイトルは「努力論・自己責任論があなたを殺す日」です。まだ読んでないのですが、そのものズバリだと思います。
他人に対し努力だ自己責任だを言い募り社会福祉の意義を放置し続けると、それが自分に返ってくることになると思いますよ。

> 最低限度の生活レベルは、月総額7、8万くらいの支給でOKかな。医療費も1割くらいは負担する。この程度だったら、まあいいかなとは思う。

総額だと持ち家のある人が圧倒的有利になってしまうので、やはり家賃は別とすべきでしょう。
そう考えると月7、8万というのは、医療費を別にすれば、すでに今の生活保護支給額にほぼ同じなんですよ。

医療費はとてもむずかしい問題ですが、生活保護を出来るだけウケないようにと努力してるうちに持病が重症化し受給するような人もいます。その時点で資産ゼロ、緊急の治療も必要。その場合にたった1割でも負担しろとなると、死ぬしかない例も出てくるでしょう。
医療費全額免除というのはたしかに問題ですが、このあたりの対策も考慮すべきかと思います。

>>無理して働かされ結果として自殺したなら、誰が責任をとってくれるのです?

「責任とれ」って言われてもさ、その時もう死んでるんだから、別に関係ないじゃん。


>>「ああ、あの人は本当にそういう弱い人だったんだ」で、一月もすれば存在自体忘れてしまうでしょう。

一月どころか1週間で忘れるね。家族でも友人でもないし所詮他人だし。それに皆それぞれ自分の生活が大変だから一々構ってられない。



>>しょせん他人事ですからね。

そうだね。だから貧BPさんが自然淘汰されても別に俺には関係ないしね。他人だからさ。


>>ですから、私は、私の命を守るために、無理な労働をせずに最低限度の生活を送れる正当な権利を要求し続けます。

最低限度の生活レベルは、月総額7、8万くらいの支給でOKかな。医療費も1割くらいは負担する。この程度だったら、まあいいかなとは思う。

Re: タイトルなし

mushoku2006 さん

> >>どのような形で生計を立てるのであれ、
> >>(犯罪などは倫理に反するものは別として)
> >>他人の力(他人の払った税金)に頼らなければ、
> >>非難されるようなことはないでしょう。
>
> この私のコメントに関するあなたの感想は?

以前何度も繰り返した論点です。同じことを繰り返すのはめんどうくさいです。

> あなたのような輩が働かずに生活保護を受けることによって、
> 本来であれば、
> 自分や家族のために使えるはずのお金が、
> 税金という形で奪われるわけです。
> あなたのような輩が(間接的に)私たちのお金を奪うわけです。
> これで怒りを覚えない人の方が私には理解できませんな。

無理して働かされ結果として自殺したなら、誰が責任をとってくれるのです?
「ああ、あの人は本当にそういう弱い人だったんだ」で、一月もすれば存在自体忘れてしまうでしょう。
しょせん他人事ですからね。
ですから、私は、私の命を守るために、無理な労働をせずに最低限度の生活を送れる正当な権利を要求し続けます。

>>>>違うんじゃないですか?
>>自力か?他力か?の差でしょう。

>>どのような形で生計を立てるのであれ、
>>(犯罪などは倫理に反するものは別として)
>>他人の力(他人の払った税金)に頼らなければ、
>>非難されるようなことはないでしょう。

この私のコメントに関するあなたの感想は?

あなたのような輩が働かずに生活保護を受けることによって、
本来であれば、
自分や家族のために使えるはずのお金が、
税金という形で奪われるわけです。
あなたのような輩が(間接的に)私たちのお金を奪うわけです。
これで怒りを覚えない人の方が私には理解できませんな。

Re: どの口が?

h さん

> 日雇いの収入があるにも関わらず生活費を全部親に払わせて自分は少しでも貯金しようとか
> このへんはみんな貧に対して「はぁ?」って
> 思ってるよ
>
> 自分を客観視できてるか?

使える制度があるのに使わずに払わせてしまってるなんてもったいないというだけの話ですよ。
この著者も酒代とかで稼いだお金を好きに使ってるわけで、そこは当然、私も同じ穴のムジナだから批判してませんしね。

Re: タイトルなし

ジュライ1995 さん

> 「嫌われない力、好かれる力」とは具体的に何なのか、あれはすっぱいぶどうだで終わるのではなく、これから主さんにこのブログでそこを掘下げていって欲しいですね

掘り下げるのもなかなか難しい物があるかもしれません。
天性のものとは言わないけど、それまでの生き方とか半生が全部出てくるようなものなので、いまさらどうしようもないよなぁとも思ってしまいますし……。

こんな機会などあるわけがないのですが、ロフトプラスワンなどでこの界隈の人間が一堂に介し、お互いに価値観などをぶつけあう機会があれば、違いがどこにあるのかわかるかもしれませんね。

Re: タイトルなし

mushoku2006 さん

> だから、相続を受けられるようにさっさと動けば、と言ってます。

いちおう動いてはいますが、あまり書かないほうがいいだろうということで、書いてないこともあります。

どの口が?

>>年金免除もせずに親に払わせてしまってるところなんかは「はぁ?」

日雇いの収入があるにも関わらず生活費を全部親に払わせて自分は少しでも貯金しようとか
このへんはみんな貧に対して「はぁ?」って
思ってるよ

自分を客観視できてるか?

「嫌われない力、好かれる力」とは具体的に何なのか、あれはすっぱいぶどうだで終わるのではなく、これから主さんにこのブログでそこを掘下げていって欲しいですね

>>嫌われない力・好かれる力の差なのかなぁと思わされ

違うんじゃないですか?
自力か?他力か?の差でしょう。

どのような形で生計を立てるのであれ、
(犯罪などは倫理に反するものは別として)
他人の力(他人の払った税金)に頼らなければ、
非難されるようなことはないでしょう。


>>結局は金の有無なのか、と。

ここに回帰するのかもしれませんがね。

だから、相続を受けられるようにさっさと動けば、と言ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。