HOME > スポンサー広告 > 明るくない人=精神病という社会HOME > 社会評論 > 明るくない人=精神病という社会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

明るくない人=精神病という社会

40代の再就職難民を増殖させる ハローワークの不都合な真実

「仕事が決まらない人に、精神科へ行かせたがるんです。メールでも“こころの相談室”にいろいろ書いて出すと、やはりまず“精神科医を紹介しますから”と返って来る。会社を辞めるときも“うつの疑いがあるから”などと言われ、精神科医(への受診)を勧められた。“心の安定を図ってください”が決まり文句なんですよ」

 仕事が欲しいのに、どこへ行っても精神科医につながっていく。仕事は紹介されないのに、病院への入り口はあちこちにある社会。これでは、ハローワークではなくハローホスピタルだ。

 記事を読んで思うのは「そうだ、だからこそ素直に諦めて生活保護をもらおう!」ではあるのだけど、もう一つ思ったのは、この日本社会というのはともかく前向きでないこと、それ自体が欠陥というか問題というか、病気の一種であるととらえる社会なんだなぁということですね。
 仕事が決まらない=やる気が無いからだ、会社を辞めたくなる=やる気が無いからだ、そういう後ろ向きな傾向は全部病気だから、精神科に行って診てもらえ……これではもう、うつ病は心の風邪とか言う以前に、ネガティブな思いを抱くこと自体が病気だと言ってるようなものですよ。
 たしかに精神科に行くと、薬が出ます。それを飲むとネガティブなことが考えられなくなる。そう、考えようとしても考えられなくなるんです。これは自分自身、パキシルという薬を飲んで体験したことですから、間違いありません。
 考えようとしても、なんか頭の思考回路に蓋をされたかのような感じで、まともに考えられなくなるんですよ。根暗とかマイナス思考というものがこの世に存在してることは知識として理解できるし経験もあるのに、今この瞬間は思考できないとでも言いましょうか。

 でもこれって、まさに「マイナス思考は全て病気であるから治さねばならない」という意識を持つなら、正しい有り様ということになるんですよね。
 この記事を読んで感じたのは、日本社会というのは本気でそういうポジティブロボットを欲しているんだなということですよ。

 仕事が見つからないなら、常に改善し続ける。会社を辞めたくなったら、ともかく前向きに努力できる点を探す。そういう人間でないと病気なんだと言いたげです。

 とてもとても、違和感がありますね。そこまでして無理やりにでも明るくなってまで働かないといけないものなのでしょうか? やはりそこまでするのであれば、生活保護をもらって無理せず自分に素直に生きたほうが、どれだけマシかと考えてしまいます。

 この記事が少し参考になると思います。

「いやいや、あんたうつ病だから。病院行け」

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 読みました

mix さん

> 僕が言いたいのは、貧さんが無活動を望んでいるのではなくて、このブログのように活動したいことはあるということです、なんらかの形で社会に参加しています。お金にならないだけで、活動の意味はあると僕は思いますよ。お金を稼ぐために働く意思を持てない人さえ保障できる人権擁護ですね、僕も必要だと思います。

たしかに、そういう面はありますね。

> 貧さんの理想は社会主義7割、資本主義3割のバランスのとれた人類救済型の理想の世界だと思います。
> そのような世界を実現すべきと立ち上がっている人もいます。
>
> 世界教師マイトレーヤをご存じですか?ご存じなければ検索してください、よろしくお願いします。

あー……うん、お話は聞いたことがあります……。

読みました

>自分に合う仕事がきっとあるはずだなどという妄想話にこれ以上付き合わされるのは、こりごりです。

こういう結論ですね。実は僕もそう思っていました。かれこれ過去に20年間そう思っていました。
ですから貧さんの気持ちは理解できます、

僕が言いたいのは、貧さんが無活動を望んでいるのではなくて、このブログのように活動したいことはあるということです、なんらかの形で社会に参加しています。お金にならないだけで、活動の意味はあると僕は思いますよ。お金を稼ぐために働く意思を持てない人さえ保障できる人権擁護ですね、僕も必要だと思います。

貧さんの理想は社会主義7割、資本主義3割のバランスのとれた人類救済型の理想の世界だと思います。
そのような世界を実現すべきと立ち上がっている人もいます。

世界教師マイトレーヤをご存じですか?ご存じなければ検索してください、よろしくお願いします。

Re: 一億総活躍とか怖い世の中になりそうですね

namake_taio さん

> はじめまして。以前から興味深く拝見しています。
> 外こもり情報などは労働が辛いときに励みにしていました。

ありがとうございます。世界にはこういう生き方ができる場所もあるということを知るだけでも、気が楽になる方がいらっしゃると思うと、嬉しいです。

> 今後は”一億総活躍”と政府が言い出しているので、生活保護受給者も「障害者の作業所」のような形で、国民感情を逆なでしないようにゆるい雇用を義務化される可能性もありますが(←勝手な想像)、労働嫌いのBPさんはそのあたりの不安はないですか?
> (もしそうなったら、生活保護受給は蹴ってたまにバイトして外こもりするのかな?)

不安はありますけど、無理して働いたら死んじゃうのはどうしようもないので、そのまま死んじゃうんだろうなと思います。それを不安に思ってもどうしようもないですよね。
早死はしたくないので、出来ることをするだけです。80ぐらいまでは生きて、この世の変遷を見届けたいんですよね。

Re: タイトルなし

働けよ さん

> あなたの好きそうなネタですね。
> http://toyokeizai.net/articles/-/87614
>
> 是非論評してください。

記事に書かれてる分析通りだろうなと思います。
記事の最後にもありますが、結局のところ、これまで企業が担ってきた生存権の保障が企業が行わなくなってきてる。であれば、国家政府が行うしか無くなっているという話ですね。

Re: タイトルなし

mix さん

いろいろとありがとうございます。

生保をもらえる、もらえないという話は、もうこのブログのコメント欄でも嫌というほど繰り返されてきた論点なので、今回は脇に置かせていただきます。


> 一つ気になってるんですが、貧さんはブログに積極的ですよね。これって好きなこと見つけたら貧さんも前向きになるし、多少の努力は惜しまないという証なのではと思いますが、いかがでしょうか?
>
> 文章の能力も才能を感じますよ、まだ好きな仕事に出会っていないだけなのかもしれないですよ。
> そう思ったことはありませんか?

これについては、こちらをご参照ください。

http://etrip.blog.fc2.com/blog-entry-512.html

Re: タイトルなし

しゅうん さん

> 貧さんの考えでは、金持ちから取って働きたくない人に分配すればよい、ということだと思います。

もちろん、そうです。

> でも金持ちは、再分配を嫌がるので「一億総活躍社会」という話になると思います。
>
> 貧さんが、貰う方の論理ではなく、お金を取られる方の金持ちに再分配を納得させる論理を呈示できれば、思想家として歴史に名を残せるかもしれません。貧さんには、ホリエモンの二番煎じではないユニークな論理を期待しています。

がんばりたいところですけど、いわゆる人権論では限界なのかなーと思ったりもしてます。これは私がどうこうというより、世間一般における人権運動全てに言えることですけど。
資本主義、社会主義に変わる第三の道が待望されて久しいですが、未だに誰も決定打を打ち出せない。それとも関連してる問題だと思います。

一億総活躍とか怖い世の中になりそうですね

はじめまして。以前から興味深く拝見しています。
外こもり情報などは労働が辛いときに励みにしていました。

>日本社会というのは本気でそういうポジティブロボットを欲しているんだなということですよ。

そう思います。それは、自明な事と思います。
薬を飲んで休まず働くことで会社は回るし、税金を納めるし、継続通院で病院も儲かる、会社も役所も病院も皆が良いことづくめです。
患者も痛みを麻酔(=精神薬)でごまかせます。


”ロボットのようにお金を稼ぐためのツール”として見れば、精神的なお薬は有用と見ることもできます。最後の手段的なもので、一時しのぎにしかなりませんけど。餓死しそうならドーピングして稼ぐのもありかもしれません。

今後は”一億総活躍”と政府が言い出しているので、生活保護受給者も「障害者の作業所」のような形で、国民感情を逆なでしないようにゆるい雇用を義務化される可能性もありますが(←勝手な想像)、労働嫌いのBPさんはそのあたりの不安はないですか?
(もしそうなったら、生活保護受給は蹴ってたまにバイトして外こもりするのかな?)

あなたの好きそうなネタですね。
http://toyokeizai.net/articles/-/87614

是非論評してください。

こんにちは、よろしくお願いします
人間には生存本能があります。自殺しちゃった人を助けることはできませんが、まだ生きてる人は助けられる可能性があります。病院にしろ生保にしろ、助けられる人々を救済する目的があります。まずそれが基本型だと思います。
大前提は自殺することを肯定せず、生きたい人を肯定しているのだと思います。

ですから、生保を受けると例外なく就労指導が入ります、働きたくないとの意思は通用しません。ですから生保になれば働かなくても済むというのは間違いです。実際に働かなくて済むと吹聴している人は、制度を悪用しているわけです、これを一般的な議論にすり替えるのは大きな間違いだと思っています、

病気で働けない人は医師の診断が必要です、働けるのに働きたくないという事情なら、診察してもらえません。
生保を受ければ、治療のための通院も継続するよう求められます。

貧さんが生保の可能性を模索するのは自由です。したくない仕事をする耐性が乏しいとどうしても労働時間だけでも労働期間だけでも短縮したいと切望するのも理解できます。

僕は自分が壊れるまで働いたので、それは勧めません。
二つの制度の運用規定の狭間でもうすこし熟考してみてください

一つ気になってるんですが、貧さんはブログに積極的ですよね。これって好きなこと見つけたら貧さんも前向きになるし、多少の努力は惜しまないという証なのではと思いますが、いかがでしょうか?

文章の能力も才能を感じますよ、まだ好きな仕事に出会っていないだけなのかもしれないですよ。
そう思ったことはありませんか?

ご意見きかせてください。

> 私からしたら「普通になる必要なんかない」と言いたいところだけど、社会は「普通の、出来れば優秀な納税者になってほしい」と思う。だからこそ一億層活躍社会なんて言うバカなことを言い出すわけですから。

たぶん、財政が厳しいので、一億総活躍社会とか言って、年金とかを減額して老人を労働に追い込むつもりという、ちきりんの読みが正しいと思います。

貧さんの考えでは、金持ちから取って働きたくない人に分配すればよい、ということだと思います。

でも金持ちは、再分配を嫌がるので「一億総活躍社会」という話になると思います。

貧さんが、貰う方の論理ではなく、お金を取られる方の金持ちに再分配を納得させる論理を呈示できれば、思想家として歴史に名を残せるかもしれません。貧さんには、ホリエモンの二番煎じではないユニークな論理を期待しています。

Re: 確かに

highbasic さん

> いずれにせよ、現在の日本社会は多様性を受け入れる土壌がない事が非常に残念ですね。

世界中どこであれ前向きな人は歓迎されるのは事実だろうとは思いますが、それにしても、日本の場合それが極端だなとは、思わされます。

Re: タイトルなし

ジュライ1995 さん

> 主さんの主張する社会に寄生する生き方にこだわるというサイレントテロは悪くないのかも

別にテロなんていう自覚はありませんけどね(笑)

Re: タイトルなし

えーさく さん

> 嫌な言い方ですが、自分が経営者だと思えば良く分かりますよ。何を考えてるか良くわからない暗い奴より、明るくてハキハキしてて、サービス残業もいとわない明るい奴を雇いたくなるでしょう?嫌な世の中ですね(笑)

まったく、嫌な世の中です。

Re: タイトルなし

無職 さん

> 貧さんにとって好都合じゃないですか!
>
> ハロワに行けば、
> 貧さんの希望通り精神病ということにしてもらえて、
> 生活保護がもらいやすくなるということですよね?

たしかにそういう取り方も出来なくはないけど……でもなんかゆがんでるというか、おかしいなと思ってしまいます。
「人間だれしもが働きたいと思っているはずだ。そう思えないなら病気か、なにか問題を抱えているんだ」という決め付けは、労組や支援活動をしてる左翼系の人たちにも共通した認識としてあるように思いますが、それ自体が間違ってる気がしてなりません。

Re: タイトルなし

mini さん

> 僕も2ヶ月前に会社を辞めて精神科に通っていますが、働きたくないですというと薬を出されての繰り返しで、まだしばらくは傷病手当での生活です。
> 仕事さえしていなければ当事に比べて非常に楽なのですが、今までの経験から仕事をしたいと思えません。
> このままでは僕はいつまでたっても「普通の人」にはなれない気がします。
> 働かないという選択肢がある社会になってほしいですね。

そう思います。

私からしたら「普通になる必要なんかない」と言いたいところだけど、社会は「普通の、出来れば優秀な納税者になってほしい」と思う。だからこそ一億層活躍社会なんて言うバカなことを言い出すわけですから。

Re: タイトルなし

hattatsu2013 さん

> それこそ精神障害者になって生活保護やら障害年金を貰ってしまおうという気になってしまいます。2級なら障害者加算もありますしね。
> でも以前書いていたインドの盲目の物乞いのように庇護を受けたいなら弱者、障害者にならなければいけないってのがなんともいえませんね

そうなんですよね。そこまでする必要なんか無いのに、より悲惨に、より同情を買えるようにすることが、中途半端な人よりも生存可能性を高める。だからエスカレートする。
こんなバカな話、どうにかならないものなんでしょうか……。

Re: タイトルなし

インデックス投資 さん

> 別に「前向きでないことを肯定的にとらえない」のは、日本社会には限らないでしょ。

たしかにアメリカもサプリメント大国で、向精神薬がそれこそ常用されてるなんて話もありますからね。日本よりひどいかもしれません。

> 自分の経験では、英語を使って仕事ができる人は、欧米だけでなく中国や東南アジアの人も、常時ハイテンションですね。あくまでも「一緒に仕事をする場合」で、プライベートでは落ち着いているのかもしれませんが。

英語という言語自体に、日本語よりもハイテンションにさせるものがあるように思います。自分も英語を話すときは声量が大きくなってる自覚がありますし。

Re: タイトルなし

うたぽん さん

> 落ち着いた人、静かな人、おとなしい人
> 暗い人、ネガティブ思考な人など人間は
> それぞれ個性を持っているが、これらの
> 人間は不要と言っているような社会なの
> だろうか?
>
> 一方では個性が大事だとか書籍で書いてあるのも
> 見るが、どっちやねん。

病気の人が長生きできるかどうかって、生きる気力があるかどうかに大いに左右されるというのを思い出しました。
そういう意味ではそもそも明るい人でないと長生きしづらいとも言えるわけで、生存力そのものをあらわす指標と言えそうです。だからこそ社会は、明るい人ばかりを求めるのではないかなと。

とはいえ同時に、オス・メスに別れた理由でもあるけど、多様性を確保することが種の存続に有効だという話もある。この場合皆が明るいなら多様性がないから逆によろしくないかも。

よくわかりませんね。

Re: タイトルなし

プリプレ さん

> 主の考えは自覚のない強者の論理だよ

そうですか?
と「?」をつけること自体が、私が自覚していない証なのかもしれませんけど、よくわかりませんね。

だからさっさと生活保護もらえって
ナマポるまでの役所の担当者との迫真のノンフィクションバトル、ナマポってから、かゆ うま、視点の捨て身のルポタージュを期待してんだからさあ

>>やはりそこまでするのであれば、生活保護をもらって無理せず自分に素直に生きたほうが、どれだけマシかと考えてしまいます。

こんなのこのブログのアンチ以外合意事項だから、早くここから一歩踏み出せって

確かに

確かにネガティブ=悪、ポジティブ=善という風潮があるのは否めないですね。
私はどちらも現実を歪んで見るという意味でよくないと思うのですが。。。

いずれにせよ、現在の日本社会は多様性を受け入れる土壌がない事が非常に残念ですね。

資本主義社会だから、資本家経営者にとってはうれしかろうが悲しかろうがそんなことはどうでもいい、働け、俺の財産を増やすためにも働いてGDP増額に貢献しろ、働きたくないやつは向精神薬飲んででも働け、GDPに貢献できないやつは邪魔だ飢えて死ねという世の中ですからね

あからさまに声を出してそういわなくても、そういう無言の圧力のある社会でしょう

うーん、万国の労働者団結せよはうまくいかなかったからなあ
主さんの主張する社会に寄生する生き方にこだわるというサイレントテロは悪くないのかも

嫌な言い方ですが、自分が経営者だと思えば良く分かりますよ。何を考えてるか良くわからない暗い奴より、明るくてハキハキしてて、サービス残業もいとわない明るい奴を雇いたくなるでしょう?嫌な世の中ですね(笑)

貧さんにとって好都合じゃないですか!

ハロワに行けば、
貧さんの希望通り精神病ということにしてもらえて、
生活保護がもらいやすくなるということですよね?

僕も2ヶ月前に会社を辞めて精神科に通っていますが、働きたくないですというと薬を出されての繰り返しで、まだしばらくは傷病手当での生活です。
仕事さえしていなければ当事に比べて非常に楽なのですが、今までの経験から仕事をしたいと思えません。
このままでは僕はいつまでたっても「普通の人」にはなれない気がします。
働かないという選択肢がある社会になってほしいですね。

それこそ精神障害者になって生活保護やら障害年金を貰ってしまおうという気になってしまいます。2級なら障害者加算もありますしね。
でも以前書いていたインドの盲目の物乞いのように庇護を受けたいなら弱者、障害者にならなければいけないってのがなんともいえませんね

>日本社会というのはともかく前向きでないこと、それ自体が欠陥というか問題というか、病気の一種であるととらえる社会

別に「前向きでないことを肯定的にとらえない」のは、日本社会には限らないでしょ。
自分の経験では、英語を使って仕事ができる人は、欧米だけでなく中国や東南アジアの人も、常時ハイテンションですね。あくまでも「一緒に仕事をする場合」で、プライベートでは落ち着いているのかもしれませんが。

プリプレさんの
>主の考えは自覚のない強者の論理だよ

その通りだと思う!

コミュ障の人は一人で黙々とやる仕事とか
あんだから、そっちに行くのもイイよね。

何れにしろ一般的な人の思考回路は
『お金を貰うのだから自分が合わせる』

貧さんの『オレがこんなんだから世の中の仕組みをオレに合わせんかい!』というのは、ある意味
強者論理ですわw

町の店のスタッフ募集の所よく見てみなよ
『明るい人募集』と必ずと言っていい程
書いて有る(笑)
求人誌のスタッフ募集の所よく見てみなよ
『明るい人募集』と必ずと言っていい程
書いて有る(笑)

落ち着いた人、静かな人、おとなしい人
暗い人、ネガティブ思考な人など人間は
それぞれ個性を持っているが、これらの
人間は不要と言っているような社会なの
だろうか?

一方では個性が大事だとか書籍で書いてあるのも
見るが、どっちやねん。


主にとって素直に生きるとは、子供感覚のまま何ら変化もなく命尽きるまで生を維持することですか?
自分からみればこういう生き方は前向きポジティブです
普通なら怖くてやってられませんよ
ネガティブで素直だからこそ働くことに対応するんだと思います

主の考えは自覚のない強者の論理だよ


コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。