HOME > スポンサー広告 > 時給・日給・月給でしか働けない人への資産再分配を今後どうするのかHOME > 社会評論 > 時給・日給・月給でしか働けない人への資産再分配を今後どうするのか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

時給・日給・月給でしか働けない人への資産再分配を今後どうするのか

 本当にイケダさんは、社会的にぞわぞわとさせる記事を書くのがお上手ですね。もちろん絶賛褒め言葉です。



「クリエイティブな仕事においては、時給は幻想なのです。」

 これは例の残業カット法案、ホワイトカラー・エグゼンプションでも言われてることだけど、たしかにそのとおりでしょう。でもこれは、どこまでいってもクリエイティブな分野で成果を出せる優秀な人間だけに当てはまる話なんですよ。

 こんなことを言うのも何ですが、時給・日給・月給で生きてる人というのは、実際のところ、それだけの生産性が無い人が多いと思います。(これも厳密に言うと経営者や必要経費の取り分を含んで考えないといけなくて、さすがにそれらも合わせても時給以下の生産性しか無い人というのは、さすがに雇われないとは思います)
 これは特に最低賃金の定められている時給を考えるとわかりやすいのだけど、働く以上は生きるためにこれだけの賃金が支給されなければいけない、これが最低賃金です。それだけ出すことすら出来ないなら雇ってはいけないという意味にもなります。
 でも実際のところ、それだけの生産性を生み出してるかと言ったら、ほとんどの場合、無いでしょう。最低時給が800円なら、500円とか600円、良くて700円ぐらいなのでは?
 その穴埋めは、同じ職場の優秀な人が、その生産性に見合わない低賃金で働くことで補われています。たとえば1000円の生産性があるBさんが900円で働くから、その差額100円が先ほどの700円の生産性しか無いAさんの最低賃金の穴埋めに使われるんですね。

 Bさんは当然、1000円くれと思うでしょう。でもAさんは700円では生活が成り立ちません。

 ここにも、規模は小さいなれど資産再分配が機能しています。

 能力の有無にかぎらず、生きている以上、ある程度の所得が誰であっても必要です。健康で文化的な最低限度の生活をおくるためにはね。まして生活保護ではなく働いてるのだから、最低限度よりマシな生活を送らせて欲しいと思うのは当たり前のことです。賃金というものに能力主義を全面的に導入し、時給・日給・月給という形が機能しなくなるというのは、いわば、賃金による資産再分配が機能しなくなることを意味します。
 こうなったら賃金以外のもので、再分配を行うしか無いんですよ。生活保護による差額支給、負の所得税、ベーシックインカム、いろいろと選択肢はあるでしょうけど、大事なのは、ここで「能力主義なんだから自己責任」と言い出さないことです。それって能力のない人間は死ねと言ってるのと同じことですから。

 イケダさんはもちろん、給与による資産再分配を行わないなら、税金で行うことに反対しないだろうとは思います。ですが、今回のようなクリエイティブな仕事に時給はそぐわないという発言は、容易に無責任な成果主義、自己責任主義に結びつきかねない。その危険性があることをどれだけ自覚されてるのか……と思ってしまいます。

 世の中、時給・日給・月給でしか働けない人が大勢いる。そういう形で優秀な人に依存し生かしてもらってる人はとても多い、これが現実です。大企業による終身雇用というのはある意味では、そういう形での資産再分配をシステム化したものだったとも言えるわけです。
 寄らば大樹の陰。寄られてた優秀な人も、寄ってる大多数も、似たような賃金を得ていた。これって前者から後者に資産が再分配されていたんですよね。そこを切り離し能力主義にして、税金による再分配を行わないなら、そりゃ格差が開いて当然です。だからこそ現に、格差は拡大していってるわけですから。

 実際は産業構造の変化も大きいです。かつては優秀であってもライン工として働いてる人がたくさんいて、その優秀さは無駄に使われていたと言ってもいい。当時は何よりもライン工が大勢必要だったので、仕方がなかった。でも今はそういう単純作業は機械に取って代わられて、誰もが各人のクリエイティビティを前面に押し出せるようになっている。
 かたや、ライン工しか出来ない凡人もたくさんいます。こうなると優秀な人は束縛を離れその能力で稼げるようになるけど、凡人は厳しくなる。「同じ仕事をしてるんだから同程度の賃金」という話も通じなくなるわけですから。

 そしてこの流れは、以下に紹介してる本にあるように、労働法制というものが限界を迎えることも意味しています。労働による資産再分配とは、同じ会社の中に優秀な人がいて、その人が本来なら得られるべき賃金の一部を、そうでない人に分配することで成り立ちます。その人がみんな独立し個人事業主になったら、もう寄らば大樹の陰で分配する形は難しくなる。 であればこそ、今後は国主導の、税金を元にした資産再分配を強化していくしか、道はないのです。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: タイトルなし

通りすがりのNHK さん

> 貧さんの言う通りにしたら優秀な人材だけじゃなく
> 優秀な企業も海外に逃げ出すね。
> カスと貧乏人ばっかりになっちゃうと
> 生保やBIの原資も足りなくなっちゃう。

だからこそ、ピケティが言うように国際協調課税を導入しないと格差は広がるという話になるんですよ。

> 世界的な流れは、残念ながら弱肉強食に
> 流れて行くんだと思うよ。

そうとも限りませんよ。タックスヘイブン規制はどんどん進んでますしね。

貧さんの言う通りにしたら優秀な人材だけじゃなく
優秀な企業も海外に逃げ出すね。
カスと貧乏人ばっかりになっちゃうと
生保やBIの原資も足りなくなっちゃう。

貧乏だけど楽園だったキューバもアメリカと
手打ちしちゃって社会主義から自由経済へと
シフトするだろうし。

世界的な流れは、残念ながら弱肉強食に
流れて行くんだと思うよ。

弱者・・・・・う~ん棄民?

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。