HOME > スポンサー広告 > 外こもり・海外自立生活は、生活保護と対極の、水と油の世界の話HOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > 外こもり・海外自立生活は、生活保護と対極の、水と油の世界の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

外こもり・海外自立生活は、生活保護と対極の、水と油の世界の話

 ツイッターでの@k_umiさんとのやりとりをご覧になった方も多いと思いますが、こちらはいつもどおりの社会福祉論やタックスヘイブンの話を書いたところ、結果として「あなたに割くリソースはない」みたいに言われてしまい、正直、へこみましたね。

 とはいえ今回のやりとりで改めて実感したけど、海外で現地の国籍も親戚関係も持たぬ日本人が生きていくのって、基本的には極めて自立した話なんですよ。
 ダラダラしてるだけの外こもりであっても、ベーシックインカムの無い現状では、福祉行政の支援を受けていない人間でなければ、することは出来ません。国保の海外療養費とか言い出したら厳密には違うのかもしれないけど、そこは目をつむってください(笑)
 もちろん中には親の金で悠々自適みたいな人もいますけど、それは福祉行政の支援とは関係ないですからね。今の日本の通念上や行政上の取り扱いでは、自立してると考えられます。

 かたや生活保護は、給付型の福祉制度の少ない日本において、もっとも社会や制度に依存した生き方です。自立からもっとも遠い生き方と言えます。

 ある意味この両者は、水と油というか、本当に対極的な生き方と言っても過言ではないのでしょう。話を通じさせるのは難しいのです。
 こう見ると、かつてバックパッカーをしていた時も、いわゆる社会福祉の問題になるとなかなか他の旅行者と話が合わなかったのも、理解できるように思います。

 まして、今まさにその海外自立生活に夢と希望を持って全力で取り組んでる人間からしたら、それに失敗した人間の末路が生活保護を要求するしか無い落ちこぼれだなんて、絶対に認めたくないというか、見たくないと思うのも、また当然なのだろうと思いました。
 プロ野球選手を目指してる少年に「上手くいくかもしれないけど、ダメだったら俺みたいになるよ」としつこく言ってるようなものですから。これは我ながら、嫌な奴です(笑)

 でもね、世の中というのは、全てが成功で彩られてるわけじゃない。同数かそれ以上の失敗で溢れかえっているものです。それが悲しいかな、現実なんですよ。
 以前も書いたかもしれないけど、一般の会社員と両立することが現実的に不可能な長期旅行バックパッカーの最大ボリュームゾーンは20代後半です。30代に入ると減ってきて、40代はほとんどいなくなると言っていい。期間労働や出稼ぎも40代になると雇われなくなってくるので、旅とバイトを繰り返していたような人も窮地に立たされます。
 計画的に貯金してた人はともかく、そうでない人は……消えます。残念ながら行方不明になる。実際自分より年上の旅行友達も、何人も音信不通になっています。一生懸命連絡を取ろうとすれば取れるかもしれないけど、実際のところどうなってるのか、わかったものではありません。

 海外で会社を起こした人、日本で会社員になった人、結婚した人、現地採用の人、こういう人は、まぁ定期的にフェイスブックに書き込んだりもする。でも何人かは、行方知れずなんです。
 それもまた、現実なのです。

 当ブログというのは、最初は「30万円で生活できるシリーズ」など、これはこれでちゃんと自立を前提にしていた記事を載せていました。読者にとってはまさに希望の一つの形だったのかもしれません。
 それが今じゃ、どうにもならなくて生活保護をもらうことがどんどん現実に近づいている、ただの社会的弱者のブログになってしまった。希望を持ってくれていた読者のみなさんに、残酷な現実を見せつけてるのかもしれない。中には「裏切られた!」と思う人もいるのかもしれません。
 そのギャップというか落差が、生活保護のようなテーマを扱うブログの中でも批判コメントが殺到するブロクになってしまった、一つの要因なのかなと思うのです。テーマが外こもりと生活保護では、水と油ですからね。

 でも、これが現実なんですよ。「豊かな青春惨めな老後」というとても有名な言葉がありますが、まさにそれを地で行ってる。水谷竹秀さんの『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』 (集英社文庫)に出てくる困窮邦人たちにも、例外なく一時期はフィリピンで輝いていた時期があったんです。

 いままさに行政や会社の助けを借りず一人で自立し輝いていこうとする人にこういう話をするのは、マナーが悪いというか、いじわるというか、残酷な話なのかもしれませんね。でも、これはこれで、一つの現実です。自分の夢に対して全リソースを割くのは正しいし、そうすべきだとも思うけど、でも頭の片隅には入れておいて欲しいと思うのです。
 でないと、それこそ大企業で一生安泰と思っていたのに解雇されて自殺した人みたいな話にもなりかねない。そうなっても死ななくてよい、福祉で生きる選択肢もあるのだということを納得出来てるか出来てないかで大きく変わってくるし、そういう可能性が1ミリでも有るのだと自覚してれば、いわゆる自己責任論にハマることも無いだろうと思うのです。
 日本人がどんなに途上国の人間より恵まれていようが、我々は日本国籍を持つ日本人です。いざにっちもさっちも行かなくなったら助けを求めるのは日本政府だし、日本の福祉行政です。
 まさか、それでも現地の貧困層より恵まれているからと、日本に助けを求めず現地に骨を埋めるとでも言うのでしょうか? それはそれで立派だとは思いますが、その結果は、『日本を捨てた男たち』に出てくる困窮邦人でしょう。過去の愚かな自己責任の行いの事情までひっくるめて、それでも助けてくれるフィリピン人がこう言うのです。

「もしフィリピン人女性が日本人の男性に何か悪いことをしたのであれば、そのお詫びに私たちが彼を助けるでしょう。海外では、フィリピン人のことなら、大使館やフィリピン人のコミュニティーが助けます。私たちの固はお互い助け合うんです。日本は先進国なのになぜ助けないのでしょうか。助けを求めている人に対して、援助に必要な基準を設定するべきではない
(p.56-57)

 この困窮邦人たちが日本に助けを求めない理由は本当に様々で、本を読むと一概に「なんで帰らないの?」と言えなくなってきますが、それでも、このフィリピン女性の言葉は、とても重いものだと思います。
 と同時に、日本は豊かで途上国は貧しいのだ、日本は恵まれているのだと言い切るのは、どうにも抵抗を覚えるのです。たしかに物質的には豊かだけど、その豊かさを分けなかったり、援助に必要な基準を設定したりするのは、精神的に豊かだとはとても言えないように思います。
 大使館の話も、日本の大使館は企業の駐在員には優しいけどバックパッカーには冷たいなんてのは、バックパッカーの間で常識になってるぐらいですし。

 中には、少なくとも現状において「俺は絶対に失敗しないし、そうなっても誰か助けてくれると確信している。万に一つ生活保護なんて話になったら、恥ずかしくて自殺する」と言い切るような人もいます。そういう人にはなにを言っても無駄ですけど。

 これだけ書いても、まだそれでも、自分は再び自立して外こもりをする可能性を捨てていません。フォトストックへの登録なんか、その一つ。
 弱者になりきる覚悟を決めるのって、難しいものですね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

悪魔の証明

「起きないこと」や「存在しないこと」を証明することは困難です。なぜなら、「ある(存在する、起きる)」ことを証明するためには一例を挙げれば良いだけなのですが、「ない(存在しない、起きない)」ことを証明するためには、世の中の森羅万象を調べ尽くさなければならず、それは不可能に近いからです。

ゆえに、議論の一般的ルールとして、「ある」と主張した者が、それを先に証明しなければならないという暗黙の了解があります

「あなたが先に『ない』ことを証明せよ、さもなくば『ある』のだ」と主張する詭弁を「悪魔の証明」と呼びます。
http://matome.naver.jp/odai/2136251918746186001

はい、あなたのやってることですね。
最初は「働いたら死んじゃう病」(→医者にあっさり論破)
次に「機械化による大失業社会」(→悪魔の証明と一緒で証明は不可能。未来の話は絶対に否定などできない。未来に宇宙人が地球侵略しないことを100%証明できますか?)

あなたに対する生活保護論もこれですね。
自分が受給する以外証明する術はないのに、受給できないと言うならそれを証明しろ、と言い続ける。

あなたの現在の状況が、あなたが間違ってるなによりの証明なんですよ。あなた以外の人にとってはね。

>プロ野球選手を目指してる少年
確実に自分が上だと思ってる言いぐさですよね?
これこそが他人に受け入れられない、自分をわかってないなによりの証拠です。

あのね
あなた、平均以下の能力、凡人以下なんです
ほとんど底辺の能力、能無しです。あなただけがそれをわかってない、上からの物言いをしてご機嫌なんです。プロを目指した自分にご機嫌かもしれないが、中学で補欠にしかなれない時点でプロになるのが不可能なのは明らかなんですよ。馬鹿かと。プロを目指すだけなら誰でもできる。その前にほとんどの人が自分はプロになるだけの能力が無いことに気付くんですよ。よほどの能無しでない限りね。

あなたのもってる他人より異常な能力は
過剰な自己愛と自尊心
毎日ネットで自己正当化にあけくれる執着心

これだけです。

最初は、安易に海外に逃走して生活保護に頼るあなたみたいな人を増やすのは100害あって1利なし、と思ったのでこのブログ批判してましたが、逆にいいさらし者になってくれてることに気付きました。ここでご機嫌になってるのはむしろ好影響かもしれないですね。能無しの哀れな末路ってことで。

他にはいかないでくださいね。
あなたとからむとほとんどの人が不快になりますから。
ここだけでひっそりと我が世の春を謳歌してください。大丈夫、あなたが正しいんですから。少なくともここではね。

No title

しかし、このkumiさんとかいうおばちゃんもさ。

見てる分にはかなり痛いね。痛々しいとしか思えないね。考えが幼いっていうかさ。

もちろん、あんたよりは立派だけどさ。

あんたも幼いし、精神的に病み気味だから、同病相哀れむというか親近感を感じて、つい、ストーカーしちゃうんだろうね。

これからは、hin-bpからhen-bpにしたら。もちろんhenはhentaiのhenだよ。あんな中二病まるだしのおばさんをストーカーするんだから

No title

貧さん

クミさんが、辛辣なコメントで埋まる
このサイトの理由を明確にしてるじゃんw

①しかし、多分、「働きたくないからどこかからお金がほしい」という話と「働けない人には福祉が必要」という話が結合してるから、一般人がとまどうんじゃないかな…。前者の正当性を後者のロジックを使ってやろうとしてるから…すごいねじれを感じるんだな

②うーん、オールオアナッシングになって光明見えないな。もっと、自分と違う立ち位置の人にも味方になってもらえるストーリーがないと、ヘイトに忙殺されて何ともならなさそう。

No title

貧さん

客観的論理性で負けてると思うよ。

ってか、あの人に勝てる人も少ないだろうけどw

Re: No title

通りすがりのNHK さん

> 両者にも言い分あるだろうけど
> ディベートとしては貧さん完敗w

ディベートって審査員がいて勝敗を決めるので、中身の正しさ自体を問うものではないですからね。
あなたがそう審査されたなら、それはそれでどうしようもないでしょう。

No title

クミさんって頭イイね。
スゴク理路整然としてて。
バッサリ!って感じだったw

自分の中で貧さんの言葉が
腑に落ちなかった理由が
ハッキリしたわ。

両者にも言い分あるだろうけど
ディベートとしては貧さん完敗w

Re: No title

やれやれ さん

> 今は辛うじて批判コメントが殺到するブログ、かもしれませんが、もうすぐ誰にも相手にされないブログ、になりますから。

あなたもよく相手にしますねぇ。

> 一番怖いのは無関心、ですからね。

こういう問題でデモをよくやるのは、「お前ら無視するな! 関心を持て!」と主張する目的が有るのは、間違いありませんから。

> プロ野球選手に対して、元中学校で野球部(補欠)、で現在ひきこもりの奴が、「引退したら俺みたいになるよ?」って言ってるだけじゃないですかね?

相手がプロ野球選手かどうかはともかく、こちら側についてはそんなもんだろうと思いますよ。

> 彼女はプロ野球引退しても、十分生活保護に頼らずにやっていけると思いますよ。あなたとは全く違います。なにを自分が元プロ野球選手みたいなつもりになっているんだろう…

そう読み取られてしまいましたか。あくまでもプロ野球選手を目指した、ぐらいの気持ちだったんですが。プロになれなかったのは事実ですから。

> あなた、日本で稼いだわずかな金で海外で引きこもってた人です。なんのスキルも、努力も、将来的な展望も、海外で生き抜く力もなしに。そしてその金が尽きてどうしようもなくなり、今日本でひきこもりになってるだけです。

いくらなんでもそこまで言うことはないでしょう。
実際、googleアドセンスは毎月どんどん増えて行ってたのに、いきなりハシゴを外されたんですから。

No title

大丈夫ですよ。

今は辛うじて批判コメントが殺到するブログ、かもしれませんが、もうすぐ誰にも相手にされないブログ、になりますから。

一番怖いのは無関心、ですからね。
今はまだ、「こんな奴でも生活保護ってほんとにもらえるの?」と思ってる極少数の人が閲覧してますからね。それに気づいているから生活保護受給を先延ばしにしている、って側面もあるんですかね。

>プロ野球選手を目指してる少年に「上手くいくかもしれないけど、ダメだったら俺みたいになるよ」としつこく言ってるようなもの

違うんじゃないかな
プロ野球選手に対して、元中学校で野球部(補欠)、で現在ひきこもりの奴が、「引退したら俺みたいになるよ?」って言ってるだけじゃないですかね?

彼女はプロ野球引退しても、十分生活保護に頼らずにやっていけると思いますよ。あなたとは全く違います。なにを自分が元プロ野球選手みたいなつもりになっているんだろう…

あなた、日本で稼いだわずかな金で海外で引きこもってた人です。なんのスキルも、努力も、将来的な展望も、海外で生き抜く力もなしに。そしてその金が尽きてどうしようもなくなり、今日本でひきこもりになってるだけです。

そんなあなたが、海外で独立独歩している彼女に喧嘩吹っかけてなにがしたいんですか?

>「あなたに割くリソースはない」
最もな意見だと思いますよ。自分の正しさ主張するのはこのブログ内だけにしたほうがいいと思います。ここだけがあなたの天国、あなたの楽園ですから。

お幸せに






No title

それにしてもさ,あんたとkumiさんとやらのツイッターを相互に見て、キモイコミュニケーションだったわ。

お互いが会話をすることなく、あんたがkumiさんとやらのツイートを参考にして、屁理屈を書き連ねるという。。

あんた生活保護に粘着するだけでなくて、ああいう熟女にもストーカーするのかね。

めちゃくちゃキモイね。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。