HOME > スポンサー広告 > AppleSIM、その他海外で使うSIMの特徴HOME > ガジェット(旅行グッズ、スマホ、デジカメ、PC、かばん) > AppleSIM、その他海外で使うSIMの特徴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

AppleSIM、その他海外で使うSIMの特徴

 昨日紹介したAppleSIMですが、その後調べれば調べるほど、従来にないなかなか独特のサービスであることがわかりました。

 まず、AppleSIMはもともとアメリカ国内だけのサービスだったんですが、GigSkyという会社のサービスが先にあり、そのサービスに乗っかる形で全世界展開をはじめたサービスだそうです。

Apple、Apple SIMパートナーとしてGigSkyと契約、世界90ヶ国で利用可能に

 そのGigSkyのサービスが、従来のローミングや国際SIMのサービスとは発想の違う独特のもので、それが今回のAppleSIMにも引き継がれています。
 比較してみます。



1.ローミング
 たとえば、ドコモが世界各地のキャリアと契約し、ドコモのSIMカードがそのまま海外で使えるようにするサービスです。普通の電話の通話料はどのキャリアを使うかで違いが生じますが、データ通信量については従量制、もしくは一部のキャリアに限れば、定額制になります。
 対象国・対象地域・対象キャリアの3つを合わせれば、海外パケ・ホーダイだと、20万パケット(約24.4MB)までが1日最大1,980円、それ以上はどれだけ使っても最大2,980円になるわけです。トンデモなく大量に使いたい場合はお得です。LTEだと上限有りとのことですが、3GやGSMでは上限なしというのは、ありがたい。




2.国際SIMカード
 たとえばこの会社。


 まず、SIMを買います。維持費は基本的にかからず、毎回使いたい時にチャージして使う形です。こちらの自社のホームページを見ると、世界を3つのゾーンに分けています。ドーナツ状にゾーンが広がると、対応国も増えます。
 この場合、各プランは利用開始から30日有効で、その間、選んだエリア及びプランのデータ量上限まで使うことが出来ます。世界110カ国以上が対象のゾーン3の場合、200MBまでだと7,800円。毎日メールチェックをちょっとずつする程度なら、ローミングするよりは安いです。
 この場合、どの国で使っても関係なし。対象国なら何カ国に行こうが関係なし。電源を入れて現地のキャリアにつながるなら、どの会社のどの電波を使おうが、ともかく200MBまでは使うことが出来ます。

 維持費は基本的にかからないと書いたけど、この手のサービスは、一定期間何もせず放置すると、無効になることが多いです。これは現地SIMも同じですね。会社によって様々なので、使う際はご注意ください。




3.GigSky(AppleSIM)
 SIMカードを600円程度で買うのは国際SIMカードと同じなんですが、現地についてからが大きく違います。その国々で、毎回それぞれのプランを選べます。

 こちらで料金を見ることが出来ますが、たとえばアメリカだと、こんなプラン設定。

40 MB 3 日 ¥1200
200 MB 7 日 ¥3000
400 MB 14 日 ¥4200
1 GB 30 日 ¥6000

 これがイギリスだと、こう。

75 MB 3 日 ¥1200
400 MB 7 日 ¥3000
800 MB 14 日 ¥4200
3 GB 30 日 ¥6000

 国によって違うんですよ。ドコモであれば、24.4MBまでは1,980円。国際SIMは(ゾーンにもよるけど)200MBまでで7,800円。これは国は関係ありません。つまり、朝イギリスで、ユーロスターで移動し昼はフランスで、TGVで移動し夜はスペインでという場合も、その使用量も料金も通算されます。ところがGigSkyは国ごとに契約しますから、それぞれで最低の利用分がかかってしまいます。イギリスで朝しか使ってないのに、最低のプランである75MB1,200円がかかることになってしまう。

 でも、3日間ちゃんとイギリスに滞在する人であれば、ローミングは使わずGigSkyを使うでしょう。30日滞在するなら、もう無条件でこちらです。3GB使えるし。でもそれだけ滞在するなら、現地SIMを普通は買いますよねぇ……ほぼ間違いなく、そのほうがお得です。




番外.レンタルルーター
 ルーターのレンタルは番外にしました。返さないといけないというのは、やはりちょっと性質が違いますから。

 たとえばこのグローバルwifiの場合。



 アメリカ大陸周遊の場合、1日1,480円の定額で、上限なしで使えます。もちろんローミングよりは安いけど、仮にまったく使わない日があるとすれば、ローミングならほぼゼロ円なのに、こちらだと1,480円はかかってしまうわけです。そんな人いないか……。
 普通に毎日ガシガシ使う、かつ短期ですぐに日本に戻るなら、レンタルルーターが一番お得だと懐います。




 これはもう一長一短というか、使い方によってどれが得か、もしくは損してしまうか、人によって違ってくるでしょうね。一つの国だけ行って数日滞在し日本に帰る場合、レンタルルーターが一番お得だと懐います。「1カ国プラン」というのがあり、アメリカだけだと1日970円で済む。それでいて使い放題です。
 世界各国を数日ずつ回るような急ぎ足系のバックパッカーであれば、GigSkyか、国際SIMということになるでしょうか。
 ローミングは……激しく使う日、全く使わない日の緩急が激しい人? そういう人でもやはり全体的には、レンタルルーターのほうがお得になるでしょうね。

 さらに通話も考えると、もっと複雑になります。国際SIMの場合、通話も込みの会社やプランも多々あります。いったい自分がどういう形の海外滞在をするのか。それをよく考えて選ぶしかないわけですが、あまりにも種類が多すぎて、なかなかベストのものを見つけるのは難しいかもしれません。

 ちなみにGigSkyですが、上にあるように、今回はAppleではなく、GigSkyのホームページを参考にしました。今回新たに発売されたauの電波を使うAppleSIMは、30日1GB1,500円という発表をauがしています。でもその詳細は、GigSkyのページにはまだ掲載されていません。このあたりが今後どうなるのかは、新たな発表を待つしか無いでしょう。
 そもそもAppleSIMはiPadでしか使えません。GigSkyはandroidでも使えます。サービスとして違う以上、いろいろ違ってくるのでは? とはいえ基本的にはGgSkyのサービスに乗っかる以上、やはり国ごとにプランを選ぶ形式だと思われます。
 全世界どこでも30日1GB1,500円だとなかなかすごいことになりそうですが、これはあくまでも、日本国内のプランの話だと思われます。もともとのGigSkyの日本国内プランは、30日500MB6,000円と高いものでしたから、それが安くなるということではないでしょうか。

 AppleSIMすげー! と書き始めた記事だったけど、いざいろいろと比べてみると一長一短。まぁ、選択肢が増えるのは、いいことです。

 間違いがあれば、ご指摘ください。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。