HOME > スポンサー広告 > クロックスは実は危ないから、本当に旅行向きのサンダルを考えるHOME > 長期海外滞在・外こもり・旅行tips > クロックスは実は危ないから、本当に旅行向きのサンダルを考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

クロックスは実は危ないから、本当に旅行向きのサンダルを考える

 イケダ師匠が紹介されていたのですが、新たに外こもり系と思しきブログを見つけました。

まだ日本で消耗してるの?

 御本人も記事に書いてるとおり、ブログタイトルはイケダ師匠のパクリですね。これくらいがむしゃらにアクセス増加を目指せる姿勢には、若さを感じさせます。
 中身はもちろん、オリジナリティあふれる記事がたくさん。すごいなぁ。

 さて今回は、目に入った記事からこれを。

海外2年無職の僕が教える、海外長期旅行に最適なサンダルのタイプ

 ビーチサンダルはすぐこわれる、おじさんサンダルは接着面が壊れる、だから一体成型のクロックスがいいという結論なんですが、ちょっと待った! クロックスは実は危ないんだよ!!!

・滑りやすい
 クロックスは買った直後はいいんですけど、毎日のように履いてると、裏の溝がどんどん擦れて消えていって、最後はつるつるになります。
 こうなると、そんじょそこらがスケートリンク。ざらざらのアスファルトの上以外は危険になります。ショッピングモールの濡れてるリノリウムの床、雨が降ってる時の小洒落たレンガ敷きの歩道、全部滑ります。これで何度転びかけたことか!
 対策としてヤスリでむりやり溝を作る人もいますけど、そこまでして履くほどのものではないような。

・尖ったものが痛い、針が刺さりやすい!
 今の日本だとまあ大丈夫なんですけど、タイなんかだと、道端に尖ったものが普通に落ちてます。たとえば裁縫針。これがサクッと、抵抗なく底に刺さってくるんです。そのまま足の裏に刺さります。
 これ、海外だとひじょーに危険。破傷風の恐れがあります。血が出てたら、すぐに病院に行って、破傷風のワクチンを打ってもらわないといけません。
 実際、刺さりましたからね。
 尖った石も危ない、と言うか、痛い。ちゃんとしたサンダルなら底が硬いので問題ないんですが、クロックスは尖り具合がダイレクトに足の裏にくるんで、痛いんです。

「滑りやすい」も「刺さりやすい」も、どちらも実体験です。最初はクロックス最高だと、自分も思いました。つま先はしっかりカバーされてるし、軽いし、剥がれる系の心配もない。だけどしょっちゅう転びそうになるわ、針は刺さって大騒ぎだわとなって、旅行に向いてないことを実感してしまいました。

 自分がおすすめするのは、昔ながらのビーチサンダルと、しっかりしたスポーツサンダルの2つを持つことです。人によってはさらに、普通の靴も持つかな?

 ビーチサンダルは日本で買うより、現地で昔ながらのデザインの、重量自体が重いしっかりとしたものを買ったほうがいいと思います。南の途上国は、ビーチサンダルを年中履く人がたくさんいる。だからすぐ壊れる安物も多いけど、しっかりした頑丈なものも本当に多いんです。
 とてつもなく頑丈なので、完全にすり減るまで履けます。実際現地で、ペラペラのを履いてる人、見かけるでしょ? 鼻緒のところに修復したあとはあるものもあるけど、そうでないのもたくさんありますよ。
 たとえば、こんなもの。



 スポーツサンダルはそれこそ種類がたくさんありますね。カオサンロードで売ってるこういうのでもいいです。



 これだと数千円もします。高すぎ。こういう形なら現地調達で十分だし、底が剥がれても修理してくれます。インドだとガッチリと太い針と糸で縫ってくれる職人が、そこら中に座り込んでますからね。ちょっとでも剥がれてきたら「縫ってやる!」としつこいぐらい言ってきます。
 もちろん、そう簡単にはすべりません。滑るほどになったら、やはり路上の職人に底を張り替えてもらう手もあります。

 ただ……個人的には、今度はこれがほしいかな。こういうのはさすがに現地では売ってません。


 スポーツサンダルなのに、つま先まで保護してくれるなんて、最高じゃないですか。ビーサンは宿の中とちょっと近所程度ならいいんですけど、がしがしと街歩きをするときは、危険なんですよ。つま先むき出しだと爪をガッとひっかけて、剥がす人もいる。
 でもこれなら、安心ですよね。9000円近くってのはサンダルに出せるような金額じゃないけど……いいなぁ。

 クロックスの問題を一つ付け加えると、あれでシャワーを浴びると、泡とかが溜まるんです。全部終わった後に洗い流せばいいんだけど、ビーサンなら、最後に足元にシャワーをかけるだけでさっと洗えます。手間いらず。

 クロックスはたしかに良いし、自分も普段使いでは常用してますけど、途上国となると……使えば使うほど、デメリットのほうが目立って来るように感じました。

追記:2016/5/3


 昨日改めてクロックスの店に見に行きました。知らないうちにクロックスも大きく変わりましたね。今やクロックスという変わったサンダルを売るメーカーというよりは、あらゆる靴を扱う一大靴メーカーという趣です。
 こうなると「クロックスは旅行用に向いてない」と一概に言うこともできなくなってきます。

 一通り見てきましたが、やはり「これぞクロックス」と言うモデル、いわゆる「classic」は、外見を見る限り、今でも旅行には向いていないと思います。裏の溝が浅すぎで、あれではすぐに削れ、滑ってしまいます。


 かたや、「offroad sport」モデル。これは裏の溝もしっかりしており、大丈夫かなと思わされます。


 これとかもう普通に記事で推奨した旅行用サンダルの面持ち。触ってみたけどしっかり固く、針の貫通などとは無縁そうです。


 こうなると「クロックスだから危険」という話は関係なくなります。ビーサン型も豊富になってきてる。


 街歩きも、宿で使うサンダルも、どちらもクロックスで揃えることが十分可能になってきてますね。

 結論としては、お好きなモノをお使いください(笑)

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: No title

しん さん

> 特にブランドは気にしないのですが、サンダルを購入するときでも、つま先が保護されていて、走って逃げられるもの(ペタペタ言わないやつ)を選んでいます。
> あとなるべく肉厚が良いですね、場合によってはシークレットインソールみたいなので厚みを増しときますね。

つまさきが保護されてるサンダルってクロックス以外だとほとんど見かけた記憶が無いんですが、teva以外にありますか?

肉厚な物が良いというのは、同感です。

Re: タイトルなし

Cosi さん

> Crocbandというは底が固くて、パッと見は靴に見えなくもないのでなかなか良いですよ。
> 靴より全然安いし、最近はこれで旅行にいってます。

これもクロックスの仲間なんですね。なかなか良さげに見えますが、底面が同じ作りだと、滑りやすいという問題が出ていましますね。
そのあたりは、今度お店で見てみようかな。

> 今AirAisiaのセールやってますね。
> 旅行行きたいなぁ。

行きたいですねぇ……

Re: 飛行機は?

Kuantanさん

> 飛行機に乗る時もサンダルですか?

以前短期で出国する際にサンダルで乗った時もありますが、長期だと、靴ですね。長期であれば有るほど、靴でないと不便な時が増えますし。寒いところにも行ったり。

> 裸足とTevaだけでカラパタールとゴーキョを踏破wしましたが(誰も信じてくれませんでしたが)、ある時期から基本的に靴を履くようにしました。

おお! パキスタンでビーサンで登山して、地元民ですらびっくりしたバックパッカーの伝説を聞いたことがありますが、実在したんですね!

> 白人ならサンダルで飛行機も許されるかもしれません
> が(なぜそうなのかは複雑な問題ですが)、やっぱり、国際線に乗るような時は、サンダルや半ズボンは、ドレスコード違反のように感じてます。
> 白人バックパッカーと同じことをしていてはいけないと。私の主観に過ぎませんが。また、インドシナでは若い韓国人ツーリストのマナーに
> 目に余るものがある(と記憶している)のですが、
> 彼らも決まってサンダルでした。

飛行機にのるなら最低限でもクロックスやスポーツサンダルかなと思います。個人的にビーサンはマナー違反という感覚が強いです。

Re: タイトルなし

クンタキンテ さん

> 足のホールド感はないですが、ギョサンは丈夫かつ底面も安心です。

おお、これは良さげですね。これなら予め買って海外に行くのも良さそうです。

No title

特にブランドは気にしないのですが、サンダルを購入するときでも、つま先が保護されていて、走って逃げられるもの(ペタペタ言わないやつ)を選んでいます。
あとなるべく肉厚が良いですね、場合によってはシークレットインソールみたいなので厚みを増しときますね。

Crocbandというは底が固くて、パッと見は靴に見えなくもないのでなかなか良いですよ。
靴より全然安いし、最近はこれで旅行にいってます。
靴下も持っていかなくなりました。
これでシャワー浴びたら泡溜まっちゃいますけどね。
今AirAisiaのセールやってますね。
旅行行きたいなぁ。

飛行機は?

飛行機に乗る時もサンダルですか?
私も昔はTevaサンダルを愛用していて、
裸足とTevaだけでカラパタールとゴーキョを踏破wしましたが(誰も信じてくれませんでしたが)、ある時期から基本的に靴を履くようにしました。
今は田舎町なので10リンギのゴム草履をはいてますが、ネパールでもトレッキングシューズを履くことが多いです。

白人ならサンダルで飛行機も許されるかもしれません
が(なぜそうなのかは複雑な問題ですが)、やっぱり、国際線に乗るような時は、サンダルや半ズボンは、ドレスコード違反のように感じてます。
白人バックパッカーと同じことをしていてはいけないと。私の主観に過ぎませんが。また、インドシナでは若い韓国人ツーリストのマナーに
目に余るものがある(と記憶している)のですが、
彼らも決まってサンダルでした。

サンダル履きのバックパッカーって、率直に言って、現地にお金も落とさないし、現地のマナーとしてもみっともないことが多いので(特にデパートなど。日本人から見れば安っぽいコンプレックスでも現地ではハレの場所であることも)、最貧国でもあまり歓迎されないように思います。

メッシュのスニーカーが履きやすく、濡れても乾きやすいですよ。

足のホールド感はないですが、ギョサンは丈夫かつ底面も安心です。
ダイバー御用達で、濡れた路面でも全然滑りません。
カラーバリエーションも多。
おまけに安い!
http://www.gyosan.net/?mode=cate&cbid=330211&csid=0

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。