HOME > スポンサー広告 > NOTTV終了に思う、電波配信の可能性HOME > ガジェット(旅行グッズ、スマホ、デジカメ、PC、かばん) > NOTTV終了に思う、電波配信の可能性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

NOTTV終了に思う、電波配信の可能性

 今回は超マニアックな記事です。当ブログの普段の記事と全く関係なし!(笑)

スマホ向け放送「NOTTV」、ついにサービス終了

「NOTTVってなんやねん?」と特に海外におられる方は思うでしょう。これはドコモがかつての地上アナログテレビ(VHF帯)の電波を使って、ドコモの契約してるスマホやタブレットでのみ受信できるテレビ番組サービスの名称です。
 auやソフトバンクは、ダメ。ドコモの対応してる機種のみ。しかもあくまでもテレビ放送なので、放送時間に電波を受信出来ないと、見れません。途中で電波が弱くなったり途切れたら、画面が乱れたり消えたりします。もちろん地下鉄では見られません。

 ただでさえテレビ離れが進んでおり、いまや好きなときに好きなように繋いで、ダウンロードするというスタイルが定着してきています。放送時間に電波を受信しないとダメだ、予約しないとダメだなどと利用者を拘束するスタイルは、もう完全に時代遅れなんですよ。
 サービス開始時から「すぐ終わる」と言われ続けてきたので、約4年というのはよくがんばったという気がします。

 ここまでの話は他でもいくらでも読める話です。

 話が少し変わって、このNOTTVアプリには、そういうテレビとしての受信機能以外に、深夜に配信される録画番組や電子書籍データを貯めこんでおく機能があります。電波さえ受信できれば勝手にダウンロードされてるので、地下鉄だろうがどこでも見ることが出来ます。
 この「電波配信」という発想は、決してここで止めるべきではない、と思うんですよ。

 今やインターネットはとてつもないデータ量の転送を毎日しています。動画も画質がよくなる一方。その急増するデータ量に、回線は悲鳴をあげています。

科学者「インターネットは8年後に破綻する」

インターネットは、データ転送量の増大に対応できなくなり、近い将来破綻すると予想される。
今月末に開かれる英国王立協会の会議では、この分野を主導する技術者、科学者、通信会社が集まり、
この危機的状況を回避するために何ができるのかを話し合うことになっている。

2005年のブロードバンド回線の最大通信速度は2Mbpsだったが、この10年間の間に50倍に増強され、
現在では多くの国で100Mbpsの高速インターネットが利用可能になっている。
しかし、光ファイバーではこれ以上大容量のデータを送ることはできず、すでに限界に達していると
科学者たちは警告する。

 たとえば何かしらの人気動画が動画サイトに上がって、1000人が見たとします。そのサイズが1GBとしたら、1000GB=1TBのデータが、インターネット網を通過したことになります。これ、なかなかの負担ですよ。

 ここでNOTTVの電波配信が出てきます。電波の受信って、バーンと発信すれば、何人が受信しようが、あんまり関係ないですよね? 到達距離はたしかに電力が強くなるほど広まるわけですけど、その範囲であれば、10人しか受信しなかろうが、1万人が受信しようが、電気代は変わりません。
 多くの人が利用しそうだというデータを予想し、24時間のうちに何度も送信。各スマホやPCが勝手に受信して、そのデータを使う場合はインターネット回線を使わない、そういうシステムって、出来そうに思うんですよ。受信の際に欠けてたりする部分があれば、それはネットで各端末が自動で補えばいい。
 ドコモのガラケーやスマホで使えるiチャネル、auのEZニュースフラッシュなんかも、基本的にはその発想です。
 これが上手く行けば、インターネット回線の軽減に少しは役に立つのでは?

 でも……実際は難しいんですかねぇ。youtubeが成功したのは、その無限に近い多種多様性にあるわけです。超有名な動画だって、100万回再生ぐらい。電波を使って一斉配信するに足る、多くの人が必要とするデータがあるという発想自体、時代遅れなのかもしれません。

光ファイバーの限界、ついに突破される

 こういうニュースに期待しますかね。

こちらもポチっとお願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。