HOME > スポンサー広告 > コンテンツ無料化は時代の必然ですHOME > 社会評論 > コンテンツ無料化は時代の必然です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツ無料化は時代の必然です

 ツイッターで、ここ数日イケダハヤト師匠がnoteという有料で文章を売れるコンテンツではしゃいでるのを見て、こんなことを書きました。


 そうすると、当ブログのコメント欄にはひふへほーきさんから、感想をいただきました。

貧さんはツイッターで「創作物に対価を求めるのはおかしい」説を唱えていますが、仮に全ての創作物の製作者が無報酬になると多分みんながワクワクしたりドキドキしたり楽しめる創作物の数は凄く減少すると思います。どんなモチベーションで漫画家は漫画を描けばいいのか、小説家は小説を書けばいいのか、アーティストは曲を作ればいいのか。
貧さんは理想を語るのに行動を伴わず、かつ
自分が忌避してる労働に励んでる周りの人間の
助けで最終的には生保になろうと目論んでるトンデモ人間ではないかと最近思います。でもそんな己の弱く利己主義で卑しい面をネットで全部曝け出せるところがもしかして1番の長所というか武器なのではないかと思います。助けも求められず制度にも頼れず役所の人間にていよくおいかれされて死ぬ人もいるわけですからね。

 後段はともかく、前段についてコメント欄でレスをしたのですが、記事にもしておきます。

コンテンツは無料化していくしかない


 まず結論から言うと、コンテンツの無料化(コンテンツで金を取れなくなる)のは、時代の必然、文明進歩の当然の帰結なんです。「対価を求めるのはおかしい」ではなく、時代に逆行してると書いただけです。おかしいわけでは、ありません。労働が最終的にほぼすべて機械化され、労働で飯を食う・働くことを資産再分配の基準とすることが無意味になっていくのと、同じ流れです。

 今すでに、インターネットには無限と言ってよいほどの、無料コンテンツで溢れかえってます。文章、イラスト、動画、音楽、どれもこれも、完全無料で、何百年生きても消化しきれないほどの量があります。しかも毎日のように新規で追加されていってます。
 無料だから価値が無いかといえば、とんでもない。以前ならお金を払わないと見れないような質の高いものがいくらでもあります。以前から紹介してる素晴らしい旅動画シリーズなんて、テレビの旅番組よりはるかに面白いものばかりですよ。
 それらの大多数が、収益化なんてこれっぽっちも考えていません。アフィリエイトの貼られていないブログなど山のようにあります。youtubeにも広告設定をしてない動画が大量にあります。ツイッターでいくらつぶやいたところで1円にもならないのに、ただの呟き以上に意味のある発言をしてる人は大量にいます。

 さらに今後は、人工知能が創作を開始していきます。今はまだこんなもんですけど、今後どんどん精度や質、レベルを上げていくのは、間違いありません。

人工知能の見る悪夢『Deep Dream』で生成された画像集
文豪は人工知能……小説執筆、ITが変える!?
人工知能が一人ひとりの好みの小説を書く日

 しかも人工知能の創作スピードは今後早まりこそすれ、遅くなることはありません。将来的には毎秒ごとに大作を発表するようにすらなるでしょう。それにかかるコストはごく僅か。消費者側としては面白ければいいのであって、それを人工知能が作ったか人間が作ったかなど、知ったことではありません。人間作家が「半年かけて書いたんだ。一冊あたり100円はもらえないと困る」と言われても、人工知能小説のほうが面白くて、1円なら、無料なら、そっちで十分になってしまいます。

 結局、創作物で対価を取るというのは、今後ますます難しくなっていく一方だということです。

承認欲求を満たす創作という行為


 創作という行為には、承認欲求を満たすという重大な目的・効果もあります。対価を得るというのも実はこの一つの要素です。作ったものにお金を払ってくれるというのは、フェイスブックで「いいね!」ボタンを押してもらったり、ブログコメント欄で「応援してます」と書かれるより、はるかに強い快感を与え、承認欲求を満たすのは間違いありません。当ブログだって投げ銭してもらったりすれば、そりゃあ嬉しいものですよ。
 でも世の中、先ほど書いたように、対価を求めずに、それこそ「応援してます」だけで十分だというクリエイターが何十倍何百倍……何億倍もいる。
 彼らに勝ち対価を得て承認欲求を満たすというのは、今後どんどんとハードルが高くなり、不可能に近くなっていくでしょう。

不思議と「お漏らし」されない有料コンテンツ


 とはいえ現実は、自分の予想よりも「お漏らし」が少ないなぁとは、感じています。ようは、コピーのネット流出ですね。本なんてどんどん自炊され発売日から数日でネットで出回りまくるようになるだろうと思っていたのですが、そうでもない。
 有料のメルマガなんかもすぐに公開されてしまって無意味になるだろうと思ったら、そうでもない。

 思いのほか世の中、良識のある人が多いんだなぁと思いがちですが、それはおそらく違います。有料コンテンツを買ってる人が利己的だからこそ、漏れ出さないんです。

 メルマガというのは、あくまでも購入した人だけが読める「秘密の話」というのが、売りになっていますよね。ところが誰か公開するバカがいると、クリエイターは嫌になって秘密の話を書かなくなってしまいます。これは大きなマイナスです。秘密の話を読める状態を維持するには、なんとしても情報漏えいを防がねばならない。
 結果、読者同士での監視が始まります。公開するバカが出ると、よってたかって叩くわけです。個人の特定が出来なくても、そういう行為をすること自体がいかに愚かで、損をする行為なのかと、とくとくと説き伏せる。公開した人もたいていはファンですから、その説得で改心して公開を止める。
 こうしてそのコミュニティーの秘密は、いくらでもコピーして公開可能なのに、守られ続けることになります。

 もちろんこうした場を荒らし壊滅させることを目的として入会し、かたっぱしから公開する人もいるかもしれません。でもそんなことをする人はいまのところ、あんまりいないようですけどね。

 これこそ、イケダ師匠がnote販売以前に推しまくってた「サロン運営」というやつです。
 コンテンツ無料化の流れはもはや止められませんが、サロン運営がそれに抗う方法としてある程度有効なのは、事実でしょう。でもこれですら、遅かれ早かれ、機能しなくなっていくだろうと思います。サロンに参加する・有料メルマガや文章を購入するより、無料の方で十分なら、誰もお金なんか出しませんよ。
 労働でお金を得ることが難しくなっていくのと同様、創作物でお金を得ることも難しくなる。この大前提の前に、これらの動きは些細なものでしかありません。

 とはいえ当面は、なんとかして抗おうとする動きは止まらないでしょう。自分だって有料の本を出してみたいし、有料で売れる文章や情報は無いかなぁと考えてしまいます。今後出す可能性だってあるし、実はこの文章ですら、noteに登録して「有料コンテンツは時代遅れ」などというキャッチーなタイトルをつけて100円で売れば、1000円ぐらいは売れるかもしれません(笑)。
 そういう創意工夫が文明を進歩させるのも間違いのないことですから、みんないろいろと試行錯誤すればいい。それは素晴らしいことです。でも大勢は、明らかに無料化に向かってる。これはもう、誰にも止められません。労働の機械化を阻止しようとラッダイト運動をするのが無意味なように、創作物の無料化を阻止するのも、現実的ではないんです。

承認欲求を満たすことがどんどんと難しくなっていく未来社会


 将来的にクリエイターがお金を得続ける手段は、あるか? これは労働がほぼすべて機械化された未来において、人はどうやって承認欲求を満たすのかと同じ問いかけです。今の社会には労働によって承認欲求を満たしてる人はたくさんいます。でも全てが機械化され、あなたはいてもいなくてもどっちでもいいとなったら、人はどうやって欲求を満たすのか? 定年退職した人も急に社会から必要とされなくなったことに不満を感じてしまうと言われてるように、これは今後重大な問題となっていくでしょう。
 創作行為も、人工知能に負ける作品しか作れなくなったクリエイターが大量に生まれ、欲求を満たせなくなります。誰も金を出してくれなくなる。
 これに対する答えは、今のところまだ自分も出せていません。おそらくは仏教で言うところの「少欲知足」だろうかと思います。つまり、多くの支持者とか大金を得るとかではなく、そこそこの人数から「応援してます」と言ってもらうぐらいで満足するしか無い、というところですかね。
 あくまでも無料を原則とし、楽しんだ後で自主的な応援や投げ銭を放ってくれることを期待することしか出来なくなるわけです。事前に一定の金額を設定し、それを払わないと楽しませないなんて姿勢が傲慢になる時代も、そう遠くないと思います。優秀であれば有るほどそういう姿勢でも生き延び続けられるでしょうけど、最終的にはほぼ不可能になる。本当にごく少数の例外が残る可能性はありますけどね。
 今はまだ過渡期ですから、まだまだ有料コンテンツでお金を稼ぎ、承認欲求を満たす手法は有効だと思います。イケダ師匠やはあちゅうさん、ホリエモンなど、稼げるうちに稼いでおくのは、正しい戦略だと思います。

投げ銭してくださいねー


 文中にも書きましたが、この文章を有料にしてしまえば、1000円ぐらいは稼げる気もします。今日までならイケダ師匠が無条件で買ってくれるそうなので、100円はもらえるわけですよ(笑)。
 でもそれって、我ながらなんか矛盾してると思うんですよね。
 もしくは、イケダ師匠のように売れるコンテンツを量産できないひがみ? そうかもしれません。それはそれで、それでも、自説を貫いてみたいと思います。

 そんなわけで、投げ銭を熱烈大募集しています。どうぞこちらから、投げ銭してやってください。15円から可能です。
 よろしくお願いします。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Re: 物の見方

中国外こもり さん

> コンテンツが無料化しているのではなく、コンテンツ公開(プラットフォーム)が無料化しているのだと思います。
> コンテンツを無料で公開したい人は昔からたくさんいたけど、出版したり、放送するには費用がかかった。
> でも、僅かな費用でブログや動画共有サイト、メルマガで公開出来るようになっただけです。

ふむふむ、なるほどです。

> 既存のクリエイターは、これらの無料コンテンツと闘わなければならないので、以前より大変なだけです。

とはいえこれこそが問題なんだろうと思います。圧倒的に膨大な量を誇る無料コンテンツに、いくら質がいいとかなんだと言っても、立ち向かえるものなんでしょうか?
それにどこまで行っても、コピーされるという問題もつきまとい続けますしね。

> そもそも、たくさんある無料の物から、価値あるものを探し出すのは大変です。
> それに費やす時間は、貧サン的には労働だと思います。
> そうすると、既存の有名人の有料メルマガを読んだりする人も多くいると思います。

なるほど(笑)
これはコンテンツになにを求めるかによりますかね。暇つぶしであればお金を出すまでもないし。

> また、最初無料で発信していた無名のクリエイターも
> 名前が売れるに従い、それで利益を得る方へシフトしていくと思います。
> ということで、価値あるコンテンツが簡単に無料で見れるという1方向には行っていないと思います。

一進一退はあるとは思いますが、コンテンツ制作の手間や経費がかからなくなればなるほど、無料に近づいていかざるを得ないのも、又事実だろうと思うのです。

Re: No title

名無しさん@ニュース2ch さん

> ロボット云々は未来を考えすぎですね。
> そもそも、ロボットを使用しようにもコストがあわなかったり、汎用な作業ではロボットでは対応できなかったりしますから。
> コンテンツそのものの平均リターンが減少すること、コンテンツで食うのが難しいのはそうだと思いますが、すべてがそうだとはならないと思います。

とは言っても、記事で紹介したようにいろいろと出てきてますからね。
こういう技術進歩は最初のんびり、後はものすごく急になるので、気づいてみたらあっという間ですよ。

また、申し訳ありませんが、当ブログでは「名無しさん」のような個人特定の難しい名前はお断りしております。
今回は公開承認をしましたが、次回以降はなにか個性的な名前にして下さい。
よろしくお願いします。

物の見方

コンテンツが無料化しているのではなく、コンテンツ公開(プラットフォーム)が無料化しているのだと思います。

コンテンツを無料で公開したい人は昔からたくさんいたけど、出版したり、放送するには費用がかかった。
でも、僅かな費用でブログや動画共有サイト、メルマガで公開出来るようになっただけです。

既存のクリエイターは、これらの無料コンテンツと闘わなければならないので、以前より大変なだけです。

また、既存のクリエイターも、それらのプラットフォームを利用できるので、より少ない投資で利益が得られるようにもなっています。

そもそも、たくさんある無料の物から、価値あるものを探し出すのは大変です。
それに費やす時間は、貧サン的には労働だと思います。
そうすると、既存の有名人の有料メルマガを読んだりする人も多くいると思います。

また、最初無料で発信していた無名のクリエイターも
名前が売れるに従い、それで利益を得る方へシフトしていくと思います。

ということで、価値あるコンテンツが簡単に無料で見れるという1方向には行っていないと思います。



No title

ロボット云々は未来を考えすぎですね。
そもそも、ロボットを使用しようにもコストがあわなかったり、汎用な作業ではロボットでは対応できなかったりしますから。
コンテンツそのものの平均リターンが減少すること、コンテンツで食うのが難しいのはそうだと思いますが、すべてがそうだとはならないと思います。
膨大であれば調べる時間を惜しいとおもいますし、それを有料であれ選んでくれたり、提供するものがあれば買うでしょう。
また自分の好きなコンテンツそのものがわかっていればそれ以外の物を無料でやることもありません。

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。