HOME > スポンサー広告 > ワーホリやるぐらいならオランダに行け!~日蘭通商航海条約、再発見の衝撃~HOME > ビザ情報 > ワーホリやるぐらいならオランダに行け!~日蘭通商航海条約、再発見の衝撃~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーホリやるぐらいならオランダに行け!~日蘭通商航海条約、再発見の衝撃~

 今朝も寒い中「無職はやっぱ最高だなぁ」と布団の中でぬくぬくしながらネットサーフィンしてたら、衝撃的な記事を見て飛び起きてしまいました。

100年前の条約はまだ生きていた。オランダ大使館で聞いた日本人が知らない特権

 簡単に書くと、明治政府とオランダ政府が100年近く前に取り交わした「日蘭通商航海条約」というものが存在している。最近までこの条約の存在を両国ともが忘れていたのだが、裁判をきっかけに今でも有効であることが判明した。結果、両国においてそれぞれの国民は、最恵国待遇を受けられることが判明した、というわけです。

 では、最恵国待遇とは何か?

最恵国待遇 - Wikipedia

最恵国待遇(さいけいこくたいぐう、Most favored nation treatment)とは、通商条約、商航海条約において、ある国が対象となる国に対して、関税などについて別の第三国に対する優遇処置と同様の処置を供することを、現在及び将来において約束すること。

 ようは、その国が外交関係を結んでる国の中で、もっとも優遇してる国と同じ基準を保証しますよということなんですね。

 この条約を元に、日本人は、オランダで就労許可を取らずにどんな仕事であっても出来ることになりました。つまり、コンビニ店員だろうが清掃員だろうが、他の国ではとてもじゃないが低賃金であるがゆえに就労許可をもらえない仕事であっても可能になったというわけです。
 さらに言えば、食糧を扱う以上他の許可が必要になると思いますが、たこ焼き屋台を開くなどの商売も可能ということになります。
 これで思い出すのは、カンボジアなんですよ。カンボジアは長期滞在ができるビジネスビザがものすごく簡単に取れてしまうので、海外でビジネスをやってみたいという意識高い系日本人の間では、ちょっとしたブームになっています。
 参加する側が金を払って働かされるという自分からしたら絶対やりたくないけど学生には大人気の、プノンペンでカレー屋をやるサムライプロジェクトも、このカンボジアのビザのゆるさを利用したサービスです。
 同様のことがオランダで簡単にできるわけです。

 とはいえ、リンク先の記事を読めば分かるように、日本人がオランダで働くこと自体は自由に出来ても、滞在が自由になるわけではない。ちゃんと働いて、それを根拠として滞在許可、ようはビザを取らないといけないことには変わりないようです。完全に日本国内にいるのと同じような感覚でノービザで好きなだけ滞在というわけにはいかないようですね。日本にいる在日韓国朝鮮人だっていろいろ手続きしなきゃいけないわけですし、これはもう、外国人だから仕方ないです。

また、日蘭通商航海条約のおかげで、留学期間が終わった後も仕事をしながら滞在する、といったことが今は簡単にできるようになりました。これが以前は難しかったんですよ。例えば、奨学金などをもらって1年間オランダに滞在して、その後オランダに残りたくてもほとんどの人が帰らなければならなかった。今は仕事を探して滞在するということが簡単にできます。仕事さえ見つかれば滞在許可が取れますからね。だから、そういう点で日本の若者にとって、オランダは行きやすくなったと思いますよ。


 オランダは、例のベーシックインカム実験でもわかるように、ともかく先進的な国です。他に先駆けて同一労働同一賃金を確立した国でもあるし、ともかく労働者の権利擁護という点で世界最先端の国であるのは間違いない。そこに今までよりもはるかに簡単に入り込めるとなれば、狙いたくなる人は多いのではないかと思います。3ヶ月とかの就労期限があるワーホリビザよりもゆるいわけですからね。

 自分ですか? 若いころならまだしも、働くこと自体が完全に嫌になった今ではねぇ……。

 かつてヨーロッパ地域でこういう事ができるのは、スバールバル諸島ぐらいだったのではないかと思います。ちなみに、スバールバル諸島と南極だけは、滞在すら許可を取ること無く好き勝手に可能。むちゃくちゃ寒いけど、ビザに頭を悩まさずに外こもりできるという意味では、最強の場所かもしれません(笑)

追記:1/21
 別記事のコメント欄で「就労許可は不要になっても月収4000ユーロ程度ないと滞在許可を維持できないと現地の商工会議所が注意を出していた記憶があります。」という情報の書き込みがありました。実際にオランダ行きを検討される場合は、各自で改めて情報の確認をするなど、ご注意いただきたくお願いします。

追記:6/24
残念ですが、「穴」を塞ぐのは、当然の措置なんでしょうね。


   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。