HOME > スポンサー広告 > 人間って「自分だけは平気」と思うものHOME > 社会評論 > 人間って「自分だけは平気」と思うもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

人間って「自分だけは平気」と思うもの



バス運行会社「イーエスピー」が国の定める最低基準額を下回る運賃で受注していた問題で、
(中略)
道路運送法は1回の運行でも下限額未満となることを禁じており、
(中略)
国土交通省によると、バス運行会社に支払われる下限額は約26万4000円だったが、イー社は約19万円で受注していた。

 もう取り上げられることも減ってきているニュースですが、この価格規制についてはネットを見る限り、賛否両論という感じです。
「もっとしっかりとした規制をすべきだった」「民間同士の契約に政府があれこれ言うのがおかしい、客は自己責任」……言いたいことは分かりますよ。わかるんですが、どうしても我が身の経験に引き寄せて考えてしまうのです。

 海外の貧乏旅行で、移動手段は真っ先に節約対象になります。バス会社AとBを比較し、Aがエアコン付き5000円、Bがエアコン無し1000円なら、喜んでBを選んでしまうバックパッカーがほとんどでしょう。この際にBの安全性をわざわざ確認する人なんか、まずいません。
 では、Cも1000円だったらどうするか? この場合は所要時間が短いとか、車内の定員が少ない方とか、配られるご飯が美味しいとか、そういうのを気にしますが、やはり安全性は考慮しません。

 そもそもこういうバスって、ガードレールもない山奥の崖を平気で走ります。バスの車窓から眺めると、落ちて回収されないままのバスをいくつも見かけ、肝を冷やしたこともしょっちゅうです。でも、バスを使う。それが貧乏旅行というものです。

 実はこういうルートで本気で安全性を気にするなら、そもそもバスを使う事自体が間違いです。AとBの差も、あくまでもサービスの違いであって、安全性の違いでは無かったりします。
 正解は日本車、しかも出来るだけ新しいもので、4WDをチャーターすることです。1台で3万円とかするから、割り勘出来る旅行者を探すことになる。
 でもこれも、実は間違い。本当の正解は飛行機で移動することです。

 ではそんな危ないところを旅行すること自体が、そもそも間違いなんでしょうか? 政府が入域規制をしてるわけでもない。行った人は良かったよ、この世の桃源郷だよ、景色最高などと言う。だけど安宿の壁には、行方不明になった日本人を探すポスターが、何枚も貼られていたりするのです。

 日本と途上国の規制を比較しても意味が無いと言われれば、そのとおりでしょう。今回言いたいのはそこではなくて、客というのは、自分だけは平気だと思うものだということです。死人に口なしなんですよ。

 たとえば日本だって、規制を守ってるバス会社が、本当にその売上を安全対策に使ってるかなど、分かったものではありません。経営者が利益を貪り運転手を酷使してる可能性がある。それは事故が起きてから初めて分かります。
 抜き打ち監査などで問題のある会社は摘発できるし、廃業もさせられるかもしれません。でも、監査は毎日やるわけでもないし、その密度を高めようとすればするほど、お金がかかります。

 では規制を一切無くして、完全に自由競争にさせたらどうなるか? 1円バスみたいなものが乱立したとして、果たして私たちはそれを危険だと、ちゃんと認識するでしょうか? なにかしらの企業努力でその価格を実現したのだろうと思いませんか? わざわざ申し込む前にネットで「○○バスツアー 事故歴」とか、確かめますか?

 規制をしたほうがいいのか、そんなもの不要なのか。自分にはなんとも言えないけど、おそらくは、「自分だけは平気だ」と盲信して、安いところを使うだけです。そういうお馬鹿な消費者から犠牲を出さないためには、移動自体を全面禁止にするしかないけど、そうしたら観光業は壊滅しますよね?
 可能な抑制法があるとすれば、会社ごとや手段ごとの安全率を第三者機関が調査し、申し込みの際に確実に目につくところに掲示しておくぐらいでしょうか。「その方法だと100人に1人が死にます」みたいな感じ(笑)。

 それでも……「10人に1人が死にます」ぐらい言われないかぎり、自分は最安のものを選んでしまう気がします。そして事故ったら、その判断を死の間際で呪い、生き残ったら「ふざけるな賠償しろ!」と迫る。客なんてわがままなものです。100%の安全は無いとわかっていても、自分が例外の側になったら、文句を言ってしまうものなんですよ(笑)

 教訓が在るとすれば、サービスだけでなく、安全性にも消費者自らがもう少し気を配るようにすべきだという話のような気もします。客が安全性を気にすることが、運行会社に安全に配慮するプレッシャーを一番与えるように思います。
 規制の加減や有無の問題なんて、100%無くせない以上、自分の運も関わってくる問題ですから、どこかで割り切るしか無いんですよねぇ。
   このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

投げ銭・カンパはこちらへ

15円からお好きな金額を投げ銭出来ます。→ Kampa!

貧BPのほしいものリスト(amazon)

プロフィール

hin-bp

Author:hin-bp
アラフォーのバックパッカー。働くのが大嫌いという真性怠け者。嫌々働きながらなんとか1000万円貯めてアーリーリタイアをもくろんだものの、貯まる前に震災&原発が来てぷちっとネジが切れ、勢いで仕事辞める。今後はまったく五里霧中。

コメント・トラックバックについて

コメント・トラックバックは承認制です。 記事に対する意見・質問・批判など、ぜひお寄せください。 ただし誹謗中傷・公序良俗に反するもの・主題と明らかに無関係なものなどは、承認しないことがあります。 投稿する際は、個別の見分けがつくハンドルネームをかならず記入して下さい。ハンドルネームのないもの、他と区別できないもの(名無しさん、など)は原則として承認しません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 世捨て人へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村
「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォーム

ご意見やご連絡など、このフォームを使ってこちらまでお送りください。返信が必要なものはこちらから折り返しご連絡いたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。